ダイナサッシュの 1988年 史実産駒「ゴールデンサッシュ」のデータをまとめた、ウイニングポスト9(2019)の攻略情報です。 ゴールデンサッシュは日本の史実馬です。 父は ディクタス 、spが 52 、サブパラの合計が 36 となります。. Copyright © ウイニングポストのメモ帳 All Rights Reserved. ダイナサッシュの競走馬データです。競走成績、血統情報、産駒情報などをはじめ、50万頭以上の競走馬・騎手・調教師・馬主・生産者・レースの全データがご覧いただけます。 外史実馬となります。 吉野安平ファーム ... 攻略記事 ウイニングポスト9 序盤攻略(1992年) 1年目はこちら ウイニングポスト9 ultimateをプレイしてみた … 2019/04/29. ローズサッシュ; 能力・適正・成長型 ゴールデンサッシュの 1995年 史実産駒「ローズサッシュ」のデータをまとめた、ウイニングポスト9(2019)の攻略情報です。 ローズサッシュは日本の史実馬です。 父は ドクターデヴィアス 、spが 51 、サブパラの合計が 39 となります。. 産駒名をクリックで詳細データに移動します。. ゴールデンサッシュの 1996年 史実産駒「レイサッシュ」のデータをまとめた、ウイニングポスト9(2019)の攻略情報です。 レイサッシュは日本の史実馬です。 父は パラダイスクリーク 、spが 58 、サブパラの合計が 37 となります。. ウイニングポスト9(2019)の初期繁殖牝馬「ダイナサッシュ」に関する攻略情報です。 ノーザンテースト系に属する評価額4,000万円の史実繁殖牝馬です。 所属牝系はありません。 spは 50 、サブパラの合計は 17 、成長力は 普通 となります。 ダイナサッシュ 今回、ダイナサッシュの子~孫~ひ孫で3代重賞制覇にしてあるので、条件的にはロイヤルサッシュから4世代以内で3代重賞制覇になってるはずなのにダイナサッシュ系になってしまったので。 (ロイヤルサッシュ直仔の1976年生まれアスコットロイヤル以外に)もう1 産駒名をクリックで詳細データに移動します。. 外史実馬となります。 (虹)ダイナカール . G1レース8勝中、東京競馬場ではオークス、安田記念、天皇賞・秋しか勝ってないのに。, 史実期間中に主流牝系を確立するのはほとんどが既に属してる主流牝系からの独立ばかりなんですよね。, ドゥラメンテの活躍もあって史実期間終了後にはエアグルーヴ系の独立が避けられませんけどね。, 史実のこの世代はレジネッタ、トールポピー、ブラックエンブレムという能力的に微妙な馬が牝馬クラシック路線の勝ち馬ですが、このあたりどうにも史実補正が弱いようで史実通りの結果になっているのを見たことがない気がします。, 所有したダイワスカーレットが秋古馬三冠達成したのに対して、所有しなかったウオッカはエリザベス女王杯勝ちのみ。, ダイワスカーレットの活躍で前年のブードワール系の評価がAだったので名牝系昇格を狙えるかな~と思ったら、評価Bに下がってました。, パシフィカスをMy牝系にした時にビワハヤヒデとナリタブライアンの活躍だけでB以上になってた気がするから関係なさそうと思いますが…, ディープインパクトは秋古馬三冠いけそうだな~と思ったらジャパンCの次走が年明けのAJCCになっていて出走叶わず。, アストニシメント系に「パワー」の牝系因子がついていましたが、産駒に「重ハンデ」の能力が付きやすくなるという地雷因子ですね。, 他にもデメリットとなる因子は「大駆け」が付く「意外性」と、「非根幹距離」あたりですかね。, 非根幹距離は海外でならメリットとなる場面もそれなりにありますが、大半のG1が根幹距離で行われている日本においては大きなデメリットになってしまいます。, ちなみに牝系因子「ダート」の効果はダート馬は生まれやすくなるではなく、産駒が「万能○」になりやすくなるというデメリットにならない因子だったりします。, 成長が遅めだから取り逃す可能性が一番高いのは皐月賞だと思ってたのに意外な結果です。, 2017年スタートだとロイヤルサッシュ系が主流牝系になっていますが、1982年スタートだとロイヤルサッシュ系にすることは無理かもしれない。, 今回、ダイナサッシュの子~孫~ひ孫で3代重賞制覇にしてあるので、条件的にはロイヤルサッシュから4世代以内で3代重賞制覇になってるはずなのにダイナサッシュ系になってしまったので。, (ロイヤルサッシュ直仔の1976年生まれアスコットロイヤル以外に)もう1本牝系図に載るラインがあればもしかしたら…?, ダイナギフト~ホットプレイ~タマモホットプレイのラインで先に重賞を勝ってから試してみれば良かった。, この年も自家生産馬での介入はほとんどなかったのですが、史実とは大幅に異なる1年でした。, 史実ではこの年、8戦8勝のテイエムオペラオーですが7戦2勝で終わり当然のように年度代表馬も取り逃す。, 牝馬路線ではシルクプリマドンナがオークス、秋華賞、エリ女を制し世代で圧倒的な強さを見せる。, クラブに預けたアグネスデジタルは皐月賞&チャンピオンズCを同一年に勝つという意味不明なローテがある意味この馬っぽい。, グラスワンダーは意外と成長力がないようで5歳時には既に枯れていて思ったよりも勝てず。, 能力の高さと常に直線を向いたところで先頭にいる脚質のおかげで適距離のレースならどんな相手でも負けませんね。, テイエムオーシャンがオープン戦で連続で勝てずに阪神JFが空き巣G1となっていました。, 来年は故障しないアグネスタキオンを中心としたクラシックになりそうですが、クロフネのローテも気になるところです。. ゴールデンサッシュ; 能力・適正・成長型