新年早々世界は大変な事態に陥っている。米イランの軍事緊張が高まり、「第三次世界大戦か?」という懸念が世界を覆っている。 国際的な批判を受け、イランからは報復の声が広がる中、米国トランプ政権の無法ぶりが際立っている。 これが現職米国大統領のツイッターかと思うとぞっとする。 このような危険な軍事挑発で戦争の導火線に火をつけるような行為をなぜするのか? それにしても、間(ま)が悪いというか、どうして安倍政権は、あんなに外交が下手なのだろう。, — James F. (@gamayauber01) January 3, 2020, イラン革命防衛隊のクドゥス部隊司令官カースィム・スレイマーニーが米軍の空爆により死亡したとイラク国営テレビ。スレイマーニーはイランで最高指導者ハメネイ師に次ぐ権力者であり、イラク、シリア、レバノン、パレスチナなどへのイランの影響力を司る人物。報復必須。https://t.co/sBiF2iSMI6, — 飯山陽『 イスラム2.0』四刷決定、みなさまありがとうございます! (@IiyamaAkari) January 3, 2020, トランプ政権がイランの実質ナンバー2を予告無しに殺害。イランに対する事実上の宣戦布告。米国議会には青天の霹靂。寝耳に水。, — deepthroat (@gloomynews) January 3, 2020, アメリカとしては戦争したいから、イランは発狂して宣戦布告しえねぇかなと思ってるのかな。, — まらかすまん (@marakasuman23) January 3, 2020, — 大松(ほうじ茶中毒) (@UD99999) January 3, 2020, https://twitter.com/ClamGBP/status/1212954603014082560, また戦争か‥どうなるんだろうか?イランは親日だからな。大友克洋の最高傑作『気分はもう戦争』の様な牧歌的な?戦争はもうないのである。続編読んでないな~読みたい気はあるが。やはり旧軍の経験者が生きていた時代が濃かったよね。, — アジア雑貨 スリスティ (@betox2san) January 3, 2020, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 米軍、イラン有力司令官殺害 トランプ氏指示、イラク空爆―ハメネイ師「厳しい報復」:時事ドットコム, 【ワシントン時事】米国防総省は2日夜、トランプ大統領による指示で、イラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官を殺害したと発表した。ロイター通信によると、米軍はイラクの首都バグダッドで空爆を実施。ソレイマニ司令官とイラクのイスラム教シーア派組織「カタイブ・ヒズボラ(KH)」の指導者アブ・マフディ・アルムハンディス容疑者, 濃厚接触100人以上の恐れ…熱があって自宅待機と言われた女性が石垣島に旅行しにいったことが発端, 米国防総省は2日夜、イラン革命防衛隊コッズ部隊のソレイマニ司令官を軍事作戦で殺害したと発表, ソレイマニ司令官が率いるコッズ部隊はイラン革命防衛隊で対外工作を担う。支援を受けている, 米軍がソレイマニ司令官らを殺害したことで、米イラン間の対立が一層激化する恐れがある. イラン革命防衛隊のクドゥス部隊司令官カースィム・スレイマーニーが米軍の空爆により死亡したとイラク国営テレビ。スレイマーニーはイランで最高指導者ハメネイ師に次ぐ権力者であり、イラク、シリア、レバノン、パレスチナなどへのイランの影響力を司る人物。報復必須。