2016/2/8 Press alt + / to open this menu. Accessibility Help. | いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう「いつ恋」はfodで全話見放題なんです! 月額888円の定額コースのfodですが初回だけ2週間無料でお試しできます! その期間に見ればお金はかからないんです! 思う存分楽しめるのでおススメです! 『1話~最終回まで全話まとめて視聴したい!』 Sections of this page. 次話:「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 第5話」あらすじ・ネタバレ. ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の動画を公式見逃し配信でフル無料視聴する方法を紹介します。, 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうの動画を見逃した…』 いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう。。。。第4話. Pandora(パンドラ)やDailymotion(デイリーモーション)などで違法にアップロードされた無料動画を視聴することは大変危険な行為です。 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうの再放送はある?』 PandoraやDailymotionは危険. いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう。。。。第4話. Jump to. いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 坂元裕二『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう 』4話 はじまりのシーンは庭の花々に水を撒く練( 高良健吾 )だ。 しかし、家の主である静恵( 八千草薫 )の姿が見当たらない。 PandoraやDailymotionは危険. 『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の無料見逃しフル動画視聴まとめはこちら. を無料視聴する>, いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうの動画を無料で視聴できるのはFODプレミアム!, 人気の月9以外にもアニメや映画と充実したラインナップでドラマやアニメが好きな方に人気のサービスです。, FODプレミアムは現在2週間の無料トライアルを行っているので無料トライアル中に解約すればタダでドラマを見ることが可能です。, いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうを見逃し配信しているサービスを調べました。, 現在「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」を全話配信しているのはFODプレミアムだけでした!, Tverは放送後1週間のみ視聴可能なためいつでも好きなときに視聴することはできません。, しかも唯一ドラマの動画を楽しめるFODプレミアムにはお得すぎるメリットが5つもありました。, いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうのフル動画配信は違法サイトにありませんでした。, ウイルス感染など取り返しのつかない被害に合った方もいるので視聴は自己責任でお願いします。, 利用規約など確認事項に問題なければ『同意する』にチェックをいれ『アカウントを作成する>』をタップします。, 初回2週間無料トライアルが適用になるのはクレジットカード決済とAmazonPayです。, 無料期間の確認をしたらクレジットカード情報を入れ『購入内容を確定する>』をタップすれば登録完了です。, 福島出身で農業の家で育った曽田練は、東京の運送会社で引っ越業務に従事し、まじめに働いている。, 祖父・健二がだまし取られた畑を取り戻すことが目的だったが、運送会社は薄給で、現実は貯金どころではなく貧乏生活をしている。, そんな練には日向木穂子という彼女がいて、素直すぎてすぐに騙されてしまう練を金銭的にもサポートしている。, ある日、練は、悪友の中條晴太が、旅先の北海道で拾ったというカバンの中から「音へ」と書かれた一通の手紙を見つける。, 絶対に持ち主に返さなければならないと責任を強く感じ、会社のトラックで北海道へと向かう。, 引っ越し作業中、先輩・佐引の不注意で練たちはビンテージのスピーカーを壊してしまう。, 柿谷運送社長の嘉美は、スピーカーを設置した練にその弁償を命じ、練は毎日ヘトヘトになるまで働かされる。, そんな折、音の前に「春寿の杜」経営グループ企業の御曹司・朝陽が現れ音に興味を抱く。, 実は練はまだ木穂子と正式交際をスターとしておらず、音と別れた後に練は「俺だけを見てほしい」といって木穂子に交際を申し込む。, 木穂子は「不倫相手とはもう会わない」と練に約束をし、練は彼女の言葉を信じ受け入れる。, 柿谷運送の給料日、佐引は子供の養育費が支払えないからと、加持や練から借金をしようとしてトラブルに発展する。, そのバスの中で、泣きだした幼児をめぐり乗客同士がいざこざになり音は幼児を助けようとするも、練は見て見ぬふりをする。, 小夏が練に片思いしていることを知り、小夏に「その願をかなえてあげる」といい「練が地元に帰りたくなるようにすればいい」とアドバイスをする。, 練たちがアパートに着くと小夏と晴太がいて、小夏から会津で暮らす練の祖父・健二が転倒して負傷を負ったと知らせる。, 音と玲美は、勤務先の介護施設「春寿の杜」を経営する会社から、契約更新はないとの知らせを受けてしまう。, 木穂子が練に連絡をとろうと携帯に電話をかけてみるも、既にその番号は練のものではなくなっていた。, 朝陽に相談をした帰り道、音は柿谷運送のトラックを見かけたので加持に練のことを尋ねる。, 朝陽は音から練と再開したことを聞かされ、練を助けてあげたいと訴える音の気持ちを一旦は受け入れる。, 練の事務所へ行った音は、静恵が会いたがっていることや元職場のこと、健二のことなど話すが「何も知らないくせに勝手なことをいうな」と苛立ちを隠せず乱暴に返す練だった。, 以前にもプロポーズされたけれど忙しくて断っていまった経験があり、音には「プロポーズされたら何も考えないでOKするように」とアドバイスを送る。, 仕事帰りのバスで練と一緒になった音は練から一緒に出掛けようと誘われるが「既に朝陽からプロポーズされている」と告げる。, 小夏が会津の母親と電話で話をしていて電話を変わった練は「大根の収穫時期なので手伝いに来てほしい」と言われる。, 音が練に気持ちを告げるため待ち合わせをしていたが、途中で音はトラブルに巻き込まれ搬送される。, 練、朝陽、木穂子そして、音が助けた少女・明日香も病院へかけつけ音の容態を知りショックを受ける。, もっと夢を持って東京でイキイキ生活してほしい世代なのに、練の職場での待遇や音の契約更新ストップなども酷いなと思った。, 若いキャスト陣なので軽めの作品かと思っていても、八千草さんがキャストに加わると、作品に深みが出るね。, 仙道静恵の存在や家がなければ、こんな風に若者は自分を見つめ気持ちをコントロールできなかったかもしれない。, 苦労は買ってでもしろというけれど、二人をみていると「もう苦労しなくていいんだよ」と声をかけたくなるおばさんです。, スッキリした感じではないけれど、人生や人に対する接し方など考えさせられる作品だった。, 「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」は「いつ恋」と言われ人気の月9ドラマです。, 感想にもあったように様々な傷を抱えた音や練を軸に、木穂子、朝陽、小夏などの群像も描いています。, 各々が辛い過去を背負っているにも関わらず、明るく前向きに生きようとする主人公の音(有村架純)と練(高良健吾)の二人を中心としながら、彼らを取り巻く四人の男女の想いが複雑に絡み合いながら物語が進んでいく群像ラブストーリーです。, ※本ページの情報は2020年10月時点のものです。 最新の配信状況はFODプレミアムサイトにてご確認ください 。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. はじまりのシーンは庭の花々に水を撒く練(高良健吾)だ。しかし、家の主である静恵(八千草薫)の姿が見当たらない。, という静恵の書き置きが映し出される。なるほど、温泉旅行に出掛ける静恵に頼まれ、練が家の留守を預かる事になったようだ(今回やたらと老人ホームの風呂掃除シーンが多いのは、温泉とかかっているのかしら)。しかし、セオリー通りに撮るのであれば、まさにこれから出掛けんとする静恵が玄関先で練に留守中の事を頼むシーンなりその回想が存在してもいいはずなのだけど、あえて静恵が一切映らない手法で処理されている。どうにもこれが、4話における演出のトーンを決定づけているように思えてならない。”画面に映らないもの”で物語る、という試みである。, 言うまでもない事だが、商店街の電気屋が呼びかけた「(あれ、ひやかしかな?の)お兄さん」、老人ホームのスタッフの言う「さっきの人」、朝陽に音の部屋を教えてくれた「隣のお兄さん」、これらの画面に映されなかった人々、そのどれもが練である。彼は確かにその場にいたはずなのに、画面上には映されない。天使であったはずの練が、まるで亡霊(ゴースト)のように扱われている。なるほど、自身の心に反し、音に冷たい対応をとり続ける練は、その存在自体が引き裂かれている。いるはずなのに"いない"。1話に登場した, という台詞に反するような状況だ。2人の関係は前話までと一変してしまう。練が振り返ってもそこに音はいないし、乗るバスでの位置関係も、平行線以上のズレが発生している。しかし、窓が曇る様子を見ても、風に吹かれて倒れる看板を見ても、練の脳裏には音が浮かぶ。いつも彼女の事を想ってしまう。つまりは、「見たら、いる」のだ。そして、画面には映らないものの、前述の通り「お兄さん」や「あの人」として、練は確か音の側にいる。電気ストーブを買おうか悩む音を見つめ、通勤中に倒れた音をホームに運び、彼女が欲しがっていた電気ストーブを届けようと家まで訪ねている(道を尋ねてきた朝陽が抱える上等なストーブと加湿器を見て、引き返したのかもしれない)。画面には映らない所で、彼は「引越屋さん」としての”運ぶ”という役割を全うしていると言える。, 話がこんがらがってきた。つまり私が伝えたいのは、「いるはずなのにいない」と「いないはずなのにいる」という両端の状況を同時に演出するという離れ業を処理しているという事だ。ちなみに4話の演出は高野舞。並木道子、石井祐介に次ぐ3番手の若き演出家。所謂「ながら見」をしている視聴者には、なかなか伝わらないであろう繊細な演出であって、「不親切!」と糾弾されても仕方のない作りにはなっているのだけども、支持するしかないだろう。その一方で、赤ん坊の泣き声への舌打ちから始まる一連のバスのシークエンスの演出(と脚本)などは、ステレオタイプを通り越してやり過ぎの域で、ちょっと興醒めしてしまうのが正直な所。「緊張と緩和」という物語作りの理論に沿っているのだろうけども、そこまで負荷をかけずとも、効力のある"緩和"を坂元裕二は書けるし、今作においても書けていると想うのだけどなー。例えば、あのささやかな”たこ焼きパーティー”の素晴らしさはどうだろう。音が食べ損ねてしまった”たこ焼き”が思いがけない形で彼女に届いてしまう美しさも勿論なのだが、たこ焼きのイメージが音の関西弁をスムースに呼び起こしている点も見逃せない。社会に抑圧・搾取されている心優しき天使達は、いつも言葉や想いを噛み殺して暮らしている。彼等が普段は抑えている方言はそのメタファーとして見事に機能している。3話での, という音の告白を思い出すまでもなく、方言が零れ出る、その瞬間というのは文字通り彼らが”本当の言葉”を喋り出す時なのだ(であるから、練の「好きでした」という過去形を使った標準語での告白は、当然本心ではない)。テーブルに向かい合って本当の言葉で語り合う、あのかけがえのないひと時。このささやか時間を、新たな”つっかえ棒”として2人は再び別れていく。しかし、孤独な2人はきっと同じ匂いを漂わせているはずだ。きっとそれは音と道端ですれ違っただけの木穂子(高畑充希)にも感じられるほどで、ギュッと抱きしめた練から彼女と同じ匂いがする事に、気付いてしまっただろう。この匂いの演出も、”画面に映らないもの”で物語る、という試みの結実である。まったくもう、ここまで胸を掻き乱されるラブストーリーあるだろうか。次回、5話にて一章が完結。震えて待つ。, hiko1985さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog