アメリカ合衆国の総人口、3億人を突破 . 出典:『ウィキニュース』(ベータ版) ナビゲーションに移動 検索に移動 【2006年10月17日】 1790年から2000年までのアメリカの総人口の推移. アメリカ合衆国国土安全保障省の人口予測では2010年から2060年にかけて総人口は36%増化するが、非ヒスパニック系白人は9%減で2040年代には半数を切る。その他は増加が続き、ヒスパニック系は155%増で2060年には全人口の3割に達する。 All text is available under the terms of the, en:Interracial marriage in the United States, en:History of immigration to the United States#Population in 1790, Multiracial American Population Grew Faster Than Single-Race Segment in 2010 Census, Microchronology and Demographic Evidence Relating to the Size of Pre-Columbian North American Indian Populations, http://books.google.ca/books?id=9iQYSQ9y60MC&printsec=frontcover&dq=American+Indian+holocaust+and+survival:+a+population+history+since+1492#v=onepage&q&f=true, en:Demographic history of the United States, yb 2011.pdf 2011 Yearbook of Immigration Statistcs, en:United States territorial acquisitions, Estimates of the Unauthorized Migrant Population, en:History of immigration to the United States#Immigration 1790 to 1849, Overview of Race and Hispanic Origin: 2010, Hispanics in the United States, 1850 - 1990, Standards for the Classification of Federal Data on Race and Ethnicity ISSUE 3. Other indicators visualized on maps: (In English only, for now) Adolescent fertility rate (births per 1,000 women ages 15-19) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/26 17:56 UTC 版), ここで記述する人種・民族の定義は人類学や文化人類学上の定義ではなく政治的定義であり、国勢調査も学術調査のような科学的分析資料ではないことに留意が必要である。, 人種に関しては、混血・移民の歴史やさらに遡れば民族移動などの影響もある上に、米国においては人種差別に非常に敏感であるため国勢調査では人種に関しては、柔軟な対応をしている。一応ガイドラインを示してはいるが、厳密な集計上の運営をしているわけではなく、国勢調査表[23] への回答者の認識を尊重している。国勢調査局では統計上の誤差も報告しているが、記述を簡素化するため現時点では以下の表では割愛している。, なお小数点二桁目で四捨五入しているので、合計と合わない部分もある。この集計ではヒスパニック系の可否は問われていないのでヒスパニック系はそれぞれの項目に分散しているが、その他の人種では97%がヒスパニック系である。, ヒスパニック系は現在の米国領土の南部や西部においては、非ヒスパニック系より先に16世紀には入植していた。米国(東部13州)独立時点では北アメリカの大半はスペイン、フランス、イギリス領土であった。その後、武力行使による割譲や領土購入などを経てきた。それに伴いヒスパニック系は退去か残留かの選択を強いられた。20世紀初頭のヒスパニック系の人口は50万人で全人口の0.7%であったが、当時の米国南西部の人口は約500万人で[25]、南西部ではヒスパニック系の比率は10%であった。20世紀にはヒスパニック系の人口は10年毎に約60%増加しており、1950年には3.6百万人、2000年には35.3百万人、2010年には50.5百万人となっていた[26]。2045年には倍の1億人に達すると推定されている[27]。 2005年の推定ではヒスパニック系の不法入国者は1千万人以上と見積もられており[15]、国勢調査では市民か否かの質問はしていないが、これらの不法入国者が調査票を提出したかは不明である。, 2000年までの国勢調査まではヒスパニック・ラテン系(Hispanic or Latino Origin)と人種(Race)はまとめて集計されていた。ヒスパニックには白人、黒人、先住民であるアジア系人種などや混血が含まれ、民族(国籍や文化圏)もさまざまであることから、ヒスパニック系とは人種の分類ではなく文化の分類と定義し、ヒスパニック系の集計を人種の集計から独立させた[28]。, 以下、ヒスパニック系またはラテン系(Hispanic or Latino Origin)か否かによる集計である。ヒスパニックには白人、黒人、メスティソなどが含まれ、出身国には非スペイン語圏を除く、ラテンアメリカ諸国およびスペインが含まれているが、スペイン語圏である赤道ギニアは含まれていない[28][29]。広義のラテン系にはポルトガルさらにはイタリアやフランスも含まれるが、米国の国勢調査ではスペイン系のみを計上している。, なおプエルトリコの居住者の数(約3.8百万人)は以下の記述にはふくまれていないが、米国本土(アラスカ、ハワイを含む)に居住するプエルトリコ人(4.6百万人)は含まれている[29][30]。, 全ての人種を含んだヒスパニック系は5048万人で全人口の16.3%であった。非ヒスパニック系では、白人1億9682万人(76.2%)、黒人3769万人(14.6%)、アジア人1447万人(5.6%)、混血597万人(2.3%)等であった。2000年の調査ではヒスパニック系(12.5%)と非ヒスパニック黒人(12.3%)の比率はほぼ同じであったが、2010年にはヒスパニック系の増加率が非ヒスパニック黒人の増加率の4倍近く、単独2位の集団となった。, ヒスパニック系の6割はメキシコ出身であり、ラテンアメリカ諸国では白人(コーカソイド)と先住民(モンゴロイド)さらには黒人(ネグロイド)間の混血が多く、メキシコでは6割は先住民とスペイン人の混血と言われているが[32]、これも調査回答者の認識によるため、米国よりさらに古い歴史を考慮すると正確な人種間混血の計上は困難である。, ヒスパニック系の5千万人の内訳は、白人2674万人(53.0%)、黒人124万人(2.5%)、その他の人種1850万人(36.7%)、混血304万人(6.0%)等であった。, ヒスパニック系の特徴はその増加率(1990年から2010年の間に倍増)の高さと若さである。ヒスパニックの平均年齢は27歳で、非ヒスパニック系白人は42歳、非ヒスパニック系黒人は32歳であった[33]。, 出身国は自称によるもので本人または親や先祖も含まれるが、主観的な判断である。なお2000年と2010年ではヒスパニックに関する質問内容が上記のように変更されたので、特に出身国別の増減には実質的な増減以上に影響を与えている可能性がある[29]。ヒスパニック系の出身国では、最大がメキシコで63%、次いでプエルトリコ9.2%、キューバ3.5%、エルサルバドル3.3%、ドミニカ共和国2.8%となっている。, 黒人・アフリカ系アメリカ人(Black or African American)はアフリカに起源を持つネグロイドである。黒人(Black)は奴隷等の子孫で出自が不明な者、アフリカ系アメリカ人はアフリカ出自を特定出来る者と分類されている。この分類にはコーカソイドである北アフリカのアラブ人や、他の地域(例えばインド南部)の肌の色の濃い人種は含まれない。黒人の集計では総数、ヒスパニック系による分類の2通りある事に留意。, 米国における黒人は大半が16世紀からの奴隷貿易に起源を持つ。19世紀初頭までの約3世紀の間に900 - 1100万人の黒人がアフリカから連れてこられたと推定されている[34]。, 米国の最初の国勢調査である1790年の調査では、当時の米国(東部13州)には全人口の19.3%、76万人(内奴隷70万人)の黒人がいたと報告されている。 当時のスペイン領、フランス領、その他の地域にも黒人奴隷は居たが人口は不明である。 南北戦争の直前の1860年には黒人の人口は444万人(内奴隷395万人)まで増加したが全人口に対する比率は14%へと下がった。1900年には880万人へと倍増し2000年には3460万人であった[35]。, 黒人の出自(出身国)に関しては奴隷貿易という強制連行であり、到着後の取り扱いが人権を否定されたものであった等、白人以上に確定が困難になっている。米国の国勢調査では黒人の出自の集計はされていない。2011年の国勢調査では非ヒスパニック系の黒人は39.2百万人(12.6%)、アフリカ系アメリカ人(サブサハラアフリカ出自)は2.4百万人(0.8%)で合計は41.6百万人(13.3%)であった。, 国勢調査の人種は主観的な区分であり、本人がいかに認識しているかおよび判断しているかの集計であるが、系譜学者や人類学者の調査では、「黒人の80%には1/8以上の白人の血が混ざっている[36]。」、「白人の30%は黒人の血が混ざっている[37]。」などの報告がある。白人の混血率が30%と意外と低いがこれは19世紀末から20世紀にかけて増加したヨーロッパからの移民による見かけの純血率の上昇である。, アジア系の移民の歴史は白人や黒人に比べると浅く、19世紀後半に中国や日本からの移住が始まり、20世紀に入りフィリピン、韓国、ベトナム、インドなどからの移住が始まった。, 2010年の集計では、アジア系のみを記述した人口は1467万人であったが、最大グループは中国人で335万人、ついでインド人284万人、フィリピン人256万人、ベトナム人155万人、韓国人142万人、日本人76万人、パキスタン人36万人などとなっていた。これらの数値には混血を含んでいない。複数の人種を選択したものの内、アジア系は延べ265万回記入された。この中には2つ以上の混血も含まれているが、単純に単一記述と複数記述を比較すると、265/1467で、アジア系の混血率は最大で18.1%となる。国勢調査局では混血について詳しく分析しており、アジア系の中では日系の混血率が突出していると報告している。日系では他のアジア系との混血が6%、他の人種との混血が28.2%、3つ以上の混血が7.2%の合計41.4%の混血率となっている。続くのがフィリピン系の25.2%、韓国系16.6%、中国系16.5%、インド系10.7%となっている。アジア系は全米の大都市に多いが中でも西海岸へ集中している。特に日系は他のアジア系に比べ西海岸への集中が大きい[38]。, アジア系の人口が多い地域は、ニューヨーク104万人、ロスアンゼルス43万人、サンノゼ30万、サンフランシスコ27万、サンディエゴ21万、ホノルル18万などであった。(数値は混血を含まない。)アジア系の人口比率の高い地域はホノルル54.8%、デイリーシティ55.6%、フレモント50.6%サニーベール_(カリフォルニア州)40.6%、アーバイン39.2%、サンタクララ37.7%などカリフォルニア特にシリコンバレー周辺で高率になっている[38]。, 2010年の調査では2.9百万人(全人口の0.9%)が単一人種としてアメリカ・インディアンかアラスカ先住民を選択した他、延べ2.3百万人(0.7%)が血を引くと回答した。合計5.2百万人(1.7%)がアメリカ先住民かその血を引くと回答した。このグループは高い増加率を示しており、10年で26.7%増加している[39]。, 混血には人類学上の人種間の混血と文化人類学上の民族間の混血があるが、国勢調査では、白人(人種)とインド人(アジア系、民族)は人種間の混血(Combination)として扱われ、逆にインド人(アジア系)と日本人(アジア系)の場合は人種間の混血として扱われない。国勢調査では人種の質問の中で項目を2つ以上選択または2つ以上記述した場合としており、集計報告では「2つ以上選択」と表示しており、混血(mixed race)とは表示していない。本来であればこの記事の記述でも「2つ以上選択」と表示するべきであるが、読みやすさを考慮して「混血」と表示する。, 混血の定義の前提となる親自身の人種の確定が前述したように困難を伴うので、3代(曾祖父母)以上遡った血筋の認識は薄いと思われる。さらに、この集計では白人間であれば、例えばイギリス人(白人)とイラン人(白人)の混血は混血と見なされないが、イギリス人(白人)とインド人(アジア系)の両方が選択された場合は混血に分類している。よって以下に記述する混血率2.9%は混血率というより、集計報告に記述されているように「複数を選択した率」と理解されるべきである。, 以外に低い混血の集計結果であるが、出自確定の困難度に加え、アメリカ人であるという自意識の高さもこの混血の数値を引き下げている。出自の節で述べるが、民族にアメリカ人(先住民では無く)と記述した数が最大であったが、これはアメリカ人であるという自意識(愛国心)の強さと同時に、先祖の確定の難しさを反映しているものと思われる。 さらには被差別人種であった少数民族の祖先を隠す、子に伝えないなどの要因もあると思われる。 詳細はen:Multiracial#United Statesおよびen:Multiracial Americanを参照。米国では20世紀半ばまで多くの州で人種間の結婚を禁止していた。西海岸の州ではアジア系と白人の結婚が禁止されていた。1967年にバージニア州で白人男性と黒人女性が結婚し懲役1年の判決を受けたが、上告し合衆国最高裁判所がバージニア州法は違憲であると判決し、残っていた南部17州で婚姻が認められるようになった。詳細はen:Loving v. Virginiaを参照。詳細はen:Interracial marriage in the United Statesを参照。, 国勢調査の結果では人種欄で2項目以上記入したものは9百万人で全人口の2.9%であったが、人種間での混血が100人あたり3人は明らかに現状を反映していない。この数値は10年前の調査から32%増加しており、増加分の多くは10歳以上であるので、前回は単一人種と記入した者が今回は混血と記入したという事である。これは若い世代の混血に対する柔軟な認識によるものである[3]。, 混血900万人の内訳を見ると、少数民族では混血の比率が高くハワイおよび太平洋地域の先住民の混血の比率は55.9%、アメリカ・インディアンとアラスカ先住民では43.8%となっていた。その他の人種ではアジアン15.3%、黒人は7.4%、白人は3.2%となっていた。人数では白人と黒人の混血が一番多く20.4%の183万人であった。その他黒人とアメリカ・インディアン、アラスカ先住民との混血が174万人(19.3%)、白人とアジア人が162万人(18.0%)、白人とアメリカ・インディアン、アラスカ先住民との混血が15.9%の143万人(15.9%)となっていた。3つ以上の人種の混血は74万人であった[24]。, 白人の混血率をヒスパニック系か否かでみると非ヒスパニック系の白人では504万人で2.5%であったが、ヒスパニック系の白人では245万人で8.4%であった。同様に黒人の混血率をヒスパニック系か否かでみると非ヒスパニック系では244万人で6.1%であったが、ヒスパニック系では65万人で34.5%であった[24]。, 米国国勢調査局では非ヒスパニック系の白人を多数派、それ以外の人種や民族を社会的少数派(マイノリティー)と定義している。この定義では全人口の36.3%が少数派となるが、この少数派が過半数の州および地域はカリフォルニア(59.9%)、ワシントンDC(65.2%)、ハワイ(77.3%)、ニューメキシコ(59.5%)、テキサス(54.7%)、プエルトリコ(99.3%)であった。この他にも少数派が40%を超える州が10州あり、非ヒスパニック系白人の2000年から2010年にかけての人口増加率が1.2%であるのに対し、少数派は28.8%であるので過半数となる州がさらに増えていく[24]。, 米国も他の先進工業国の例にもれず、ベビーブーマーの高齢化により、高齢化社会となりつつある。多数派である非ヒスパニック系白人では少子化も顕著で、2020年以降は人口は減少に向かうが、大量の移民流入および少数民族における高い出生率により、国全体としては総人口および労働人口は増加し続けており、他の先進工業国ほど高齢化による危機の度合いは低い。, アメリカ合衆国国土安全保障省の人口予測では2010年から2060年にかけて総人口は36%増化するが、非ヒスパニック系白人は9%減で2040年代には半数を切る。その他は増加が続き、ヒスパニック系は155%増で2060年には全人口の3割に達する。アジア系は129%増で比率は2010年の5%から2060年には8%へ、黒人と先住民が約40%増で比率はほぼ変化なし、混血は3倍以上になると推測している[40]。, Weblioでは、統合型辞書検索のほかに、「類語辞典」や「英和・和英辞典」、「手話辞典」を利用することができます。辞書、類語辞典、英和・和英辞典、手話辞典は連動しており、それぞれの検索結果へのリンクが表示されます。また、解説記事の本文中では、Weblioに登録されている他のキーワードへのリンクが自動的に貼られます。解説文で登場した分からないキーワードや気になるキーワードは、1クリックで検索結果を表示することができます。, 英版の出典元には3,900,000と端数を切り捨てた数値になっていたが、ここでは1790年の国勢調査の数値に変えた。, 20世紀中頃まではアジア系と言えば中国系か日系を指していたが、20世紀後半には日系人はアジア系の中でも少数派となった。, 国勢調査局では63万5千人の臨時雇用を実施し、国勢調査の為の支出は54億ドルであった。.