ヴァレッタバロックフェスティバルのご案内

毎年1月にバロックの都、世界遺産の首都ヴァレッタを中心に国際バロックフェスティバルが開催されています。この祭典の見所はなんといってもマノエル劇場、騎士団長の宮殿、聖ヨハネ大聖堂をはじめとした代表的なバロック様式の教会や施設を会場としてヨーロッパのバロックミュージックシーンで活躍する著名なアンサンブルやオーケストラの演奏を楽しむことができる点です。

バロックフェスティバルは、1830年当時のイギリス首相ベンジャミン・ディスレーリによって残された「紳士によって紳士のために造られた町、ヴァレッタ」という言葉にふさわしく紳士が集う騎士団によって築き上げられた中世の要塞都市ヴァレッタを舞台に行われる冬の一大イベントの1つです。
イベント開催期間中は連日さまざまな演目が上演されており、心行くまでバロックの世界をご堪能いただけます。
このイベントは2013年1月からはじまった新しいものですが、初年度から大好評を博し、多くのバロックファンが開催を待ち望んでおります。

2019年は日本人奏者市瀬礼子(ヴィオラ・タ・ガンバ)、會田賢寿(チェンバロ)の出演も予定しています。

お得な早期割引料金のチケットの予約は、バロックフェスティバル公式サイトhttp://www.vallettabaroquefestival.com.mt または現地旅行社を通してお買い求めいただけます。
・2019年プログラムはヴァレッタバロックフェティバル公式サイトからご確認ください。

開催期間 2019年1月11日(金)-26日(土)
会場 マノエル劇場、聖ヨハネ大聖堂、国立図書館、ヴァレッタ市内教会、イムディーナ大聖堂、聖ローレンス教会、海軍博物館など
価格 € 10 - € 40 (演目、座席によって異なる)

ヴァレッタ・バロックフェスティバル鑑賞ツアー