自由なライフスタイル、スタイリッシュな高層ビル群、最先端のテクノロジー――そうした魅力に憧れて、世界中の人々がアメリカに集まります。日本人の中にも「アメリカで生活してみたい」と思っている人が多いのではないでしょうか。しかし実際に住んでみると、日本との違いに驚くことも多いはずです。今回は、アメリカ留学を考えている人のために、アメリカと日本の文化の違いについてご紹介します。, 世界中から移民が集まり、「人種のサラダボウル」と称されるアメリカ。1776年の独立宣言で建国してからまだ240年という活気あふれる国です。「アメリカン・ドリーム」という言葉があるように、チャレンジ精神が強く、挑戦することが美徳と考えられています。 公衆トイレは下が大きく空いていて、 … 例えば、「信号の色」の呼び方。日本は「青・黄・赤」ですが、アメリカでは青ではなく「緑」と呼びます。, …と言われていますが、最近では靴を脱ぐ家庭も多いです。その方が汚れない!と分かって来たようです。, ただ絶対に脱がなくちゃ!という意識は低いので、忘れ物をしたなど、急いでいる時や、面倒な時はそのまま履いて入ります。, アメリカではトイレとシャワールームが一緒になっていることが多いです。そして、このバスルームのドアは閉まっている時は使用中という暗黙の了解があります。, ホームステイをしていた日本人の学生が、いつもの癖で使用後にドアをバタン。てっきりまだ使用中と思ったホストファミリーがいつまでも待っていて、既に部屋にいた日本人にビックリ。なんて話を聞いたことがあります。, 我が家は猫がいるので、イタズラされないように今は締めるようにしていますが、以前は開け放していました。, アメリカのバスルームは窓がなかったりと換気がイマイチなので、そういう意味もあるのかな?と思います。, アメリカでは洗濯物を外干しする習慣がありません。というか、外干しは違法です。(※州によります。), 外観を損ね、不動産価値が下がるというのが理由です。まあ、確かに見た目は良くないですかねー。, なので、賃貸アパートには部屋に洗濯機&乾燥機が既に付いているか、コインランドリーがあることが多いです。, バス停、エレベーター、レジで並んでいる時、アメリカ人はちょっとした話をするのが好きです。, スモールトークは議論を起こさないような、たわいの無いもので、お互いに無害で安全ですよ、と伝えているのかもしれません。, そしてアメリカは移民の国なので、基本的に誰でも英語は話せると思われています。なので相手が旅行者かどうかは構わずに、スモールトークは開始されます。, そしてそのニックネームを通称として、本名のように使ったりします。(※ただし人に寄ります。), 第42代大統領だった、ビル・クリントンも、本名はウィリアムで、ビルはニックネームです。ニックネームで大統領って、日本だったら考えられないですよね?, ニックネームは、親しみを込めて呼ぶために使われる本名以外の名前です。愛称とも言います。日本だと、本名の一部を文字って、亜美が「あっちゃん」や「あーみん」、平田が「ヒラリン」や「平にゃん」とか、そんな感じですね。名一つにコレ、[…], そのため、白く、綺麗に並んだ歯は必須。歯科矯正は、中学生頃から当たり前に通います。, そして、アメリカ人は知らない人でも、目が合えば微笑みニッコリします。これも相手に敵意がないという証明です。, これはもしかすると地域性もあるかも知れませんが、私の住んでいるところ・旅行先では皆、そうでした。, ドアを開けて通る時、もし後ろに人がいたら、必ず後ろの人のためにドアを手で押さえて、自分で開けなくても良いように待ってくれます。, すぐ後ろでなくても、5〜6歩離れていても(人によってはもっと!)待っていてくれて、小走りにドアに向かうこともしばしばです。, アメリカのマナーで良いなと思うのがコレですね。男女関係なく、当たり前なのが良いです。, 無条件で、返品できます。(あ、そのお店のレシートが必要とか、そういうのはあります、理由が特に必要ないという意味です。), 食品を買う、少し食べる、好みじゃない「これ、美味しくなかったから」→アリです。(普通、諦めて捨てるよね?), ドレスを買う、パーティで着る、もう必要ない「やっぱり気に入らないから」→アリです。(え、レンタルじゃないよね?), 靴を買う、1年履く、破れる「いらない」→アリです。(普通に消費してるじゃん、何故、返品を受ける??), 昔はレシートもなく返品を受けていたので、もっと無法地帯でした。最近は、返品を受けて、ストアクレジット(そのお店でしか使えない)にしたり、いろいろと改善されています。, そうそう、プレゼントにはギフトレシートというのを付ける習慣もあります。これは金額の入っていないレシートで、お店にプレゼントと一緒に持っていくと、プレゼントと同額のギフトカードに替えてもらえるシステムです。, 気に入らないプレゼントは、これで現金化し、自分の気に入った物が買える訳です。なんて合理的!, 本屋さんに喫茶スペースがあって、売り物の本でも持ち込んで読めるのは最初は驚きましたが、今は日本でもありますね。, アメリカの公衆トイレに、日本人が初めて入って驚くのは、個室の下のスペースが大きく空いていることです。子供なら余裕、大人でも無理をすればすり抜けられるくらい空いています。, なので隣が知りたくなくても見える訳ですが、平気でカバンを置いたりするのでビックリします。トイレの床にカバン…汚いですよねーっ。, アメリカのトイレで良いところは、トイレットペーパー、手を拭くペーパーがいつもたくさんあることです。今まで無かった、ということはたった1度しかありませんでした。, ただウォシュレットは1度も見たことがありません。トイレはダントツで日本がイチバン綺麗です。, アメリカでは衣替えという意識がありません。また建物内ではTシャツで過ごす人もいるので、そのまま冬でもTシャツという人がいます。, 寒くないのか?と不思議ですが、日本人とは体の造りが違うらしく、平気な顔です。なので町ではTシャツ姿の人と、ダウンジャケットを着込んだ人が並んでいたりします。, 人と同じでないと!という意識はないので、誰も気にしないのが、アメリカです。着たいものを着れば良いのです。, 食料品の買い出し、日本だとスーパーの特売をチェックして週に何回か、毎日行く人も多いですね。, アメリカでは基本、1回です。まとめてドカッと買って、巨大冷蔵庫にドンッと入れます。, 我が家では週末に1回、あとは忘れた物や必要になった物を平日にちょっと買い足しに行くこともある、という感じです。, アメリカのスーパーでは、商品の割引はだいたい1〜2週間単位でやっているため、あせって行く必要はありません。, このブドウたち、食べる時に皮をむきません。洗ったらそのまま食べます。ちなみに種無しのことが多いです。, スーパーの飲み物コーナーでは、牛乳がかなりのスペースを占めています。その牛乳の種類が多くて、最初はどれを買っていいのか悩みました。, デカさにもビックリ。1ガロン(約3.8リットル)、ハーフガロン(約1.9リットル)とあって、小さいのが1クォート(約946ミリリットル)。家族でガンガン飲むのでしょうね、冷蔵庫が大きくないと入りません。, ここまでミルクが多種類なのは、アメリカ人にとってミルクはずっと欠かせないものだからなんでしょうね。, アメリカ人が普段、いちばん飲んでいるものは何でしょう?日本人はお茶、ドイツ人はビール、イギリス人は紅茶、アメリカ人は…コーラ?!そんなイメージ、ありますねーっ。アメリカでレストランに入ると、真っ先に聞かれるのが、サー[…], アメリカのスーパーでは、レジでお金を払う前に商品である飲み物や食べ物を店内で食べてしまってもオーケーです。, 子供がお腹空いて愚図ってしまうから仕方ないのかな?と最初は思いましたが、大人でもやっていました。, どうせお金を払うのだから、良いんじゃない?ということなんでしょうね。まさに、文化の違いですね。, でも、重さを計ってお金を払う食べ物なんかは、どうしているんだろう…食べちゃったら分からないのでは?と思ったりするのですが。, アメリカのレストランは量が多いですが、皆、当たり前のように持ち帰ります。お店の人も心得ていて、「ボックス要りますか?」と声をかけてくれます。, 冷めて伸びたパスタとか、ラーメンとかでも、アメリカ人は持ち帰っています。さすがに私は断っていますが…あれ、本当に帰って食べているのかなあ??, 現金払いの場合、ちょうど持ち合わせがあれば、現金をそこに置いてお店を出てオーケーです。ウェイターが来るのを待つ必要は無し!, カード払いの場合は、カードを渡してカード用のレシートもらい、チップとサインを記入。そうしたらウェイターが来るのを待たずにお店を出てオーケーです。, ちなみに、チップはファーストフード店なら要りません。バフェでは、1人1ドルくらい置こうね、って感じです。, アメリカでは、チップは基本的に「渡さなくてはならないもの」です。しかしチップの習慣のない日本人には、いくら渡せばいいのか、悩んでしまいますね。この記事では、ホテル、レストラン、タクシーなど、アメリカでのチップの相場を早見表[…], アメリカ人はコーヒーなどの飲み物、食べ物の入った容器を持って歩いていることが多いです。ニューヨークではピザを食べている人もよく見ます。, DoSomething.orgによると、アメリカ料理の20%が車内で食べられているそうです。ファーストフード店でドライブスルーが普及しているのも納得です。, キッチンに付いているコンロの上の換気扇、外に繋がっていなくて、排気がキッチンに戻っているだけというところ、多いです。信じられないですよね?でも本当です。, アメリカ料理の特徴と言えば、 とにかく量が多い 味に繊細さがない(=不味い) デザートが劇甘っでも移民で成り立つアメリカ。アメリカ人が思う、代表的なアメリカ料理って何だと思いますか?ステーキ?ハンバーガ[…], 学校から、新学期に必要な文房具リストが学年ごとに配布されます。そのリストを見て、1年間に必要な物を準備します。, 毎年こんなに購入して、余らないのかと不思議でしたが、毎年こんな感じで用意していました。しかし中学に入ると、生徒が自分で学校の即売所で購入するようになります。, 特に低学年では、帰る時に先生が親の確認をして、親がいないと子供を教室から出してくれません。大きくなって来ると、だんだんとルーズになって来ます。, 基本、小学校は子供一人での登校というのはしません。スクールバスがある場合は、バス停までの送り迎えになります。, 午前中に約20分、リーセスと呼ばれる長めの休憩時間があります。この時に持参したオヤツを食べます。食べて余った時間は、自由時間です。, 食べたく無い子は、食べずに遊んでもオーケーです。上級生になると食べない子が多くなります。, 子供にお腹を空かせてはいけないという強迫観念が強いのでしょうか??ちなみに学校の始まりはだいたい8時半、終わりは3時くらいが多いようです。, パジャマデーでは、教室でゴロゴロしながら、先生が本を読んでくれたりします。読書デーだったりします。, パジャマデーの他には、ツインデー(お揃いの服を着る日)やワッキーヘアーデー(変な髪型をする日)なんてのもあります。, アメリカの学校は春に始まる日本と違い、夏の終わりに始まります。9月スタートじゃないの?そういう州もあります。レイバーデイ(9月1日)の前後に始まる場合が多いです。でもアメリカは広いので、私の住んでいる学区や、[…], 日本でサマーキャンプというと、テントに寝泊まりすると連想しがちです。でもアメリカでのサマーキャンプは、デイキャンプと呼ばれる日帰りキャンプが多いです。, アメリカの夏休みは長いため、子供達はこの日帰りのサマーキャンプに週単位で参加します。テーマは様々、スポーツあり、クラフトあり、遠足に行ったり、ゲームをしたり、子供達が飽きない内容になっています。, 子供達にとっては、と〜っても楽しいサマーキャンプですが、費用がめっちゃ高いです。でも共働きの家庭はサマーキャンプに預けるしかない訳で、長い夏休みは親には頭の痛い期間です。, 教育費が足りない公立学校では、毎年、父兄に学校への寄付をお願いされます。寄付なので、してもしなくても良いはずなのですが、皆の前で結果発表があり、しないと子供が可哀想という状況になります。, 自分で好きな選択授業を取り、その教科の教室へと移動します。自立を促す意味があるようです。, アメリカの中学校は、ミドルスクール(Middle school)といい、6年生から8年生までの3年間です。私の娘は、今、8年生でもうすぐ卒業なのですが、小学校(Elementary school)とは、学校の規模も、カリキュラム[…], 新学期が始まる前、学校指定の体操着の販売があります。でも購入義務はなく、着なくても怒られませんし、生徒間でも気にしません。, 着たくない子は、好きなものを着て、体育の授業を受けます。個人の自由を尊重するアメリカらしいところです。, 子供がいくら駄々をこねたとしても、公共の場でお尻をパチン、お手手をパチン、絶対ダメです。怒鳴ったり、手を無理やり引っ張ってもダメ!, 子供が一人で留守番が許されるのは、だいたい12歳くらいです。それより下の年齢では、必ず世話のできる人が付いていないといけません。, なので、子供が熱を出して寝ている、薬を買いに行きたい、という時でも、看てくれる人がいない時は、諦めるか、連れて行かないといけません。車で寝ているから、少しの間だけだし、と置いていくのは(も)、絶対にダメです。(車での放置は留守番よりも厳しいです。), 私の娘は今15歳です。ひとり残して夫婦で買い物に行けるし(お留守番OK!)、ひとりで遊びにも行きます。こういうことが出来るようになったのは、中学に入り、ひとりで登校するようになった12歳からでした。12歳って法律で決[…], 小さいうちは手伝いますが、親は裸にはならないのがアメリカ流です。基本、お風呂は一人で入るもの、なのです。たとえ同性でも、自分の子供の友達のお風呂を手伝うのはNG!, トトロの映画で、お父さんとお風呂のシーンは、もうビックリらしいです。文化の違いだ!!!という感じですね。, 日本とアメリカの文化の違い30選!面白い厳選した習慣と特徴を紹介、いかがでしたでしょうか。, 在米20年ともなると、すっかり当たり前になっていることもあったのですが、これは面白いかな?ビックリかな?と思えることを書いてみました。, これぞカロリー爆弾?アメリカのソールフード!↓アメリカのジャンクフード肥満になる食事10品(画像付), 塗り替えられるワースト記録と、銃乱射事件の総括も合わせて↓アメリカ銃乱射事件ワーストランキング10最新版2019, 都市の面積から、人口密度も計算、よりイメージしやすくなっています↓アメリカ都市の人口ランキングTOP20!日本都市と比較しながら, 2000年からアメリカ、北カリフォルニアのシリコンバレー在住です。家族は日本人の夫と、アメリカ生まれの娘、2匹の猫。映画と漫画、アニメが大好きです。(さらに詳しくは「運営者情報」をどうぞ!)アメリカに関するいろいろな事を、出来るだけ多くのアメリカのサイトを検証し、わかる限り正しい情報を、他とはちょっと違う+αの情報を出来たらプラスして、わかりやすく、楽しくお伝えしたいと思っています^^, Condensed Milk, Evaporated Milk(濃縮した牛乳、練乳). はじめに。これはあくまで「私の考えるbest10」です。私自身まだアメリカに住んだことはありませんが、アメリカ人の旦那さんと帰省したり、アメリカに関する本を読んだり、色々聞いたりするにつれ、「これはいいなぁ!」と思うところがたくさんあったので、勝手にご紹介します。 アメリカと日本の文化や歴史の違いについて紹介します。 意外と知っているようで知らないアメリカの文化や歴史の特徴を知って、さらにアメリカを好きになってみませんか? 生活習慣や食事など、日本とは違う魅力のあるアメリカについて詳しく知ってみましょう! 私自身まだアメリカに住んだことはありませんが、アメリカ人の旦那さんと帰省したり、アメリカに関する本を読んだり、色々聞いたりするにつれ、「これはいいなぁ!」と思うところがたくさんあったので、勝手にご紹介します。, アメリカに関しては特に、色々な人が色々なことを言います。嫌いな人もたくさんいるだろうと思います。大きな国なので、州によっても人種によっても、全く違う顔を見せるアメリカ。一概に「アメリカってこう」「アメリカ人ってこう」と決めつけず、いいところはいいねぇと言える広い心でいたいものですね!, 人生の大半を日本で過ごしている私には、このグラフは絶対間違っているとは言えません。, 小さいからとても安く出来るし、若い人でもお金がなくても家が持てるので人気です。ローンとか電気代とか掃除とか気にしなくて良くなります。それによって、生活の質は逆に上がるという考え方が私は好きです。移動出来るものが多いので、土地だけ買って家移動とかも出来る(!)ので、旅が好きな人、色んなところに住んでみたい人とかいいですよね。, 数年前、義妹ちゃんの結婚式で、ハリウッド映画でよく見かけるあの「ブライズメイト」をしたんです!小さな頃からドレスを着たりメイクをしたりして、腕を磨き上げてきたアメリカ女性のヘアメイクの技術、ハンパなかったです。みんな巻いたり結ったり飾ったり、自分で普通にしてました。そんな経験ほとんどない昭和生まれのワタクシ、美しい金髪のハタチの子に、髪の毛巻いてもらいました・・・チーン。, ↑これ最高に素晴らしい抑制効果だと思うんです。新しい家を買うとき、引っ越すとき、子供の学校決めるとき、ネット検索で性犯罪者がどこに住んでる誰か簡単に調べられます。親としては安心です。社会で、地域で再犯を抑制出来る良い制度だと私は思います。これがない日本は、例えば隣のダンディなおじいさんが実は何十年前に性犯罪を犯していたとしても知るすべはありませんね。, ・11歳以下の子供(自分で自分を守れない年齢の子供)を家にひとりにするとネグレクト(児童遺棄)とされる。(日本では鍵っ子は普通にひとりですよね。私もでした), 日本では子供を産んだ母親がフルタイムの仕事を再び得るのは至難の業。周知の事実ですね。, 35歳以上になるとフルタイムの求人すらない(現在年齢制限は載せないようになっているようですが、「実質」は同じでしょう)。, アメリカでは雇用機会均等法により就職時に年齢、性別、既婚、未婚などの差別があってはいけないと決まっているので、履歴書に年齢、性別を書くことはなく、写真を貼る必要もありません。, 面接ですら個人的なことは一切聞かれません。子供の有無、通勤時間、未婚か既婚か。関係なし!, 聞いた話ですが、アメリカでは82歳の客室乗務員、週3日スーパーで働く102歳のおじいさんがいるそうです。アメリカ在住の日本人の女性は50歳である仕事の現役引退後、まだ体力も時間もあるから働きたいと思い、受けてみたら受かって、客室乗務員になったそうです。日本では、若く美しくなくては客室乗務員にはなれないですよね・・・。, アメリカでは、健康でやる気があれば、機会はあるのです。年齢で落とされることはありません。, そういう前提があれば、自分の人生の中でのキャリアの描き方も、変わってきますよね。子育てが一段落して、40代で大学戻ろうかなと思えたり、50代で技術を習い、その後のキャリアにしようかなとか、人生において選べる仕事の幅もぐんと広がるのではないでしょうか? 私は、そんな人生ってわくわくして素晴らしい!と思います。, (大工、機械工、電気工、庭師など)「大工さんと結婚したの?玉の輿ね!」と言われるそうです。, キツくて技術のいる仕事ほど、高い給料と尊敬を得られるのが理にかなっているような気がするのは私だけでしょうか?, シングルマザーで仕事をしていて、更に南米から重度障害児の養子を取って育てたり、こども3人が高校卒業して子育てが落ち着いたので新たに養子を取ったり、アメリカでは養子を育てることは普通です。, 日本では、里親になる審査基準が非常に厳しく、養子に取りたくても取れないという現状。, 先日見た番組でやっていたのですが、日本では親が育てられない子供の8割以上は児童養護施設に行くそうです。一対一で愛情を得られる里親の元に行けるのは全体の15%。アメリカでは80%近く、オーストラリアでは98%です。日本では30%を目標にしているようですが、全世界から見ると圧倒的に少ない数です。もちろんシステムだけでなく、親権の問題などもありますが、この問題はもっと政府主導できちんと整っていくといいなと思います。, それから、養育出来ない場合に「養子に出す」という選択肢もきちんと整っている。日本ではコンビニのトイレで高校生が出産して、そのまま赤ちゃんを捨てたなんていう話を見ます。赤ちゃんのことを考えると本当に心が痛いですし、妊娠してしまった10代の子に対するケアなんかももっと必要だと思います。, アメリカでは全ての家に「セントラルヒーティング」というものがあり、家の中はどこへ行っても暖かく、夏は涼しく快適で、Tシャツ1枚で一年中過ごせます。そしてどこでも車で移動するので、普通に生活していて「寒い!凍える!」ということはどんなに氷点下でもほとんどないのです。, それに比べて日本!例えば木造一軒家なんか、真冬はエアコン切った瞬間にもう寒い。夏も切った途端に暑い。つけっぱなしだと空気も乾燥するし、電気代が高くなります。エアコンの効いてない廊下やトイレは冷え冷えしています。エアコンも、高いところは温めても低いところは寒かったりします。, セントラルヒーティングがあれば、ガレージに駐車して家の扉を開けた瞬間、廊下もどの部屋も均一に暖かいのです!ちなみにフルで毎日使ってもMax2万円とか、そんなものらしいです。うらやましい!, 私の一番好きな英語は「Have a nice day!」です。会う人会う人に、「良い1日を!」って素敵だなぁと思うんです。お店に行くと店員さんに「良い1日を」って言われて。コールセンターにかけても言われて。店員さんだけが言うのではなく、客側も店員さんに「You, too!」と言います。そういうの、いいなと思います。, 助け合い。数年前アメリカでスーパーに行った時、クレジットカードがなぜか使えなくて、レジで一人わたわたと焦りまくっていたら、後ろに並んでたお姉さんが「私が払うわ」と、颯爽と払ってくれました!びっくり!!!「いいですいいです」って断固として断ったんだけど「いいのよ。美味しい夕食をね」とにっこり。唖然としてるうちに颯爽といなくなってしまいました。, 私の印象ですが、アメリカには「ペイフォワード」「困ってる人を助ける」という概念が根底にあるような気がします。それは宗教的なものかもしれないし、移民の国で生きていく知恵、助け合いの精神かもしれません。日本で、レジのところでわたわたしていたら、白い目で見られるのがオチでしょうね・・・。, それから、男性が駅の階段で荷物持ってくれたり、ドアを手で押さえて通してくれたり、男性が優しい印象があります。そして妊婦に優しい。東京の電車で私が妊娠中、席を譲ってくれたのは若い女性だけで、バスでは大抵立ちっぱなしでした。, ---------------------------------------------, どうでしょうか?まだまだ「いいな」はたくさんあるのですが、その中でも「日本と違うな」というところをピックアップしてみました。また実際に住み始めたら、「実際に住んでみて気づいた!日本でもぜひ取り入れたい、アメリカの素晴らしいところBEST10」を発表したいと思います♪, 最後に。賛否両論あるかもしれませんが、あくまで私の意見です。異論、反論などありましたら胸にそっとしまっておいて下さい。私は、日本はこうだ、アメリカはこうだ、と決めつけることは違うと思います。日本人はこう、ガイジンはこう、と決めつけるのも違うと思います。いい部分は継承、継続し、他の国の素晴らしいなと思うところは柔軟に取り入れて、より日本が住みやすい、居心地の良い国になっていったらこんなに嬉しいことはない、と思っています。, アメリカに関して悪いことを言う人はいくらでもいるのに、いいことを言う人をネットであまり見かけない気がします。悪いところを悪いということは誰でも出来ます。実際に悪いところもあるのでしょう。でもそこはあえて、良いところ、素敵だなと思うところ、感動したこと、そういうのをシェアする方が私は好きです。なので、声を大にして、アメリカのいいところを発表しました!^^ また発見したらシェアしま〜す♪.