マルタ航空の歴史

1974年4月1日、現在と同じ尾翼にマルタ十字の紋章が描かれたKM102便ボーイング729便がロンドン・ヒースロー空港に向け、ルア空港(現マルタ国際空港)を飛び立ちました。この記念すべき初フライトは、イギリスの独立直後のマルタ共和国、全国民にとって世界へ羽ばたく希望の旅立ちとなりました。マルタ航空は、他の航空会社と引けを取らない最新の機材を保有し、現在もなお成長を続けています。マルタ航空は、国営航空会社としての誇りと実績から、お客様一人一人の安全と快適な空の旅をお約束するため、航空機、メンテナンス設備、人材育成および予約システム開発などに積極的に取り組んでおります。マルタは大変小さな島国ですが、皆様に今まで見たことがない、味わったことのない生涯忘れがたい感動を与えてくれる魅力あふれた国です。そして何よりも親切で人懐っこく、心優しいマルタの人々が皆様のお越しをお待ちしております。マルタへのご旅行をご検討の際には、マルタの知識が豊富なマルタ航空日本オフィスへご相談ください。皆様のご旅行のプランにあったフライトをお探しするのをお手伝いいたします。マルタ航空一同、皆様のご搭乗を心よりお待ちしております。

マルタ航空2016年夏スケジュール