これが本当の戦場だ! アフガンでタリバンと戦闘中のアメリカ軍兵士が撮影した「兵士視線」の映像が恐ろしいと世界で戦慄 . 【ホンシェルジュ】 19世紀から20世紀初頭にかけておこなわれた「アフガニスタン戦争」と、20世紀後半から現在も続く「アフガニスタン紛争」。この記事では、アフガニスタンを舞台にした2つの戦いについて、原因や目的、経緯、現状などをわかりやすく解説していきます。 【ドーハ=酒井圭吾】米国とアフガニスタンの旧支配勢力タリバンは29日、カタールの首都ドーハで和平合意に署名した。米国が14か月以内に駐留米軍を撤退させ、タリバンはアフガン政府との和解協議を開始するのが柱だ。アフガン戦争終結に向けた歴史的転換点となる可能性がある。, 米国はまず、135日以内にアフガン駐留米軍を現状の約1万3000人から8600人に削減し、多国籍軍も含めて5か所の基地から撤退する。合意が順守されれば、14か月以内に完全撤退させる。, タリバンは3月10日からアフガン政府と今後の統治方法などの協議を始める。アル・カーイダなどテロ組織がアフガンを拠点に米国の安全を脅かすのを容認しないことも約束した。, ポンペオ米国務長官は署名式で「アフガンは二度とテロの拠点にならないだろう」と強調した。, 米国とタリバンの正式な和平合意は初めて。最終的にはアフガン政府とタリバンの完全停戦を目指す。, 合意には、アフガン政府がタリバン兵士を最大5000人、タリバンは政府軍兵士ら1000人を解放することも盛り込まれた。, 米国とタリバンは2月22日から7日間の「暴力行為の削減期間」に入り、米国は明確な違反がなかったと判断した。アフガン戦争は2001年の米同時テロを契機に始まった。ベトナム戦争を上回る「米史上最長の戦争」といわれ、米兵約2400人が死亡した。, 紙面記事検索は、読売新聞に掲載されたほぼすべての記事を、1年前まで検索できる機能です。, 読売新聞オンライン「中学受験サポート」のコラムを書籍化 辛酸なめ子著「女子校礼讃」を10人に, 【読者会員限定】あと2日!電子マネー等1万円分が毎日10人に当たる!今日のプレゼントは「App Store&iTunesギフトカード」1万円分(11月10日), オンラインシンポジウム「デジタル・イノベーティブ・ニッポン~デジタルで日本を強くする~」を開催!. 9.11事件後のアフガン侵攻は、全く正当性を欠いたものだった (なぜアメリカはこんなに戦争をするのか から抜粋) アメリカ軍による、アフガニスタンのタリバン政権への戦争は、明らかに国際法に違反し … 協議に先立ち開かれた式典には、アフガン政府とタリバン双方の代表団のほか、仲介役を果たしたアメリカのポンペオ国務長官らも出席しました� 【100均検証】ついに『ダイソーオンラインショップ』がオープンするも「これじゃない感」がハンパない, 【衝撃】西友『みなさまのお墨付き 5種のチーズピザ』と競合ピザを食べ比べてみた結果 → 思った以上に差があることが発覚!, 【突撃】倒産で10月3日に上場廃止「Nuts」の株を “1万株” 買ってみた結果 → 初めて儲けが出た! その額なんと……, 激安エナジードリンク『ミラクルエナジーV』がリニューアルした結果 → ド級のカフェインモンスターが爆誕! 驚異のコスパで無事優勝を果たす, ベルリンの壁崩壊から30年 … 普通の日本人が現地へ行ってみて感じたこと / 今日は『ドイツ・運命の日』, 【実録】突然「声が出るよ」と書かれた謎の段ボールが届いた → 開封してみた結果 …, » これが本当の戦場だ! アフガンでタリバンと戦闘中のアメリカ軍兵士が撮影した「兵士視線」の映像が恐ろしいと世界で戦慄. 9.11事件後のアフガン侵攻は、全く正当性を欠いたものだった (なぜアメリカはこんなに戦争をするのか から抜粋) アメリカ軍による、アフガニスタンのタリバン政権への戦争は、明らかに国際法に違反し … 今も世界のどこかで戦争や紛争が起きている。だが、平和に暮らす我々にとって、いまいち “その場の戦闘状況” は伝わってこない。映画やゲームではよく見るシーンだが、本当の戦場はどのような雰囲気なのだろうか。, その答えとなる映像が、いま大きな話題になっている。YouTubeにアップされた動画は「U.S. Soldier Survives Taliban Machine Gun Fire During Firefight」、直訳すれば「タリバンとの銃撃戦で生き残った米兵」である。, 場所はアフガニスタンのクナル省。タリバンと銃撃戦になった米兵のヘルメットに装着されていたカメラがとらえた映像である。激しく鳴り響く銃声。敵がどこにいるのかは分からない。, 息を切らせながら崖を降りる撮影者。と、その時! 撮影者はタリバンから銃撃を受けてしまう。叫び声とともに地面に横たわる撮影者。その間も、どこからともなく撮影者に向けて銃弾は飛んできている。徐々に近寄る砂煙が恐ろしい。, 敵の姿は見えないが、確実に撮影者である米兵の彼を狙っているのだ。情報によると、彼は合計4発の銃弾を浴びたものの、運良く生還を果たしたという。グロテスクなシーンは一切ないが、戦闘状況の恐ろしさが垣間見える貴重な映像であるといえよう。, 「U.S. アフガン戦争 【ドーハ=酒井圭吾】米国とアフガニスタンの旧支配勢力タリバンは29日、カタールの首都ドーハで和平合意に署名した。米国が14 ターリバーン(パシュトー語: طالبان、Tālibān、英語: Taliban)は、パキスタンとアフガニスタンで活動するイスラム主義組織。日本語メディアでは通常タリバン(またはタリバーン)と表記される。 Soldier Survives Taliban Machine Gun Fire During Firefight」, 【逆転】暴落NTT株を24万円買ったらさらに暴落 → 2カ月売らずに持ってたら奇跡が起きた!. 牛角の食べ放題専門店「牛角ビュッフェ」に時間無制限の平日ランチ『無限定食』が存在した! “肉の呼吸” で食いまくれ~!!