イラク戦争とは一体なんなのか?その原因や目的をわかりやすく解説していきます。未だに議論が続き、中東の混乱を引き起こしたイラク戦争について理解を深めていきましょう。2003年から始まったイラク戦争は、過去100年間のアメリアの外交政策の中で恐 自衛隊イラク派遣(じえいたいイラクはけん)は、イラク戦争初期の2003年(平成15年)12月から2009年(平成21年)2月まで行なわれていた、日本の自衛隊のイラクへの派遣行為の総称である。 その目的は、イラクの国家再建を支援するためである。 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - イラク戦争の用語解説 - 2003年3月20日,アメリカ軍によるイラクの首都バグダードへの空爆で始まった戦争。42日間の戦闘で,戦争中の有志連合軍の死者は 172人,イラク人死者数についての正確な統計はないが,10万人をこえると推計される。 然し、戦争の是非は別にして、現在のイラクの状況を見れば、イラクがそこそこに安定した穏健なそして経済的にも発展した国になる希望が漸く見えてきたように感じられます。 2003年3月20日、イラク戦争が始まりました。2001年9月11日にニューヨークで同時多発テロが起こり、その翌年にはアフガニスタンが攻撃されましたね。さらに2003年になってイラク戦争が始まったというこの流れはよく覚えているという人も多い 1988年 イラン・イラク戦争終結 敵対期(1990~現在)(アメリカが育てたならず者=フセインが邪魔になってきた) 1990年 イラクがクウェート侵攻 1991年 1月、米軍を中心とする多国籍軍がイラクと開戦(湾岸戦争… 近現代の戦争は、今現在の国際情勢や政治に深くかかわっています。イラク戦争の結末も、多くの国の政治体制に影響を与えました。すでに終わった歴史としてだけでなく、今なお影響を残している戦争でもあります。 イラク戦争の問題点とは一体何だったのでしょうか。もともとイラク戦争というのは多くの国から反対された戦争でした。アメリカのみならずイギリスやオーストラリアが一緒に戦っており、日本もイラク戦争に対しては賛成の意思を示していたのです。 湾岸戦争とイラク戦争はどのように違うのでしょうか。どちらもイラクを相手にした戦争であり、アメリカがイラクを攻撃したという意味でよく似て聞こえますよね。それならば湾岸戦争とイラク戦争の違いはなんなのでしょうか。ここではこれらの戦争の違いについ フセイン政権の下、イラン・イラク戦争(1980年9月~1988年8月)、クウェート侵攻(1990年8月)、湾岸戦争(1991年1月~2月)等が行われた。 2003年3月、米国等による対イラク武力行使が開始され、4月にはバグダッドが事実上陥落、フセイン政権は崩壊した。 然し、戦争の是非は別にして、現在のイラクの状況を見れば、イラクがそこそこに安定した穏健なそして経済的にも発展した国になる希望が漸く見えてきたように感じられます。 現在では原油の輸出はイラン・イラク戦争前の四分の三になっている。 2001~2002までに「石油と食料の交換」取引の下でイラクは、1日に280万バーレルを生産し、170万バーレルを輸出するようになり、120億ドルを獲得した。 このイラク戦争でフセインは捕まり、イラク国民を虐殺した罪で死刑判決が下り、2006年に死刑が執行されました。 こうした流れをみてみると、アメリカが湾岸戦争以降、イラクを介して中東の石油戦略に参入したとみることができます。 スポンサーリンク イラク戦争においてロシア軍は一体どのような役割を果たしたのでしょうか。ロシアと言えばイラク戦争に反対した国の1つです。ここではそんなロシアの軍隊がイラク戦争においてどのようなことをしたのか、何をしたのか、ということについて解説します。