「ゴルカ」はソ連軍の山岳地帯向け被服で、アフガニスタン侵攻により丘陵地帯での戦闘に向いた装備の必要から「スペツナズ(特殊部隊)」をはじめとする各兵科において用いられました。, その使い勝手の良さから、ソ連崩壊後も改良型がいくつも作られ、現在でも第一線で活躍する戦闘服としてロシア軍兵士に愛用されています。, 今回紹介する物は、のちのタイプと区別するため特に「ゴルカ1」や「アフガン・ゴルカ」と呼ばれる、アフガニスタン紛争で使われた初期モデルです。, ゴルカはジャケットとズボンの2ピース構造で、軍服の上から重ね着出来るようにゆったりした造りになっています。, 素材は「パラトカ(ポンチョ)」と同じ生地で作られているようで、硬くゴワゴワした質感です。, 首元には風を防ぐためのフードがあり、袖口や腰周りにはゴムが内蔵されている他、ジャケット裾には締め紐があるので、徹底して風を通さないよう対策がなされています。, パラトカ同様、ある程度の防水性を持ち、目の詰まった生地なので山の急な雨にも対処出来るよう配慮されています。, ジャケット内側には内張りはなく、腰の内蔵ゴムの様子や切れ込みポケットの袋部分の構造が丸見えです。, ズボンには切れ込みポケットはありませんが、代わりに大きめのカーゴポケットがあります。, ソ連軍の被服ではコットンの板紐をボタン留めする物が殆どですが、ゴルカでは初めから両端を縫い付けられた幅広のゴム紐で出来ています。, ズボン用サスペンダーはコットン製で、サイズ調整金具類は一切なく、背中側のゴムの伸縮と、ボダンループの位置で調整します。, サスペンダー先端は画像のようにボタンループが複数設けられており、簡単なサイズ調整機能としてあります。, ゴルカの下には長袖の「チェリニャーシュカ(ボーダーシャツ)」のみを着用しています。, よほど寒い時以外は、この位の着こなしでも1ゲームもすれば汗ばむ位の保温(遮風)効果があります。, ゴルカ付属のサスペンダーにより、ウエスト周りはゆったりしつつもずり落ちることなく快適な履き心地です。, アフガン・ゴルカはのちにロシア連邦軍で使われたタイプと比べると大変シンプルな造りですが、防風能力は十分考慮されています。, 「RPK-74軽機関銃」を装備した状態で、「中国製56式チェストリグ」に45連ロングマガジンを差し込んでいます。, 「RPK-74」は「AK-74」と同フレームなのですが、バイポッド付きブルバレルとロングマガジンの組み合わせにより、実際以上に大きく感じられます。, 首元にはバンダナを巻いてスカーフとしていますが、このバンダナはロシア製実物で、やけにごわっとした肌触りの三角布です。, チェストリグを身につけているため、付属のポーチはベルトに通さずぶらぶらさせていますが、このような着こなしは実際のソ連軍では頻繁に見られた物です。(むしろ、しっかりベルトに通している方がまれ), 腰周りには「RPK用マガジンバッグ」と「熱地用水筒」を提げていますが、どちらも通常装備より大型なのでかなり存在感がありますね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 宮崎県で活動している、雑食性コスプレゲーマーです。 ソ連軍のアフガニスタンからの撤退(ソれんぐんのアフガニスタンからのてったい、英: Soviet withdrawal from Afghanistan )とは、1979年以降、アフガニスタン民主共和国に駐留していたソ連軍が1980年代末期に同国より撤退した出来事である。. ソ連は、アフガニスタン政府の要請から侵攻したと主張し、アメ リカは内政干渉だと非難した。 1980年 ――― アメリカなど西側諸国は、 モスクワオリン ソ連がアフガニスタンに侵攻した理由を見る前にアフガニスタンはどこに位置しているのかを確認しようと思います! アフガニスタンがどんな場所にあるかを把握しておくだけでもソ連がアフガニスタンに侵攻した理由をより把握しやすくなるでしょう。 さて当のアフガニスタンは中央アジアに位置しています。 日本人は普通でしたら気にも留めないですよね。 地図に赤線が引いているところが、アフガニスタン! ~スタンっていう国が周りに多い!っていうのが率直な感想。この「スタン」は「国、地域」 … アフガニスタンにはソ連軍が79年に侵攻し、10年後に撤退した。当時とは支配勢力も国際環境も異なるが、軍事作戦を展開する上で、アフガニスタンとはいったいどんなところなのか。ソ連軍の軍事作戦に加わった元兵士に語ってもらった。【モスクワ石郷岡建】 アフガン侵攻・元兵士に聞く ソ連軍はなぜ失敗したのか (2001/10/03 毎日新聞) 米政府は同時多発テロ事件の「報復」として、アフガニスタンへの軍事作戦を準備している。アフガニスタンにはソ連軍が79年に侵攻し、10年後に撤退した。 1979年 12月の侵攻以降、アフガニスタンに駐留を続 … サバゲーでは銃より装備に貢いでるヒストリカル系ゲーマーです。 1979年 12月の侵攻以降、アフガニスタンに駐留を続 … ソ連は、共産主義政党であるアフガニスタン人民民主党による政権から直接の要請を受けて、派兵に踏み切った。この行動は、結局、ソ連の指導者レオニード・ブレジネフが「第二のベトナム」の泥沼にはまり込んだことで、アメリカの歓迎するところとなった。 ソ連軍のアフガニスタンからの撤退(ソれんぐんのアフガニスタンからのてったい、英: Soviet withdrawal from Afghanistan)とは、1979年以降、アフガニスタン民主共和国に駐留していたソ連軍が1980年代末期に同国より撤退した出来事である。, 1979年12月の侵攻以降、アフガニスタンに駐留を続けていたソ連軍であったが、ムジャヒディーンを中心とする反政府ゲリラとの戦闘に苦しみ、1985年のゴルバチョフ政権成立後は撤退を検討し始めた。1988年4月、ソ連、アフガニスタン民主共和国、アメリカ、パキスタンの4か国の外相がジュネーブで会談し、アフガニスタン和平協定が締結された。これによりソ連軍撤退の道筋が示され、1988年5月15日よりソ連軍は段階的に撤退を始めた。なお撤退は1989年2月15日に完了したが、撤退中もソ連軍とムジャヒディーンとの戦闘は続き、523名のソ連兵と約1,200名のムジャヒディーン兵士が命を落とした。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ソ連軍のアフガニスタンからの撤退&oldid=76691926. サバイバルゲーム・チーム「B.U.G」のリーダーもやってます。, 1960~1970年代的陸軍士兵 ~ 中国人民解放軍 陸軍 士兵装備 [56式半自動小銃 (SKS)], マルシン独自規格の8㎜BB弾仕様 ~ 十四年式拳銃・前期型 (マルシン製・ガスブローバック). ソ連軍のアフガニスタンからの撤退(ソれんぐんのアフガニスタンからのてったい、英: Soviet withdrawal from Afghanistan )とは、1979年以降、アフガニスタン民主共和国に駐留していたソ連軍が1980年代末期に同国より撤退した出来事である。. 「ゴルカ」はソ連軍の山岳地帯向け被服で、アフガニスタン侵攻により丘陵地帯での戦闘に向いた装備の必要から「スペツナズ(特殊部隊)」をはじめとする各兵科において用いられました。 その使い勝手の良さから、ソ連崩壊後も改良型がいくつも作られ、現在で 「ゴルカ」はソ連軍の山岳地帯向け被服で、アフガニスタン侵攻により丘陵地帯での戦闘に向いた装備の必要から「スペツナズ(特殊部隊)」をはじめとする各兵科において用いられました。 その使い勝手の良さから、ソ連崩壊後も改良型がいくつも作られ、現在で 逆説的に聞こえるだろうが、親ソ派のアフガニスタン人民民主党(PDPA)がクーデターで権力を掌握したとき(1978年の4月革命)、ソ連の指導部はあまり喜ばなかった。 「それ以前は、ソ連外交は、アフガニスタンを中立に保つことを目的としていた」。歴史家ニキータ・メンドコヴィチはこう説明する。 当時、東西冷戦は最高潮に達していた。中立的なアフガニスタンは、ソ連の中央アジアの諸共和国と、敵対する国々、す …