アメリカは何故今世界一の国になったのか、その原因が知りたいです。・私の推測では、建国してからまだ歴史が浅く、古い体制にとらわれず、政策がとれる点。・様々な人種が存在するので、それぞれが納得できる合理的で、効率的な制度が 景気回復過程でも広がる一方の格差と中間所得層の衰退。中間所得層に属する成人がマジョリティを失ってしまった、それがいまのアメリカ社会だ。, 無党派でありながら(これだけでも驚きだ)、24年間連邦議会の議員であるバーニー・サンダースが、昨年民主党入りして大統領選挙戦に向けて掲げた「格差の是正と中間層の再興」は全米に旋風を巻き起こした。, 中間層の再興は、だれが大統領になろうとも避けては通れない政治課題だ。中間層はなぜ衰退したのか。オバマ政権の中間層の再興のための処方箋はいかなるものか。, 住宅バブルの崩壊とサブプライムローンの証券化の破たんが引き金を引いた大景気後退(Great Recession)の真っ只中の2009年1月に、国民の熱い期待を担ってオバマ政権は誕生した。, この8年間は大景気後退からの回復過程であったが、重要なことはこの過程でさらに経済格差が拡大した点である。それは中間層の衰退を意味する。, いまや民主・共和の両党とも、いかなるものであれこの問題への対策を示さない限り多くの国民の支持を得られない。, オバマ政権は景気回復を越えて安定的な経済成長に至るには、格差縮小が必要だとして、その意義を高唱する。そして、そのために「中間層重視の経済学」(middle-class economics)を提起した。, ピュー・リサーチセンター(米世論調査NPO)のレポートを紹介しよう。世帯はその構成人数によって経済状態が異なるので、最初に世帯規模別に中位(中間)所得を求め、それぞれの世帯規模ごとの中位所得の3分の2未満を低所得層、3分の2から2倍未満の所得を中所得層、2倍以上は高所得層とする。, たとえば2014年では4人規模の中所得世帯であれば、48,347ドル以上14,5041ドル未満の所得層となる1。これが所得面からみた中間層であり、中所得層である。, アメリカでは1980年代以降、高所得層ほど所得増加率が高くなった。また2008年の大景気後退のあとは各階層とも所得を減らしたが、その減少率は低所得者層が最大で、高所得層が最も低い。, その結果、世帯全体の総所得に占める中所得層のシェアは1980年に60%だったのが2014年には43%に低下、逆に高所得層のシェアは30%から49%に上昇した。そして、中所得層に属する18歳以上の成人比率は1981年では59%だったが、2015年には50%に低下、いまやアメリカ社会は中所得層がマジョリティではなくなっている(図1)。, 人種別ではどうか。多民族社会アメリカでは、成人の人種別構成比で白人比率の低下が続いてきたが、それとともに中所得層に占める白人の成人シェアも低下してきた。, 2001年に白人は成人人口のうち70%を占めていたが、2015年には65%へと5%の低下。同期間に中所得層に占める白人の比率も73%から67%へとほぼ人口比の減少分だけ低下した。, しかし、高所得層においては白人のシェアは2015年でも77%で人口比よりかなり高い。白人に次いで人口比の大きいヒスパニック系は、同期間にその人口比は13%から15%に上昇、同じように中所得層に占めるヒスパニック系成人の比率も12%から15%に高まったのである(表1)。, 白人中所得層の衰退が進むなかで、アメリカ社会は人口比でも経済的地位でもヒスパニック系が台頭する社会になった。, ヒスパニック系の学士卒業者の比率は、すでに2012年には10%を超えるようになり、全雇用に占めるヒスパニック系の比率も2000年の10.7%から2014年の14.3%に増加を続けている。, ここにヒスパニック系によって職を奪われ中所得層から転落したと考える白人の中所得層には、ドナルド・トランプ共和党大統領候補のメキシコ移民排斥の主張が一定の支持を得る根拠がある。, いったいなぜ、これほどの所得格差が生まれているのだろうか。所得源として大きく言えば、勤労所得と資産所得、そして移転所得がある。, それは第1に、生産性格差が競争的市場メカニズムを通じて生産性の高い企業と労働者にそれぞれ高利潤と高賃金とをもたらすからである。これが経済学の伝統的考え方である。, オバマ政権もこの考え方を踏襲するが、さらに第2の要因として、独占やその他の要因で競争が働かず一部の企業や社会階層に超過利益(レント)が生じ、付加価値の分配に不平等が生じたとする。, たとえば、金融業などの産業における寡占化や労働組合の団体交渉力の低下による賃金低下、あるいは資格認定職の高賃金やその財・サービス価格の上昇などがその一例である。, 所得格差の要因をこのようにとらえると、その対策は第1に、生産性の向上であり、そのための研究開発、教育、労働者の再訓練である。, 第2に、最低賃金の引き上げや有給の病気休暇(アメリカ企業では一般的でない)など様々な付加給付の拡充である。これらは労働者の団体交渉力が低下しているもとで企業側に生じているレントの労働者への再分配であり、競争的労働市場を機能させる。また、独占禁止法の運用強化による競争促進も重要になる。, この景気回復過程でさらに所得格差が拡大したが、それは資産価格上昇によるキャピタルゲイン(資産売却益)が高所得者層に集中したからである。高所得層の最大の資産は株式、債券、投資信託といった金融資産であり、2013年ではそのシェアは26%、次いで住宅資産が21%を占める。, 一方、中所得層の最大の資産は住宅であり、そのシェアは総資産の44%、低所得層では48%に及ぶ。, 住宅価格(Case-Shiller全国住宅価格指数)は2006年の住宅バブル崩壊後続落したあと、2012年から価格上昇に転じたが、株価(S&P総合株価指数)と比べるとその回復率は低い。2010年1月~2016年6月の間に、株価は71%上昇したが住宅価格は21%の上昇に留まった。, その結果、資産格差が拡大(図2)するとともに、キャピタルゲインは高資産保有層に集中し、これがまた所得格差をもたらした。, アメリカの中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は、2008年のリーマンショック後の12月からフェデラル・ファンド(FF)金利を年0~0.25%にするという事実上のゼロ金利政策を続けてきた。昨年末にようやく0.25~0.50%に引き上げたものの、超低金利はいまなお続行している。, 金利政策はマクロ経済政策の重要な一部であるが、すべての所得階層に対して同じように作用するわけではない。FRBの超低金利政策は、金融資産価格の上昇を媒介として、所得格差と資産格差のスパイラルをもたらしているのだ。, 金融政策はFRBの所掌であるが、政府としては「2010年ウォール街改革および消費者保護法」によってウォール街の暴走を抑制しようとする。とくに銀行のリスクテーキングを抑制しようとする。これもまた「中間層の経済学」の一部である。, 格差縮小は公平性を優先して効率性を損ない、経済成長の停滞に至るとみるのが伝統的な考え方である。, これに対して長期的な経済格差の拡大は、①すべの人々の能力に応じた教育へのアクセス困難、②起業家精神の欠如、③独占的行動が広がると競争経済への信頼がなくなり監視コストが増加、④政治的不安定性や不安の醸成、などを招来し、結局のところ成長を妨げるというのが最近の考え方である。, 低所低得者向けのフードスタンプ(現在は、「補助的栄養支援プログラム」と称される)やメディケイド(公的医療扶助)、そして子供の貧困を防ぐ勤労者所得税額控除、コミュニティ・カレッジの授業料の無償化、最低賃金引き上げなどを提唱している。, これらは分配政策というよりも労働能力を高め、労働参加を促進し、生産性と生産拡大を実現するものだという。したがって分配重視の「大きな政府」ではなく、分配による成長をめざすものだ、と。, 所得格差の縮小と経済成長をめざすオバマ政権の「中間層の経済学」は、そのための3大条件として、①生産性上昇率、②労働参加率(16歳以上の生産人口に占める実際の労働力[雇用者と失業者]の割合)、③所得の再分配を重視する。, そして、これらの組み合わせからみると戦後アメリカ経済には三つの画期がある(表2)。, 生産性と労働参加率が高まり所得格差が縮小した「成長を分かち合った時代」(1948~73年)、生産性は低下したが女性の労働参加が増え、所得格差広がり始めた「労働参加拡張の時代」(1973~95年)、そして生産性が再び上昇したが所得格差が拡大した「生産性回復の時代」(1995~2013年)である。, 「中間層重視の経済学」は、これらの3大要因の組み合わせを変えて、①生産性の上昇によるパイの増大、②労働参加拡大によるパイの増大、そして③富裕層への増税や社会保障の拡充といったパイの再配分が、①と②のパイの増大を実現するというのだ。, ここに、従来の需要重視のケインズ主義でもなく、「供給重視の経済学」でもない「中間層の経済学」の独自性がある。, とはいえ、この「中間層の経済学」に基づく政策を実行するには、たとえばキャピタルゲインの課税強化ひとつをとってみても、上下両院ともに共和党が多数をしめる現在の議会構成では、法案の通過には大きな困難が伴う。, 冒頭にも述べたように、中間層問題へのアプローチはいまや大統領選挙でも両党にとって不可欠である。中間層の衰退への対応が「中間層の経済学」のようなものになるのかどうかは、大統領選と議会選挙の帰趨にかかっている。, 韓国・文在寅が「バイデン勝利」で窮地へ…米国から脱「中国・北朝鮮」を迫られて大ピンチ!, 原出所:Saez, Emmanuel and Gabriel Zucman. 0000459009 00000 n 日本の人口は、2020年5月1日時点では概算値で1億2,590万人。出生率の低下と人口の減少が問題になっています。一方アメリカの人口は、2019年の推計で3億2,906万人。日本と同じく出生率は低下していますが、人口は増加しています。少し不思議に感じるかもしれませんが、人口の増加や減少は将来の経済成長にも関係があります。日本やアメリカの株式に投資したいと考えている場合など、その動向に興味を持っている方も多いでしょう。ここではアメリカの人口と、経済成長の動向について解説していきたいと思います。, 人口と経済成長の関係を見る前に、経済成長についておさらいしておきましょう。経済成長というのは、文字通り経済の規模が拡大していくことです。そして経済の規模を測る指標としては、国内総生産(GDP)が主に使われます。GDPとは、国内に居住する人が、生産活動を通して生み出した付加価値の総額。ある国に住む人が、仕事などを通じて財やサービスを生産し、市場で売買されることで増加していくものです。, そこで問題となるのが、経済成長の要因。経済が成長するために必要なものとしては、下記の3つが挙げられます。, 人口と関係があるのは、「労働力の増加」。人口が増えると働く人も増え、経済の成長につながると言えるでしょう。アメリカの人口が増えていけば、経済成長にプラスの影響があります。, また「資本ストックの蓄積」というのは、工場の建設や機械の導入が進むことです。この「資本ストックの蓄積」と「技術進歩」は、「一人当たりの実質 GDP(労働生産性)」に影響を与えます。人口が増え、それに加え労働生産性も上がれば、より力強い経済成長が望めるでしょう。もし人口が減ったとした場合労働生産性の上昇でカバーできれば、経済成長を維持できるという見方もできます。, 楽天証券は低コストではじめられる、続けられる資産運用のサポートが特徴。 アメリカ合衆国の経済史(アメリカがっしゅうこくのけいざいし)では、主に17世紀にヨーロッパ人が現在のアメリカ合衆国となった地域に入ってきてからの経済の歴史を概説する。1776年、イギリスの13植民地が合同してアメリカ合衆国となった。19世紀の間に、アメリカ合衆国の経済は外資へ依存しながら工業化された。第一次世界大戦後にアメリカは世界経済の債権国へ伸し上がった。資源国としても世界中から移民を惹きつけて、技術と産業を国際的に発展させた。20世紀後半には、成長しつづける アメリカの経済成長率の推移 . その意味では、アメリカは、安定的な経済成長を遂げていると言えました(日本は、1.7%(2017年度))。 さらに、当時の景気過熱防止策として行われていたFRBの段階的な利上げからも、アメリカは好景気と捉えることができました。 ]、この経常赤字の持続可能性が問題視されている。, 戦後、ブレトンウッズ体制の下で毎年数十億ドルの貿易黒字が計上されていた。1970年代前半、赤字になる年が出始めたアメリカの貿易収支は、70年代後半になると毎年赤字になり次第に額が膨張していった。1987年には1606億ドルもの経常赤字を計上し、諸外国からインフレを輸出しているとして批判の的となった。その後、国内の不景気と日本の内需拡大からアメリカの経常赤字も減少し1991年には37億ドルの経常黒字となる。しかし、長期好況と世界的な内需不足から再び経常赤字は拡大。ITバブル崩壊後も堅調な個人消費と歳出拡大から経常赤字は拡大する一途である。, 経常収支は、国民経済における貯蓄・投資バランスを意味する。消費・投資が活発で経常赤字のアメリカは、貯蓄不足投資過剰により経常赤字となっている。これは資本輸入国であることを意味し、典型的な途上国の経済成長パターンと合致する。つまり、アメリカの経済成長パターンは発展途上国のそれと競合することになるため、幾度か途上国の危機を招く一因となった。, 自前の貯蓄で長く資本蓄積を続けてきたアメリカ経済であるが、1980年代から次第に状況が変化していった。このころ、インフレーションの沈静化に伴い金融緩和が行なわれた。1970年代におけるインフレーションと高金利で低迷していた株式市場は割安感から一気に上昇を始めた。このため、家計は貯蓄形成を有価証券などの資産に依存するようになった。1980年代の株高はブラックマンデーにより一段落するが、グリーンスパン率いるFRBの金融政策により大きな衝撃となることは回避された。その後、1994年頃から再び株式市場の騰勢が強まり、1995年以降アメリカの家計貯蓄率は著しく低下した。2000年のITバブル崩壊により株式市場は多くの資産を失ったが、変わって住宅市場が伸張し、家計の資産に依存した貯蓄形成が続いた。これらの資産市場の活況はたびたび訪れた不況のたびにFRBが金融政策を動員し資産市場経由の景気回復を実現してきたことが原因である。この資産経済化がアメリカの貯蓄不足と翻っては国際不均衡の根本要因となっている。, 1960年代末から、アメリカの積極財政は赤字傾向を強めていった。1970年代には、スタグフレーションに対して拡張財政を用いたために高インフレを招いた。1980年代、レーガノミックスによって減税と軍拡が行なわれた結果、財政赤字は膨張し経常赤字と併せて双子の赤字と呼ばれた。1992年をピークに財政赤字は縮小し始め、1998年にはついに黒字化を達成した。これは、民間投資を刺激し税制を改革した結果である。しかし、ITバブル崩壊により2002年からは再び財政が赤字化し双子の赤字への懸念が再燃している。, 金融政策と財政政策をミックスしたアメリカの経済政策は常々完全雇用を標榜してきた。これは、大恐慌時に25%の失業率と社会不安を経験し、その打開に苦心したからである。完全雇用は、民主主義国のアメリカにおいては重要な課題である。このため、国内均衡(労働市場の均衡)と国際均衡(貿易の均衡)は天秤にかけられるたびに、国内均衡が選択される結果となってきたが、完全雇用を志向するあまり1960年代末にはインフレーションに火をつけ、それが数々の経済政策の迷走となり現在の諸問題のいくつかの要因になっている。, National Income and Product Accounts Gross Domestic Product: Second Quarter 2014 (Advance Estimate) Annual Revision: 1999 through First Quarter 2014, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アメリカ合衆国の経済&oldid=79926367, 第一次産業 (58万人 0.45%)、第二次産業 (2130万人 16.23%)、第三次産業 (1億939万人 83.33%)(2004年). アメリカの経済成長率の推移をグラフ及び時系列表にて掲載しています。 GDPが前年比でどの程度成長したかを表す。 経済成長率 = (当年のGDP - 前年のGDP) ÷ 前年のGDP × 100 0000001787 00000 n 0000001453 00000 n 0000001655 00000 n xref Registration on or use of this site constitutes acceptance of our. ��f�-��:���. 換算 %PDF-1.6 %���� 0000000016 00000 n 0000404590 00000 n trailer <<1574C0C49D428C49999F6D38075C1DA3>]>> 0000002172 00000 n 0000459254 00000 n 0000001315 00000 n 0000002297 00000 n 主要な産業は、そのほとんどがサービス業に分類される。先端科学や新技術を背景にした製造業、企業化され規模の経済を利点に持つ農業にも強みを持つ。豊富な資源を国内に持つが、消費量が多いため、原油などの輸入国である。, 移民受け入れなどを背景に、先進国の中では人口増加率が高く、住宅建設などの内需が強い。一方、所得や資産の格差は次第に拡大している。, アメリカ経済は世界最大の市場でもあるため、世界中の国がアメリカへ向けて輸出をしている。原油などの資源をはじめ、自動車、衣類、電子機器などの工業製品を大量に輸入している。一方で、穀物などの食料、情報機器、ソフトウエア、映画、物流・金融サービスなどを輸出している。, 貿易収支の赤字は、サービス収支の黒字を大きく上回り、利子や配当の支払いも加えた経常収支は大きな赤字となっている。アメリカの経常収支赤字は、裏返しでアジア諸国や欧州諸国の経常黒字となっており、それらの国々からアメリカへ資本が還流しているため、資本収支は黒字である。, 1970年代末から長く経常赤字の状態を継続したため1986年に純債務国となった。現在[いつ? はじめてでも使いやすい商品が多く、楽天ポイントをゲットできるサービスも。 現在ライターとして、パーソナルファイナンスに関する情報の発信を手がけています。 0000001531 00000 n アメリカ合衆国の経済(アメリカがっしゅうこくのけいざい、英: Economy of the United States)では、アメリカ合衆国の国民経済について述べる。, アメリカ経済は、名目GDP換算で世界最大、購買力平価GDP換算で世界第2位の国民経済で、その動向は国際経済に大きな影響を及ぼしている。現在のアメリカ経済は、活発な資本投下、低いインフレ率と堅調な金融市場を背景に経済成長を続けている。 0000000750 00000 n 0000459502 00000 n 0000002208 00000 n 0000459899 00000 n アメリカの経済成長率の推移をグラフ及び時系列表にて掲載しています。 gdpが前年比でどの程度成長したかを表す。 経済成長率 = (当年のgdp - 前年のgdp) ÷ 前年のgdp × 100; 経済成長率の推移; アメリカの経済成長率の推移. 0000405140 00000 n