アフガニスタン美人女性を10名紹介していきます。多人種・多民族の特徴が混ざったアフガニスタン美人の美女レベルはとても高かったりします。周りを多くの国に囲まれる内陸国アフガニスタンは、その地理的な理由から、異なる人種や民族が行き交う場所となっ Early marriage robs them from their childhood and future opportunities.”, 私はアフガニスタンの全ての家族が児童婚と強制結婚を避けることを強く願います。ご息女たちは、若い年齢で結婚すると恐ろしいリスクに直面します。早期の結婚は彼女たちの青春時代や将来の様々な可能性を奪ってしまいます。, 児童婚を廃絶し、教育の機会を促進することは、国連による17の持続可能な開発目標の1つである。, アフガニスタンの国家行動計画は、執行力においての実績が乏しい。2007年の女性支援のための行動計画 (NAPWA)や、2009年に立案された女性への暴力の排除を目的とする法律(EVAW)、そして全ての女性支援計画の前進である安全保障理事会決議1325(UNSCR1325)の施行を促す計画も成功したとは言えないだろう。, さらに、早期結婚や児童婚の廃絶を目指すアフガニスタンの国家行動計画は、公には有効でないようである。したがって、政策の立案に関わっていない者にとって児童婚を阻止するための施策が履行されているかや、計画を実現するための構図がどのようになっているのかを理解することは難しい。, 約1年前の2016年7月18日、ゼフラという少女の悲しい知らせが届いた。強制結婚を強いられ妊娠4ヶ月であった当時14歳の彼女は、夫の家族に焼き殺された(当時のニュース映像は悲惨なものだった)。ゼフラの父親であるムハンマド・アザムはニューヨーク・タイムズ紙の取材に答えた。義理の娘だけでなく夫までもが、ゼフラが妊娠のためアヘン畑で働くことを拒むと、彼女を刃物で刺したり殴りつけたりしたという。, 亡くなる前に身体的な虐待を受けていた証拠をもみ消すために、娘は焼き殺されたのだとゼフラの父親は主張した。, ゼフラは、昔から行われている「バード」の犠牲者だった。それは、争いごとの解決に少女たちを巻き込み、彼女たちを別の家族に譲ってしまうというものだ。確かに、ゼフラは父親が夫の家族の女性と不倫したという理由で手放されることになった。彼女は両家族のいざこざを解決するために利用されたのだ。, 残念ながら、ゼフラの悲劇は児童結婚ではありふれた話の1つに過ぎない。幼な妻それぞれの結婚物語があるが、幸せな結末を迎えることはほとんどないのだ。, 家族が娘たちを手放す決断に至る際、多くの要因を考慮する必要がある。しかし、少女たちを手放す決断は、発言権を持たない女性よりもほぼ決まって男性から下されるという点に注目することが重要だ。, また、ここで大切な要素は貧困である。アフガニスタンの田舎の地域では、多くの家族が金銭や家畜との交換に娘を手放している。家族が子どもたちを養えなくなると、娘を手放すしかなくなる場合も少なからず見られる。羊、牛、そして金銭は、残念ながらアフガニスタンの父親たちにとっては自身の娘たちよりも価値のあるものかもしれない。, この事実を受け、教師で女性の人権活動家であるハン・ワリ・ アディルは、昔から日常的に行われている「バード」に抗議したのだろう。彼は2016年に1ヶ月間アフガニスタンの国会の前で野宿し、アフガニスタンでは「少女たちが家畜のように扱われている!」と訴えた。, 多くの幼な妻たちが、ゼフラのように家族間のいざこざを解決するため「バード」の取り決めで交換条件として結婚してしまう。, 他の例では、幼な妻たちが家族間で取引される。例えば、アフガニスタンでは男子は女子よりも価値があるとされる。そのため、父親は息子のために嫁をもらおうと、娘を積極的に交換することがある。これは伝統的な慣習の1つで「バダル」と呼ばれる。, 「バード」と「バダル」ともに、2009年施行の女性への暴力の廃絶を目的とした法律(EVAW)により禁止されているが、どちらの慣習も現在いまだに行われている。, 児童婚において最も明白で致命的な問題は、早すぎる妊娠である。若い少女たちの身体は、妊娠や出産の身体的負担を耐えるだけに十分成熟していない。若い年齢で結婚した少女たちは性的虐待により体内に損傷を受ける可能性もある。, 田舎の地域では、医療施設や適切な医療処置の不足がこの問題をより一層深刻なものにする。少女たちは妊娠や出産に関わる何の治療も医療的な援助も受けることができない。それは、たびたび少女たちの命を奪うことにつながってしまう。, 新しい家族に身体的・精神的虐待を受ける少女たちもいる。その上、彼女たちは新しい家族の「もの」として扱われるため、学校に通うことや、働きに出ることもできないことがよくある。彼女たちが経済的に自立することは不可能だ。, 少女たちの多くが、結婚から逃れる方法は自ら命を絶つことだけだと思っている。ボラ・グル・ヘハが、燃え立つ灯油ランプで焼身自殺を図る決心をしたのは、彼女が16歳の時だった。, 婦人科医で、女性支援団体メディカ・アフガニスタンの設立者であるモニカ・ハウザーは、アフガニスタン女性革命協会のニュースサイトに報告した。「自殺率は特に都市部で上昇しています。女性たちが強制結婚に抵抗しているのです」。地方に住む少女たちは教育を受ける機会が少なく、助けを求められずに耐え苦しんでしまう傾向がある。, このサイトはCreative Commons Attribution 3.0ライセンスで公開しています  Some Rights Reserved, 日本で起きていること、話していることを世界に伝える記事を書きませんか?グローバル・ボイスのライター募集は, GV Lingua日本語サイトはボランティアで支えられています。翻訳ボランティアについてのお問い合わせは, ロスト・イン・トランスレーション:Google翻訳、ヨルバ語などのアフリカの言語に苦戦. 1979年で起こったソ連によるアフガニスタン侵攻、このアフガニスタン侵攻はなぜ起こってしまったのか?その原因となった歴史の背景には当時冷戦状態だったアメリカが関係していた?当時の紛争によって起こった現在の内戦や子供たちの問題、その解決策についてご紹介します! アフガニスタンの人々は国内では食糧不足、自然災害による被災に見舞われており、民生は著しく低いレベルにあります。 このような困難に加えて、ソ連軍侵攻時代から現在に至るまで 対人地雷 が全国的に使用されており、復興のためには内戦の終結の努力とともに、これらの処理を進めなければなりませ … 現在のアフガニスタンは栄養不良の子どもが50%という社会です。. Your girls face a huge risk when they get married at a young age. アフガニスタン:国際社会は女性に対する国際約束 守るべき ... は、アフガニスタンの女性たちが直面している多くの問題の原因となっている アフガニスタンでは、家族間の争いごとの解決のため若い娘を嫁に出したり、生活のために娘を手放したりする「バード」や「バダル」と呼ばれる行為が日常的に行われている。2009年より違法となっているにも関わらず、少女たちは今も家族の犠牲になり続ける。 アフガニスタン戦争の原因となった9.11事件 9.11とは. まずはアフガニスタンの国のデータを見ていきます。 熱心にイスラム教を信じるムスリム国であり、政治や文化の基本はイスラム教で成り立っています。 また、男尊女卑の考え方が強く残っている国でもあります。 後発開発途上国に分類され、主な産業は農業、牧畜、鉱業です。 しかし1973年に王政が崩壊してからは断続的に内戦、紛争が起きているために社会的に不安定です。また戦闘行為によって住居や交通インフラが破壊さ … 後に9.11テロを実行するアル・カイーダの中心人物を含むたくさんのムジャーヒディーン(聖戦士)を生んでいったと名高い、ソ連によるアフガニスタン侵攻。 そもそも何故ソ連はアフガニスタンに侵攻したのでしょうか?また、どうしてムジャーヒディーンが登場したのでしょうか? We translate Global Voices stories to make the world's citizen media available to everyone. 【ホンシェルジュ】 19世紀から20世紀初頭にかけておこなわれた「アフガニスタン戦争」と、20世紀後半から現在も続く「アフガニスタン紛争」。この記事では、アフガニスタンを舞台にした2つの戦いについて、原因や目的、経緯、現状などをわかりやすく解説していきます。 (ニューヨーク)-タリバン政権崩壊から8年が経過する今、アフガニスタンの少女や女性たちは、いまだに暴力と差別にさらされ、司法制度へのアクセスを拒まれ教育を受けることもままならない、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日公表したレポートで述べた。公職についていた有名な女性たちを殺害した犯人たちは訴追もされておらず、アフガニスタン政府は、アフガン社会を、女性への暴力を許す社会としてしまっている。, 96ページのレポート「国際社会の空虚な約束:アフガニスタンでの女性の権利の現状」は、アフガニスタンでおきている以下の5つの分野に関する人権侵害に関連する代表的な事件について詳述した報告書である。, 「アフガニスタン少女や女性を取り巻く状況は悲惨だ。しかも、状況は更に悪化する可能性がある。」とヒューマン・ライツ・ウォッチのアフガニスタン調査員レイチェル・レイドは述べた。「世界は、オバマ政権の新しいアフガン戦略に注目している。でも、アフガニスタン政府も援助国も、女性と少女の権利の保護には、単なるリップサービス以上の注意を払っていない。この状況を変えなくてはならない。」, タリバン政権下で、女性の権利が蹂躙されていたことは、2001年のアフガニスタン侵攻を正当化する理由のひとつとして利用された。しかし、実際には、アフガン政府も援助国も、女性の権利に優先的に取り組み続けてきたわけではない。アフガニスタンの女性の人権状況は、2001年タリバン政権崩壊以降、教育・労働・移動の自由などの分野で一定の前進をみせた。しかし、アフガン政府内の原理主義勢力が勢いを増し、武装勢力への人びとの支持が広がり、タリバンの一部との何らかの和解を目指す動きが強まる中、アフガニスタンの女性たちが辛くも勝ち取ってきたこうした前進は、重大な脅威にさらされている。, 「アフガン政府も、国際社会も、女性の権利を優先課題としてはいない」と女性国会議員のシンカイ・カロクハイル(Shinkai Karokhail)はヒューマン・ライツ・ウォッチに語った。「私たち女性は、忘れられているんです。」, 公職にある女性たちは、しばしば脅迫にさらされている。社会的に高い地位についた女性が何人も暗殺されただけでなく、暗殺犯たちは、訴追もされていない。シタラ・アチャクザイ(Sitara Achakzai)は、人権活動家でハッキリものを言う勇敢な政治家だったが、2009年4月に殺害された。公職について活発に活動を続けているすべての女性にとって、彼女の暗殺は、大きな恐怖となった。, ヒューマン・ライツ・ウォッチがこの報告書作成の過程で聞き取り調査を行った社会的地位のある女性たちは、脅迫をうけていると政府に訴えても真剣に取り合ってもらえない、と語る。ある国会議員は、(他の女性国会議員たちと同様)聞き取り調査に回答したことが明らかになると危険だからという理由で匿名を条件にこう語った。, 「たくさん脅されてます。時々政府に届け出ますが、『敵を作らないように、静かにしてなさい』って言うだけです。でも、女性の権利や人権のために、声をあげるのを止めるわけにはいかないでしょう?」, 「娘たちを殺すって私に言ってきました。いつも怖いんです。元の家には戻れないんです。そこで、政府は私たちを守ってくれませんから。もう二度と、元の生活に戻ることはできないんです。」, アフガニスタン女性に対する暴力についてのある全国調査によると、回答者の52%は暴力を経験したと答え、17%が性暴力を受けたと回答。警察に届けて犯人を裁判にかけてもらいたいと思っても、社会的にも法律的にも女性が司法にアクセスするのは困難であり、そのため、少女も女性もほとんどは、政府機関に暴力を届け出ることもせずに泣き寝入りしているのが現状だ。特に、レイプ事件では、警察に立件してもらうのが難しい。女性活動家たちや女性議員たちの猛烈な運動の結果、今年初めて、レイプ(強姦)が法律上の犯罪と規定されるに至った。しかし、捜査当局には、レイプ事件を重大犯罪として取り締まる意思はなく、社会の考え方を変えるための啓もうキャンペーンを行う考えも示していない。, そもそも脆弱な立場に置かれた女性たち。司法へのアクセスが難しく、法の正義(ジャスティス)に訴えることもできないことから、その立場はさらに弱いものとなっている。強いコネを持つ地方司令官に輪姦されたある女性は、長い闘いの末、とうとう強姦犯人の訴追を実現した。しかし、その強姦犯人は、大統領命令で釈放されてしまった。その直後の2009年、彼女の夫は暗殺された。その女性はヒューマン・ライツ・ウォッチに、「夫は私の権利のために闘ってくれたわ。だから殺されたんです。」と語った。, 「息子を失ったわ。それから、強姦され、今度は、夫まで失ってしまった」と彼女は語った。「ただの貧しい女でしかない私の話を、いったい誰が聞いて助けてくれるでしょう?」, 全国調査は、全結婚の半数において妻は16歳未満で、しかも、70%から80%の結婚が、女性側の同意なしで成立していることを示している。幼くして強制的に結婚させられた少女たちがドメスティック・バイオレンスの犠牲になることが多いという相関関係が存在するのと同様、こうした慣行は、アフガニスタンの女性たちが直面している多くの問題の原因となっている。, 強制的に結婚させられたある少女(13歳)は、その後思い切って夫から逃げ出したところ、夫の家族に追跡された、とヒューマン・ライツ・ウォッチに語った。「夫の家族がやってきて、帰って来るよう私に頼んだの。私はいやって言った。それでも何度もやってきたから、私もいやだといい続けた・・・帰れないって。夫の家族は私を殺したいのよ。」この少女に避難シェルターを提供した女性活動家たちは、議会で厳しく非難された。数年たった今になっても、少女は、(そもそも違法な結婚だったのだが)離婚を求めて闘っている。, この事件は、司法制度から閉め出された女性たちが様々な根本的問題に直面している現状のほんの一端を示す事件でしかない。複数の調査によると、アフガニスタンで身柄拘束されている女性たちの半数以上が、不倫や家出などの「道徳犯罪」を理由に投獄されている。家出は、アフガニスタン法でもシャリア法でも犯罪とされていないにもかかわらず、である。社会的地位のある女性が脅迫されようが、少女たちが幼くして結婚したくないと願っていようが、自分を強姦した犯人を裁判にかけてほしいと願っていようが、警察や裁判所の反応は、多くの場合女性に敵対的である。, 「警察官たちも裁判官たちも、女性への暴力は法に違反しないと考えています。だから、犯人を訴追しないんです。」アフガニスタン独立人権委員会のソラヤ・ソブーラン(Soraya Sobhrang)博士はヒューマン・ライツ・ウォッチに語った。, 女性の権利を守る法律を作ることは重要である。しかし、人びとの考え方を変え、人権侵害を予防するには、政治家たちのリーダーシップも求められている、とヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。, 「アフガン政府は、少女や女性を暴力から守る責任があるということを、もっと真摯に受け止めなくてはならない。」とレイドは語った。「カルザイ大統領が女性の権利についての"穏健派"という評判を回復するためには、沢山の措置をとる必要がある。」, タリバンは多くの女子校を破壊。その結果、女子教育は、アフガニスタンにおける援助国の活動の中でも最もシンボリックな活動になった。女性の権利には相当の前進があったが、厳然、大きな格差が残る。女子の過半数は、いまも、小学校にすら通えてない。中等教育を受ける年齢の女子が、7年生から9年生に通学している率はたった11%に過ぎない。10年生から12年生では、女子の率は僅か4%となっている。学校に通う子どもの数は、男子も女子も中学校になる段階で劇的に減るが、その減り方は女子がはるかに多いのである。, アフガニスタンで女性の権利が後退している問題が、この3月、再び重要な政治課題となった。極めて女性差別的な「シーア派身分法」が議会を通過し、カルザイ大統領がこれに署名したのだ。国内外の抗議を受け、カルザイ大統領は、「シーア派身分法」の修正を容認。しかし、「合理的な法的理由」(具体的理由は定められていない)がある場合を除き妻は外出の前に夫の許可を求めなければならないという規定や、子どもの親権は父親と祖父にのみに限るとする規定など、多くの問題のある条項はそのまま残り、シーア派女性の権利を大幅に制約する結果となった。, 「国際社会から、この『シーア派身分法』に寄せられた抗議に感謝しているんです。--本当に--素晴らしいことをたくさん言ってくれました。2001年が戻ってきたかのようでした。」と女性の権利活動家ワズヒマ・フログー(Wazhma Frogh)は語った。「国際社会は私たち女性に約束してくれました。でも今になっても、国際社会は、行動を起こしてくれてはいません。私たちは待ち続けているんです。」, カルザイ大統領は、『シーア派身分法』を改正し、女性の権利の保護に完全に合致する内容にするとともに、女性の権利の保護のために積極的に活動してきた女性たちを、政権の中枢に指名すべきであるとヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。, 「『シーア派身分法』の件は、アフガニスタンの女性たちが政治的取引に使われたり、女性の権利保護という約束がいとも簡単に破られてしまう実態を、如実に示している。」とレイドは語った。「カルザイ大統領は、新しい大統領任期をはじめるにあたって、両性の平等を進めるという明確な決意を女性に示すべきだ。」, 「国際社会の空虚な約束:アフガニスタンでの女性の権利の現状」における主要な政策提言/勧告は以下となる。, Human Rights Watch is a 501(C)(3) nonprofit registered in the US under EIN: 13-2875808, アフガン政府と援助国は、女性の権利の向上と保護を、アフガニスタン復興における主要優先事項と位置づけるとともに、同国の政治・経済・治安戦略における中心的柱にすえること。, アフガン政府は、援助国の支援のもと、法執行機関・裁判官・国会・公務員・アフガニスタン民衆に対し、レイプ(強姦)は犯罪であるということの認識を高めるための大規模な啓もうキャンペーンを始めること。本キャンペーンは、強姦被害者へのいわれなき非難を減らすことも目的とすべきである。, アフガン政府は、もっと多くの地域で婚姻を届けられるようにするとともに、婚姻届けを義務化すること。, カルザイ大統領は、「家出」容疑で不当に拘束されているすべての少女と女性を釈放するとともに、彼女らに対し、謝罪をしたうえで賠償すること。, アフガン政府は、援助国の支援のもと、女子中学校をもっと建設して数を増やすと共に、女子中学が存在する地域を拡大し、女性教師をもっと採用し迅速に訓練すること。, アフガン政府は、国連及び援助国の支援のもと、2010年の議会選の選挙期間中、女性の候補者と女性の有権者の身の安全を優先事項にして取り組むこと。, 援助国と国連は、女性省と協力して、アフガニスタン政府の全支出に対し、ジェンダー面からの全面的監査を行うこと。. 記事解釈用で写真掲載。撮影: Flickrユーザー サム・ナシム(CC BY 2.0), 今年の初め、アフガニスタンは早期結婚や児童婚の廃絶を目的とした国家行動計画を立ち上げ、「幼な妻」という悪しき慣習に対する先例のない政策に踏み出した。立ちはだかる多くの課題は明確で、政府の実行力は乏しい経過をたどっているが、活動家たちは計画が紙切れ以上に有意なものになることを期待している。, ガールズ・ノット・ブライズ(訳注:児童婚の廃絶を目指して活動を行う市民団体)の報告によると、この近年、発展途上国では3人に1人の少女たちが18歳を迎える前に結婚させられるという。この悪習はアフガニスタンで特に問題となっており、2016年の児童婚の比率は33%だった。人権擁護団体は、子どもたちが18歳になる前は、いかなる結婚も人権侵害に当たると訴えている。それにも関わらず、アフガニスタンでは現在も児童婚が執り行われている。アフガニスタンの民法では、16歳での結婚は認められているのだ。, アフガニスタンでは、これらの結婚はカブールなどの大都市よりも概して田舎の地域で行われる。, アフガニスタンの大統領夫人、ルーラ・ガニは国家計画を最も支持してきた人物の一人で、次のように述べている。, “I urge all Afghan families to avoid child and forced marriages.