スペイン紙「エル・パイス」が、米大統領選が欧州にどう影響するか、欧州有力新聞社連合(lena)の7人の編集トップの意見をオピニオン欄に掲載した。各国のメディアのトップは、ドナルド・トランプ米大統領の再選が民主主義にもたらす危険性を警告し、欧米関係の再生を提唱している。 All rights reserved. ©2020 KODANSHA CO.,LTD. 米大統領選、現職敗北は戦後3人のみ トランプ氏再選なるか 2020年11月1日 10:00 発信地:ワシントンD.C./米国 [ 米国 北米 ] このニュースをシェア 2020年、パンデミックが人類を襲った。そして、世界最高権力者の首さえもすげ替えた――。, 大接戦となったアメリカ大統領選は11月7日、民主党のジョー・バイデン前副大統領が共和党のドナルド・トランプ大統領を破って勝利した。政権奪還を目指してきたバイデン氏は地元の東部デラウェア州で演説し、高らかに勝利宣言をした。民主党支持者が多い大都市のニューヨークや首都ワシントンなどでは、歓喜や歓声に包まれた。, その一方、トランプ大統領は敗北を認めず、大統領選で不正行為があったとし、あくまで法廷闘争を続ける構えを見せている。, バイデン氏は、ペンシルベニア州やジョージア州など激戦州で最後の最後までトランプ氏と争い、地滑り的勝利を収めたとはとても言い難い。バイデン氏の得票数は9日までに史上最多の7500万票を超えたものの、トランプ氏も7100万票以上を得票した。全米の総得票数で相手候補を上回っても選挙人数で負けることがあるだけに、予断を許さない状況だった。現に前回2016年の大統領選でも、ヒラリー・クリントン氏の票がトランプ氏より286万票上回っていた。, こうした大接戦の大統領選の中、トランプ氏はバイデン氏に負けたのではなく、新型コロナウイルスという人類の天敵である感染症に負け、力尽きたと筆者はみている。, アメリカでは3月から新型コロナウイルス感染者が右肩上がりで急激に増え始めた。その後の8カ月間で感染者数1000万人以上、死者数25万人近くに及んでいる。このコロナ禍がなければ、トランプ氏は激戦州でも勝利し、再選が果たせていたとみている。, コロナ禍前までは、大型減税や規制緩和を前面に出したトランプ政権の下で、アメリカ経済は拡大を続けていた。雇用も創出され、オバマ政権時代の低成長によって置き去りにされていた人々の賃金も引き上げた。多くのアメリカ人が恩恵を受けつつあった。しかし、新型コロナウイルスの襲来でそれらが帳消しになった。2020年4~6月の実質GDP成長率は前期比年率マイナス31.4%と、統計を開始した1947年以来最も大きな落ち込みとなった。, 選挙予測で定評のある米統計分析サイト「ファイブサーティーエイト」(米選挙人団の選挙人538に由来)によると、3月初め時点では、トランプ氏の支持率はバイデン氏にわずか4.1ポイントの差しか許していなかった。しかし、大統領選直前の11月初めには、その2倍以上の8.4ポイントまで差を広げられていた。, ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。, 「現政権では“韓日のwin-win”は不可能」韓国元陸軍中将が告白した「いま文在寅が怖がっているモノ」とは?, 三浦春馬さん最後の出演ドラマ『カネ恋』シナリオブックで明かされた“本当の結末”と“4話完結の秘密”, 「彼はとことん自分に甘い」元TOKIO山口達也の“苦しい日々” 豪邸を手放し、わびしい単身生活, 善逸くんが堂々1位…『鬼滅」キャラランキングに見る今ドキの理想の「男の子」「悪役」とは, 「もう事件を追及しないでください」骨膜まで顔を切りつけられた美男子スターが捜査ストップを懇願した理由, 《ハンドボール宮崎大輔・逮捕は不倫旅行中》元新体操恋人が親友に語った「奥さんには何も言われていない」「同じ布団は使いたくない」, 「娘は泣きながら電話を」ハンドボール宮崎大輔逮捕 恋人・深瀬菜月(26)母が明かした《不倫、酒、暴行事件》, 嵐・相葉雅紀は実は安泰。先行きが心配されている“意外なメンバー”とは?《嵐フェストラブルも影響》, 月3万~4万円の収入で「辞める選択肢しかなかった」…ディズニーランド元ダンサーの失望, NEXCOは調査指示「鉄筋不足で崩落の恐れ」中央自動車道の手抜き工事を下請け会社が実名告発, いいお話では物足りない…『ポツンと一軒家』からいつの間にか「失われたもの」――青木るえか「テレビ健康診断」, 「春田と牧のプロポーズを超える新作を……」『おっさんずラブ』Pが明かす“「-in the sky-」誕生秘話”, 感染症を防ぐキーワードは「粘膜免疫」と「IgA抗体」。そこで、大きな期待を集めている「乳酸菌」とは?, 中尾彬さん、池波志乃さんと考える「家族への想いをカタチに ~遺言書にやさしさをこめて~」相続オンラインセミナー, 「萌子さんって結婚願望あるんかな?」3代目バチェラー・友永夫妻が『バチェロレッテ・ジャパン』を語りつくす, 《緊急アンケート》大ヒットアニメ「鬼滅の刃」あなたが好きなキャラクター、好きなシーンは?, 好評開催中! オールタイム「もう一度やりたい!プレステゲーム」アンケート 中間発表!, 「今、パパ活市場に流れてくる女の子が多い」44歳独身男性が語る“コロナ禍で出会った、1回5万円の女子大生”. アメリカ大統領史上唯一、死亡以外の理由でその職を追われたニクソン大統領の、副大統領として大統領に昇格しました。 1976年の選挙で敗れたので、歴史上唯一、選挙に勝てなかった大統領です。 ホワイトハウスを離れたら…トランプは刑務所行きか国外逃亡か? 向き合うべきトラブルが山積み状態, トランプ支持者がご近所のバイデン支持者をリスペクト─「言論の自由」の尊さを息子に示した父. 2013年、当時は副大統領だったジョー・バイデンとドイツのアンゲラ・メルケル首相Photo: Christian Marquardt-Pool / Getty Images, スペイン紙「エル・パイス」が、米大統領選が欧州にどう影響するか、欧州有力新聞社連合(LENA)の7人の編集トップの意見をオピニオン欄に掲載した。, 他国がアメリカの選挙結果を、厳密に会計上の用語で分析することは興味をそそるし、簡単だ。貿易関係や防衛予算にどのような影響を与えるか──。, 経済復興から中国政府との戦略的競争での人権強化に至るまで、西洋はより緊密な欧米関係と、したがって、民主主義共同体の強化・回復を確固として目指す米国の大統領を必要としている。ヨーロッパとイタリアは、現職のドナルド・トランプとライバルであるジョー・バイデンの対決を、このようなレンズを通じて見ている。, アメリカの政策の戦略的優先順位の変更は、ヨーロッパ全体にとって重大だが、中・東欧にとっては差し迫った脅威を意味する。, 必ずしも進路を変えることなく、ジョー・バイデンの勝利は時間的余裕をもたらし、残虐性は減らすだろう。しかし、課題は常に同じだ。すなわち、アメリカからの独立を勝ち取るということだ。, 試みた者たちは、立法権や行政権を司る場所に身を置き、内側から始めることを求められてきた。これは、EUとの戦いを掲げたスイス国民党(SVP)のリーダー、クリストフ・ブロッハーの国家レベルでの事例だ。, しかし、ドイツはこれまで以上にアメリカを必要としている。アメリカは、ドイツにとって車の市場というだけではなく、安全保障だ。そして、我々の将来的繁栄でもある。なぜなら、ドイツは他のどの国よりもグローバル化に依存しているからだ。さら欧米の同盟関係が崩壊した近年、ドイツでは、EUからの完全離脱を望む独善的で保護主義的な勢力が増えてきている。, バイデンは、反トランプカードを最大限まで切っている。この姿勢で勝利を呼び込めるかどうか、警戒し続ける必要がある。2016年の世論調査は間違っていたのだから。. 2020年、パンデミックが人類を襲った。そして、世界最高権力者の首さえもすげ替えた――。大接戦となったアメリカ大統領選は11月7日、民主党のジョー・バイデン前副大統領が共和党のドナルド・トランプ大統領… 再選できなかった歴代大統領 フォード大統領. 2020年、パンデミックが人類を襲った。そして、世界最高権力者の首さえもすげ替えた――。大接戦となったアメリカ大統領選は11月7日、民主党のジョー・バイデン前副大統領が共和党のドナルド・トランプ大統領…