アメリカ合衆国国旗である星条旗に観られる13本のストライプは、このオリジナル13州を象徴している。 イギリス領北米植民地の三類型 王領植民地 13植民地(じゅうさんしょくみんち、英: Thirteen Colonies )とは、イギリス第一次植民地帝国の北米植民地をさす。 1776年の独立宣言、その後のアメリカ独立戦争を経て13植民地はアメリカ合衆国として独立した(建国時の13州は独立十三州とも呼ばれる)。 紅白13本のストライプは独立当初の13州(thirteen colonies) を表し青地に白の星はアメリカの50州を表します。 ということで当初の13州から独立州が増える度に国旗は変更され続けているというわけですね。 アメリカ合衆国の国旗事情. マレーシアで生活をしていると、毎日の様にたくさんの国旗や国旗柄を目にします。しかしそれと同時に、国旗ではない旗も頻繁に見かけるのでそれが何か気になり調べてみました。, そもそもマレーシアの国旗ってどんなのだっけ?という方もたくさんいるでしょう。今回はそんな方のためにマレーシアの国旗と13の州旗について色々と調べたものをまとめてみました。, マレーシアの国旗の正式名称はJalur Gemilangで、マレーシア語で栄光の縞模様という意味が込められています。, 1997年8月31日のマレーシア独立40周年の記念日に当時のマハティール首相によって名付けられ、同じ頃に国旗と同一名称の国旗を讃える曲も作られているそうです。, 赤・白・青の3色は、かつてのイギリス支配の歴史から、ユニオンジャックに由来されていると言われています。独立したのは1963年9月16日。シンガポール、北ボルネオ、イギリス領サラワクがマラヤ連邦へ合邦し、マレーシア連邦が成立したのに伴い今の国旗に近いデザインになったと言われています。, 赤・白はタイ・シンガポール・インドネシアの国旗など東南アジア諸国に大変馴染みの深い色でもあります。, 青は、多民族国家団結の意味も含まれています。マレーシアにはマレー系の他、中華系、インド系、その他にも多くの少数民族が暮らしています。, 赤と白の14本のストライプは、独立時の13の州とクアラルンプールを含む連邦直轄地域を意味しています。, 元々は14の州を表していましたが、1965年にシンガポールが独立し13州となった後もデザインは変わらず、1974年にクアラルンプールが連邦直轄地域に制定されてからこのような意味合いになりました。, 月と星はイスラム教を象徴する意味があり、他にもリビア・トルコ・パキスタンなどイスラム教国の国旗にはよく使われています。また、星の光もストライプと同じく14本あります。, ついでにはなりますが…「マレーシアの国旗」と調べると、アメリカの国旗に似ているというのを時々目にしますが、特にアメリカ国旗との関係は無いようです。このように意味がわかると違いがわかりますね。, 国旗と同様に頻繁に目にすることができ市民に愛されている存在です。もちろん、州旗にもそれぞれの意味が込められています。, 中央にデザインされている樹はビンロウというヤシ科の一種で、ペナン島の名前の由来になった植物です。青は海、黄色は繁栄を表しています。, 旗の約4分の3を占めるネイビーブルーは、宇宙または州政府を表しています。赤は州を守る戦士を表し、イスラム世界を象徴する月と星がデザインされています。, こちらにもイスラムの象徴の月と星が描かれています。  赤は勇気を象徴しています。黄はセランゴールのスルタンの王族を表しています。, 中央にある州に由来して、赤地に白い勲章が中央にデザインされています。勲章は月と星、二つの槍、鞘のないクリス(マレーシア地方の短剣)で構成されています。赤は誠実さを表し、白い紋章は尊厳をあらわしています。, 黄色は、法、統一、多様性の安定性を維持することの重要性を示しています。赤は勇気を表し、黒はサラワクが所有する豊富な天然資源の象徴です。, 黄色はペルリスの王を表し、青色は人々を表します。黄色の帯が青色の帯の上にあり、王とペルリスの人々の間で築かれた密な関係を表しています。, 黒地を囲む白い境界線はスルタンの義務を表しています。星と月はイスラム教を示しています。, 濃い水色は平和と静けさを表します。 薄水色は団結と繁栄を表します。 濃い青は強さ​​と調和を表しています。 白は正義、 赤は勇気と決意を表しているそうです。, 黄はスルタンの権威を、盾は強さと権威を意味します。左上のリースは特産物の米を表しているそうです。三日月はイスラムを意味します。, 赤、白、青、黄、とマレーシア国旗と同じ色を使うことによりマレーシアの州の一つであることを表しています。イスラム国家の象徴である月と星を取り入れています。, 黒は人々を、白はパハンのスルタンを表します。黒の上に白があることにより、パハンが王室の主権国家であり、スルタン権利を表します。, いかがでしたでしょうか?親日国家でもあるマレーシア。国旗や州旗を知ることによって、少しでもマレーシアについて知っていただけたら嬉しいです。, マレーシアではあちらこちらで国旗だけではなくその州旗も見ることができるので、訪れた場所で色々な州旗を探してみてくださいね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 秘密の撮影スポット@ジョホール|ロブスターレストラン&デサルビーチも周る休日プラン. アメリカ国旗の意味. アメリカ合衆国(米国)の国旗/国旗の意味・由来-50の星は現在の州の数、13の赤白の条(すじ)は独立時の州の数を表わす。星と条でできているので星条旗(せいじょうき)ともいう。初代大統領ワシントンは「星は天を、赤は母国なるイギリスを、赤地を横切る白い条は母国イギリスからの独立を表す」といっている。 独立宣言や合衆国憲法と同じように、その国旗は13州にとって新たな始まりを象徴していた からです。 それから250年、星の数と配置は州が増える度に変更されましたが、アメリカ合衆国の国民にとって国旗が意味することである「 勇気、武勇、忍耐、正義、無垢、純潔、そして勇敢さ 」は変わっていません。 この13という数字、不吉なイメージですがアメリカという国旗を通してみれば重要な数字なのです。 これは アメリカが独立した当時の州の数を表しています 。 マレーシアで生活をしていると、毎日の様にたくさんの国旗や国旗柄を目にします。しかしそれと同時に、国旗ではない旗も頻繁に見かけるのでそれが何か気になり調べてみました。マレーシアの国旗と13の州旗について色々と調べたものをまとめてみました。 13本の赤と白の縞(横線)は独立宣言した独立当初の13州を示します。 ※アメリカ国旗は星条旗とも呼ばれる。 初代大統領ワシントンは「星は天を、赤は母国なるイギリスを、白条は母国イギリスからの独立を表す」と言っている。 アメリカ国旗の星の数は、独立当初は、最初に独立を宣言した東部13州の数に由来しており、13個のみだったそうです。 その後、アメリカ合衆国で独立する州が増えるに連れて、星の数は徐々に増えていき … アメリカは1776年に独立宣言をしてアメリカ合衆国になりますが、それ以前はイギリスの植民地でした。 スペイン、オランダ、フランス、イギリスが海外に植民地を拡大していた15世紀以降、アメリカ大陸にはイギリスとフランスが積極的に進出していました。 1620年にはイギリスからメイフラワー号に乗った120名がアメリカに上陸し政治社会を形成しました。 その後イギリスからどんどん移民がやってきて、町ができ、それが13に増えました。 これが13州です。 星の数:0個 期間:1775年12月3日~1777年6月14日; 星の数:13個 独立時の13州 期間:1777年6月14日~1795年5月1日 独立当初、州の数は13でしたので、星とストライプの数は13でした。 独立宣言をした翌年に制定された国旗 それから18年後の1795年5月に、ケンタッキー州とバーモント州が加わり、州の数は15になりまし … アメリカが独立したときは13州でした。 当時のアメリカの州の数は13州、では現在はどうなの?というと、今度は星の数に着目しましょう。 アメリカの国旗の星の意味. 赤と白の14本のストライプは、独立時の13の州とクアラルンプールを含む連邦直轄地域を意味しています。 元々は14の州を表していましたが、1965年にシンガポールが独立し13州となった後もデザインは変わらず、1974年にクアラルンプールが連邦直轄地域に制定されてからこのような意味合いになりました。