俺はふわふわ派だから先にいるるけど緑のたぬきと違って先入れしてもどん兵衛はふわふわになりずらい 18: 明日も腹ぺこ 2019/03/31(日) 13:08:44.490 ID:4ugZ8+Bv0 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. どん兵衛 は、つゆは出汁よりも醤油が効いているお味だけど、インスタント麺なのにコシを感じられるような麺です。実際時間が経っても伸びないのは どん兵衛 でした。 つゆは 緑のたぬき 。麺は どん兵衛 … (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「どん兵衛」にしろ「赤いきつね」「緑のたぬき」にしろ、西日本と東日本、そして北海道ではだしに違いあるのです。, 「どん兵衛」は販売当初から東日本では鰹ベースのだし、西日本では昆布ベースのだしを展開しています。, 全国展開する商品で地域色を出すのは、今ではよく見かけるようになりましたが、この手法は「どん兵衛」が最初です。, なお、現在北海道で販売されている「どん兵衛」は利尻昆布ベースの甘めのだしになっています。, 一方、「赤いきつね」と「緑のたぬき」も早いうちから東西でだしを分けていましたが、現在はさらに細かく地域差を出して販売しています。, 東日本は鰹をベースにしょうゆ味のキリッとした味に、西日本は昆布をベースに煮干し等をあわせて薄口しょうゆですっきりとした味に、北海道は利尻昆布ベースで甘みとコクのある味に、さらに関西ではうるめ鰯ベースであっさりしているのに深みのある味に仕上げています。, また、だからこそ和風カップ麺の看板商品として君臨し続けることができるのかもしれません。, 旅行や出張で各地方へ行くたびに、それぞれの商品を買い集めて食べ比べるのもおもしろそうですね。. 麺は 「どん兵衛」 が ストレート麺 なのに対して、 「緑のたぬき」 はやや ウェーブがかった麺 で前者のほうがややコシがあります。 日清食品「どん兵衛 天ぷらそば」と東洋水産「緑のたぬき天そば」は、カップそば界の2大ブランドですが、実は地域によって味が異なります。 そこで、2人のそば専門家に各地域のカップそばを食べ比べてもらい、味の違いをチェックしました。 どん兵衛と緑のたぬきはどちらが美味しいのか。 結果的には、どちらもおいしいです。 しかし、この二つには違いがありますので、自分の好みのほうを選ぶことが出来ます。 麺はどん兵衛がストレート麺です。 コシ があるため、 どん兵衛天ぷらそばと緑のたぬきはそばのカップ麺の古くからのライバルだ。違うスーパーでそれぞれ安売りしていたので買って比較してみることにした。 共に関西仕様。 内容物を確認しよう。 どん兵衛は、あと載せサクサクがウリなので天ぷらが袋に入っている。 これらの商品を見かけないスーパーやコンビニエンスストア等はないと言っても過言ではないほどの人気ぶりですが、「どん兵衛」「赤いきつね」「緑のたぬき」にはどんな違いがあるのでしょうか?, 出典:http://www.donbei.jp/    , http://www.maruchan.co.jp/index.html, 当時、インスタント麺業界ではラーメンが主流で和の味をウリにしている商品はほとんど見かけないなかでの、うどんの発売。, 以来、和風カップ麺は一大ブームとなり、ライバル社がこぞって新商品を販売し始めます。, 「どん兵衛」は業界初となる丼型容器を採用し、より本格的なうどんらしさを追究していました。, ライバルの躍進によって、「カップきつねうどん」はネーミングやデザイン、味をすべて見直してニューブランドとして登場させることになりました。, 開発当初は「熱いきつねうどん」というネーミングで販売予定でしたが、よりインパクトのあるネーミングとデザインを検討した結果、お馴染みの「赤いきつね」が登場したのです。, 「たぬきそば」は1963年ですから、ノウハウのある東洋水産にとって「緑のたぬき」の商品化は当然の流れでした。, このような歴史を考えると、「どん兵衛」も「赤いきつね」も「緑のたぬき」も互いにライバル関係を築くのは必然といえるのかもしれません。, 出典:http://www.donbei.jp/  ,http://www.maruchan.co.j, 麺は「どん兵衛」のほうが薄く細い仕上がりで、ツルツルとした喉ごしのよさがたまりません。, 「どん兵衛」のおあげはジューシーさをウリにしているだけあって、とにかくだしを含んでふっくらしています。, 麺は「どん兵衛」がストレート麺なのに対して、「緑のたぬき」はややウェーブがかった麺で前者のほうがややコシがあります。, また最初からカップに入れておくため、だしを含んだ天ぷらはふんわりと優しい食感です。. 日清食品「どん兵衛 天ぷらそば」と東洋水産「緑のたぬき天そば」は、カップそば界の2大ブランドですが、実は地域によって味が異なります。そこで、2人のそば専門家に各地域のカップそばを食べ比べてもらい、味の違いをチェックしました。, 日清食品の「どん兵衛」は1976年に誕生。当初から東西の味に違いがありました。2009年には北海道向けも登場し、いまも進化し続けています。, 関ヶ原を境界に、本土東側はこのどん兵衛が販売されています。キレのいい鰹と醤油のつゆは、濃厚でコクも十分です。, 鰹と昆布ダシをすっきり味わい深く仕上げたつゆ。上品かつまろやかな旨みがあり、思わず飲み干したくなります。, 千歳の工場で製造される北海道の限定品。甘く香りのよいダシが効いたつゆは、北海道産利尻昆布を使用しています。, 東洋水産の「マルちゃん 緑のたぬき」は、1980年の誕生時から東西でつゆの味を変えて展開。その後2001年に関西向け、2014年に北海道向けが開発されました。, 良質な鰹節のみを仕入れ、昆布のダシとブレンド。キレと旨みのある醤油で仕上げるしっかりめの味わいです。, 昆布をベースに、鰹節、煮干、雑節などを合わせて淡口醤油で仕上げています。旨みが前面に出た味わいが特徴です。, 近畿エリアで展開。つゆには関西のうどんやおでんのダシによく使われる、うるめ鰯がたっぷりと入っています。, 京料理などに多用される、北海道産の利尻昆布を贅沢に使用。豊かな旨みのなかに、ほんのりとした甘さもあります。, 同じカップそばでも、地元の素材を使い、地元の皆さんの味の好みを反映させているんですね。旅行や出張などの機会があったら、味の違いをチェックしてみてはいかがでしょうか。, ゲットナビ10月号別冊付録 「Qi対応ワイヤレス充電器」に関するご使用上の注意について. 『「どん兵衛」をレンジで加熱するとほぼ生麺になる! 』は「緑のたぬき」でも通用するか?! 2018/01/07 12:50 by Medy♪ お酒・おつまみ また 「どん兵衛」の天ぷらは個包装になっていますが、「緑のたぬき」は裸 ということもわかります(上の写真では「どん兵衛」の天ぷらは袋から出しており、右下と左上に写っている白っぽい袋がそれです)。 どん兵衛のそばといえば、うどんと並ぶどん兵衛のおなじみ商品だ。とくに天ぷらそばは、サクサクとした天ぷらが食欲をそそるとファンも多い。そんなどん兵衛と長年ライバルとして比べられてきた緑のたぬきとの違いなどを紹介していこう。 ここからわかることは、つゆひたひたのかき揚げ派は緑のたぬき。サクサクかき揚げ派はどん兵衛ってことですね。, どん兵衛は、つゆは出汁よりも醤油が効いているお味だけど、インスタント麺なのにコシを感じられるような麺です。実際時間が経っても伸びないのはどん兵衛でした。, 写真をご覧になるとわかりますが、最初からかき揚げが入ってる緑のたぬきは水分を吸うのが早いです。同じスピードで食べていてもつゆのなくなり方が全然違います。, これは、かき揚げをそばの具材の一部として食べたいか、そばのトッピングとして食べたいかの好みだ!という結論に至りました。, あえて言うのなら、七味の風味を尊重する緑のたぬきと、唐辛子の辛さ引き立つどん兵衛ですね。本当に微々たる差です。, 味以外であえて考えるなら、緑のたぬきの方がゴミが出る量が少なかったり、手が汚れるリスクが少ない分外で食べるときは便利かなと思いました。, なお、今回の完全比較は、完璧に私の嗜好が入っているので、実際のところはご自身で食べ比べて判断してくださいね。, 【徹底検証】緑のたぬきVSどん兵衛 ホントに美味いのはどっち!? | bn2pcy826sszのブログ. Copyright (C) なぜなにメディア All Rights Reserved.