今週の日曜東京の重賞は、古馬の長距離重賞「g2アルゼンチン共和国杯(芝2500m)」このレースには穴馬の選定に分かりやすいパターンが存在致しまする。ここでは惜しげもなく(ゲサ)そのパターンと該当我を明かして参りまする。 過去... こんばんは。田宮歩です。今回はダービー卿チャレンジトロフィーのデータ分析・予想をおこないます!. 先ほど書いた通り、東京芝2500mで行われる1戦。 非根幹距離に該当 し、2400mなどと比べると血統の傾向も変わってくる舞台ですね。. 読売マイラーズカップ2019の こんばんは、火下遊です。本日はアルゼンチン共和国杯の血統予想を行います。今週はG1は休みですが、今後のG1に繋がる重賞が4つということで、忙しい週となりました。その中でもこのレースはJC、有馬記念に向けてのステップレース。暮れの穴馬探しにも 圧倒的な的中率の高さがおすすめポイント。 他所の競馬予想サイトもある程度穴馬の情報を手に入れる事が出来たとしても、それを馬券的中まで結びつける事が殆ど出来ていない中、ターフビジョンは確かな情報の元、的確に穴馬をチョイスし「馬券的中」へと結びつける事で長年ユーザーから信頼され続けている優れたサイトです。 さらに今登録すると3,000円分プレゼントしている点も嬉しいですよね。 また、毎週自信のある勝負レースの3連複を無料で提供してくれるのでまずはこの勝負レースの3連複を無料でお試しされる事をおすすめします。 意味が無いですし、例え情報が有料だったとしても 自信の勝負レースを無料で提供しているという事!, 当然無料情報よりは有料情報の方が精度が高い訳ではありますが 【おすすめ度】★★★★★★★★★★ 「しっかりと儲かる情報を提供してくれる」 ③コンサルタントによる万馬券獲得1on1サポート! 今回は新潟記念2019のデータ最終予想を行います。 見る事が出来るサイトなので、是非みてくださいね!, 【殿堂】ヒットザマーク 10月25日 京都 8R なでしこ賞 399,400円 【URL】http://tr-vision.net/, 【おすすめポイント】 【おすすめ度】★★★★★★ おすすめサイトを 今年のアルゼンチン共和国杯2020は、例年並みのメンバー構成になるでしょうか。実績的には、ユーキャンスマイルの一強ですが、その他は何が来てもおかしくないメンバーだと思います。ハンデ戦ですし、穴馬の激走も十分にありそうです。 この4サイトの無料情報は、とても無料とは思えない程の精度の高さで 口コミでも話題騒然の超優良サイトなんです。. 10月18日 東京 5R メイクデビュー東京 370,450円 10月25日 東京 3R メイクデビュー東京 423,160円 有馬記念・・・レイデオロ負けましたね。買ったのは3歳馬ブラストワンピースですが、有馬記念終わった後に、そ... [京王杯2歳ステークス2020]データ予想!今回も手堅く3点勝負!今回牝馬の出走が多いので牡馬上位独占は難しいかも, [エリザベス女王杯2020]予想オッズ・出走予定馬とデータ予想!3、4歳馬から1頭は選ばないと当たらないはず!, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). 『競馬大陸』は58週連続的中している利益に特化した無料情報を毎週公開中。ナイチンゲールの統計学×メンデルの生物学を取りいれて、的中、利益を追求しています。その代わり、「競馬の楽しみや予想の喜び」などは一切皆無です(笑)的中のみが欲しい方は是非登録してみてください!競馬の楽しみが減るということで、「第3位」に認定します。, 今回ご紹介したサイトが凄いところはいずれのサイトも マイラーズカップが京都に変わり毎年の 第58回 アルゼンチン共和国杯(GⅡ)は、府中で行われる中距離重賞のハンデ戦です。ここを勝って有馬記念に駒を進める馬もいます。過去5年の1~3着馬の父系・母系の血統を点数化して予想。母の成績と近親、兄姉の成績も表示しています。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 10月11日 東京 9R 六社ステークス 548,670円 種牡馬・騎手相性・馬場相性など色々なデータからその時の本命馬を探すデータ派。 年に2回しか施行が無い条件(目黒記念・アルゼンチン共和国杯)ですが実は2400mから100m伸びるだけで少々傾向が異なることでも有名な距離でもあります。, 東京2500mは2400mより100m後ろにスタートが下がることから一周する中で2回の坂登りが待っていることでも有名なコース。この100mの違いがレースに東京2400m特有の切れ味勝負を削ぐ原因があるのではないかと言われてもいる。, そして春の春の目黒記念と違い秋のアルゼンチン共和国杯は芝の状態も生育の良い状態に比べると荒さが見えることからスパッと切れ味を炸裂させる馬があまり活躍しない傾向がある。, ステイゴールド産駒の活躍が目立つ条件なのでその後継を含めてマークするのがまずは条件として挙がる。, 続いてその数は少なくなっているがジャングルポケット産駒もかつては好走馬が多かった。昨年1着、一昨年2着のムイトオブリガードは父こそルーラシップだが血統を辿るとジャングルポケットと同じトニービンにぶつかる。, 東京の2500mで血統から馬を探すならステイゴールド系列orトニービーン持ちの2択が良いかもしれない。, もしこの予想を読んで的中した!大きな何かがあった際にはぜひお願いします。 こんばんは。田宮歩です。今回はホープフルステークス2018のデータ予想を行います! 【URL】https://www.kb-tairiku.net/, 【おすすめポイント】 【URL】http://www.baz-horse.com/, 【おすすめポイント】 ホープフルステークス2018〜データ予想〜 天皇賞秋3連単など完全的中!今週はjbc2020とアルゼンチン共和国杯2020とみやこs2020と京王杯2歳s2020、ファンタジーs2020の予想をします。過去傾向や血統データなど、競馬予想に役立つ情報を無料で毎日提供しています。 今週はG1も中休みということで、 どうも皆さん、おはこんばんにちはー。田宮歩です。 たった100mですが、その結果予想が難しくなるんです。 【おすすめ度】★★★★★★★★ アルゼンチン共和国杯予想の特徴や追い切り診断をまとめてみました。 どんなレースか一言でいっても、とりあえず過去配当や予想オッズを見ても荒れる激走傾向があるこの本レースですので歴代優勝馬や指数を見ながら三連単で高額な払い戻しを狙っていきたいと思います。 図々しいかもしれませんがサポート大歓迎お待ちしております。, 重賞・平場・中央・地方関係なく色々な予想を出してます。 アルゼンチン共和国杯2020予想【出走予定馬分析】完全に適性外の前走を度外視すれば通用するだけの潜在能力と高いステイヤーとしての素質を武器に混戦模様のハンデ戦をまとめて差し切るのはアノ馬!?, 高速馬場の2000mで行われる天皇賞・秋では距離不足でスピード負けする可能性が高く、ジャパンカップや有馬記念に向けて賞金加算をしておきたい実績馬が出走する事で出走頭数の減少とは裏腹にメンバーレベルの向上が著しい近年のアルゼンチン共和国杯ですが、特に注目してもらいたい傾向となるのが『勝ち馬による翌年以降の活躍』です。同レースで重賞初制覇を飾ると同時に次走有馬記念も勝利した15年1人気1着ゴールドアクターや、古くは同じく同レースで重賞初制覇を上げて次走のジャパンカップではM.デムーロ騎手を背にディープスカイ、ウオッカ、メイショウサムソンといった並みいるG1馬を相手に大金星を挙げた08年3人気1着スクリーンヒーローのような例もありますが、16年2人気1着シュヴァルグランが翌年のジャパンカップで当時の最強馬キタサンブラック相手にG1初制覇を上げたのを筆頭に、17年1人気1着スワーヴリチャードも翌年の大阪杯をひとマクリの豪快な競馬で勝利しただけでなく5歳のジャパンカップでもマーフィー騎手を背に勝利を飾り、18年3人気1着パフォーマプロミスは昨年の天皇賞・春で前2頭には離されたものの3着に好走すると、明け8歳を迎えて1年以上の長期休養明けとなった今年の鳴尾記念で勝利したのは記憶に新しいところではないでしょうか。現時点で昨年の勝ち馬ムイトオブリガードこそその後は目立った成績を残せていないものの、もし今秋や来年以降のG1に出てくるようであれば穴候補として注目しておくと同時に、今年のアルゼンチン共和国杯を勝利した馬に関しても長い目で注目しておくと何処かで思わぬ高配当をもたらしてくれるかもしれませんね。加えて、近年は2分30秒前後の高速決着が続いているように消耗戦を乗り切るスタミナだけでなく時計の速い決着にも追走負けしないスピードも求められる総合能力が問われる舞台となっているのも上記傾向を裏付けているのは間違いなさそうで、高速馬場を得意とする血統背景や過去に速い持ちタイムのある馬に関しても高評価すべき存在となってくるかもしれませんね。, 3歳春までは中距離戦を中心に勝ち切れない競馬が目立った同馬ですが、菊花賞を10人気ながら3着と好走して長距離適性の高さを証明するとその後は精神面の成長もあって成績が安定し、昨年夏の新潟記念では久々の中距離戦にも戸惑う事なく1.57.5の好タイムで完勝して古馬となっての地力強化を印象付けました。秋のG1では惜敗に終わったものの、今年初戦の阪神大賞典では過去最高体重ながら馬群を割って差し切る強い競馬で勝利して最高の滑り出しとなりましたが、本番の天皇賞・春では主戦である岩田騎手の負傷による乗り替わりの影響もあってか直線内を突きながら伸びを欠いての4着と不完全燃焼の内容となってしまいました。最近はあまり見せていないものの右回りコースだと直線で内に刺さってしまう悪癖を見る限り、今回【3・0・0・2】と好成績を残す得意の左回りコースに戻るのは好材料で、道中の追走で脚を使わされる心配の少ない2500m戦も長距離適性の高さを考えれば大きな追い風となるのは間違いなさそうです。3歳夏の本格化以降G1も含めて一度も掲示板を外していない抜群の安定感からも今回の相手関係であれば能力・実績共に最上位の存在であるのは確実な一方で、【目標が次走以降にある余裕残しの仕上げ】に加えて重いハンデを課される可能性が高いのはやや気になるポイントだけに、当日の馬体重やパドックの気配も含めての判断が必要になりそうですね。, デビューから2連勝を飾って挑んだG1ホープフルステークスではスタート直後に前が塞がれる不利もあって5着惜敗に終わりましたが、休み明け初戦となった弥生賞ディープインパクト記念では強気に勝ちに行く競馬で最後は脚が上がったものの3着に残して地力の高さを証明しました。その後は体調面の問題もあって優先出走権を獲得していた皐月賞を見送って青葉賞へと出走すると、道中は終始中団馬群のインでロスなく運んで直線上手く馬群を捌いて外に持ち出され、鞍上の激しいアクションに応えて一追い毎に前との差を詰めるとゴール前粘り込みを図るヴァルコスをキッチリ捉える強い内容でヒューイットソン騎手共々重賞初制覇を飾りました。重馬場の2走前こそ早めに動く形で伸びを欠いたものの、良馬場であればコース形態や道中のペース不問で確実にメンバー中上位の上がりが使える安定した末脚が最大の武器で、エンジンが掛かるまでに時間を要するものの一旦加速すれば非常に長くいい脚が使える持続力も直線の長い東京コースで生きるのは間違いなさそうです。成長力が大きな魅力の3歳馬だけに夏を越えての肉体面・精神面の上積みも十分期待できる反面、クラシック本番を共に体調面の不安で回避することになった体質の弱さを克服している事が好走への絶対条件となるのも確実だけに、次走以降の路線を見据えても古馬との初対戦となるここは試金石の一戦となりそうですね。, 初勝利までに4戦を要したものの、格上挑戦となったきさらぎ賞で5着に好走すると8番人気と低評価の弥生賞では折からの雨でかなりタフな馬場状態に先行各馬や内を突いた馬が伸びを欠く展開の中で外々から長くいい脚を使って差し切り重賞初制覇を飾りました。その後はクラシック本番も含めてややスランプ気味の成績が続きましたが、ステイヤーズステークス4着で復調気配を見せると同時にダイヤモンドステークス2着→阪神大賞典3着の連続好走で長距離適性の高さを証明すると、前走の宝塚記念では馬場状態や前崩れの展開が向いたのも事実ですが後方からしぶとく脚を使って5着に好走して改めての地力強化を証明する形となりました。これまでのレース内容を見る限り瞬発力勝負だと切れ負けするため分が悪い面があるものの、直線で上がりの掛かる消耗戦であれば自慢の息の長い末脚で確実に伸びてくるだけに直線の坂を二度越える2500mのスタミナ勝負はこれ以上ない条件と言えそうで、連続開催で徐々に時計の掛かる馬場状態へと変わり始めているのも道悪を得意としている同馬にとって大きな追い風となるのは間違いなさそうです。基本的に叩き良化型だけに休み明け初戦となる今回動き切れる状態にあるかは気になるポイントですが、先行馬が揃って道中淀みなく流れる展開であれば地力の高さからマークしておくべき1頭になりそうですね。, 初勝利こそデビュー2戦目と早かったものの、その後は体質面の問題や競走中にの影響による長期休養もあって1勝クラスでの勝ち切れない競馬が続いてしまいましたが、荻野極騎手と初コンビを組んだ栄特別を勝利して以降は安定した末脚を武器にとんとん拍子に条件を卒業すると、重賞初挑戦となった新潟記念でも勝ったブラヴァスと並ぶように直線で外から長くいい脚を使って3着と好走して重賞でも通用する能力を証明しました。前走の毎日王冠では11頭立ての少頭数もあってこれまでより前目の位置でのレースとなりましたが、終始前にサリオスを見る競馬から直線一旦は離されながらゴール前は再び盛り返すように伸びての3着と地力強化を証明する走りを見せました。3走前のジューンステークスで不良馬場の2400mをこなしている事実を見る限り初となる2500mの距離はスタミナ的にも全く問題なさそうで、左回りコースも【3・1・2・0】と馬券圏内を外していない抜群の好走率から舞台設定に対する上積みの大きさは他馬以上に大きいモノがあるのは間違いないと思います。今回騎乗予定の荻野極騎手とも複勝率100%と相性抜群なのも高評価すべきポイントと言えそうで、重賞未勝利ながらそれなりにハンデを課されそうな点はやや気掛かりではあるものの、まだ底を見せてない長距離適性と近走の勢いも含めてここでアッサリ勝利しても全く不思議ない1頭だと思います。, 前走のオクトーバーステークスでは春の実績を考えれば3人気12着と負けすぎの印象を受けましたが、東京2000mで最も不利とされる大外枠に加えて先行した馬と直線で内を突いた馬が上位を独占する完全な前残りの展開、さらに本格化以降は2400m以上での好走が目立っていたように本質的にはステイヤーであることを考えると距離不足だったのも敗因の一つとして考えられると思います。それだけに、今回純粋に2500mに距離延長となるだけでなくスタート直後に坂を越える事で距離以上にタフなスタミナが問われるコース形態に替わるのは間違いなくプラスに働く可能性が高そうで、瞬間的に加速するよりは段階的な加速から非常に長くいい脚を使えるタイプだけにこれまで結果は出ていないものの本格化した感のある今の状態なら直線の長い東京コースも好走を後押しするのは確実だと思います。脚質的にどうしても先行勢のペースに左右されやすい面があり重賞だとあと一歩届かないレースが多くなる面は否めないものの、前走を叩かれた上積みに加えてデビュー3戦で手綱を取ったしっかり追えるタイプのM.デムーロ騎手への鞍上強化も魅力十分の今回はハマれば十分勝ち負け可能と信じて強気の本命評価にしたいと思います。.