第24回(2007年) サンライズバッカス 第21回(2004年) アドマイヤドン 第31回(2014年) コパノリッキー 孝元天皇. 劔池嶋上陵. 第18回(2001年) ノボトゥルー かいかてんのう. つるぎのいけのしまのえのみささぎ. かたおかのうまさかのみささぎ. 第35回(2018年) ノンコノユメ 第36回(2019年) インティ CV:中谷一博 『龍が如く6』で神室町を去った前作主人公・桐生一馬の後を継ぐ、シリーズの新・主人公。 『龍が如くONLINE』で初登場。その後『龍が如く7』にて家庭用機で初登場する事になった。 元東城会系荒川組若衆。神室町生まれ神室町育ちの40歳。 組長の荒川真澄をはじめ、気心の知れた相手からは「イチ」という愛称で呼ばれている。 なお『龍が如くONLINE』と『龍が如く7』は一部の設定以外はストーリーや時間軸が異なっており、一番の経歴なども若干異なっている。その為、以下の概要は … 開化天皇. 第02回(1985年) アンドレアモン 第09回(1992年) ラシアンゴールド 第08回(1991年) ナリタハヤブサ 大牧場出身の良血馬に席巻されている日本競馬界の中で、松本は中小規模の牧場との交流や繋がりを重視し、持ち馬のほとんどがそれらの牧場出身の良血とは言い難い安価な馬というのが特徴である。松本自身が馬を見て選ぶことはせず、調教師や牧場が薦めた馬を安く買っている。そのため、 第05回(1988年) ローマンプリンス 世界シェア4割を占める大型船舶用ディーゼルエンジンのクランク軸など、産業機械を手掛ける株式会社きしろ代表取締役会長(2013年現在[2])。愛棋家としても知られ、将棋の腕前はアマ六段。将棋棋士の内藤國雄とは旧知の間柄。その内藤の発案に応える形で、2005年より女流棋戦『きしろ杯争奪関西女流メイショウ戦』のスポンサーとなっている。2007年には紺綬褒章、2010年には旭日小綬章を受章している[1][3]。, 1974年、日本中央競馬会に馬主登録する[1]。現在では個人馬主としては少数の部類である一世代50頭近くを所有する大馬主であり、2009年9月からは日本馬主協会連合会会長を務め現在は名誉会長。冠名の「メイショウ」[3]は、本人が明石市生まれであることから「明石の松本」に由来し[1]、また同じ発音の「名将」ともかけている。妻の和子、息子の好隆も馬主。所有馬のほとんどは栗東トレーニングセンターに入厩(ほぼすべての厩舎)しているが、一部美浦トレーニングセンターの小島太厩舎や中野栄治厩舎に預託している馬もいる。勝負服の柄は胴青・桃襷・袖桃[4]であり、地方競馬・浦和競馬場所属騎手の吉本隆記が松本の許可を得て同じ柄の勝負服を使用している[4]。, 大牧場出身の良血馬に席巻されている日本競馬界の中で、松本は中小規模の牧場との交流や繋がりを重視し、持ち馬のほとんどがそれらの牧場出身の良血とは言い難い安価な馬というのが特徴である。松本自身が馬を見て選ぶことはせず、調教師や牧場が薦めた馬を安く買っている。そのため、後に東京優駿や天皇賞を制するメイショウサムソンを初めて生で見たのは、デビュー戦となった小倉競馬場のパドックであった。また、現役時代に所有していた馬の産駒も多く、メイショウホムラとその産駒メイショウバトラーは父子二代で重賞勝ち馬となった。中小規模の牧場で働く人々からは尊敬と親しみを込めて「メイショウさん」と呼ばれており、日高地区には「三愛会」という名の松本を囲む会もあるという[5]。所有した牡馬が競走馬として活躍できなくても、誘導馬に転向させることが多い馬主のひとりでもある。, 幾多の重賞を制しながらGIのタイトルには長らく縁がなく、2001年にメイショウドトウが宝塚記念を制するまでに28年を要したが、その後はメイショウボーラー(フェブラリーステークス優勝)、メイショウサムソン(皐月賞、東京優駿〈日本ダービー〉、天皇賞(春)、天皇賞(秋)優勝)など、GIレースでの活躍も目立つようになった。, リーディング上位の馬主の場合、調教師に対して出走レースや騎手の起用などにまで注文を付けることもあるが、松本は基本的に「自分は全く馬のことは分からないから、(調教師に)お任せをしている。従って口を出すことはない」とすべて一任していた。ただし2007年、メイショウサムソンの凱旋門賞挑戦に際しては、敢えて騎手を石橋守から武豊に替えさせた。松本は石橋と武の2人を呼んで「今回ばかりは私のわがままを聞いて欲しい」と、石橋に武へのスイッチの了解を求めたという(日刊スポーツなどの報道より)。その後2010年代に入り武豊や、武幸四郎を本格的に自身の競走馬の主戦騎手に据えるようになった[6]。, 重賞ウイナーレポート「2005年02月20日 フェブラリーS G1 優勝馬:メイショウボーラー」, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=松本好雄&oldid=80365935. 9. (かすがのいざかわのさかのえのみささぎ) 前158~前98(参考) 記紀伝承上の天皇: 10: 崇神天皇 (すじんてんのう) 山邊道勾岡上陵 (やまのべのみちのまがりのおかのえのみささぎ) 前97~前30(参考) 記紀伝承上の天皇: 11: 垂仁天皇 (すいにんてんのう) 奈良県 北葛城郡 王寺町本町3丁目. 第12回(1995年) ライブリマウント かすが 神社 じんじゃ 内 ない に何体 なんたい あるでし ょう? ア.1体 イ.2体 ウ. こうげんてんのう. 第19回(2002年) アグネスデジタル 春日鳥居(かすがとりい) 八幡鳥居(はちまんとりい) 黒木鳥居(くろきとりい) 靖国鳥居(やすくにとりい) 内宮源鳥居(ないぐうげんとりい) 宗忠鳥居(むねただとりい) 三柱鳥居(みはしらとりい) - 正三角形平面に組み合わされ三柱の鳥居。 城南宮鳥居(じょうなんぐうとりい) - 共有馬を含む競走馬を1年以上所有しなかった時(いわゆる「1年抹消」で、競馬施行規程11条6項に該当) 詳しくはjra競馬施行規程第7条及び第11条に記されている。 個人馬主の相続. メイショウボーラーの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 第20回(2003年) ゴールドアリュール 第27回(2010年) エスポワールシチー 第29回(2012年) テスタマッタ 第16回(1999年) メイセイオペラ 第30回(2013年) グレープブランデー メイショウホムラ は日本の競走馬・種牡馬。 おもな勝ち鞍は1993年のフェブラリーハンデキャップ。 1993年度のjra賞最優秀ダートホースに選出された。 馬名は冠名の「メイショウ」に「炎」の古語読みである「ほむら」。 第10回(1993年) メイショウホムラ 第07回(1990年) カリブソング 第23回(2006年) カネヒキリ 春日率川坂上陵. 第03回(1986年) ハツノアモイ 喘鳴症(ぜんめいしょう 、ぜいめいしょう )は、馬の咽頭で発生する病気のひとつである。 俗称としてノド鳴りとも呼ばれる。. 第28回(2011年) トランセンド 第34回(2017年) ゴールドドリーム 奈良県 橿原市石川町. メイショウマンボの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 片丘馬坂陵. 第32回(2015年) コパノリッキー 第06回(1989年) ベルベットグローブ 見どころ情報 | 南都銀行が提供する地域ポータルサイトです。地域金融機関である「ナントならでは」の視点で奈良県の観光情報のみならず、歴史・文化、グルメやイベントなど、奈良の魅力を幅広く紹介し … 第13回(1996年) ホクトベガ, 第14回(1997年) シンコウウインディ メイショウホムラ[1]は日本の競走馬・種牡馬。おもな勝ち鞍は1993年のフェブラリーハンデキャップ。1993年度のJRA賞最優秀ダートホースに選出された。馬名は冠名の「メイショウ」に「炎」の古語読みである「ほむら」。, 1990年11月3日の京都競馬場ダート1400メートルの新馬戦でデビューし、2着トーワマサルに3秒3という大差をつけて圧勝[2][3]。続く京都3歳ステークスも格上挑戦ながらソーエームテキの3着として阪神3歳ステークスに駒を進め、4番人気に支持されてレースを迎えたがイブキマイカグラの7着に終わり、レース後には骨折が判明して1年近くの休養を余儀なくされ、クラシック路線とも無縁となる[2][3]。, 1991年11月のダートの500万下条件戦で約11か月ぶりに戦列に復帰し、2着に7馬身差をつけ久々の勝利を挙げる[2][3]。次走阪神競馬場の900万下は最下位に崩れたが、年明けて稲荷特別を勝ち1600万下の羅生門ステークスでのちの天皇賞・安田記念勝ち馬のヤマニンゼファーの2着としたあと東上、格上挑戦でフェブラリーハンデキャップに出走し、ラシアンゴールドの5着[3]。続く自己条件、オープン特別では勝てず、骨膜炎を発症して休養に入る[3]。900万下クラスに降級ののち夏の小倉競馬から戦列に復帰し、休み明けの天草特別を勝って1500万下クラスに再昇級ののちは根岸ステークスへの格上挑戦を含めて3戦勝てなかったものの、11月の花園ステークスを勝ち上がってオープンクラスに上がった[3]。, 5歳を迎えた1993年はオープン特別の平安ステークスから始動してミスタートウジンの7着に終わり、3度目の東上となったフェブラリーハンデでは柴田政人を背に7番人気で出走、レースでは好位から抜け出し2着シンワコウジに2馬身2分の1差をつけて重賞初勝利を成し遂げた[2][3]。フェブラリーハンデのあと、京葉ステークス、栗東ステークス、武蔵野ステークスとダートのオープン特別を3連勝するが、阪神3歳ステークス以来の芝レースとなった阪急杯では3番人気に支持されるも12頭立ての最下位に終わった[3]。休養を挟み10月の神無月ステークスを勝ったが、次走の根岸ステークスは1番人気もプロストラインの6着に終わる[4]。1993年は芝重賞の阪急杯は別として、年明け初戦と最終戦を取りこぼしながらもフェブラリーハンデを含んでダートのオープンクラスの競走で5勝を記録し[5]、1993年度のJRA賞最優秀ダートホースに選出された[1]。その後は長期休養に入り、約1年ののち戦列に復帰して2戦するも2戦とも最下位に終わり、引退した[6]。, 引退後は、重賞を1勝したのみという競走実績ながら馬主の厚意もあって、日高町の日西牧場で種牡馬となる。種付け頭数には恵まれていないが、数少ない産駒の中からメイショウバトラーが小倉大賞典などの重賞を制するという活躍を見せた。2008年の種付けを最後に種牡馬を引退し、以降は日西牧場で功労馬として余生を送っていたが、2013年4月1日、同牧場で老衰のため死亡した[2][8]。, 国際競走指定前: 競走馬にとっては屈腱炎とともに競走能力を阻害する故障のひとつであり、クラシック二冠馬タニノムーティエやゴールドアリュールが引退に追い込まれた 第04回(1987年) リキサンパワー 第25回(2008年) ヴァーミリアン, 第26回(2009年) サクセスブロッケン 第15回(1998年) グルメフロンティア 第33回(2016年) モーニン 第11回(1994年) チアズアトム 喘鳴症(ぜんめいしょう[1]、ぜいめいしょう[2])は、馬の咽頭で発生する病気のひとつである。俗称としてノド鳴りとも呼ばれる。, 競走馬にとっては屈腱炎とともに競走能力を阻害する故障のひとつであり、クラシック二冠馬タニノムーティエやゴールドアリュールが引退に追い込まれた[3]。, 喘鳴症はその症状によっていくつかに分類することが出来るが、喉頭片麻痺による声門裂の開放不全が主な原因とされる。ノドが「ヒューヒュー」という乾いた音を鳴らす症状[4]。気道の入り口には披裂軟骨の小角突起があり、背側輪状披列筋が収縮することで左右の小角突起が引っ張られ、声門裂が大きく開くことによって空気を気管内に取り込みやすくしている[4]。この筋肉が麻痺すると開かなくなった小角突起が声門裂に垂れ下がって気道が狭まり、罹患馬は運動負荷が一定のレベルを超えると換気量が十分に確保できなくなる[4][5]。, 喉頭片麻痺の原因は定かではないが、そのほとんどが脳から出た迷走神経が胸腔内で分枝し、再び喉頭まで戻る(反回する)反回喉頭神経の麻痺によって発症する[4]。麻痺はほぼ左側の神経に起こる(99%以上)[3]。この原因もまた定かではないが、反回喉頭神経は馬の神経の中でも長い部類に入り、特に左側の神経は右側より長くなるために神経の軸索輸送に障害が起こるのでないかとする説がある[4]。, このほか、喉頭片麻痺の発症原因として遺伝性疾患説、呼吸器感染起因説がある[6]。JRA競走馬総研によれば、遺伝による喉頭片麻痺の発症率は23%とされる[6]。500㎏を超える大型の牡馬に発症例が多いとの報告もある[7]。, 診断は内視鏡検査で行われるが、症状が軽度の場合はトレッドミルを使用した高速走行状態での内視鏡検査が必要な場合もある[6][7]。治療に際して最も効果が期待できるとされるのが、開かなくなった小角突起を糸で引っ張りあげて喉頭の入り口を拡げる喉頭形成術であるが、相当数の症例が費用やリスクに見合った結果を出していない[6][7]。また、術後には様々な合併症も報告されている[7]。一方、最大の成功例はダイワメジャーで、術後にG1競走4勝を挙げて8億円を超える賞金を稼いだ[7]。, 馬が食物を摂取する際に気道をふさぐ役割をする喉頭蓋が通常喉頭蓋の下のある軟口蓋に潜り込んでしまい、呼息性、つまり息を吐く時の閉塞疾患を引き起こす[8]。喉頭片麻痺が「ヒューヒュー」と鳴るのに対し、こちらは「ゴロゴロ」「ゲロゲロ」「ブルブル」と鳴る[3][8]。内視鏡検査の普及によって認知されてきた症状であり、育成期の1歳馬、2歳馬によく見られる[8]。, 喉頭蓋の根元にあるヒダが持ち上がってしまい、喉頭蓋を覆ってしまう症状[3]。持ち上がってしまった部位を切開することで治療される[3]。発症例は少ないが、シーキングザパールやリンカーンが喉頭蓋エントラップメントを発症している[3]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=喘鳴症&oldid=71222492. 3体 エ.5体 答え:ア ★春日 かすが 神社 じんじゃ は、はじめ一 いち の宮 みや と呼 よ ばれ春日大神 かすがのおおかみ の一座 いちざ でした が、延喜 えんぎ 元年 がんねん 第17回(2000年) ウイングアロー 8. 国際競走(G1)指定後: 第22回(2005年) メイショウボーラー 第37回(2020年) モズアスコット, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=メイショウホムラ&oldid=75151466. 第01回(1984年) ロバリアアモン