この核合意とはどんなものか、簡単に説明すると核開発疑惑を掛けられたイランとアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、中国、ロシアの6ヵ国が2015年7月に結んだ多国間の合意のことを言う。 FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00, 忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。, 当ウェブサイトに掲載の記事、写真などの無断転載、加工しての使用などは一切禁止します。. 核合意を唱えたオバマの理論的根拠は、経済的繁栄がイデオロギーに勝るというものだった。しかし、イランとの合意成立後、そのような状況は訪れていない。 包括的共同行動計画(jcpoa)の署名から5年、米国は段階的な取引が機能しないことに気づく。 5月8日に「イラン核合意」から離脱すると発表した米トランプ大統領。表向きの理由はともかく、その裏には別の真実が隠されているようです。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、これまでの経緯をたどりながら「米が離脱した真の理由」について分析しています。, 皆さんご存知と思いますが、トランプさんは5月8日、「イラン核合意」からの離脱を宣言しました。, ドナルド・トランプ米大統領は8日、オバマ前政権が締結したイラクとの核合意から離脱すると発表した。合意は「衰えて腐って」おり、「市民」として「恥ずかしいものだ」と語った。2015年に米国と共にこの合意を結んだ欧州各国からの忠告に反し、トランプ大統領は合意の見返りとして解除していた経済制裁を再び実行すると明らかにした。, この件ですが、アメリカの決定を支持しているのは、イランと敵対するイスラエル、サウジアラビアだけです。2015年の「イラン核合意」に参加したイギリス、フランス、ドイツ、中国、ロシアは、皆反対の立場。さらに、世界の核を監視するIAEAも、トランプの決定を強く非難しています。なぜ? イランが、「核合意」を守っているからです。, 【ベルリン時事】国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は9日、米国のイラン核合意離脱表明を受け「現時点では、イランは核開発に関する合意を順守している」との声明を出した。声明は「IAEAは動向を注視している」と説明。その上で「イランは核合意により、世界でも最も強力な監視体制下に置かれている」として、核合意が有効に機能してきたことを強調した。, イランが合意を守っているのなら、なぜアメリカは、離脱するのでしょうか? 表向きの理由は、こちら。, トランプ氏はかねてから、この合意がイランの核計画を期限付きでしか制限しないことや、弾道ミサイル開発を制止しないを批判してきた。さらに合意によって、中東地域全体に「武器と恐怖と抑圧」をもたらすために使われた1000億ドルの臨時収入を、イランに与えてしまったなどと非難してきた。 (BBC 5月9日), コロナ不況を読み解くには?株式投資のプロが選んだ「厳選推奨銘柄」を無料で利用する方法, 今後のマーケット動向はどうなる?無料で使える株式投資のプロ直伝「厳選推奨銘柄」とは, 年末年始の17連休案は「空気読めてなさすぎ?」菅内閣の盲点とは【2020-2021】. イラン核合意 ウィーンで協議へ アメリカ除く6か国で会合 2020年8月22日 5時51分 EU=ヨーロッパ連合は、イランの核合意をめぐって、合意に署名した国のうちアメリカを除く6か国による会合を、9月、オーストリアの首都ウィーンで開くと発表しました。� 【ホンシェルジュ】 人類絶滅までの残り時間を示す終末時計、2020年は「100秒前」でした。その理由のひとつとして挙げられているのが、イランとアメリカの対立関係です。この記事では、両国の歴史をイラン革命や核開発問題をキーワードにわかりやすく解説。 bbc 5/9(水)12:00配信 Copyright © The Asahi Shimbun Company. お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくはサイトポリシーのページをご覧ください。, 2015年にイランの核開発を制限する「イラン核合意」を結んだ英仏独中ロとイランの当事国6カ国が1日、ウィーンで会議を開き、合意を維持していくことで一致した。合意から離脱した米国は、核合意で解除された国連安全保障理事会の対イラン制裁の復活を求めているが、応じない方針も確認した。, 5年前の核合意は、米英仏独中ロ6カ国とイランが結んだ。今回の会議には、合意から18年に離脱した米国以外の当事国が参加し、終了後に「全参加国が合意を維持する重要性を再確認した。すべての当事者による合意の完全な履行が引き続き重要である」との声明を発表した。, また、声明は、米国が一方的に合意離脱を宣言したことを挙げ、「(合意の)参加国とみなすことはできない」と明記。米国は対イラン制裁を復活させる「スナップバック」と呼ばれる仕組みを使おうと手続きに着手しているが、改めて米国の制裁復活の主張の正当性を否定した格好だ。, 中国代表は「米大統領選まで引き延ばそうとしているのか」という記者団の質問に対し、「米国は超大国だが、一つの国だ。他の国々は先に進む」と答えた。(ウィーン=松井健), ※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。. アメリカの「イラン核合意離脱」で、中東大戦争が起こる? 皆さんご存知と思いますが、トランプさんは5月8日、「イラン核合意」からの離脱を宣言しました。 トランプ大統領、イラン核合意からの離脱を発表 欧州説得実らず. 次の米国大統領に選出されたジョー・バイデンに祝辞の言葉が次々と寄せられる中、イランの最高指導者アリ・ハメネイは、自由民主主義とアメリカのシステムをあざける機会としてアメリカの選挙を取り上げた。ハメネイはそもそもバイデンが大統領に選出されたことに対し、特に喜んでいるようには見受けられない。バイデンの大統領選挙キャンペーンで、核合意への復帰が約束された事項の1つに掲げられていたが、復帰はそう容易な作業ではないかも知れない。, そもそも、共和党の反対にもかかわらず、バラク・オバマ前米大統領がイランの核合意に参加した事実がある。当時は大統領令で参加を決め、連邦議会による批准手続きを経ていない。, 更に悪いことに、ヒラリー・クリントンが大統領選挙でドナルド・トランプに簡単に勝つだろうと誤って考えたオバマは、核合意を維持することを彼女に託していた。結局それが裏目に出て、核合意は連邦議会で批准されず、トランプがそれを反故にするきっかけを与えた。問題は、当初は包括的共同行動計画(JCPOA)と米国の意図に懐疑的だったハメネイが、次の大統領によって破棄される可能性があることを知りながら、合意を受け入れ、譲歩するかどうかである。テロリストの首謀者であったガセム・ソレイマニの殺害は、イランの米国への不信をさらに深め、その影響はトランプ大統領が政権から去った後でも長引く可能性がある。, 一方、米国上院は共和党の多数下にとどまる可能性が高く、下院の民主党の過半数越えの議席数も減ることが予測されている。したがって、バイデンが共和党が多数の上院で核合意に復帰する決議を通すことができる可能性はほとんど無い。トランプは、多国間の交渉で合意が為された核合意から、他の署名各国、特にヨーロッパ諸国に相談することなく、一方的に脱退したことで、厳しく非難されている。しかし、イラン側に渡されたせっかくのコインも、テヘランに協調行動を促すような誘引とはなっていないようである。それどころか、イランの指導者は、米国がイランの核となる原則を放棄することを強制できないことを国民に証明したがっている。政権の配下は金曜日の祈りの中で「アメリカの死」を呼びかけ続けている。ウラン濃縮に関してなされた譲歩は、イランがこの地域で不法な活動を増加させることで報いられている。核合意を唱えたオバマの理論的根拠は、経済的繁栄がイデオロギーに勝るというものだった。しかし、イランとの合意成立後、そのような状況は訪れていない。, 包括的共同行動計画(JCPOA)の署名から5年、米国は段階的な取引が機能しないことに気づく。, 加えて、米国はイランに解放された資金が紛争の資金調達に使用されていないことを確認できずにいる。オバマ政権の米国の最高幹部は、資金の一部はテロ組織に送られ、米国はこれを管理出来ていないとさえ、率直に明言している。同時に、オバマは交渉の流れを妨げないように、この地域でのイランの攻撃的な行動を見過ごしている。シリアのバシャール・アサドが化学兵器を使用した際には、オバマはレッドラインを超えた相手に対し、あろうことかシリアから撤退し、その後のロシアの介入への道を開いた。ホワイトハウスは、イラン側を動揺させないために、シリアへの制裁を定めるシーザー法が議会で通貨するのを遅らせた。, 加えて、この制裁措置はアラブ湾岸同盟諸国の背後で封印されていた。長年の同盟国米国に見捨てられたと感じた湾岸諸国は以後、より独力で対処する力をつけるため、積極的な地域政策を採用するよう促された。イランとの米国の核合意は、地域に安定をもたらすはずだったが、結果はその正反対で、より多くの混乱と紛争の激化をもたらした。一方、トランプの最大圧力政策は、直接の対立を控えながら、イランのシステムを弱体化させたが、同国を屈服させるには至っていない。イランは濃縮ウランの製造を再開し、米国に対してさらに大きな反抗を示した。実際、イランは40年間制裁下にあり、制裁に対する一種の抵抗力を発達させてきた。トランプが期待していた、イランのハッサン・ロウハニ大統領からの交渉の席に戻るという呼びかけは為されることはなかった。 イランは、調停者の役割を演じようとした日本の首相を鼻であしらったことを始め、米国とのあらゆる交渉の扉を閉ざした。ロウハニは、フランスで開催されたG7でジャバド・ザリフ外相がそうしたように、国連総会中に米国大統領と会うことを拒否した。 イランは依然として反抗的であり、米国との交渉の前提条件として、米国が包括的共同行動計画(JCPOA)の枠組みに復帰することを要請している。, 包括的共同行動計画(JCPOA)の署名から5年が経ち、米国は断片的な取引が機能しないことに気付き始めている。ただ、バイデンとしても、何らの譲歩も得られずに取引に戻ることで、弱腰であると見られることを防ぐであろう。そのため、米国及びイランだけでなく、地域の米国の同盟国に必要な保証を提供する大バーゲンが必要となってくる。 ただでさえ、バイデン政権は当初国内の課題だけでも多忙を極めるはずだ:いくつか例を挙げるだけでも、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の問題、悪化する経済、人種間の緊張など、いずれも緊急度が高い。また、バイデンの最優先事項は、トランプ大統領の任期中に緊張した欧州各国との関係修復であるはずだ。結局のところ、イランとその周辺地域に対して多国間アプローチを採用する可能性が高いバイデンは、おそらく欧州の同盟国と関わり、イラン問題の包括的な解決策を探ることになろう。バイデンがイランとの交渉において、どのような選択をするにしても、核合意に戻ることを選ぶのは、困難に直面することにつながるであろう。, © 2020 SAUDI RESEARCH & PUBLISHING COMPANY、利用規約に従い、当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。, 次期首相と目される日本の菅氏、COVID-19の痛み緩和のための給付金追加もあり得ると発言. 朝日新聞デジタルに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Cozy up! No reproduction or republication without written permission. The Asahi Shimbun Asia&Japan Watch (ENGLISH). Cozy up!」(5月10日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。イランの核合意について解説した。, イランのロウハニ大統領は5月8日、2015年の核合意に基づく義務の履行を一部停止すると発表した。また、合意に参加した国がアメリカの制裁からイランを守らなければ更なる措置を取るとも警告している。この核合意とはどんなものか、簡単に説明すると核開発疑惑を掛けられたイランとアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、中国、ロシアの6ヵ国が2015年7月に結んだ多国間の合意のことを言う。イランは核開発を大幅に制限する代わりに、金融制裁や原油取引の制限などの制裁を解除された。しかし、制限付きでもイランの核能力は維持されたため、トランプ大統領が致命的な欠陥があると非難し、2018年5月8日にアメリカは核合意から離脱している。, 飯田)メールもいろいろいただいているのですが、富士宮市の“ねこせんむ”さん、56歳の方。「私の認識なのですが、車で激走しているのを自転車で走るスピードに落すけれども止まったわけではないという合意で、トランプさんは止まっていないなら合意の意味が無いから離脱だということなのだろうと思っているのですが、いかがでしょうか」。, 宮家)その通りなのですけれど、更に言うとこれは自転車に乗り換えるのではなく普通の車なのですよ。5キロくらいで走るから許してくださいというけど、車は車のままなのです。だから大幅に制限と書いてあるけれど、実際はそうではない。問題は何かと言うと、例えば核兵器を作るのに絶対に必要なウランであれば濃縮活動ですよね。これをやめていないのですよ。確かに制限はあるけれど、8年~15年くらいしたらもう自由になってしまう。だから8年~15年は5キロで走っているけれど、その後はまた100キロで行きますと言えないこともないくらい穴があいているわけです。当時2015年に強硬に反対していたイランを何とか説き伏せたオバマ政権にはそれなりの苦労があったことは分かるのです。分かるのだけれど、私自身はこれを非常に大きな問題のある、比較的欠陥の多い合意だと思っています。その意味ではめずらしくトランプさんと意見が合うのだけれども、でも1回合意した以上は途中で抜けたらダメですよ。しかしアメリカは抜けてしまったわけですよね。でも、よく考えて下さい。イランからしたら北朝鮮だって核開発をやっているではないか、しかも北朝鮮なんてイランよりも小さな弱い国なのに、核兵器を持っているからアメリカと対等にやっているではないかと。そういう考えの人がイランに居ないはずは無いのですよ。もちろん少数派だとは思うけれど。そうしたらどうなるかと言うと、イランの強硬派がいずれ頭をもたげて来る。昔いましたね、変な大統領が。, 宮家)そういう時代がありました。あのときはワシントンにも強硬派がいて、イスラエルにも強硬派がいて、そしてイランにも強硬派がいて、みんな強硬派同士で「あいつらはアホだから」、と自分の行為を正当化することができた。皆共通の利益があったのです。, 宮家)「テヘランにこんなアホがいるから、こんな強硬なことが必要なのですよ」と皆言えるのです。, 宮家)ええ。それが私に言わせれば奇妙な共犯関係なのですが、それに戻ったら大変なのです。だからそういう意味ではイランがもう少し自制してくれると良いのだけれど、本当にできますかね。合意からの撤退ではないと言っているかもしれないですけれど、徐々に濃縮を再開して行けば、いずれどこかで元に戻ってしまうかもしれない。TPPの場合には、アメリカが抜けたけれど日本が上手く中心になって残りの国々を固めましたよね。しかし、イランの核合意は、アメリカが抜けてイランとアメリカが喧嘩になったらそれはもうもちません。ヨーロッパがどんなに頑張ったって、ロシアと中国が頑張ったって。と言うことは、イランにとっては辛い時期ですね。, IAEA本部 (オーストリア ウィーン)(国際原子力機関 - Wikipediaより), 飯田)専門家の方々、新聞などでいろいろコメントを出していますけれども、そのなかでIAEAの査察を追放していないし、これを拒んでもいないからある程度の出口は作っているのだという指摘がありますが。, 宮家)それはその通りです。北朝鮮に比べたら、イランの方が遥かに真面目な悪ですね。不真面目な悪と真面目な悪がいて、イランは真面目にやっている方だから上手くいけばその悪事を抑えられるのだけれど、さあどうでしょうか。, 飯田浩司のOK!