家族構成 妻、長男 東京在住  「南米」と聞くと、あまり治安が良くないんではないか、と思われる方多いですよね。たしかに日本と比べると治安は良くありませんが、南米に限らず、ヨーロッパやアメリカだって治安は日本に劣ります。, それに自分で気を付けて、普通に暮らしていれば、トラブルや被害に遭うことはまずありません。, そこで今日はアルゼンチンの治安とよくある犯罪手口、その対策をご紹介します。「こんなこともあり得るんだな」と頭の片隅に置いていただけたら幸いです。, アルゼンチンのブエノスアイレス市内は、観光地周辺や観光地区なら夜に出歩くことが普通にできます。出歩くことができますが、一人で歩くことはなるべく避けた方がいいですよ!(女性一人はやめてください。), 日本の夜に特に注意するのは痴漢や変質者ですが、アルゼンチンはスリや強盗が多い国です。, 昼間も同様、比較的安全な地区とそうでない地区があるので、事前に自分が行く地区の治安を知っておくことが重要です。, 観光区域は警察の警備がキッチリしていますが、通りを一本外れるだけでも怪しい雰囲気が漂います。ボカの本当の街並みを見たい方は、絶対にアルゼンチン人の男性に付き添いをお願いしてください。, その他「フローレス・フローレスタ・マタデロ・オンセ・レティーロ」等もあまり治安は良くありません。留学などで滞在するならこの地区は避けた方がベターです。, また、サッカーを観戦しない限りは試合当日のサッカースタジアムには近づかない方がいいです。どのチームもですが、万が一チームが負けたらサポーターが暴動を起こして、警察と大騒ぎになります。, 日本のサポーターとは暴れっぷりが違います。トラブルはなるべく避けるようにしましょう。, バイクを使ったひったくりが多いブエノスアイレス。一般的にこの犯罪は「モト・チョロ」(バイク泥棒)と呼ばれています。, 銀行や高級街、観光地によく出没し、狙いを定めたら何キロ先にだって執拗に付け回して機会を待ち、バイクで一気にバッグをひったくって逃走していきます。狙われるのは特に女性や外国人です。, アルゼンチンのスリは、一人よりもグループで計画的に行われることが多く、スられてもしばらく気づかない程巧妙です。いわゆる「ケチャップスリ」がとても多いんです。, 例えば、仲間の一人が物を落として拾わせ、やり取りをしている間に別の仲間が財布をスる、みたいなケースが多いんです。, 優しそうなお年寄りや子連れのお母さんでもそのグループの一員だったりするので驚きです。, 親切心を利用した手口なので、「困っている人を放置しろ」とは言いませんが、人助けをして自分が犯罪の被害者にならない様に気を付けましょう!, ブエノスアイレス市内は比較的安全ですが、数か所「ビシャ」と呼ばれるスラム街があります。有名なのはレティーロ駅すぐ隣のビシャで、国際郵便の税関や入国管理局のすぐ隣にあります。, 外装の塗装がされていないレンガが剥き出しの建物が多いので、見ただけですぐに分かるとは思いますが、何があっても入らないでください。日本では絶対にありえませんが、スラム街の中は無法地帯です。, トラブルがあっても警察は介入してくれません。被害届を出しても「そこにいる方が悪い」と取り扱ってももらえません。, マフィアや麻薬組織の隠れ蓑としても使われていますし、スラム街ではドラッグの売り買いや違法銃なども取引されています。一般家庭もありますが、泥棒や犯罪者、ドラッグ中毒者もたくさん住んでいます。, 決して興味本位で近づかないこと、観光気分で足を踏み入れるなんてとんでもないことです。地元の屈強な男性でも入らない地域なので、絶っっ対に近づかないでくださいね。, 中国や韓国の方も多いブエノスアイレスですが、日本人はすぐに分かります。カメラやケータイなどの持ち物や服装、女性だと化粧の仕方やアクセサリーで一目瞭然です。, 普通の商店やタクシーでも、料金を加算して請求されることがあります。特に多いのは、本当はペソの料金なのにドルで請求してくることです。, 例えばタクシーに乗車して70ペソ請求するところを70ドル請求されるんです。私たち日本人からしてみればタクシーで7,000円強払うことは許容範囲内ですが、アルゼンチンではありえません!, 70ペソは日本円に換算すると500円くらいです。70ドルは7,700円ですよ!!(1ドル=110円=15ペソで計算), レストランやショッピングでもこの手口を使うお店もあるので、要注意です。ドルで請求してきたら、まず疑いましょう!, ショッピング街のフロリダ通りや、街中で見かける両替屋さん。2015年までは一般人のドルの取引が制限されていたためにたくさんあります。, 両替をこのような違法のお店でして、万一偽札を掴まされたり、低すぎるレートで換金されたことを後で気づいて警察に届けを出しても取り扱ってもらえません。, 「違法な換金所に行ったあなたが悪い」と言われておしまいなので、事前に日本で換金をする、もしくは信頼のできる現地の人に付き添ってもらう、等してください。, 今はドルがフリーになったので、一部の銀行で換金が可能になりましたが、まだ両替を取り扱ってくれる銀行が少ないのが現状です。, クレジットカードや、日本の銀行の国際キャッシュカードサービス(VISA plus等)を利用することをオススメします。, 私はこれを徹底して4年間被害に遭ったことは一度もありません(……気づいてないだけ?)。被害ではなく、犯罪の場面に出くわしたことは数回あります。, 一度目の前でスられている人に出くわし、正義感を出してしまった私は、小さい子供を抱っこしたまま被害に遭いそうな女性の腕を掴んで猛ダッシュしたことがあります。, 家に帰って自慢気にこの話をパートナーにすると、「手助けをして逆上した犯人に何をされるかわからないのに、無謀なことをするな!!」と、本気で怒られました。, アルゼンチンなど治安の心配な地域で滞在する場合には、海外旅行保険に加入し万が一の事故やトラブルに備えることが大切です。損保ジャパンや東京海上日動などの海外旅行保険に1週間加入するとなると、約7,000円〜10,000円前後の費用が必要になります。, しかし、そんな費用を抑えたい人も多いはず。そんな時に便利に使えるのがクレジットカードです。クレジットカードには海外旅行障害保険が付帯しているものがあり、節約しながら万が一に備えることができます。, 内容に関しては損保ジャパンや東京海上日動には劣りますが、約7,000円〜10,000円前後の保険料の節約ができるのはお得です。海外旅行障害保険が付帯しているクレジットカードには「楽天カード」や「三井住友VISAカード」などがあり、航空券代をクレジットカードで決済するだけで海外旅行障害保険が適用されます。, 詳しくは「【楽天カード編】海外で便利にクレジットカードを使いこなそう!」にて解説しているので、あわせてご参照ください。, そのほか、日本から持っていくと便利なものは「もう用意した?海外へ行く準備を便利にするおすすめ小物9選」にて紹介しています。, この記事を見て怖くなったとおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。でも本当のことを書かないとこの記事を読んでくださった方のためにならないと思い、少し辛口に書きました。, こういう事例があるんだな、と心に留めているのといないのとでは、全く違うと思います。それに普通に暮らしていれば、トラブルや被害に遭うことはまずありません!, 被害に遭いそうな人を見つけたら、近くにいる人に声をかけて団体で対応しましょう。決して私のように無謀なことをしないでくださいね!, ※当サイトのテキスト、画像、データ、その他コンテンツの無断転載・無断使用を固く禁じます。, 元K-1ラウンドガールの異色の経歴を持つ、ノリと勢いを何よりも大切にする自由人。 関西出身、ブエノスアイレス市内在住。. © 2020 気ままな青蛙 All rights reserved. 意外かもしれませんが、アルゼンチンの治安はとてもよいです。 海外事情に詳しい人は皆口をそろえてこのように表現します。 海外旅行に便利な世界治安ランキング一覧です!外務省の危険度をまとめたもので治安が良い安全な国と治安が悪い危険な国が一覧で分かります。国ごとの平和度、政府腐敗度、平均年収、ビックマック価格など、観光にも便利! こんにちは、こみあげです! 人口300万弱による大都市、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの治安について書いていきます。 率直に言ってブエノスアイレスの街は恐いです。 財政破綻からくる民衆の不安も相まってか、ここ数年は旅行者も被害に合うこと ※特にアルゼンチン ・比較的治安がマシな地区でも、安心はしないで気を抜かない。 から実際に話を聞いてきました。, 私が思う、ブエノスアイレスの治安は いつか海外移住出来るようこの数年語学勉強に励んでいます。当ブログでは語学勉強に役立つ日記を記載したいと思っております。 滞在時間が長いのに、被害数が少ない。, 南米の都市でも、ブエノスアイレスは、治安が悪いという情報や、被害報告が特に多い。 ◎警察  :911 もしくは101(地域によって異なる。首都ブエノスアイレスは両方使用可能), ・本ページは日本・アメリカ・イギリス・オーストラリアの各政府が発表しているトラベルアドバイス類を比較し、情報提供を行うことを目的としています。, ・当サイトに記載の情報は、各国政府の発表内容及び当サイトが信頼に足ると判断した各種メディア情報を踏まえて掲載しています。, ・当サイトでは、本ページ記載の情報を基に行った皆様の判断によって引き起こされる損害等の責任は負いかねます。, ・海外への渡航に際しては、日本政府外務省や所属されている組織/団体、旅行会社等の具体的な助言に従い、ご自身で安全確保に努めていただくようお願いします。, 各国政府とも、アルゼンチンへ渡航する国民への注意喚起は現時点で最小限です。単独もしくは数人の実行犯による小規模な攻撃等、テロに分類できる事件も完全に否定できるものではありませんが、大規模なテロの標的としてあえてアルゼンチンを狙う理由は見当たりません。, 一般犯罪も中南米諸国の中では発生率が低く、各国とも警戒レベルを高めてはいません。ただし、日本人にとってはめったに経験しない銃器を用いた犯罪が発生していますので、この点は要注意です。特に人気の観光地や夜間など強盗、ひったくり、スリや置き引き等の一般犯罪に十分注意し、アルゼンチンを旅行する際には「日本とは違う」という意識をもってご自身の安全を確保されることをおススメします。, 首都ブエノスアイレス及びその周辺にのみ、「レベル1:十分注意してください」が設定されています。この地域では銃器を使用した強盗や殺人、誘拐などの凶悪犯罪が発生していることが理由とされています。, (1)ボカ地区(BOCA) (2)フロリダ通り(FLORIDA) (3)サンテルモ地区(SAN TELMO) (4)モンセラート地区(MONSERRAT)及びサンニコラス地区(SAN NICOLAS) (5)レティーロ駅周辺及びサンマルティン広場 (6)首都の三大ターミナル(CONSTITUCION駅,RETIRO駅及びONCE DE SEPTIEMBRE駅) (7)レコレータ地区(RECOLETA) (8)リーベルプレート(RIVER PLATE)サッカー場周辺, それ以外の地域では強い注意喚起はなされておらず、アルゼンチンは中南米諸国の中では教育・生活水準が高く、比較的治安の良い国と評価されています。しかしながら、日本と比較するとスリや窃盗等、一般犯罪被害が多く届発生していると記載されています。特に人気の観光地では個人及び集団による窃盗に注意するよう呼びかけられています。, 特段の注意喚起はありません。 全土が「一般的な注意を払ってください:Exercise normal precaution」の対象です。, 強い注意喚起はなされていませんが、過去イギリス人旅行者らがアルゼンチン国内で遭遇したトラブルで多いのは窃盗、ひったくり、スリ、路上強盗である旨記載されています。, オーストラリア政府は4段階の色分け+白(評価なし)の5段階のレベルわけを行っています。, アルゼンチンは全土が下から二番目の「一般的な注意を払ってください:Exercise normal safety precautions」となっており、特段の注意喚起はありません。ただし、常識に従って、不審な動きをする人物や不審物があれば警戒するように呼び掛けています。, 海外進出に必ずつきまとうテロや騒擾リスクに対処するために、より確かな海外安全管理業務設計に関する情報発信と、業務設計だけではなく、実務レベルにおとしこめる組織開発・人材教育サービスを提供しています。ご興味のある方はお問い合わせ下さい。, (注:日本の携帯電話からかける場合機種にもよりますが、「0」の長押し、もしくは「*」を二回押すと「+」が入力できます), アルゼンチンに対しては、各国政府とも安全度は比較的高いと評価しています。日本政府のみ、銃器を用いた強盗や性犯罪が多発していることを背景に首都ブエノスアイレス周辺の危険情報を高く設定していますが、その他三か国はアルゼンチンに対する警戒レベルは最も低い段階となっています。, 極めて安全な日本に拠点を置く、 アルゼンチンのブエノスアイレス市内は、観光スポットが多く夜に出歩けるほど治安の良い場所です。 ただし、女性一人ではNGですけどね。 また、アルゼンチンはスリや強盗が多く、地区によって治安の良し悪しが分かれます。 南米には、日系人の多い国がたくさんありますよね。中でもブラジルやペルーには特に多い気がします。 アルゼンチンは とても治安がよろしくない国として有名 で、実際に外国から来る観光客を含め 現地のアルゼンチン人ですらひったくりや殺人に連日巻き込まれております。 特に観光でいらっしゃる方は、強盗や盗難に狙われやすいのでこの記事は必読です。 ニックネーム 青蛙 それ以外は1回~3回はスリに遭いそうになったり、物を盗まれたことがあるそうです。, 聞いた人数が少ないので、データとしては不十分ですが、この時思ったことがありました。, 日本人旅行者の方は、初日や1週間未満の滞在で強盗被害に遭ってます。 「アルゼンチンの治安は大丈夫なの?」 と聞いたら、回答は 友人「大丈夫だよ、ただスリは多いから、観光客は気をつけないとね、あとスラムには絶対行かないでね、命は保障されないよ。人気のない路地にも入っちゃだめだよ。細い路地には、スリや強盗のグループがたまにいるから、前後からはさまれて強盗にあうよ。」 安全管理の認識が十分に行き届いていない、 【海外安全】アルゼンチンに対する日本・アメリカ・イギリス・オーストラリア政府の最新のトラベルアドバイス類をまとめたページです。 当ページに記載の情報は、各国政府の発表内容及び「海外安全.jp」が信頼に足ると判断した各種メディア情報を踏まえて掲載しているものです。