任期 2006年 4月22日 – 2014年 7月24日: 副大統領 アーデル・アブドゥル=マフディー. アーディル・アブドゥルマフディー・アル=ムンタフィキー(アラビア語: عادل عبد المهدي المنتفكي, Adil Abdul-Mahdi al-Muntafiki‎、1942年1月1日 - )は、イラクの政治家。副大統領や財務・石油相、首相を歴任した 。シーア派の有力政党、イラク・イスラム革命最高評議会 (SIIC) に所属していた。 アーディル・アブドゥルマフディー・アル=ムンタフィキー(アラビア語: عادل عبد المهدي المنتفكي, Adil Abdul-Mahdi al-Muntafiki ‎、1942年 1月1日 - )は、イラクの政治家。副大統領や財務・石油相、首相を歴任し … バグダッド:イラクの国会が日曜、四面楚歌となった内閣の退陣を承認した。420人以上の死者を出した2ヶ月に及ぶ暴動を受けての退陣だった。彼らの死を悼み、国中で数千人の人々が行進した。, アーディル・アブドゥルマフディー首相は金曜、デモ参加者たちの間で死傷者数が急増したのを受け、議会に辞任を申し出たと述べた。デモ参加者は支配階級のエリートたち全員の無能や腐敗、外国勢力との癒着を非難している。, デモ運動は震源地のバグダッドやシーア派が大多数を占める南部から、ほとんどがスンニ派の北部の都市モースルまで広がっている。モースルでは数百人の学生が黒い服を身に着け、死亡した活動家たちを追悼する行進を行った。, 日曜の午後に国会が開会すると、数分も経たずにアブドゥルマフディー首相の辞任が承認された。国会は憲法に従い、首相と内閣全体を「暫定政府」とした。, 国会の議長は、現在バルハム・サリフ大統領に新しい首相の指名を依頼していると述べた。, 医療関係者によれば、国会が始まる直前にまた1人のデモ参加者が首都で射殺されたという。, 今回の抗議運動は、米国主導の侵攻でサダム・フセインが倒され、石油は豊かなのに貧困にあえぐイラクに民主制度が導入された2003年以降、同国最大の規模である。, デモ参加者たちはその怒りを隣国のイランに向けて爆発させてきた。イランはイラクにおいて巨大な影響力を振るっていると見なされており、先週はデモ参加者がイラン領事館を全焼させている。, 「アブドゥルマフディーは去るべきです。議会も、政党も、イランも同様です」と、10月初旬に始まった抗議運動の中心地であるバグダッドのタハリール(解放)広場で、ある若いデモ参加者は述べた。, その他の出来事として、イラクの裁判所が日曜、1人の警官に対しデモ参加者の殺人について有罪の判決を下した後、死刑を言い渡した。このような判決が出るのは、死者を出しながら2ヶ月にわたって続いている市民暴動で初めてのことである。, 司法関係者筋によれば、クート刑事裁判所は11月2日に南部の街で7人のデモ参加者が死亡した事件への関与に対し、この警察少佐に絞首刑の判決を下した他、別の警察中佐には7年間の拘置を言い渡したという。, モースルではデモ参加者たちが国内の他の場所の活動家たちと連帯して行進を行っていた。, 「これはジーカールとナジャフの殉教者たちに対してモースルができる最低限のことです」と、歯科の学生ザフラ・アーメドは最近の死亡事件の大部分が起こった2つの県の名前を挙げて言った。, 「デモ参加者たちは基本的な権利を求めています。政府は最初からそれに応えるべきでした」, これまでスンニ派が大多数を占める地域のほとんどは、中央政府に反抗すれば「テロリスト」またはサダム・フセイン支持者のレッテルを貼られかねないことを懸念し、抗議活動を控えていた。, モースルは3年間にわたり、イスラム国グループの超保守的な「カリフの府」の中心地だった。今でも街のほとんどが廃墟のままである。, イラクの国旗を掲げるモースルの別の学生フセイン・ケーダーは、国全体が今は政治的に同じ考えを持っており、「今こそ政府は抗議者たちの要求に耳を傾ける必要がある」と話した。, バグダッド北部のスンニ派が大多数を占める街サラヘディンでは初めての決起集会が開かれたが、当局はすでに金曜、犠牲者に対する3日間の服喪期間を宣言していた。, またシーア派が大多数を占める8つの県は、日曜を服喪の日とし、その間官庁を閉鎖すると発表した。, 3日連続で起こった暴力的な事態の中で、シーア派の聖地ナジャフでは20人以上、ナシリヤの衝突現場では40人、首都バグダッドでは3人が殺された。, 日曜、AFP特派員はナシリヤの平穏な様子を伝えた。ナシリヤは、敵対する政党間の不安定な同盟に基づいてわずか1年前に権力の座に就いた、アブドゥルマフディーの生誕地である。, しかし今週、イラクのシーア派の精神的指導者である大アヤトラのアリー・スィースターニーを促し、国会に対して首相への支持を取り下げるように求めさせたことで、弾圧の形勢が変わった。, © 2020 SAUDI RESEARCH & PUBLISHING COMPANY、利用規約に従い、当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。, 次期首相と目される日本の菅氏、COVID-19の痛み緩和のための給付金追加もあり得ると発言. アーディル・アブドゥルマフディー・アル=ムンタフィキー(アラビア語: عادل عبد المهدي المنتفكي, Adil Abdul-Mahdi al-Muntafiki‎、1942年1月1日 - )は、イラクの政治家。副大統領や財務・石油相、首相を歴任した[4]。シーア派の有力政党、イラク・イスラム革命最高評議会 (SIIC) に所属していた。, バグダードに生まれる。父はシーア派の聖職者で、イラク王国の大臣を務めた。イエズス会系の名門高校、バグダード・カレッジを卒業後、エコノミストとなったが、1969年にフランスに亡命。フランスのシンクタンクに勤務するかたわら、フランス語やアラビア語の雑誌を編集した。, 1970年代、アブドゥルマフディーはイラク共産党の最高幹部となった[5]。これより先の1967年にイラク共産党は、1958年に成立した軍事政権への姿勢をめぐって、より協調的な中央委員会派と、一切の妥協を拒む中核派とに分裂していた。アブドゥルマフディーは中核派に入り、その勢力が衰える1980年代初めまで活動を続けた。その後はイラン・イスラム思想に影響され、ルーホッラー・ホメイニーがイラン国内で共産主義者やリベラルな反対勢力を一掃すると、イスラム主義者に転向した。中核派内の自らのグループにイラン人を引き入れ、マルクス主義者としての過去を捨て去り、フランスでホメイニの思想を宣伝することに時間を費やした。1982年にテヘランで設立された亡命政党のイラク・イスラム革命最高評議会にも加わった[6]。, 暫定政権で副大統領を務めていた2006年には、現職のイブラーヒーム・アル=ジャアファリーの対立候補として統一イラク連合 (UIA) から首相に立候補したが、わずか1票差で落選した。その後もアブドゥルマフディーは有力な首相候補とみられていたが、次回の首相選で、UIAが候補に推薦したのはヌーリー・マーリキーであった[7]。アブドゥルマフディーは副大統領に再選され、2011年5月31日まで在任した[8]。, 2007年2月26日、アブドゥルマフディーは暗殺未遂に遭遇した。アブドゥルマフディー自身は難を逃れたものの、このとき10人が死亡した。これ以前にも、暗殺未遂の対象には2度なったことがある[9]。また、2009年にはボディーガードがバグダードの銀行で強盗傷害事件を起こした[10]。, 2018年10月2日、大統領のバルハム・サリフから次期首相に指名され、新政権発足まで30日間の猶予を与えられた。10月25日、総選挙から5か月あまり後に、アブドゥルマフディーは首相に就任した[12]。, 2019年4月にはベルリンでドイツ首相のアンゲラ・メルケルと会談し、シーメンス社と共同でイラクの電力インフラを改修する事業に140億ドルを投じる計画を発表した。メルケルも両国の経済・安全保障協力の強化と、イラクの復興への努力をドイツが支援することを約束した[13]。, 同年10月上旬より反政府デモが発生し、400人以上の死者、1万5000人もの負傷者が出たためアブドゥルマフディーは批判に立たされる。11月29日、同国におけるイスラム教シーア派の最高権威アリー・スィースターニー師が定例の説教で内閣の入れ替えを要求したことを受け、アブドゥルマフディーは首相を辞任する意向を表明[14]。12月1日、イラク議会はアブドゥルマフディーの辞任を承認し、次期首相が選出されるまでは暫定的に首相を務める[15]。, عادل عبد المهدي المنتفكي, Adil Abdul-Mahdi al-Muntafiki, Iraq tasks Shiite independent with forming new government, Prospective Iraqi Premier a Man of Many Labels, Iraqi prime minister accepts another minister's resignation, Abdul-Mahdi: The man tasked with forming Iraq's new government, https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/12/10/AR2006121000633.html, http://articles.chicagotribune.com/2007-02-27/news/0702270273_1_bomb-baghdad-ministry-sciri, “In Bank Killings, Highs and Lows of Iraq Justice”, https://www.nytimes.com/2009/09/03/world/middleeast/03iraq.html?pagewanted=all, Prime Minister Abdul-Mahdi sworn in with 14 ministers, so far, Merkel: Germany supports territorial integrity of Iraq, “Adel Abdul Mahdi, an Iraqi prime minister 'doomed to fail'”, https://www.aljazeera.com/news/2019/10/adel-abdul-mahdi-iraqi-prime-minister-doomed-fail-191030184440653.html, “Who is Mustafa al-Kadhimi, Iraq's new prime minister?”, https://www.aljazeera.com/news/2020/05/mustafa-al-kadhimi-iraq-prime-minister-200507062954351.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アーディル・アブドゥルマフディー&oldid=77428080.