アメリカ大統領選挙が株価や為替に与える影響 2020年11月3日、アメリカでは4年に一度の大統領選挙が行われます。 今年は、新型コロナウイルスの感染拡大という、何十年に一度あるかないかの大きなショックに直面している年です。 米大統領選とは? 制度のしくみや特徴、 米ドルなどの為替相場や株価への影響を解説 2020年08月13日(木)12:05公開 [2020年11月05日(木)11:16更新] ドナルド・トランプ氏大統領選挙勝利で為替への影響は? トランプ氏がアメリカ大統領になることで、円買いが進んで円高になるといわれています。 円は避難通貨と言われてて、 世界的経済でヤバいことがあったら円買いがされていく傾向があります。 アメリカ大統領が決まるわけですから、どちらが大統領に就任するかで為替は大きく変化します。 そんな中、トランプ大統領は、先日コロナに感染してたことで大統領選挙の勝敗に影響が出たことは間違いありません。 『アメリカ大統領選挙のfxへの影響|大統領選の仕組みも解説!』のまとめ. 為替市場や株式市場などの金融マーケットは、乱高下することも予想される。大統領選挙がある10月のお決まりの動きだが、大きな変動幅が予想される為替市場の動向を外為オンライン・アナリストの佐藤正和さん(写真)にうかがった。 それが、世界の基軸通貨を持つ米国の大統領選挙であれば、尚更である。 2020年11月にはアメリカ大統領選が行われる. 米大統領選挙年の米ドル/円は、選挙前後から途端に一方向に大きく動く傾向が繰り返されてきた。。2000年以降について、90日maからのかい離率を参考にすると、下方向なら95~101円、上方向なら112~117円を目指す動きが始まる可能性もありそう。 2020年11月3日、アメリカ大統領選が行われる。 注目事項はもちろん、現職の共和党・トランプ大統領が再選するか、どうかだ。 選挙の翌年に大統領が就任すると、実際に展開される政策を巡って、為替市場に影響を及ぼしていくことになる。前回2016年からさかのぼり、1984年からの過去9回の米大統領選の年は「円安ドル高7回、円高ドル安2回」という動きを見せた。 大統領選挙でfrbもどのように動くのか注目されるため、かなり大きなイベントだと言っていいでしょう。 また、今回はコロナの影響で失業率もかなり高くなっています。 長い期間かけて行うアメリカ大統領選挙は、その分為替にも大きく影響を与えます。この記事では、11月に迫ったアメリカ大統領選挙が為替相場に与える影響について解説しています。 11月3日に実施される予定の米国大統領選挙。世論調査では現職のトランプ大統領を抑え民主党の大統領候補「バイデン」元副大統領が優勢となっています。今回はバイデン氏が大統領になった際の株価への影響を考えて見ましょう。 2020年は米大統領選が11月3日にありますね。それゆえ為替の値動きにも影響してきます。今回の候補者は、現職のトランプ大統領とジョー・バイデン氏。今回は双方が勝ったときをシミュレーションして為替の値動きを考えてみました。