[5]。, イラン・イラク戦争時は、高等国防委員会委員、イラン空軍司令官、イラン国軍副司令官をつとめた[5]。, 1999年(平成11年)10月及び2004年(平成16年)3月に訪日している[6]。, 2013年6月のイラン大統領選挙に立候補。同年6月14日に行われた投票で18,613,329票を獲得し、当選に必要な50 %を上回る得票率で、有力候補と目された保守派のモハンマド・バーゲル・ガーリーバーフテヘラン市長や保守強硬派のサイード・ジャリーリー国家安全保障最高評議会書記などを破り、当選した[1]。, 2013年8月3日、第7代イラン大統領に就任した[7]。第一副大統領には改革派のエスハーグ・ジャハーンギーリー(英語版)を任命した[8]。, イラン国会で、ロウハーニーが提出した閣僚名簿の信任投票が8月15日に行われ、18人のうち外務大臣や石油大臣など主要閣僚を含む15人が信任された[9]。, 10月26日、イラン国会で、残る3つの閣僚候補に対する信任投票が行われ、科学技術と教育の2人は信任を得たが、残り1人は不信任となった[10]。, 11月17日、国会における信任投票でスポーツ・青年大臣に指名されたマフムード・グーダルズィーが信任され、これにより全閣僚が決定した[11]。, 2016年2月に行われた第5期専門家会議選挙ではテヘラン選挙区(定数16)で立候補し、3位で当選を果たした(1位はハーシェミー・ラフサンジャーニー)[12]。また、同じ日に行われた第10期国会議員選挙では、ロウハーニー寄りの改革派・穏健派が躍進した。, 2017年の大統領選挙(ペルシア語版、英語版)に再選を目指して立候補し、4月20日、ロウハーニーと保守強硬派の対抗候補エブラーヒーム・ライースィーを含む6人の候補者が、正式に選挙参加資格を認められた[13]。, 2017年5月19日に大統領選が行われ、翌20日にアブドッレザー・ラフマーニー・ファズリー(ペルシア語版、英語版)内務大臣(ペルシア語版、英語版)より開票結果が発表、開票された4122万131票の有効票のうち、現職のロウハーニーが有効投票の過半数となる2354万9616票を獲得して、決選投票なしに大統領を続投することが確定した[14]。, 2013年9月5日、6カ国との核協議の担当を、国家安全保障最高評議会から外務省へ移した[15]。, 2013年9月27日、アメリカのバラク・オバマ大統領と電話で会談した、イラン・イスラーム革命の後、米国首脳と初めて直接接触[16]。, 大統領就任後、アラブ諸国のうち最初に訪問した国はオマーンであった(2014年3月)[17]。, 2014年9月24日、英国のキャメロン首相と会談した。両国首脳の会談はイスラーム革命後では初のこと[18]。, 2016年に革命防衛隊が「イスラエルは抹消されなければならない」と書き込まれた弾道ミサイルの発射実験が実施したことについては、2017年5月6日、2015年に欧米と結んだ核開発に関する合意を妨げるものであったとして革命防衛隊を批判した[19]。, 厳格で公平な性格である。保守穏健派であり、従来の強硬路線とは一線を画している[20]。, アーディル・アブドゥルマフディー (EU says Iran, 6 key nations to hold nuclear talks), オバマがロハニと会う会わないでもめているうちに、フランスのオランド大統領は、横取り的にロハニと会った。オランドはロハニに、シリア内戦の調停会議に協力してほしいと要請し、ロハニは了承した。オランドは、イランに核の平和利用があることを認め、イラン核問題を平和理に解決したいと表明した。オランドは、つい2週間前、オバマが国連調査を待たずにシリアを空爆しようとするのをいち早く支持する好戦性を見せたばかりだが、今度は逆に、オバマを差し置いてイランにすり寄り、外交こそ解決策だと言っている。フランス人は面の皮が厚い。 アブドルファッターフ・アッ=シーシー (Optimists to fore before Iran-US encounter), しかし、オバマとロハニの握手や立ち話の有無が焦点となり、騒動になっている間に、それよりもっと重要な展開が、国連本部内で静かに起きていた。オバマはロハニと会わないが、代わりにケリー国務長官が、イランのザリフ外相と会談することになった。米イラン外相会談は、つい2週間前まで、想像を絶することだった。EU、英国、ドイツ、イタリア、オランダなどの外相が、ザリフと相次いで会談した。 Translation provided by The Cold War International History Project at The, Woodrow Wilson International Center for Scholars, Iran Reiterates Chechnya War is Russia's Internal Affair, The Cost of Economic Sanctions on Major Exporters to Iran, Royal Institute for International Affairs, Iran to buy five TU 100-204 planes from Russia, World Press Review: Bear Hugs, Iran-Russian relations, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=イランとロシアの関係&oldid=74804845. マルティン・ビスカラ, ニコラス・マドゥロフアン・グアイド (EU court verdict on Iran sanctions angers US) オバマはロハニと会わないが、代わりにケリー国務長官が、イランのザリフ外相と会談することになった。米イラン外相会談は、つい2週間前まで、想像を絶することだった。EU、英国、ドイツ、イタリア、オランダなどの外相が、ザリフと相次いで会談した イランとロシアの関係(ペルシア語: روابط ایران و روسیه ‎、英語: Iran–Russia relations )は、公式には1592年に当時のサファヴィー朝とのあいだで取り結ばれた外交関係に始まる。 以降、相互の関係は一時は緊張し、一時は穏やかなものであり、さまざまな変動が見られた。 シャイフ・ハリーファ イランの領土であったカフカス地方(コーカサス地方)の領有を目指すロシアは、1804年にイランのカージャール朝との戦争を起こして勝利し、1813年にゴレスターン条約を締結して、カフカス地方のグルジアと北アゼルバイジャンを獲得した。 (Obama tells UN that diplomatic path must be tested with Iran), 対照的にロハニの演説は米国批判が多かったが、米国やイスラエルを名指しで糾弾することはなかった。ロハニは、イランは核兵器を開発しておらず「イランの脅威」は米欧が作ったプロパガンダだと述べた。ロハニは、中東の諸問題を外交で解決することに協力したいと述べた。オバマも同様に演説で、イラン核問題を外交で解決したいと述べた。 サルマーン, ファイズ・サラージ マハティール・ビン・モハマド, <イラン>ロウハニ大統領就任 厳格・公平、父譲り] 毎日新聞 2013年8月4日(日), “Rouhani Wins Iran's Presidential Election”, https://web.archive.org/web/20130619045031/http://english.farsnews.com/newstext.php?nn=9203183026, Potential Candidate Series: Hassan Rowhani, “British university congratulates alumnus Rohani on Iran presidential poll win”, http://www.presstv.ir/detail/2013/06/20/310008/dr-rohanis-university-hails-election-win/, https://web.archive.org/web/20130616040552/http://www.presstv.ir/detail/2013/06/15/309169/rohani-becomes-irans-new-president/, http://iranelectionwatch.com/potential-candidate-series-hassan-rowhani/#.UVG0G5b6cmo, “Iran's Rouhani appoints reformist as top deputy”, http://www.thehindu.com/news/international/world/irans-rouhani-appoints-reformist-as-top-deputy/article4991951.ece, “Urgent: Iranian Parliament Gives Vote of Confidence to Majority of Rouhani’s Proposed Ministers”, http://english.farsnews.com/newstext.aspx?nn=13920524000980, “Iran Majlis endorses 2 out of 3 Rouhani Cabinet picks”, http://www.presstv.ir/detail/2013/10/27/331578/majlis-endorses-2-rouhani-cabinet-picks/, http://www.presstv.ir/detail/2013/11/17/335220/majlis-iran-vote-sport/, “Final results for Assembly of Experts in Tehran”, http://en.mehrnews.com/news/114856/Final-results-for-Assembly-of-Experts-in-Tehran, 第12期イラン大統領選挙、現職のローハーニー大統領の留任確定 - Pars Today, http://japanese.irib.ir/news/nuclear-power/item/39878-核協議を担当するイラン外務省, “Rouhani pays first visit to Arab world with Oman trip”, http://www.aawsat.net/2014/03/article55329974, http://www.asahi.com/articles/ASG9T23X4G9TUHBI003.html, مرکز تحقیقات استراتژیک - کادرعلمی - دکتر حسن روحانی, Center For Strategic Research - Experts - Dr. Hassan Rouhani. (Rohani blasts U.S. sanctions, says 'peace is within reach'), 今回の国連総会で注目されていたのは、ロハニが演説で核開発(平和利用)の一部放棄を表明して核問題の解決を目指すのでないかということと、ロハニとオバマが国連本部の廊下で(計画的に)ばったり会い、画期的な立ち話をするのでないかということだった。これらは、いずれも実現しなかった。米国では、オバマに「ロハニと会え」と求める誓願に11万人が署名したが無駄だった。 (Iranian, French presidents meet at UN), フランスは昔から、政権が左右どちらの時でも、外交的に抜け目なく動いて漁夫の利を得ることに非常に熱心だ。抜け目のなさはロシアに似ている。英米は覇権国なので、自分たちが立てた戦略を貫く必要がある。特に英国は、18-19世紀に今に続く外交システムを自ら作っただけに、信用を壊す言動に対して慎重だ。しかし仏露は、英米が作った世界システムの中で諸大国の配役をもらう受動的な立場なので、米英に便乗したり裏をかいたりして漁夫の利を狙う傾向が強い。, ロハニは、IMFのラガルド専務理事とも会談した。これまで30年あまり米英主導の国際社会から排除されていたイランはIMFから金を借りられなかったが、今回IMFは久々にイランと融資の打ち合わせをすることになった。シリア空爆騒動が外交解決に大転換したことの発展型として、ロハニが国連総会に出てきたことを機に、イランは約30年ぶりに突如、国際社会に受け入れられている。 ジョコ・ウィドド (Assad regime says conflict has reached stalemate, plans to call for ceasefire), イランとシリアの問題が解決への軌道に乗ったら、次に問題になりそうなのが、イスラエルとパレスチナのことだ。シリア政府が化学兵器を廃棄することになった直後、イスラエルが核兵器だけでなく化学兵器も持っていることが国際的に問題になりだした。イスラエルは、化学兵器禁止条約に署名しているが批准しておらず、実体的に未加盟である。 (Syrian FM: Syria will sign chemical ban, open storage sites), だがその後、シリアが化学兵器を廃棄するロシア案が具現化し始めるとともに、1983年の米CIAの報告書に、イスラエルがディモナの軍事施設(原子炉も併設)で化学兵器を開発していると書かれていることが問題視され出した。ロシアの外交官が、シリアだけでなくイスラエルも化学兵器禁止条約に正式加盟し、化学兵器を廃棄すべきだと主張するなど、イスラエル批判が国際的に出てきた。 ムハンマド・ブハリ, アブデルマジド・テブン ジャービル・アッ=サバーハ ハサン・ロウハーニー イラン大統領選で中道派ロハニ氏がリード、初期開票結果 . アブデルカーデル・ベンサラーハ (Israel also facing questions about chemical weapons), 化学兵器問題でシリアとイスラエルが抱き合わせにされるのと同時に、核兵器問題では、イランとイスラエルが抱き合わせにされる。イランの核兵器保有は濡れ衣だが、イスラエルのは本物だ。ロシア案が出てきてシリア問題に解決の道筋が見え、次はイラン問題の解決だという話になり出した9月中旬、イスラエルの核兵器保有が80発で、50発が弾道ミサイル用、30発が爆撃機搭載用だとする米軍諜報機関DIAの情報が、リークされ報じられた。イスラエルは190発分の核物質を持っているとも書かれており、この数は「イスラエルの核は200発」という既存の流布情報と符合する。 (Russia Gives Iran Control of Bushehr Nuclear Plant), これはタイミング的にみて、米国がイラン核問題の解決を不可逆的に受容したと、ロシアが判断したことを示している。米露はシリア問題で8月から頻繁に高官協議をしており、ロシアの判断は間違いがないだろう。「米国の傀儡」と発展途上諸国から呼ばれている天野之弥IAEA事務局長も、イラン核問題が解決しそうだと楽観視している。10月の進展が期待される。 (`Breakthrough expected' in Iran N-issue), 10月には、シリア内戦を調停するジュネーブ会議も開かれそうだ。シリア政府が化学兵器を放棄する代わりに国際社会に許されるロシア案は、米国の強硬姿勢ゆえに、シリアが国連に化学兵器のリストを提出するまでに、調印から1週間しか期間が与えられなかった。化学兵器禁止条約の規定は、調印からリスト提出まで1カ月であり、いかに米国がシリアに意地悪であるかがわかる。内戦のシリアが1週間でリストを出せないとの懸念も報じられた。しかしシリア政府は、1日前倒しの調印から6日目、9月23日にリストを提出した。しかもそれは、米政府の担当者を「完璧なリストだ」と驚かせる内容だった。 イラン大統領選で中道派ロハニ氏がリード、初期開票結果 . セバスティアン・ピニェラ (Iran's foreign minister Mohammad-Javad Zarif to join negotiations), 国連総会の傍らで、米英仏独露中によるイラン核問題の外相会議(P5+1。最近はE3+3とも呼ぶ)が開かれ、イランのザリフも参加した。P5+1は、これまで進展の見通しがなかったため、事務レベル級で開かれてきた。外相会談はめずらしい(初めてかも)。外相会議が開かれ、イラン外相も出てきたことは、イラン核問題が進展する見通しが増したことを示している。イラン核問題は、米欧がイランに核兵器開発の濡れ衣をかけてきた問題だ。イランの外相が出席を了承したことは、濡れ衣が解かれる見通しをイランが持ったことを意味している。 イランはロシアの地域政策、中東政策において高い重要性を持つ。特に、2014年の「ウクライナ危機」以降、欧米から経済制裁を発動され、世界的に孤立しているロシアにとって、イランとの協力関係は、自国外交という観点のみならず、地域の安定維持のために肝要となっている。 オバマはロハニと会わないが、代わりにケリー国務長官が、イランのザリフ外相と会談することになった。米イラン外相会談は、つい2週間前まで、想像を絶することだった。EU、英国、ドイツ、イタリア、オランダなどの外相が、ザリフと相次いで会談した (US: Syria Might Miss Kerry-Mandated Disclosure Date), シリア政府は、内戦が拮抗状態で膠着しており、勝負がつかないので和平した方が良いと、反政府派に停戦を呼びかけている。反政府派は、仲間割れの傾向を強めている。オバマは国連演説で「引き続き穏健なシリア反政府派を支援していく」と表明したが、内戦の現場にいるのは過激派ばかりで、穏健派は空想の産物に近い。米政府は、イランがシリア和平会議に参加することを容認しており、10月に予定されているシリア和平会議は、アサド支持のロシアとイランの発言力が強くなりそうだ。 (Israel is ignoring the neighborly hand extended by Iran), イスラエルは狭い国だ。ヒズボラやハマス、シリアのアルカイダといった国境近傍のゲリラ勢力と戦う場合、大量破壊兵器は自国側にも放射能や毒物をまき散らすので使えず、抑止力にならない。イスラエル国家の存続にとって大事なのは大量破壊兵器でなく、覇権国である米国の後ろ盾だ。シリア空爆騒動を機に(奇貨として)、米国は急速に中東での覇権を失い(放棄し)つつある。米国がこの10年あまり中東の敵対関係を扇動しまくったので、イスラエルの周りは敵ばかりだ。現状のまま米国が覇権を低下させ続けると、イスラエルは大量破壊兵器の有無に関係なく、いずれ国家消滅につながる戦争に巻き込まれる。 ジャイール・ボルソナーロ (Iran Reduces Enriched Uranium Stockpile), イランの提案どおり、フォルド核施設の閉鎖と見返りに米国が制裁解除を了承するかどうか、まだわからない。米議会がこれまでに立法したイラン制裁法は、制裁の根拠に「人権侵害」など核問題以外の多くの要件も掲げており、核問題が解決しても米国がイラン制裁をやめない可能性が高い。 (Iran: now the difficult bit begins) ハサン・ロウハーニー (PA says Israel agreed to release another 250 prisoners), シリア空爆騒動以来のイスラエルと米国の微妙な関係について、前々から書こうと思ってきたが、今回も書けず、直近のおもての情勢だけで大量に書いてしまった。オバマがなぜ急にイランとの和解策に転じたのかも分析し切れていない。これらはあらためて書きたい。, Full text of Obama's UN General Assembly speech, Obama tells UN that diplomatic path must be tested with Iran, The full text of Iranian President Hassan Rohani's address to the UNGA, Rohani blasts U.S. sanctions, says 'peace is within reach', Optimists to fore before Iran-US encounter, Iran's foreign minister Mohammad-Javad Zarif to join negotiations, EU says Iran, 6 key nations to hold nuclear talks, IMF chief Lagarde, Iran's Rouhani meet at U.N., discuss economy, Report: Iran Would Shut Enrichment Plant for End to Sanctions, On Iran Negotiations, US is Untrustworthy, EU court verdict on Iran sanctions angers US, Russia Gives Iran Control of Bushehr Nuclear Plant, US: Syria's Chemical Weapons List `Surprisingly Complete', US: Syria Might Miss Kerry-Mandated Disclosure Date, Assad regime says conflict has reached stalemate, plans to call for ceasefire, Syria chemical weapons plan renews talk of whether Israel also has them, Syrian FM: Syria will sign chemical ban, open storage sites, Israel also facing questions about chemical weapons, Israel has 80 nuclear warheads, report says, Israel is ignoring the neighborly hand extended by Iran, Iran's only Jewish lawmaker says he's going to UN with Rohani, PA says Israel agreed to release another 250 prisoners.