誘致. 石油 資源小国である日本は、中東の産油国と友好関係を築く努力を重ねてきた。世界第4位の原油埋蔵量、世界第1位の天然ガス埋蔵量を誇るイランも長年にわたって重要な石油供給国だった。しかし、核兵器開発疑惑による米国の対イラン経済制裁が、日本とイランの貿易関係にも影を落としている。, 日本は2000年、推定埋蔵量260億バレルのアザデガン油田開発の優先交渉権を獲得した。「日の丸油田」として期待が高まったが、米国の反発を受けて交渉は難航。04年に日本側75%出資でイラン国営石油会社との契約締結にこぎ着けたものの、米国の対イラン制裁強化により対象企業に指定される恐れが高まったため、06年に権益を10%に縮小、さらに10年には完全撤退した。, 日本とイランの貿易関係は、圧倒的な日本の輸入超で推移してきた。2018年の輸入額は3800億円で、ほとんどが原油などの鉱物性燃料。日本からの輸出は770億円で、自動車等の輸送機器や一般機械が中心。, イランは人口8000万人近い中東の大国で、潜在性のある巨大市場として欧州各国も注目している。2015年7月のイランと欧米など6カ国の核協議最終合意に伴う経済制裁の解除を受け、日本も停滞気味だった貿易の拡大を目指していたが、米トランプ大統領による合意破棄、経済制裁の再開によりイラン経済は苦しい状況に陥っている。さらに、2019年末の米軍によるイラン司令官殺害で緊張関係が高まっており、世界経済全体への影響も懸念されている。, 日本の原油輸入量全体に占めるイラン産の割合は18年実績で4.2%まで縮小(石油統計)しているが、この地域で政治的・軍事的緊張感が高まることは、エネルギーの中東依存度が高い日本にとって危機的なことである。, イラン 9 主要貿易相手国(2019年度、イラン ... また、在イラン日本大使館内に日本文化紹介スペース「ジャパン・ルーム」を開設し、伝統文化からポップカルチャーまで、イランの若者が日本文化を身近に体験する場となっている。 核疑惑, 世界有数の産油国であるイランは、日本にとって重要な石油供給国だった。核開発疑惑による経済制裁などで輸入量は漸減していたが、2019年はさらに大きく落ち込んだ。, ハタミ大統領がイランの大統領として初来日(元首クラスの来日は1958年以来42年ぶり)、森喜朗首相と会談。日本が、アザデガン油田の優先交渉権を獲得, 国際石油開発とイラン国営石油会社がアザデガン油田の開発契約締結。総投資額20億ドルのうち日本側が75%出資, 国連安保理がイランに対しウラン濃縮停止要求と経済制裁警告決議。日本はアザデガン油田の権益を75%から10%に縮小, 安倍首相がイラン訪問、ロウハニ大統領、最高指導者ハメネイ師と会談(首相のイラン訪問は1978年の福田赳夫氏以来41年ぶり), 中東シーレーンを航行する船舶の安全確保に向けた情報収集のため、海上自衛隊の中東派遣を閣議決定(20年2月派遣予定). Copyright (C) 1995-2020 Japan External Trade Organization(JETRO). All rights reserved. セイエド・アリ・ハーメネイ Seyed Ali KHAMENEI(最高指導者、1989年6月4日就任、1939年生まれ), 定員290名、任期4年(2020年5月~)。議長:モハンマド・バーゲル・ガリバフ(2020年5月選出), ホセイン・モダッレス・キアバニ Hossein Modarres KHIABANI, イランとの貿易は、米国による経済制裁の影響を受けて大幅に縮小。2019年の日本からイランへの輸出は、原料別製品、一般機械、化学製品等が主要品目となった。輸入については、約96%が鉱物性燃料によって占められている。, 1958年文化協定、1958年経済技術協力協定、1963年司法共助取極、1974年査証免除取極(1992年4月より一部につき一時停止)、2016年受刑者移送条約、2017年投資協定(2017年4月発効). 対日貿易上の特徴および問題点: イランとの貿易は、米国による経済制裁の影響を受けて大幅に縮小。2019年の日本からイランへの輸出は、原料別製品、一般機械、化学製品等が主要品目となった。輸入については、約96%が鉱物性燃料によって占められている。 中東 ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。, 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。, 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。, 外国企業 日本とイランの関係(ペルシア語: روابط ایران و ژاپن‎、英語: Iran–Japan relations)は、日本とイランの外交関係である。公式に樹立されたのはパフラヴィー朝ペルシャ時代の1926年であった 。第二次世界大戦中を例外とすれば、歴史を通して両国は比較的友好的かつ強く戦略的な関係を維持してきた。 しかし、核兵器開発疑惑による米国の対イラン経済制裁が、日本とイランの貿易関係にも影を落としている。 日本は2000年、推定埋蔵量260億バレルのアザデガン油田開発の優先交渉権を獲得した。�