・『バイス』特報&メインビジュアル解禁!|ゴールデン・グローブ賞 主演男優賞受賞 イラク戦争の大義名分であった「イラクの大量破壊兵器保持」。米・ブッシュ大統領のその発言に疑問を持った新聞社ナイト・リッダー社ワシントン支局の記者ジョナサン・ランデー(ウディ・ハレルソン)とウォーレン・ ストロベル(ジ… 札幌の創成川イーストにある酒場ダイニング『ラズベリーベレー』の店主の『飲み、食べ』ブログ。『愉しく飲んで!美味しく食べて!』が日々の楽しみ。ウェルカム! 予測不能な砂漠でのサバイバルを描く『ゴールド』にて主演決定!, 2位はあの超問題作!? 「記者たち 衝撃と畏怖の真実」(原題:Shock and Awe、2017)を見た。, 「スタンド・バイ・ミー」「恋人たちの予感」「ミザリー」のロブ・ライナー監督が製作・監督・出演を兼任した社会派ドラマ。, 2002年、イラク戦争の大義名分である“大量破壊兵器”の存在に疑問を持った4人のジャーナリストが、愛国心高まる世間の潮流のなか、真実を追い続ける実話を映画化。テレビ映像などの情報をつなぎ合わせて、中堅新聞社の葛藤を描いている。, 出演者では、主演のウディ・ハレルソン(「スリー・ビルボード」で保安官を演じた)が印象的。同僚の役でトミー・リー・ジョーンズ、ジェームズ・マースデンなどが共演。, 【あらすじ】 2002年、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、サダム・フセイン政権を倒壊させるため「大量破壊兵器の保持」を理由にイラク侵攻に踏み切ることを宣言。, ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストといった大手新聞をはじめ、アメリカ中の記者たちが大統領の発言を信じて報道を続ける中、地方新聞社を傘下にもつナイト・リッダー社ワシントン支局の記者ジョナサン・ランデー(ウディ・ハレルソン)とウォーレン・ストロベル(ジェームズ・マースデン)は、大統領の発言に疑念を抱き、真実を報道するべく情報源をたどっていくが…。, これは事実の物語であるという字幕で始まる。当時の映像の模様も織り交ぜて、米国のイラク侵攻の失敗を糾弾している。「戦争は(アメリカにとって)ビジネスである」「政府のいいなりのマスコミでいいのか」。派遣された兵士の声「石器時代の国を爆破して何になる」「ベトナム戦争の悪夢の歴史は繰り返す」「イラクを黒幕にしたいのか」といった言葉が飛び交う。, 映画は、イラク戦争で負傷し、車椅子で証言台に立つ若い兵士の陳述から始まる。用意した原稿で始めようとするが、自分の言葉で語りたいと原稿をしまい、いろいろな事象を数字をベースに語りだす。, エンディングでは、同じ若者がベトナム戦争で戦死したアメリカ兵(50,000人)が眠る「ベトナム戦没者慰霊墓地」で、多くの戦死者の名前を見つめるところで終わる。, 字幕で、アメリカが戦争に費やした国防費2兆ドル(約210兆円)、アメリカ人死者36,000人、イラク人死者100万人、破壊された大量兵器「0」という文字がある。, ストーリー性に欠け、同様の映画「大統領の陰謀」や「スポットライト 世紀のスクープ」のような記者魂とダイナミックさでやや見劣りがする。, fpdさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ALL RIGHTS RESERVED. イラク戦争の大義名分「大量破壊兵器」の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた4人の記者たちの奮闘を、『スタンド・バイ・ミー』の名匠ロブ・ライナー監督が映画化!実話を基にした社会派ドラマ! Shock and Awe, 90min. 概要. イラク戦争の大義名分となった大量破壊兵器の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた実在の新聞社の記者たちを描く映画、『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』。, ここでは、9.11テロやイラク戦争、そしてメディア報道といった、『記者たち』から派生する事象に関する映画を紹介。, それらを観ることで、イラク戦争とはなんだったのか、そしてそれを報道するジャーナリズムの実情が分かります。. 視聴数ベスト10発表!全米の2020年版・定額制動画配信サービスの映画ランキング, ベトナム戦争を舞台に「愛、恐怖、死」を描く名作小説の映画化!! ブッシュ政権に対するアメリカ国内の不満が高まりつつあった2004年、放送局CBSのプロデューサーのメアリー・メイプスは、局の看板番組でブッシュの軍歴詐欺疑惑を報道。, しかし、その疑惑を確証する証拠を、保守派勢力に「偽造」と断定されたことで、事態が一変します。, イラク侵攻開始当初こそブッシュ政権に迎合していたCBSが、一向に事態が収束しないことに対する反発で取り上げたスクープ報道がもたらす波紋を描きます。, 「ブッシュが軍歴を詐称していた」として追及するメアリーと、「イラクには大量破壊兵器がある」と戦争を仕掛けたブッシュ政権の、両者を対比させる構成となっています。, 『記者たち』の劇中、自分たちのイラク戦争批判記事が受け入れられないことについて、 All rights reserved, 2011年5月2日にパキスタンで実行された、アルカイダの指導者ビンラディンの捕縛・暗殺作戦の裏側を映画化。, テロリストを追跡するCIAの女性分析官を主人公に、作戦に携わった人々の使命感や苦悩を描きます。, 9.11テロの首謀者とされるビンラディンの捕縛に、約10年もの歳月をかけてしまったアメリカ政府の暗部を晒け出すという、『ハート・ロッカー』(2010)のキャスリン・ビグロー監督らしい骨太な作品です。, ジョージ・W・ブッシュ政権下において、「アメリカ史上最も権力を持った副大統領」と言われたディック・チェイニーを描く社会派ブラックコメディ。, とにかくブッシュの無知さをいい事に、自分の独断でイラク戦争に導いた(とされる)チェイニーの実態を、笑うに笑えないほど茶化した演出で斬っていきます。, なお、『記者たち』ではチェイニーと、同じくブッシュの懐刀だったドナルド・ラムズフェルド国防長官本人の記録映像も登場しますが、本作鑑賞後に『バイス』を観れば、チェイニー役のクリスチャン・ベールと、ラムズフェルド役のスティーブ・カレルのソックリぶりに驚くはず。, 日本公開時期も近い『記者たち』と『バイス』は、テーマ時にも併せて観ることを推奨します。. © 2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. 監督を務めたのは、『スタンド・バイ・ミー』をはじめとする数々の名作を世に送りだし、近年では『LBJ ケネディの意志を継いだ男』でケネディ暗殺後に公民憲法制定に奔走するリンドン・B・ジョンソンの姿を描き出したロブ・ライナー。自身もナイト・リッダ ー社ワシントン支局長としても出演している。「イラク戦争が起きた当時から、これをテーマに映画化を考えていた」というライナー 監督渾身の一作となっており、監督人生 34 年目にして初来日が決定した! 短評. ALL RIGHTS RESERVED. 株式会社Miramiru (C)2018 BY HS FILM, LLC. 映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』あらすじネタバレと感想。評価されるべきジャー... ビンラディンの捕縛に、約10年もの歳月をかけてしまったアメリカ政府の暗部を晒け出す. 2002年、イラク戦争の大義名分である“大量破壊兵器”の存在に疑問を持った4人のジャーナリストが、愛国心高まる世間の潮流のなか、真実を追い続ける実話を映画化。テレビ映像などの情報をつなぎ合わせて、中堅新聞社の葛藤を描いている。 真実は誰のためにあるのか?!政府は大量破壊兵器を持つイラクを攻撃しなくてはならないというが、本当に大量破壊兵器は存在するのか?国民に真実を伝えるために、アメリカ政府の巨大な噓に立ち向かった新聞記者たちがいた! 驚くべき実話を基に描いたロブ・ライナ... 映画『ホース・ソルジャー』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます!↓今すぐ『ホース・ソルジャー』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓なお、当記事でご紹介している映画『ホース・ソルジャー』の動画配信状況は2018年9月現在のもの... 映画『ゼロ・ダーク・サーティ』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます!↓今すぐ『ゼロ・ダーク・サーティ』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓なお、当記事でご紹介している映画『ゼロ・ダーク・サーティ』の動画配信状況は2019年4... 映画『バイス』は4月5日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー歴代最強の副大統領と呼ばれるティック・チェイニー副大統領(H・W・ブッシュ大統領政権)の半生をクリスチャン・ベールの超なりきり演技で見せる政治&伝記映画。監督はマイケル・ムーア... 映画『ニュースの真相』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます!↓今すぐ『ニュースの真相』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓なお、当記事でご紹介している映画『ニュースの真相』の動画配信状況は2019年4月現在のものになります。... 映画『大統領の陰謀』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます!↓今すぐ映画『大統領の陰謀』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓なお、当記事でご紹介している映画『大統領の陰謀』の動画配信状況2019年4月現在のものになります。VOD... またもクリスチャン・ベールがやってくれました!これまでも数々の作品で肉体改造を行ってきたクリスチャン・ベールが、映画『バイス』でも体重を20キロ増やして髪を剃り、アメリカ史上最も権力を持った副大統領と言われたディック・チェイニーを熱演。第91回アカデ... 9.11テロやイラク戦争、そしてメディア報道といった、『記者たち』から派生する事象に関する映画. ジョージ・W・ブッシュ政権下で副大統領を務めたディック・チェイニーの裏の姿を描く社会派ドラマ。型破りな下院議員ドナルド・ラムズフェルドのもとで政治の表と裏を学んだチェイニーはニクソン政権で大統領首席補佐官、レーガン政権で国務長官の職を経て、ジョージ・W・ブッシュ政権の副大統領に就任した。 9.11の同時多発テロ後、ブッシュを差し置き危機対応にあたると、“影の大統領”として国民への情報操作を行い、法をねじ曲げ、イラク戦争へと国を導いていく。第76回ゴールデン・グローブ賞で主演男優賞を受賞したディック・チェイニー演じるクリスチャン・ベイルの肉体改造による激変ぶりも話題になっている。, ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞した『オデッセイ』やアカデミー賞®️主演男優賞にノミネートとなった『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』などのマット・デイモンと『ボーン』シリーズのポール・グリーングラス監督が3度目のタッグを組んだ社会派サスペンス・アクション。イラクのアメリカ軍駐留地域グリーン・ゾーンを舞台に、イラク戦争の大義名分とされた「大量破壊兵器」を捜索する極秘任務に就いたアメリカ兵士を描く。任務を遂行するロイ・ミラー(マット・デイモン)は一向につかめない兵器の痕跡に不信感を抱き、 CIAのブラウン(ブレンダン・グリーソン)と共に独自の捜査に乗り出すが、そこには全世界を揺るがす衝撃の真実が待ち受けていた。, 戦死した兵士の遺族に訃報を伝えるメッセンジャーの任務に就くこととなった米軍兵士の苦悩を描く戦争ヒューマン・ドラマ。イラク戦争で負傷しメッセンジャーとなったウィル(ベン・フォスター)は、上官のトニー(ウデ ィ・ハレルソン)と共に報道に遅れをとらぬよう最も身近な親族のみに第一報の訃報を伝えていく。しかし、遺族の怒りや悲しみは無事に生還している彼らに直接向けられることとなる。想像を絶する耐えがたい彼らの任務から戦争の悲惨な現実描きだし全米、全世界で絶賛された。『3時10分、決断のとき』のベン・フォスターが主演を務め、ウディ・ハレルソンの助演男優賞、そして脚本賞の2部門でアカデミー賞®️ノミネートされた。, 『マイティ・ソー』シリーズ、『アベンジャーズ』シリーズのクリス・ヘムズワース主演で、9.11の直後アメリカ最初の反撃として現地に送り込まれた特殊部隊の活躍を描いた実録ドラマ。同時多発テロの翌日、タリバンの制圧のためいち早くアフガニスタン入りしたネルソン大尉(クリス・ヘムズワース)率いるアメリカ陸軍特殊部隊の12名は、現地のドスタム将軍(ナビド・ネガーバン)の協力のもとタリバンを制圧する。しかし将軍から12人の隊員に対し敵は5万人、そして険しい山岳地帯で勝利を収めるためには馬が最も有効な手段だと告げられる。隊員のほとんどが乗馬経験のない中、ネルソン大尉らは馬に乗って厳しい戦いを強いられていく―。, ・『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』ポスタービジュアル&予告編解禁!“弱小新聞社”がアメリカ政府に立ち向かう