アメリカが強い経済力と軍事力を持っている大国であることは周知の事実ですが、アメリカの人口や面積を知っているでしょうか。アメリカの人口や人口密度、人口の推移、日本との比較などをまとめました。これを読めば、もっとアメリカを身近に感じることでしょう。 上記の表を見ると、アメリカ合衆国は10年ごとの集計で年少人口の割合が2回増加していますが、ピーク時の30.6%と比べると最新の2019年は12.1ポイント減少していることが見えてきます。 以上のように、アメリカの近年の人口増加率の低下の背景には、①合計特殊出生率が2を下回る水準にまで低下をしていること、②死亡率が上昇していること、③移民純流入数も減少してきていること、などがあります。もしこれが続けば、いずれアメリカの人口は減少に転じることが考えられます。 アメリカ自身の人口予測や国際連合の人口予測は、アメリカの人口は増加を続けるものとしています。しかし、例えば、前者の場合、移民の出し手の国の人口予測や米国移民率など、供給側の要因に基づいて予 … 2010年から2015年の間に人口が減少した20か国 国の自然人口増加率順リスト は、世界の 国家 の 人口 増加率 を大きい順に並べたものである。 なお、以下のリストには独立国のほか、非独立地域や独立国の海外領土なども含まれている。 © 2016 スポーツから経済社会、日本の将来まで | へぇ~、そうだったのニッポン!. 世界で一番人口の多い国といえば、ご存知の通り「中国」。 しかし、5年後の2022年にはインドが中国と並び、その後はインドが世界一になり続けるそうです。 そ... 以前、「日本に住んでいる外国人の数」についての記事を書きましたが、今回は逆に「海外に住む日本人の数」について調べてみました。なお各数字の情報ソースは外務省HPで... 先日、NETを見ていたら「高校生の自己評価に関する国際比較」という記事を見つけました。自分も高2の息子を持つので非常に興味を持ったので、今回はこの記事を中心に「... なにかと世界を騒がす中国ですが、実は日本同様に2020年以降は高齢化と労働力不足が大きな問題になると言われています。その原因は1979年から2015年まで導入さ... なにかにつけて日本を非難するお隣の国韓国。慰安婦問題や竹島問題など日本と韓国の間には国民感情を逆なでするような様々な問題があります。 そこで今回は、日本人と... 1990年に始まり、現在では大学志望者のほぼ全員が受験すると言われる「大学入試センター試験」ですが、いよいよ今年で最後となるそうです。 自分は共通一次試験の... いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれその中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に進み、今では国土の1/4以上が砂漠化しているそうです。 この... よく日本は先進国の中でも貧困率が高く、実は「6人~7人に1人が貧困ラインを下回っている」という話を時々目にします。 これってどういうことなんでしょうか? 自... 一向に収まる気配のない新型コロナウィルスによるパンデミック。今年の3月に発生源の中国から本格的に世界へ広がり出して、早や7ヶ月が経ってしまいました。この間、片麻... 先日、イギリスの高等教育専門誌「THE(Times Higher Education)」から2020年の「THE世界大学ランキング」が発表されました。そこで今回... Go To Travel で近くのホテルに泊まり、Go To Eatで食事をしました!. アメリカ合衆国の50州と首都ワシントンd.c.を対象とする人口(推計)ランキングです。1位はカリフォルニア州の38,041,430人、2位はテキサス州の26,059,203人、3位はニューヨーク州の19,570,261人です。最下位はワイオミング州の576,412人です。アメリカでは10年ごとに国勢調査が行われ、最近で … 人口減少は、日本だけのことではない。アメリカを除く先進工業国の多くが、人口減少社会への途を辿っている。イタリアではすでに人口が減少し始めており、ドイツでは2005年頃から人口が減少する。 Upjohn Institute for Employment Research(W.E.アップジョン雇用問題研究所)」の上級エコノミストだ。, 労働力人口の供給源が縮小していくと、雇用主は供給を求めて他の場所を探すようになる。そうすると、地元自治体はインフラや教育に使う十分な税収の確保が難しくなり、地元に残っていた若者たちがさらなる機会を求めて他の場所へと移るのを後押ししてしまうことになる。, 歯止めがきかなければ、こうした人口構成の変化の流れは今後数十年間、米国経済全体の成長を減退させるだけではすまない可能性がある。取り残された都市を回復不能にさせてしまい、長期的にみて、米国の巨大なベルト地帯の経済的潜在力をそぐことにもなりかねないのだ。, EIG報告書の作成者たちは可能性のある解決策を提案している。悪循環を断ち切るための移民政策だ。人口減少に直面している地域を移住先とすることを条件に、熟練技術者たちに移民ビザを発給できるようにする提言である。人口減少地域で労働力人口を増やし、税収基盤や住宅需要を拡大し、投資すべきビジネス上の理由を提供するのが、この構想だ。「投資家や企業、起業家たちが立地の決断についての見方をどう変え始めるのか、そこに本当の価値がある」とEIG社長のレティエリは言う。「彼らは、そこに人材を確保する新しいパイプラインがあることに気付くだろう」レティエリによると、米国の多くの地域で移民に対する敵意があることを前提とすれば、それぞれの地域は経済発展戦略の一環として移民にビザの利用を可能にさせるかどうか選ぶことができるべきだ。そのためには、コミュニティーがより多くの移民を望んでおり、移民各自もそこへの移住を選択するという双方による「二重のオプトイン(opt―in=事前の意思確認)」方式をとる必要がある。, 移民政策を人口減少の阻止に使うことをどう考えるかはさておき、米国経済の将来について関心を持つ誰もが取り組まなければならない基本的な問題がある。人口動態はすべての経済的要因の中で恐らく最も強力なものだが、米国の大多数は目下のところ間違った方向を向いている。(抄訳), 朝日新聞が提携する米ニューヨーク・タイムズからホットな話題や新鮮な視点の記事をピックし、翻訳してお届けします。, おすすめのニュース、取材余話、イベントの優先案内など Copyright© 国と非独立地域の順位一覧. 朝日新聞やロイターによると、アメリカ東部夏時間17日午前7時46分(utc-4,日本時間17日午後8時46分)ごろ、アメリカ合衆国の総人口が3億人を突破したと見られることがわかった。 アメリカ国勢調査局の推計によるもの。 窓際マルチインカマーが真面目に効率的に0から資産を増やす , Follow @tanutantoushi. Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. なんと、アメリカの良き時代の1960年には、 85%を占めていた白人 が、今から33年後の2050年には、ヒスパニックやアジア人種の比率が大幅に増え、 白人の比率は47%にまで減少 しています。 ちなみに、すでに2012年の時点でヒスパニック比率は17%で約5,000万人、黒人を抜きアメリカで … これまで長い間、米国のエコノミストたちは、人口構成の変化による緩慢なダメージを被ってきた場所として日本や欧州諸国を話題にしてきた。そこでは、労働力人口が大量に引退する時期に入り、引き継ぐ次世代人口は縮んでいく――。それは経済にとって大きな足かせになるのだ。, ところが今や、米国はそれを他の国々の問題とばかり言ってはいられなくなってきた。米国経済にとっても最も深刻な課題は、実は人口動態に関する問題だろう。その影響について、米国人たちはようやく理解し始めたところだ。主にハイテク投資家や起業家が資金を提供しているワシントンのシンクタンク「Economic Innovation Group(EIG=経済革新グループ)」の新たな報告書は、すでに米国の一部が日本並みの人口減少に直面していることを示す新しい豊富な詳細データを載せている。それは全米郡部の41%を占める地域で、その人口は合わせて3800万人を数える。全米レベルの経済成長率について、主流派の経済予測筋は20世紀後半が一般的に年3%増だったのが今後は2%程度になるとみているが、その主な要因に労働力人口の伸びの鈍化を挙げている。単純な算術問題として、働き手の数の拡大が鈍れば、ほぼ確実に経済出力の成長度合いも鈍る。, ただし、人口構成の変化はどこでも同じように起きるわけではない。非常に大人数のベビーブーム世代が引退する年齢を迎え、労働力人口層から抜け出てしまうことによる影響は不可避だが、これとは別に、その影響がより深刻なものになるのか、軽減されるのかは現役世代の意向に左右される。, 多くの若い働き手は、小規模の都市や地方部を離れて沿岸地域のにぎやかな都会に移り住む。移民は労働力の増強になるが、彼らの移住先も同じように大規模な沿岸都市に偏る。, 「デイトン(訳注=オハイオ州西部の都市)の人口は1953年がピークで、この地域の成長は1990年以降、停滞している」と市長のナン・ホエリーは言う。彼女は「起きるべくして起きていることなんだ、と多くの人は言う。でも私はこのコメントが嫌いだ」と述べ、政策決定が沿岸の都市への投資を奨励してきた結果だと主張する。, ある報告書によると、総体的には全米郡部の80%(計1億4900万人)で、2007~17年までの間に25歳から54歳の年齢層の住民が減少した。この報告書は、経済調査会社「Moody's Analytics(ムーディーズ・アナリティックス)」のアダム・オジメクとEIGのケナン・フィクリ、ジョン・レティエリが書いた。, 報告書の作成者たちはこの傾向が今後も続くとみており、2037年までには、全体的な人口は増えるものの、全米郡部の3分の2で働き手の主力になる成人人口が減少すると予測している(この予測は、不法移民も計算に入れた)。米国の家族に、より多くの子どもを産むよう促す奨励策は、将来の労働力人口を増やすことで長期的な役には立つだろう。そのためには、苦闘している都市であっても、若いファミリーが望む施設、とりわけ良い学校を確保する努力が求められる。, それぞれ地域の人口は常に変動しており、エコノミストたちは従来、このことをおおむね健全なプロセスであるとみてきた。働き手たちは最も生産効率のいい場所へと向かい、そうすることで経済全体を適応させ成長させることができるのだ。, だが、地域経済を研究する人たちがますます懸念するようになっている問題がある。人口構成の変化の波が引き起こすいくつかの要因が、取り残された地域の痛みを一段と深刻化させ、悪循環にはまることへの懸念だ。「ある地域で、ひとたび負の連鎖が始まると、それが自己増殖していく可能性があるのだ」とティモシー・バーティクは指摘する。独立系の雇用研究機関「W.E. アメリカ合衆国の2020~2100年までの将来の人口推移予測では、一度も人口が減少する年はなく、 ずっと人口が増え続ける という結果が出ています。 特に、人口の増加数が一番大きい年は2020年で、 1,937,730人もの人口が増加 する予測が出ています。 ‚ê‚΂悢B‚»‚̂悤‚ȉüŠv‚ª‚Å‚«‚ê‚΁AlŒûŒ¸­ŽÐ‰ï‚Í‚Þ‚µ‚ëŠy‚µ‚¢‚à‚Ì‚Æ‚È‚éB, http://www.glocom.org/opinions/essays/20030916_harada_is/, }‚P@æi”‘‚̘J“­—͐lŒû‘‰Á—¦‚ƘJ“­¶ŽY«L‚Ñ—¦‚Æ‚ÌŠÖŒW. アメリカが強い経済力と軍事力を持っている大国であることは周知の事実ですが、アメリカの人口や面積を知っているでしょうか。アメリカの人口や人口密度、人口の推移、日本との比較などをまとめました。これを読めば、もっとアメリカを身近に感じることでしょう。 仕事できない窓際人間が、家電・完全食で時短を図り、マルチインカムで経済的時間的自由を達成していきます, 日本はこれから超高齢化社会を迎えるのは有名な話ですよね。でも日本はこれから超高齢化社会どころか超超高齢化社会を迎えると言っても良いでしょう。, 世界全体で出生率は低下する一方平均寿命が延びていますので、高齢化社会へ向かうことは世界のトレンドです。, 日本とアメリカ、両国の将来推計人口と人口動態を解説し、どちらの国に投資をするべきなのかを人口減少という観点からまとめました。, これは平成29年に国立社会保障・人口問題研究所が発表した日本の総人口の予想推移です。, 出生は中位で、死亡数が低位・中位・高位になったときの3パターングラフが用意されています。, 噛み砕くと出生数は予想通りだと仮定し、死亡者数が予想より低い時、予想通りの時、予想より多い時、の3パターン用意されています。, 2018年現在で日本の人口は1億2千600万人ですが、中位予想に従えば、30年後には1億3百万人にまで減少することが予想されています。割合で表せば、今よりも18%も人口が減少してしまうのです。, 日本の合計特殊出生率(1人の女性が生涯産む子供の数)は2015年で1.46です。この数値が2.0以下になると人口は減少していきますので、1.46では当然人口は減る一方となります。, 2018年から30年後の2048年には、日本の人口動態は次のようになることが予想されています。, 労働力の中核となる生産年齢人口(15歳~64歳)と老齢人口(65歳以上)の割合は52:37.4です。, 15歳~64歳1.4人で65歳以上の老人1人を支えていかなければならないのです。少し考えれば、「そんなの無理」なことがおわかりいただけるのではないでしょうか。, 社会保障費用が莫大なものになっていることが予想され可処分所得も激減するのではないでしょうか?それはつまり経済の疲弊を意味します。, 参考までに日本の2015年から2050年までの将来推計人口と人口動態の表を貼らせていただきます。, 人口規模、人口の急減及び人口構成が経済成長にどのような影響を与えるかについて、経済成長を考える際に一般的な考え方である成長会計に基づいて考える。成長会計では、経済成長を決める要因は、労働投入、資本投入及び全要素生産性であるとされる。, 人口が減少することは、労働投入の減少に直接結びつく。技術進歩などによる生産性上昇に伴って成長率が上昇するのに加えて、人口増によって労働力人口が増加して成長率が高まることを「人口ボーナス」と呼び、この反対の現象を「人口オーナス」と呼ぶ。今後、人口オーナスに直面し、成長率が低減することが懸念される。また、人口減少は資本投入へも影響を及ぼす。例えば、人口が減ることで必要な住宅ストックや企業における従業員1人当たり資本装備は減少することになる。また、高齢化が進むことで、将来に備えて貯蓄を行う若年者が減少し、過去の貯蓄を取り崩して生活する高齢者の割合が増えることで、社会全体で見た貯蓄が減少し、投資の減少にもつながる。, 生産性についても、生産年齢人口が増えていく経済と減っていく経済について比較すると、生産年齢人口が減っていく経済では生産性が落ちる可能性が指摘されている。例えば、人口規模が維持されれば、多様性が広がり、多くの知恵が生まれる社会を維持することができる。また、人口構成が若返れば、新しいアイディアを持つ若い世代が増加し、さらに経験豊かな世代との融合によってイノベーションが促進されることが期待できる。逆に言えば、人口が急減し、高齢化が進む社会においては、生産性の向上が停滞する懸念がある。, 人口減少は経済に対して悪影響を与えることが予測され、日本経済はこれから縮小していくことが予想できます。, 一方、世界一の経済大国アメリカ合衆国の将来推計人口はどうなっているのでしょうか?次の図をご覧ください。, 出生率は日本と同様2を切っており2015年で1.84なのですが、アメリカは移民を受け入れているため、人口は減少しません。, では人口動態はどうでしょうか?日本と同様、高齢化社会が待ち受けているのでしょうか?, 65歳以上の人口が14~21%になると高齢社会と言われますので、アメリカもやはり高齢社会になることが予想されています。, 21%を超えると超高齢社会と呼ばれますが、日本はそれをはるかに超える高齢化が待っているのです。, それに比べるとアメリカの人口動態および付随する経済状況は悪くないと言えるでしょう。, 長期投資を考える時、20年以上先にも経済的な発展性が見込まれる国へ投資することを考えます。, 日本は先進国であり親切な国民性、低い犯罪率、成熟した文化など素晴らしい点があり、日本に生まれてきたことは幸福だと思います。, しかしながらこれから先の人口動態を考えると経済的成長は見込みにくく、投資先としては不適切であると考えています。, ですので私は日本人ですが日本に投資するのではなく、殆ど経済大国第一位のアメリカへ長期投資しています。, 世界のトレンドとして出生率は低下しており、いずれの国も近い将来少子高齢化社会に直面する。, しかしながら国によって差異はあり、アメリカの高齢化は緩やかである。それは合計特殊出生率が1.84とそれほど低くないことに加え、移民を受け入れているからである。, 日本は30年後、高齢化率37.4%にもなり、1.4人で高齢者1人を支えて行く必要がある社会を迎える。, 株式投資や投資信託を始めようと思われる方は、証券会社から「一般口座か特定口座どちらで取引をするのか」の選択を迫られます。 一般口座?特定口座? 投資をしたことが無い人は、その単語に困惑されることかと思 …, 株と投資信託。値上がり益を狙うと言う点に於いては、似たような性質を持つ両者ですが、相違点も多々あります。 その違いを比較して、どっちに投資資金を投入した方が良いのかを解説します。 株と投資信託の違いを …, この記事では株に投資するということは、具体的に何をすることなのかを解説しています。 株とは何か、株価は何故変動するのか、株主には何のメリットがあるのかを、初心者にもわかるよう解説しました。 「価格が上 …, この記事では私が実際に体験した株式投資での失敗例をお話していきます。 株式投資で財産を築いた、短期間で莫大な利益を稼いだ、なんて話はどこにでも落ちている話です。 長期で株式投資をしていれば、失敗の1つ …, 1557(SPDR S&P500 ETF)は買いなのか?|配当金(分配金)・為替・ランニングコストを考察, この記事では日本の上場投資信託である1557 (SPDR S&P500 ETF)が買いに値するか、配当(分配金)や為替、ランニングコスト等を考察していきます。 また、同じS&P500をベンチマークとす …, どのように資産を増やしていくのか、具体的手法をお話していきたいと思います。