「韓国内の映画の人気ランク&興行成績」のブログ記事一覧です。①韓国文学②韓国漫画③韓国のメディア観察④韓国語いろいろ⑤韓国映画⑥韓国の歴史・社会⑦韓国・朝鮮関係の本⑧韓国旅行の記録【ヌルボ・イルボ 韓国文化の海へ】 プロ志望届の提出期限も迫ってきており、各チームも指名選手の絞り込みに 出身&国籍:韓国 オリックス、ソフトバンクでプレーした韓国ロッテの李大浩内野手が2軍に降格し、韓国メディアが「紛れもなくショック」と報じている。李大浩がkboで2軍落ちしたのは2003年以来だという。リーグ最高給取りの37歳は今季打率.287をマークしていた。 new 韓国紙で11年間に記した約500本のコラム その中から97本を厳選し、日本語でまとめました サイト運営者の新刊 『野球愛は日韓をつなぐ』 |投手成績(★印はアジアプロ野球チャンピオンシップ 韓国代表選手 赤文字はnpb在籍経験のある選手) 全日程終了 李 大浩(イ・デホ、韓国語:이대호, 1982年6月21日 - )は、大韓民国・釜山広域市出身のプロ野球選手(内野手)。KBOリーグのロッテ・ジャイアンツ所属。, 幼少期の頃に父が死去し、母とも別れ兄と共に祖母に育てられた。家庭は貧しかったと語っている[1][2]。小学生の時から野球をしており、慶南高校時代は投手兼4番としてプレー。2000年、カナダのエドモントンで行われた世界青少年野球大会に韓国代表の投手として選出される。大会では金泰均、秋信守、鄭根宇らと強力なクリーンナップを形成し、チームを優勝に導く。大会通じて打率.500(30打数15安打)、3本塁打を記録。打率はアメリカ代表のジョー・マウアーに次ぐ大会第2位の成績だった。, 2002年、当時の監督であった白仁天から体重の減量を命じられ、無謀な訓練中に膝を怪我した。李大浩はこの時期が野球人生で一番辛かったと回想している。, 2005年にはKBOオールスターゲーム最優秀選手賞を受賞し、公式戦全126試合に出場した。, 2006年に首位打者、本塁打王、打点王を獲得し、1984年の李萬洙以降22年ぶりとなる三冠王となった。得点圏打率も.398と最も高く、一塁手としてゴールデングラブ賞を受賞した。しかし、最優秀選手投票ではチーム成績が7位と悪かったことと、本塁打・打点の数が低かったことがあだとなり、投手三冠を獲得した柳賢振が最優秀選手賞 (MVP) を受賞。, 2007年、4月21日の現代ユニコーンズ戦では社稷野球場初となる推定飛距離150メートルの場外本塁打を記録。最終的に打率.335、29本塁打、87打点、OPS1.053を記録した。, 2008年は北京オリンピック野球韓国代表として指名打者で出場。対アメリカ合衆国戦、対日本戦(和田毅から2点本塁打)、オランダ戦で本塁打を1本ずつ記録し、大会最多タイの3本塁打を記録。大会通じて打率.360・10打点と国際大会でもその打撃力は発揮された。大会前までには兵役を免除されておらず、この大会でメダルを獲得すれば免除されることが決まっていたため[3]、チームの金メダルによって兵役は免除された。, 2009年はシーズン開幕前の3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の韓国代表に選出された。同大会では打率.278、打点5と目立った成績は残せなかった。, シーズンでは4年ぶりとなる全試合出場を果たした。チームは前年の3位から4位に順位を下げたこともあり、契約更改では年俸の削減対象とされたが、3000万ウォンの年俸増を勝ち取った。, 2010年8月14日の対起亜タイガース戦で世界記録となる9試合連続本塁打を放った。8月20日の対斗山ベアーズ戦では李承燁、沈正洙が2003年に記録して以来となる自身初のシーズン40本塁打を放つ。最終的に打率.364、44本塁打、133打点で自身4年ぶり2度目(韓国球界初)となる打撃三冠王を達成。その他、安打数、出塁率、長打率、得点まで7部門でトップを記録するなど、プロ入り後最高の成績を収め、レギュラーシーズン最優秀選手 (MVP) にも選ばれた。, 2011年1月、KBOに年俸調停を申請し調停委員会が開かれたが、本人が要求した7億ウォンではなく、球団側が提示した6億3000万ウォンの年俸が通った。レギュラーシーズンでは打率.357、27本塁打、113打点、OPS1.011という好成績を残したが、MVP投票では投手4冠王の尹錫珉が最優秀選手賞 (MVP) を受賞した。オフにFAを宣言した。, 2011年12月5日に日本プロ野球 (NPB) のオリックス・バファローズへの移籍が発表された(2年契約)。当初希望した背番号10番は大引啓次、52番はアーロム・バルディリスとすでに主力選手が使用していた為、2011年ドラフト会議で指名され入団した新人の佐藤達也に与えられた背番号「25」となった[4]。尚、阪神もこの時より以前から獲得を目指していた[3]。, 2012年開幕戦で4番を務め、チーム初打点となる適時打を放つも、開幕15試合目にして初の長打、17試合目にして初本塁打を記録する等、3・4月は月間打率.233と開幕当初は日本の野球への順応に苦労した。しかし、5月に入ると緩やかに調子を上げていき、5月19日の対東京ヤクルトスワローズ戦では9回表2死の土壇場でトニー・バーネットから逆転2ランを放ち、その裏に同点に追いつかれるも延長戦の末に勝利したチームの連敗を6で止める契機となる一撃となった。すると、この試合から3試合連続本塁打、5月25日の対広島東洋カープ戦では延長10回裏に岸本秀樹からNPBでは初のサヨナラ打を放つ等、5月は月間打率.322、8本塁打19打点の活躍で月間MVPを受賞した。その後も6月2日の対読売ジャイアンツ戦では1試合4安打、7月も打率.338、7本塁打18打点の活躍で、2度目の月間MVPを受賞した。8月以降は疲労からかやや調子を落としていったが、9月8日の対北海道日本ハムファイターズ戦でも延長10回裏に石井裕也から2度目のサヨナラ打を放つ等、随所で勝負強い打撃を発揮し続けた。最終的には全試合で4番打者として出場し、打率.286、24本塁打91打点の成績で打点王のタイトルを獲得し、最下位に喘いだチームにあって主軸として奮闘する働きを見せた。, 2013年2月、大引が日本ハムにトレードされたことを受けて、背番号をかねてから希望していた10に変更[5]。シーズン開幕前には、NPBの球団に所属する韓国人選手でただ1人第3回WBC韓国代表に選出された関係で、オリックスの春季キャンプに参加できなかった。韓国代表は3月5日に1次ラウンドB組3位で大会からの敗退が決まったため、同月10日にはオリックスへ合流。オープン戦の終盤から、NPBの実戦に復帰している。, シーズンでは7月28日の対西武戦(西武ドーム)において、6回表の打席で空振り三振の判定をめぐる球審の西本欣司への抗議から侮辱行為でNPBでは初の退場処分。また、直後に李大浩の退場宣告に西本へ抗議をした森脇浩司監督も、西本に手が触れたとして暴力行為で退場処分となった[6]。その一方で、9月28日の対日本ハム戦(京セラドーム大阪)でNPBでは初の満塁本塁打を放つ[7] など、前年に続いて下位に低迷するチームの4番打者として奮闘した。この年でオリックスとの2年契約が満了する関係で、チームが公式戦2試合を残していた10月8日に出場選手登録を抹消された[8] が、シーズン通算ではNPBでは初の打率3割と2年連続の24本塁打・91打点を記録。シーズン終了後には、李大浩の意向を受けた代理人が、李大浩の残留を希望するオリックスのフロントと交渉を重ねた。しかし、条件面で折り合いが付かなかったことから、球団本部長の瀬戸山隆三は11月14日に交渉の決裂と李大浩の退団を発表した[9]。, 2013年12月24日に福岡ソフトバンクホークスに移籍[10]。保障額は2年総額9億円(推定)で、3年目は李大浩側が選択権を有する契約[11]。背番号は同年からオリックスで着用していた10に決まった。尚、ソフトバンクは2014年1月23日に、オリックス時代の李の通訳だった鄭昌龍の入団も発表している[12]。, 2014年は全試合に4番として出場し[13]、ソフトバンクのリーグ優勝と日本一に貢献。自身初の優勝経験となった[14]。個人成績では6月に打率4割を記録して月間MVPを受賞[15]。最終的に来日後最多となる170安打(チームメイトの中村晃に次いでリーグ2位)を放つも[13]、好機には弱く[16]得点圏打率は.244と伸び悩み[13]、打点や本塁打が前年より減少した。, 2015年は一軍監督に就任した工藤公康の方針で5番打者に起用。内川聖一が開幕から4番打者を務めていた。しかし、李自身は、内川が欠場した8月13日の対オリックス戦(福岡ヤフオク!ドーム)にこの年初めて4番打者として出場。2安打4打点という成績を残すとともに、3点本塁打を放ったことによって、4試合連続本塁打を記録した[17]。レギュラーシーズン通算では、一軍公式戦141試合に出場。打率は.282に留まったが、31本塁打、98打点という来日キャリアハイの成績で、チームの2年連続リーグ優勝に貢献した。, 東京ヤクルトスワローズとの日本シリーズでは、開幕前の肋骨骨折で欠場した内川に代わって、再び4番打者として出場。5試合で16打数8安打2本塁打という好成績を残し、チームをシリーズ連覇に導いた。また、5試合で終了したシリーズでは最も多い(タイ記録)通算8打点を記録し、韓国人選手初の日本シリーズMVPに選ばれた[18][19]。, オフの11月に開催された第1回WBSCプレミア12の韓国代表に選出された。同大会では「4番・指名打者」として全試合に出場。ドミニカ共和国との予選第2戦では、逆転本塁打を放ったことで、チームに大会初の得点をもたらした[20]。さらに、東京ドームで開かれた日本との準決勝(11月19日)では、1点ビハインドで迎えた9回表無死満塁の打席で逆転の2点適時打を放って逆転勝利に貢献[21]。チームはその後の決勝のアメリカ合衆国戦も制して優勝し、大会終了後には、李は指名打者部門でベストナインに選ばれた。, ソフトバンクとの契約期間が2015年で満了したことから、11月3日に韓国・ソウル特別市で開いた記者会見で、翌 メジャーリーグでも通算122本の本塁打を打っているギャレット・ジョーンズ外野手ですね。 が、日本の精密な緻密な野球を... 2015年10月22日にプロ野球ドラフト会議が行われると言う事で、 全て; 現役; OB; 2019年シーズン終了時. 日本通運「侍ジャパン」応援サイトでもFull-Countスペシャル記事を配信中!. 2013年 2億5000万円 個人年度別成績. という情報があったので、 ’j‚ªˆÀ‘Å—ÊŽY H‚ɂ͐eŽq‚ÅŽv‚¢o[‚¢“Œ‹žƒh[ƒ€‚Ö, ‘O“c’q“¿‚³‚ñ‚́uƒTƒ€ƒ‰ƒCAŠØ‘‚ð‚ä‚­IvŒã•Ò, ‚PŽŸ‚q”s‘ނ̊؍‘A¢‘ãŒð‘ã‚̓‚³@‚»‚̈ӊO‚È”wŒi‚ÆŽŸ‘ã‚̃Xƒ^[‚ð’T‚é, Œ‡‚©‚¹‚È‚¢ƒp[ƒgƒi[ ‘ÅŽÒ‚½‚¿‚̃oƒbƒg‚Ö‚Ì’T‹S, uENEOS ƒAƒWƒA ƒvƒ–ì‹…ƒ`ƒƒƒ“ƒsƒIƒ“ƒVƒbƒv2017v‘ΐ퍑Ð‰î^ŠØ‘‘ã•\ vol.1, ƒŠƒŠ[ƒtw ‰Äê‚̃uƒ‹ƒyƒ“‚Å‚Ç‚¤Œ¨‚ðì‚é‚©, ƒAƒWƒA‘å‰ïu‹àƒƒ_ƒ‹‚͐â‘΁v‚Ɗ؍‘@•º–ð–Əœ‚Ƀ}ƒW‚Ȑ¸‰s‚½‚¿•é“º—óŠÄ“Â, uƒVƒ“ƒWƒ‰ƒŒƒi`ƒCv‚©‚ç‚P‚O”N\\@ŠØ‘‚É“n‚Á‚½ƒqƒ‹ƒ}ƒ“ŠÄ“‚̐M”O.