世界遺産指定の巨石神殿群(Prehistoric Sites and Temples)

名称 世界遺産指定の巨石神殿群 (Prehistoric Sites and Temples)
説明 マルタ島では現在約30基以上の巨石神殿が確認されている。タルシーン神殿、ハジャーイム神殿、イムナイドラ神殿などクリスマス、お正月、グットフライデーを除いて一般公開されている。ハイポジューム地下神殿は入場規制も厳しく、1日数回の見学ツアーがあり、1回の入場は10名ですので入場チケットの事前購入をおすすめいたします。

ハジャーイム神殿(Hagar Qim Temple)

名称 ハジャーイム神殿(Hagar Qim Temple)
説明 1840年、1893年に発掘された現存する神殿群の中でも保存状態が大変良いことで知られるハジャーイム神殿とムナイドラ神殿。(紀元前2800年)ハジャーイム神殿からは'Venus of Malta'マルタヴィーナスが発掘されています。(国立考古学博物館で見学可能) 柔らかいGlobigerina Limestone(グロビゲリナ石)で建造されている。近年風化が進んでしまったため、現在神殿は巨大なテントで覆われ守られている。神殿内部の見学は可能。
隣接する博物館では実際に石に触れることが出来る。またどのようにして神殿が建造されたのか、どのようにして神殿が発見されたのか、その謎をわかりやすく映像(20程度で日本語吹き替え)でご覧いただける。

ムナイドラ神殿(Mnajdra Temple)

名称 ムナイドラ神殿(Mnajdra Temple)
説明 ハジャーイム神殿から約365メートル(徒歩5分程度)坂を下った先にムナイドラ神殿はある。ハジャーイム神殿の柔らかいGlobigerina Limestone(グロビゲリナ石)よりも強いCarolline Limestone(珊瑚質の石)を用いたため、保存状態が特に美しいとされている。ハジャーイム神殿同様、近年風化が進んでしまったため現在は巨大なテントで覆い守られている。神殿内部の見学は可能。

タルシーン神殿(Tarxien Temple and Museum)

名称 タルシーン神殿(Tarxien Temple and Museum)
説明 ハルサフリエニ ハイポジューム(Hal Saflieni Hypogeum)から数百メートルと離れていないパオラという町の真ん中にある。タルシーン神殿(紀元前2800年頃)は、1914年地方の農民によって偶然発見され、その後、考古学者Themistocles Zammitによって発掘された。4つ(内1つは痕跡のみ)の神殿からなる。タルシーン神殿からは巨大な石(約2.75m)を使った彫刻'Fat Lady'が上半身が欠けた状態で発見された。神殿内ではレプリカをご覧いただける。壁および祭壇にしばしば見られる渦巻き模様の装飾は時間と永遠の象徴であるとされています。タルシーン神殿から発掘された原物は国立考古学博物館に展示されている。

ジュガンティーヤ神殿(Ggantija Prehistoric Temple)

名称 ジュガンティーヤ神殿(Grantija Prehistoric Temple)
説明 マルタに現存する神殿群の中で、また世界的にも一番古いといわれるゴゾ島にあるジュガンティーヤ神殿(紀元前3600年頃)。全長6m、重さ約20トンの石で建造されており圧倒される。伝説の通り、まさに巨人が造った神殿といえよう。神殿内は自由に見学が可能。日本語での説明がないため個人でお越しの際(ガイドなし)は国立考古学博物館などを訪れて事前学習するのも良い。