外伝小説『マウンテンピーナッツ』では主人公に昇格。再び初代ウルトラマンにライブしてデットン、ジャミラ、ノスフェルと戦うが、同小説の世界観はかなりハードだった為、重傷を負ったり、人々の死を目撃したり、人間の愚かさに絶望するなど凄惨な戦いを強いられた。 !』では、ブラックキングとウルトラマンギンガにウルトライブする、, 2014年7月25日より開催の『ウルトラマンフェスティバル2014』では、ウルトラマンギンガストリウムverとビクトリーverの2種類が選べる。, 2014年12月26日より開催の『お正月だよ!ウルトラマン全員集合! 1: 無題 2019/02/18 11:17:38 ウルトラマントレギアの正体を探るスレ青いマスクをしてる風だったりカラータイマーが閉ざされてたりするのが気になる。一体何者なのだろう? 2: 無題 2019/02/18 11: Dramatic Seven - 3. 第4話ではひょんなことからグラビア撮影のモデルを引き受けることとなった美鈴への嫉妬から、ラゴンにダークライブしてしまう。 しかし第10話ではウルトラマンダーク/ウルトラセブンダークの正体が父・誠一郎だと知り彼を拒絶してしまい、ナックル星人グレイにその心の隙を突かれ、スーパーグランドキングにダークライブしてしまう。自分の精神の中に入ってきたヒカルと喧嘩してしまうが最終的に和解。自身もギンガと一体化し、スーパーグランドキングを撃破、父親とも和解した。 こうした世界観が形成された理由として、『大怪獣バトル』の時系列は『メビウス』のときから数千年が経過しており、また「ギャラクシークライシス」以降、様々な別宇宙の怪獣出現と同時に地球の文明も別宇宙の技術が流入したおかげで外惑星にホイホイ行けるレベルまで進化していたため、映像の描写的に無理が生じるためと思われる。 Bullet Train 5th Anniversary Tour 2017 Super Trans NIPPON Express - 11. - 10. ‚ª¶‚¶‚½B‚»‚ê‚ðD‹@‚ƍU‚ߍž‚ÞƒMƒ“ƒK‚ƃrƒNƒgƒŠ[‚¾‚ªAƒ_[ƒNƒ‹ƒMƒGƒ‹‚̓GƒNƒZƒ‰[‚ÌŽx”z‚ð‚Í‚Ë‚Ì‚¯‚Ä•œŠˆ‚µ‚Ä‚µ‚Ü‚¤B, @UPG‘àˆõ‚Æ‚µ‚Đí‚Á‚Ä‚¢‚½ƒVƒ‡ƒE‚ƃTƒNƒ„‚Í‹x‰É‚Å’n’ꐢŠE‚Ö‚Æ‹A‚Á‚Ä‚«‚½B‚¾‚ª“Ë‘R‚Ì’n‹¿‚«‚Æ‹¤‚ɉöb‚ªŒ»‚ꂽBŠë‹@‚ɊׂéƒEƒ‹ƒgƒ‰ƒ}ƒ“ƒrƒNƒgƒŠ[‚¾‚Á‚½‚ªA‚»‚±‚ɏ•‚¯‚ÉŒ»‚ꂽ‚̂̓Eƒ‹ƒgƒ‰ƒ}ƒ“ƒqƒJƒŠ‚¾‚Á‚½BƒqƒJƒŠ‚̗͂𓾂ăpƒ[ƒAƒbƒv‚µ‚½ƒrƒNƒgƒŠ[‚́AƒqƒJƒŠ‚©‚çA‰F’ˆ‚̒鉤‚ª•œŠˆ‚µ‚悤‚Æ‚µ‚Ä‚¨‚èA‚»‚Ì•œŠˆ‚Ì‚½‚߂ɃrƒNƒgƒŠƒEƒ€‚ª•K—v‚Å‚ ‚鎖‚ð’m‚炳‚ê‚éB. Starlight - 6. 本人曰く親ばからしい。, 声:石丸博也 本作における悪役であり、ダークスパークの力を持って、全てのウルトラマンと怪獣を人形に変えてしまった。, 全高14センチの人形に変わってしまったウルトラ戦士&怪獣たち。 『ウルトラマンギンガs』(ウルトラマンギンガエス)は、円谷プロダクションが制作した特撮テレビドラマである。 2014年 7月15日から9月2日までと11月4日から12月23日までの2期、『新ウルトラマン列伝』内において全16話が放送された 。 BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 Sweetest Battlefield at Musashino Forest Sport Plaza Main Arena- 13. ウルトラマン80:同じく学校を舞台にした作品だが、こちらは主人公が教師を務めている。 POLICEMEN - 4. 『君が、ヒーローだ!!』 ストーリーはこれまでのウルトラマンシリーズと異なり、高校生を主人公とし小学校周辺を舞台としたジュブナイルテイストの作風になっており、シリーズでは初めて防衛チームが登場しない(物語の舞台が学校(およびその周辺)という極めて狭い範囲に限定されているのは、制作時の撮影環境の都合によるため)。 ウルトラマンギンガ (役)根岸拓哉。 (声)杉田智和。 ロックミュージシャンの両親と共に世界中を旅してきた高校生。祖父のいる振星町で、スパークドール状態となったウルトラマンタロウと出会い、更に実家の神社のご神体となっていた Hey Hey Hey - 18. BULLET TRAIN ARENA TOUR 2017-2018 THE END FOR BEGINNING- 12. 監修:大岡新一 超特急 BOYS GIG Vol.2 - 9. https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ウルトラマンギンガ&oldid=80322033, Takamiy with 宮野真守 「Legend of Galaxy ~銀河の覇者」, 企画初期は「ウルトライブ」の名称が決定する前に「ウルトライド」や「ウルトライズ」という案が存在しており、ヒカルの苗字「礼堂」も「ライド」に由来している, 物語の終局まで正体が不明という設定やほとんど喋らないという描写は、出自が明確でよく喋る, 身長は具体的な数値が設定されていないが、撮影上は小学校の校舎や森との対比から30メートルくらいのイメージで描写されており、最終回で本来のウルトラマンのサイズとなっている, ギンガの掛け声は、「タイム」や「イヤー」など時間に関する単語となっており、「ショーラ!」という掛け声は「将来」を意味するものとなっている, 登場キャラクター欄において、レギュラーキャラである異形の手のモノ(ダークルギエル)、バルキー星人(SD)、ナックル星人グレイ(SD)、ウルトラマンタロウ(SD)は、実戦に参加した時のみ記載している。, 本作のサブタイトルのロゴには、各話のサブタイトルや内容に由来するマークがどこかに入っている(例:第1話の「星」の字には「★」が入っている)。, ケムール人(2,3,5,6、劇場スペシャル、7,9,10、劇場スペシャル2、Web1 - Web3), 企画 - 黒澤桂、片野良太(バンダイ)、仲吉治人(バンダイビジュアル)、山西太平(電通), 特殊造型 - 潤淵隆文、品田冬樹、伊藤伸朗、山部拓也、亀田義郎、開米敏雄、橋本琢、田原俊, VFX・CG - 日本エフェクトセンター、Pagoda,LLC、クロフネプロダクト, 製作 - 「ウルトラマンギンガ」製作委員会(円谷プロダクション・バンダイ・バンダイビジュアル), キャラクターメンテナンス - 宮川秀男、福井康之、田中伸明、釜下由佳、橋本聡、岩崎晋弥、星野啓太、国本司、林宏之. “BULLET TRAIN ONEMAN SHOW 2014” 全国Zepp TOUR 8.29 at Zepp Tokyo - 3. - 帰マン(DAICON FILM版) - スーパー特撮大戦2001- SVS - TANK!3 - 巨影都市 - 怪獣擬人化計画, 円谷プロ - 円谷エンターテインメント - バンダイ - バンダイナムコグループ - ナムコ - バンダイナムコエンターテインメント - プレックス - バンダイビジュアル - マルサン商店 - ブルマァク - マーベル・コミック, この設定は、第15話で生かされている。カラータイマーが鳴る前にライブアウトして少し休み、もう一度ウルトライブを繰り返せば長く戦えるという作戦で消耗した際、キサラから「ビクトリーに変身できるのはあと1回だけ」と忠告を受けた。タロウも、「3分というのは、人間がライブできる限界」と忠告している。, ビクトルギエルによってギンガとビクトリーが石化された際、ギンガとビクトリーのスパークドールズは、ギンガスパークとビクトリーランサーと分離しており、ヒカルとショウの近くに落ちていた。, ただこちらはレリーフがカラータイマーのような青いクリスタル状になっており、操作も行わない。, ギンガストリウム関連のバンク映像・(ウルトラ5兄弟を含めた)必殺技シークエンスを除く。. EP35・36のキバ編にて登場した謎の仮面ライダー。 公式サイトには“時空を超え、天より飛来した未来の仮面ライダー”との記述があり、どうやら彼もまた未来からやってきた模様。 後に発売されたDXミライドライバーのパッケージでは「A.D.??? 『ネクサス』以来8年ぶりに復活したエンディングテーマ。歌を担当した「超特急」が今作では「ウルトラ超特急」名義で参加。ちなみに同グループには、友也役の草川拓弥が所属している。, 歌:ボイジャー、千紗(girl next door)、降星町の仲間たち スターダスト LOVE TRAIN/バッタマン - 11. ただし、後に『ギンガS』で実は認知されていなかっただけで、ウルトラマンも怪獣も以前から存在していたことが判明している(むしろ地底人すら存在している)。 かなり人がいい性格。降星小学校の卒業生でもあり、ヒカル達にとっては先輩。 再放送および他媒体の配信ではOPが『ウルトラマンギンガの歌』に差し替えられているため、(YouTubeでの公式動画を除けば)リアルタイム以外ではまずお目にかかれず、地味にレアだったりする。, 歌:ウルトラ超特急 Shake body - 3. 企画当初は小学生や中学生を主人公とする案があり、脚本の長谷川圭一は、自身も携わった『仮面ライダーフォーゼ』との差別化も考えて本作では主人公を中学生とする案を構想していたが、最終的には子供たちが憧れを持てる世代として高校生が選ばれた。 『ウルトラマンギンガ』は、円谷プロダクションが制作した特撮テレビドラマの作品名およびその劇中に登場する主人公が変身した巨大変身ヒーローの名前である。, 2013年7月10日から8月14日までと11月20日から12月18日までの2期、『新ウルトラマン列伝』内において全11話が放送された。また、2013年9月と2014年3月に劇場作品のイベント上映が行われた。, 円谷プロダクションの創立50周年記念作品。ウルトラシリーズの地上波全日帯テレビ番組としては『ウルトラマンメビウス』以来となり、初のハイビジョン制作及び地上デジタル放送作品でもある。『新ウルトラマン列伝』内での放送であるため、主題歌は同番組と共通であり、オープニングタイトルにも同番組のロゴが使用されている[注 2]。なお、初回放送日である7月10日は、『ウルトラマン前夜祭』が放送された日である「ウルトラマンの日」であった。, 主人公はウルトラマンギンガのほか、歴代シリーズのウルトラ戦士や怪獣・宇宙人に変身できる高校生で、彼を取り巻く人物もほぼ高校生のみで構成されている。シリーズでは初めて地球防衛組織などが登場しない作品でもある[1]。舞台となるのは現代の日本にある地方都市で、ウルトラ戦士や怪獣の存在・その戦いが一般には認知されておらず、主人公は地球や宇宙を守るという広い使命感ではなく、身近な人を守るという狭い動機で戦っている。「夢」をキーワードに、高校生の青春の悩みや進路、ひと夏の思い出などを描いたジュブナイル・テイストを強めた作風となっている[2]。監督のアベユーイチは高尚な作品ではなく、身近で親しみの湧く作品とすることを意識したという[3]。, 全体的なストーリーは前期(2013年7月10日から8月14日)、映画第1弾、後期(同年11月20日から12月18日)、映画第2弾という形で構成される。物語上は前期が夏休み、後期が2学期開始以降、劇場版は前期後期それぞれの後日談となっており、主要登場人物の服装も前期と後期で異なっている。『ウルトラセブン』以降の歴代シリーズのように1年間4クール分の新作エピソードを制作することは困難であったため、『新ウルトラマン列伝』内の放送で放送枠の確保や費用の問題を解決し、制作は劇場スペシャルを含めて13本に絞られた[3]。商戦期やイベント期に集中して放送する形で展開され、放送休止期間にも劇場スペシャルの公開や『新ウルトラマン列伝』内で本作に関連した総集編などを放送することで、継続性を維持している[3]。2014年2月26日には最終話の後日談となる番外編も放送された。このほか、リスクの回避などの理由から、テレビ放送のウルトラシリーズでは初めて劇場版作品や海外シリーズなど一部の作品で見られた製作委員会方式が導入された。, ロケ地となった学校は、屋外ロケのリハーサル[4]やジャンキラーのコクピット撮影[5]にも使用されている。ストーリー後期の小学校に閉じ込められるという展開は、撮影場所が限定されるのを逆手に取ったものであった[6]。, 当初はウルトラ戦士と怪獣の戦いは実景との合成で描かれる予定であったが、製作の都合からミニチュア撮影に変更された[2]。小学校が物語の中心となっている本作では、歴代シリーズで普通だった40メートルから50メートル程度のサイズ設定のままではキャラクターが建物よりも大きすぎてしまい画面構成がしづらいため、ウルトラマンギンガは30メートル程度(ゲストのウルトラ戦士も本作内では同サイズ)を想定し、ミニチュアも従来より大きめに作られている[2]。, 企画初期の構想では、『ウルトラマンガイア』が15周年となることから、大学生を主人公としたうえで同作品の主人公・高山我夢も大学教授として登場させる案が存在した[7]。このほか、小学生や中学生を主人公とする案もあった[7]。シリーズ構成の長谷川圭一は、前年まで放送されていた『仮面ライダーフォーゼ』で高校生が主人公であったことから本作では主人公を中学生とすることで差別化を考えていたが[注 3]、最終的には子供たちが憧れを持てる世代として高校生を選んでいる[7]。, 2014年7月より、続編となる新シーズン『ウルトラマンギンガS』が全16話に渡って放送された[8]。, 『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』公開以降、本作以降のウルトラ戦士は関連商品やゲームなどで「ニュージェネレーション」もしくは「ニュージェネレーションヒーローズ」と呼ばれるようになっている。, 遥か昔、すべてのウルトラ戦士と怪獣・宇宙人は、銀河の彼方で激しい戦いを繰り広げていたが、何者かが謎のアイテム・ダークスパークを使い、ウルトラ戦士や怪獣たちを小さな人形・スパークドールズに変えてしまう。そしてスパークドールズは宇宙に散らばり、その幾つかはウルトラ戦士や怪獣・宇宙人が存在しない世界[注 4]の地球へと流れ着く。, それから1000年後の2013年。17歳の高校生・礼堂ヒカルは予知夢に導かれ、夏休みを機に7年ぶりに[注 5]生まれ故郷の降星町へ帰ってきた。ヒカルはその町でスパークドールズを使用者と一体化させ一時的に巨大な姿へ戻す力を持つギンガスパークを手に入れる。そして、スパークドールズにされたウルトラマンタロウと出会い、自分が「選ばれし者」だと知る。, やがて悪意を持った人々がスパークドールズと一体化(ダークライブ)し、怪獣となって暴れ出した。ヒカルは大切なものを守るため、ギンガスパークとスパークドールズでウルトラ戦士や怪獣に変身(ウルトライブ)して戦いに赴く。, ヒカルがギンガスパークとギンガのスパークドールズによって変身(ウルトライブ)するウルトラマン。後に『ウルトラマン列伝』内で「遥か未来から来たウルトラマン」であることが度々語られるなど、その存在は目の当たりにしたタロウをはじめ、それまでのウルトラマンたちには知られていなかった。タロウ同様に自我を保ち、ウルトライブした状態でヒカルとある程度会話も可能だが、自分から多くを語ることはほぼない。, メインカラーは赤と銀。頭部・胸部・両腕・両足に水色のクリスタルを備え、発動する必殺技によって異なる色の輝きを放つのが特徴である。, ギンガのスパークドールズはヒカルの勇気が満ちた時にギンガスパークの中から出現し[注 16]、ウルトライブが可能になる。そのため、いつでもギンガにライブできるわけではなく、当初は怪獣へのライブを経てからギンガにライブしていたが、第6話以降はギンガに直接ライブできるようになっている。変身ポーズはスパークドールズリード時のポーズに似た腕を組むようなポーズであったが、『ギンガS』では従来のウルトラマンたちと同様に右腕を突き上げるポーズをとり、変身時には「ギンガー!」と名前を叫ぶようになる。, 活動時間は3分間で[9]、それ以上の一体化はヒカルの生命に危機を及ぼす[注 17]。カラータイマーが消えると強制的にライブが解除され、ヒカルを残して光の粒子となって消えてしまう[注 18]。戦闘力は高く、並みいる怪獣たちをほとんど苦戦せずに倒しており、ジャンキラーや闇のウルトラ戦士たち、そして因縁の相手であるダークルギエルといった相応の強敵が相手でない限り、カラータイマーが点滅してもピンチに陥ることはない[注 19]。, ルギエルとの決戦後はヒカルと分離し、彼にもっと地球を冒険することを薦め、他のスパークドールズたちとともに地球を去る[ep 3]。その後、番外編では最終話で取り残されて途方に暮れていたマグマ星人(SD)たちを連れ戻すため、地球圏に再来している[ep 7]。, 『ギンガS』では、地底世界のエネルギー結晶体・ビクトリウムを狙うチブル星人エクセラー(SD)による地球侵略によって危機に陥ったヒカルの意志に応えて地球を再訪し[ep 18]、彼と共に新たな脅威や再び蘇ったダークルギエルに立ち向かう。, ダークルギエルとは同じ未来の時間を持つ世界から来た、対であり1つの存在であり、「永遠の命=後世へ受け継がれていく命の繋がり」という命題に対し、それを信じた者がギンガ、受け入れられなかった者がルギエルとその命題を分岐点に分裂した「光」と「影」であることが、最終決戦後に語られる[ep 19][注 20]。ビクトルギエルとの決戦以降、ヒカルとは分離していない[注 21]。, 『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!