xmp.iid:0ff975c1-e2e4-4ef4-b7a8-09975c3dd146 1 例えば、イスラム教には「一日5回、聖地メッカに向けて祈りを捧げよ」という教えがあるのですが、もしもお祈りをサボったら逮捕!という法律を備えた国を作ることが、イスラム国の目的なのです。, 「アフリカ大陸の北半分」から「サウジアラビア」や「イラン・イラク」「トルコ」「スペイン」「中国・新疆ウイグル自治区」「インドの北西部」まで、かなり広大な地域を支配すると宣戦布告してます。, これらの地域を支配して、「イスラム教の教えを守るための法律」を備えた「イスラム教の国」をつくることが、テロ組織「イスラム国」の目的なのです。, 2017/5/23、イスラム国は英国マンチェスターで、歌手「アリアナ・グランデ」のコンサート会場を狙ってテロを行いました。, 当然先程ご説明した「目的」を達成するためなのですが、テロを行う理由は具体的に3つあると思われます。, 関係ない人間を狙うテロは卑劣極まりないですが、テロを仕掛けるイスラム国からすると、やりやすい攻撃方法なのです。, 「イスラム国と敵対するとテロの標的にされるのではないか」と、最近日本で言われています。, イスラム国の兵士たちは、「ジハードで敵を倒して天国へ行けば、72人の永遠の処女を与えられる」など、色々洗脳されるようです。, ちなみに「イスラム教の聖典」では、「罪のない人を殺害した者は、絶対に天国にいけない」とはっきり書かれています。, 本当のイスラム教は、平和第一主義の宗教なはずなのですが、イスラム国のお陰で、世界に勘違いされてしまっています。. This site is protected by reCAPTCHA and the Google ここ最近ISIS(現ISIL、通称イスラム国)によるニュースが世の中を騒がせています。, 処刑の様子を動画にアップしたり、子どもに殺人術を叩き込んでいたりと、日本では考えられないようなことがなされています。そんな過激な行動がメディアに露出され、日本にいる私達も戦々恐々とさせられています。, しかしそんなイスラム国について、あまり詳しくは知らない人が多いのではないでしょうか。そもそもの成り立ちも含めその思想について調べてみました。紹介いたします。, Hijab ヒジャブ / INABA Tomoaki PDF/X-4 ��]���|�R$\�?p�#ǐ�e\��K��J'���н��T��7��oʲ�c�I҂7xy+HvQ�ڑ�x���|�D����e��"�Ƙ�tV)��6�l� �����)]vρ>ާ�(�=ӎG4�I�6�Z���vG���5$T��wg ���A���O�T��. Copyright © IRH Press Co.,Ltd. 2020-10-20T09:45:32+09:00 米中どちらを取るのか──選択の時は迫っている その時"言語不明瞭"なら宰相失格 - ニュースのミカタ 3. 「ISIS(「イスラーム国(IS)」)は、オバマ大統領に敬意を持っている。彼こそがISISの創設者だ。彼こそがISISを創設した。であれば、インチキなヒラリー・クリントンが共同創設者であると言えるだろう」, 米国大統領選挙の投票日を3ヵ月後に控えた2016年8月10日、共和党のトランプ候補は、フロリダ州フォートローダーデールで行われた集会でこう述べた。, むろん、オバマ大統領自身が実際にISを創設したはずもなく、この発言は、対中東政策をあげつらうことで、民主党政権を批判するためのレトリックに過ぎない。, しかし、ライバルをあたかもISの仲間であるかのような言い方、あるいは、ISを生み出した「犯人」として吊し上げるようなやり方は、(おそらくトランプ候補の思惑通りに)米国社会でも大きな波紋を呼んだ。, ISに対する怒り、戸惑い、恐怖が世界に広がるにつれて、政治の世界では「犯人捜し」のレトリックが目立つようになってきた。中東各国の首脳やロシアのプーチン大統領なども同様に、ライバルや敵対する勢力を貶めるために、こうしたレトリックをたびたび用いてきた。, しかし、それが「犯人捜し」のかたちで政治的な印象操作の道具にされていることに対して、私たちは十分な注意が必要である。人は見たいものだけを見がちであり、それによって複雑な現実を理解するための歩みを止めてしまうことがある。, そもそも、ある現象の発生要因は複合的なことがほとんどであり、特定の要因だけでは説明することは難しい。さらに大きな問題は、今やIS自体が単なる過激派の「組織」ではなく、世界規模での一大現象となっていることである。, すなわち、ISは「組織」であると同時に、自称「国家」であり、また、共感者を次々に生み出す「思想」として、猛威を振るっている。 proof:pdf application/pdf default イスラム国、日本人人質事件の真相に迫る, http://the-liberty.com/article.php?item_id=9156, http://the-liberty.com/article.php?item_id=9146, http://the-liberty.com/article.php?item_id=9124, Web限定記事 フランス・テロ事件 「シャルリー・エブド」紙の風刺画にムハンマドの霊が抗議, http://the-liberty.com/article.php?item_id=9049, 「自由・民主・信仰」のために活躍する世界の識者への取材や、YouTube番組「未来編集」の配信を通じ、「自由の創設」のための報道を行っていきたいと考えています。 「ザ・リバティWeb」協賛金のご案内. Copyright ©  北朝鮮・政治・時事ネタ専門『生臭寺院』 All rights reserved. Adobe InDesign 15.1 (Macintosh) イスラム過激派組織「イスラム国」による日本人人質事件は、日本のみならず世界に衝撃を与えた。, 1月初旬には、「アルカイダ」によるフランス週刊紙「シャルリー・エブド」襲撃事件も起こった。, 幸福の科学グループ・大川隆法総裁は、1月から2月初旬にかけ、ムハンマドの霊言、「イスラム国」指導者・バグダディの霊言、人質となった日本人2人の霊言を相次いで収録し、イスラム・テロの真相と解決への道筋を示した。, 「イスラム国」に拘束された日本人の人質は、公開された映像などから既に殺害されたと見られ、「イスラム国は悪の権化だ」との論調がまき起こっている。日本と「イスラム国」は事実上の交戦状態に入り、海外駐在中の日本人の身に危険が及ぶ可能性が高まっている。さらに、アメリカが主導する有志連合による「イスラム国」への空爆も強化され、民間人を含む多くの人が亡くなっている模様だ。, 「人を救いたい」「真実を報道したい」という2人の思いは理解できるが、結果として事態悪化の引き金を引いたといえる。後藤さんは「自己責任でシリアに入る」とのビデオを残していたものの、「自己責任」の範囲を超えてしまった。, もちろん、罪のない民間人を拘束して殺害する「イスラム国」の行為は許されない。しかし、憎しみに対して憎しみで返せば、新たな悲劇を生む。ここは冷静に考えてみる必要がある。, スピリチュアル・エキスパートによる徹底検証 「イスラム国」日本人人質事件の真相に迫る, まず指摘したいのは、「イスラム国」は、アメリカの中東政策の失敗から生まれたという事実だ。「イスラム国」が勢力を拡大しているイラクで、アメリカはスンニ派のフセイン政権を打倒。アメリカ軍占領後に誕生したシーア派政権によって、敵対しているスンニ派の人々は追い出された。だが、混乱を収束することなく、アメリカはイラクから撤退した。イラクの一部のスンニ派はシーア派の弾圧から身を守るため、同じスンニ派の「イスラム国」と手を結び、結果として「イスラム国」の勢力は急速に拡大してしまった。, 大川総裁は、人質となった2人の霊言が収録された『 スピリチュアル・エキスパートによる徹底検証 「イスラム国」日本人人質事件の真相に迫る 』(里村英一/綾織次郎 編著 幸福の科学出版刊)において、「イスラム国」の支配地域が広がっていくことは悪としながらも、 「フセイン政権が倒れたことによって、スンニ派が迫害を受けていることは事実なので、彼らが何とか生きていけるような体制をつくること自体は、国連とか、いろいろなところが入って、考えてあげるぐらいの義務はあると思います」 と述べている。, イスラム教は平和を愛する教えであり、ほとんどのイスラム教徒はテロには賛同していないが、欧米諸国が中東やアフリカの地で好き勝手に国境を引いたり、混乱の種をまいたりして、多くの人の命や富を奪ったことに潜在的な不満を持っている。イスラム国が勢力を拡大し続けているのが何よりの証拠だろう。, さらにいえば、ナイフで数人を殺せばテロとされ、ミサイルで民間人を含む数千人もの命を奪うことは残虐ではないのか。これについてバグダディの霊は、 「君らは、数人の人質を殺したかどうかみたいなことばかりを一生懸命、針小棒大に言っているけれど、我らは、女子供・民間人を含め、数千、あるいはそれを超える万の単位、殺されている」 と不満をあらわにした。このバグダディの霊言は、『 イスラム国“カリフ"バグダディ氏に直撃スピリチュアル・インタビュー 』(大川隆法著 幸福の科学出版刊)に収録されている。欧米諸国や日本へのやり切れぬ思いなど、マスコミでは決して報じられないバグダディの本音を知ることは、冷静な議論を進める一助となるだろう。, 見方を変えれば、こうした「イスラム国」が置かれている立場は、欧米の植民地支配を打ち破るために戦った70数年前の日本と極めて似ていると言えないか。日本は富国強兵政策で国力をつけ、正当な方法で欧米に立ち向かったが、欧米から悪魔扱いされ、原爆や大空襲などで多くの民間人が虐殺された。, 「イスラム国」が絶対悪とされる風潮の中では、現実にどれだけの民間人が空爆で殺されているかは明らかにされないが、欧米のような近代兵器を十分に持たない彼らの抵抗手段は限られている。, 大川総裁は、『 スピリチュアル・エキスパートによる徹底検証 「イスラム国」日本人人質事件の真相に迫る 』において、 「日本に原爆を落としたいという気持ちは、このイスラム国に対する憎しみとほとんど同じぐらいのものを持っていたと思うんですよね。民間人を皆殺しにするのだから、よっぽど悪魔の塊でもいると思わなければ落とせるものではない」 と、「イスラム国」を悪魔の化身と断定する風潮に一石を投じ、感情的になりすぎることの危険性を指摘。, 「イスラム国が一定の大義を掲げていることに対して共鳴している者がいるらしいということについて、テロ指定している人は理解していないので、イスラムそのものが原罪的に悪と思っているところが若干あるのではないかという気がする」 と、「イスラム国」を壊滅させようとする動きが、イスラム教徒の排斥運動につながっていきかねないことについて警鐘を鳴らした。, 現在の「イスラム国」の問題をはじめ、パレスチナ問題等の中東における紛争の根底には、キリスト教・ユダヤ教とイスラム教との宗教的対立がある。, 大川総裁は『 スピリチュアル・エキスパートによる徹底検証 「イスラム国」日本人人質事件の真相に迫る 』の解説で、 「キリスト教国による、イスラム圏の分断作戦は確かにあるかもしれない。イスラエルのために共闘できないようにしているかもしれない」 と述べた。, こうした背景を見れば、「欧米が正義」で「『イスラム国』が悪魔」という見方は一方的で、バランスを欠いているといえる。, このまま「イスラム国」を壊滅させたとしても、お互いの不信と憎しみを取り除かない限り、第二、第三の「イスラム国」は出てくるだろう。バグダディの霊も、自らが倒されても次の勢力が出て、新たな争いが起こることを示唆した。, こうした争いの連鎖を止めるために必要なものは、「ワールド・ジャスティス(世界的な正義)」を見抜く智慧である。宗教的、歴史的、民族・人種的な視点から議論しなければ真の正義は分からない。, 欧米諸国は、過去の植民地政策や日本への原爆投下をはじめとする「ホロコースト」を反省し、人種差別的な価値観を改めていくべきだ。一方、イスラム教国には、女性に対する扱いや経済発展を止めている戒律や慣習など、多くの面でイノベーションが必要だ。そしてまた、世界宗教はひとつの神の心から流れ出てきたという宗教的真実にも目を向けなくてはならない。, 日本が今なすべきは、憎しみを増幅させることではない。キリスト教にもユダヤ教にも、イスラム教にも敵対していない日本こそ、世界のリーダー国家として「ワールド・ジャスティス」を指し示し、悲劇の連鎖を止める使命を果たすべきだ。, 幸福の科学出版 『スピリチュアル・エキスパートによる徹底検証 「イスラム国」日本人人質事件の真相に迫る』 大川隆法著, http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1415, 幸福の科学出版 『イスラム国 "カリフ"バグダディ氏に直撃スピリチュアル・インタビュー』 大川隆法著, http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1411, 幸福の科学出版 『ムハンマドよ、パリは燃えているか。―表現の自由VS.イスラム的信仰―』 大川隆法著, http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1394, 幸福の科学出版 『中東で何が起こっているのか 公開霊言 ムハンマド/アリー/サラディン』 大川隆法著, http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=913, Web限定記事 後藤さんたちは今何を思う? イスラム国がイスラム教であることは知っていても、その詳細を知る人はあまりないかと思います。, ISISとは「The Islamic State of Iraq and al-Sham/Syria」ということで、イラクとシャーム/シリアのイスラム国の英語の略称です。メディアによっては一部ではISIL(The Islamic State of Iraq and the Levant,:イラクとレバントのイスラム国)とも言われています。, 実はこのISISですが、あのアルカイダの傘下組織でした。アルカイダとはイスラム教にのっとり社会と政治を動かそうとするイスラム原理主義の政治組織です。かつて世を賑わせたウサマ・ビンラディン氏が指導者でありました。2001年にアメリカ同時多発テロを起こしたとされています。, そのアルカイダの傘下組織として、ヨルダン生まれの活動家ザルカウィが2006年に結成したのが、ISISでした。しかし2014年に考え方の違いからアルカイダを離反し、シリアやイラクを征服しました。そして今日にいたるまで数千人を処刑するなど過激な活動を実行し、世を騒がせるにいたりました。, ISISはイスラム教のスンニ派の武装勢力です。イスラム教についての解説はまた別の機会に紹介しますが、スンニ派は、シーア派と並んでイスラム教で勢力のある派閥です。創始者のムハンマドの娘婿のアリーの血縁を重視するシーア派に対し、ムハンマドのいう慣行に従うことを重視したのがスンニ派です。同じイスラム教ではありながら、考え方は大きく異なり、今日に至るまで両派間での対立は絶えませんでした。, ISISが拠点を置く、イラクでは政権を握っていたのがシーア派であったこともあり、スンニ派の彼らは政権と敵対していました。そしてアメリカが政権側につき、空爆が行われています。そうしたこともありイスラム教内でも争いが続いています。, イスラム教にはジハード(jihād)という、イスラム教徒の考えが教えられています。元々は努力や奮闘という意味ですが、「神の道のために奮闘することに務めよ」というコーランが語源といわれています。, 内的ジハードは、自分自身の内部の葛藤ということで「忍耐」「努力」を指します。こちらはあまり知られていないですね。, 小ジハードはもっぱら、敵との戦いを意味している。ここでは「勇敢に戦闘に加わること」を意味し、自分の生命財産をアッラーの正義のため、イスラーム教とムスリム防衛のために奉げることを意味している。, 「混同されるジハードとテロ」 (佐々木良昭主任研究員)|イスラム圏 分析レポート:ユーラシア情報ネットワーク[東京財団], 聖戦と称されるこのジハードは戒律により定められ、イスラム教布教において大事な教義となります。歴史的経緯を考えるとキリスト教やユダヤ教はじめとする宗教大国の中での存続および拡大において、ジハードがなければ教団維持が不可能なのではないかと思われます。, しかし、イスラム国においては、このジハードの名の下であらゆる暴力が正統化されているのです。冒頭にあげた処刑の様子を動画にアップしたり、子どもに残酷な行いを強要するなどです。または結婚ジハードというようにISISの軍人との結婚を奨励したり、性奴隷を正当化しています。これには多くのイスラム教徒からも批判があがっています。, このような過激な行動の裏には、上記の歪んだ思想だけではなく、 恐怖統制を敷き統治下の人たちを屈服させるためや、国の維持のための経済的問題などが見え隠れしています。ジハードの言葉を元に人道から外れたことを繰り返しているのです。, 仏教は非暴力の宗教です。多くの宗教が暴力によって統治されていったのに対し、仏教はあくまで教えによって統治します。過去の仏教国で戦争をしたことがあるかもしれませんが、それは仏教の教えに基いているとはいえません。, 仏教では「因果応報」と教えられています。自分のやった行いがそのまま自分に必ず帰ってきます。ですから暴力をふるえば暴力が、あるいはそれ相応の悪いことが100%帰ってきます。ですから報復は何も意味をなさないと教えられています。, こんな話があります。美作国に勢至丸という聡明な子どもがいました。役人だった父・漆間時国がある時、武士に夜討ちをかけられました。虫の息の父を見た法然はその復讐心から武将を志すと誓いました。ですが、父・時国は息絶え絶えになりながら「決して犯人を恨んではならない。そなたが敵討ちをすれば、相手の子がそなたを狙う。敵討ちが幾世代も続いていく。大変愚かしいことだ。父を思ってくれるなら出家して菩提を弔い、自ら仏法を求め、後生はっきりする教えを明らかにしてほしい」と諭されて仏道に入ったと言われます。これが後に浄土宗を開く有名な法然なのです。, 暴力に暴力を返しても、また来る暴力に恐れる日々がやってきます。それでは絶対に幸せになれません。引き続き仏教の教えを学んでいきたいと思います。.