第一次世界大戦後の1919年、アマヌッラー国王が第3次アフガン戦争を起こしてイギリスと戦って、外交権を回復し、独立回復を承認させた。こうしてイギリスのアフガン王国を保護国として支配したのは、1880年から1919年の39年間に留まった。 アフガン人の国という意味を持つアフガニスタン。しかし、この国が国家として形成された歴史は古くはありません。特に19世紀以降の歴史は、外国勢力の影響を受けつつイスラーム化と近代化の中で国家そのものが揺れ動いてきた歴史でもあります。本稿では、英国とロシアの勢力争いに巻き込まれた19世紀後半から米国での同時多発テロ事件までのアフガニスタンの歴史を概観します。 アフガン戦争(アフガン せんそう、英語:Afghan Wars)は、近現代にアフガニスタンを舞台に起こった諸戦争のうち、特に19世紀から20世紀初頭に行われたアフガニスタンとイギリスの間の三次にわたる戦争のこと。 アングロ・アフガン戦争ともいう。 概要. 日本国内で行われた内戦については日本の合戦一覧を参照。; 戦闘の一覧については戦闘一覧を参照。; 国内の勢力同士の戦争である内戦、反乱、独立戦争については下記にもあわせて掲載する。 アフガニスタン王国は第3次アフガン戦争でイギリスと戦い、1919年に独立を承認させた。立憲君主国となり、第二次世界大戦後は中立政策をとった。60年代、ソ連との関係が深まり、左派勢力が台頭した。 戦争一覧(せんそういちらん)は、世界史上の主な戦争の年代別の一覧である。. 「ソ連・アフガン戦争」(ソれん・アフガンせんそう)と呼んだ場合、アフガニスタンの反政府組織や義勇兵とソ連軍の間で発生した戦闘を指す。 ソ連軍のアフガニスタン国内での戦闘は、 1979年 の出兵から 1989年 の完全撤収まで約10年に及んだ。 (3)アフガン戦争と独立回復. :(03)5226-6660から6663(代表), Copyright © Japan International Cooperation Agency.