ウルトラマンタロウとの戦いではどの攻撃も通じず、火炎を防ぐタロウバリヤーを破ろうと詰め寄るが、いきなりタロウバリヤーを外される。 最後はつまずきそうになったところに後頭部へスワローキックを受けて倒れ、自身に炎が燃え移って爆死する。 Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube. ウルトラマンタロウのオープニング(op)主題歌を今すぐ楽しみたい方はmusic.jpで! こちらをタップ↓↓ 我が家の子供達はウルトラマンタロウの動画も好きですが、それに匹敵する位好きなのがウルトラマンタロウのオープニン 武村太郎・少年少女合唱団みずうみが歌うウルトラマンタロウ(ウルトラマンタロウ OP)の歌詞ページ(ふりがな付)です。歌い出し「(タロウ ウルトラマン No.6 )…」無料歌詞検索、音楽情報サイトUtaTenでは武村太郎・少年少女合唱団みずうみの歌詞を一覧で掲載中。 『ウルトラマンタロウ 45th Anniversary Music Collection』 ウルトラマンタロウのオープニング(op)主題歌を今すぐ楽しみたい方はmusic.jpで! 「35大怪獣宇宙人[144][171]」とは以下の怪獣・宇宙人の事を表す。, 名前は全てオープニングテロップに準拠[171]。一部の怪獣・宇宙人の別名は実際とは異なっている。, テロップでは表示されているが本編には登場しないマグラーと、実際にウルトラ兄弟と戦っているタイラントを除く33体は全て回想シーン(旧作からの映像を流用)のみの登場となる。また実際のオープニングテロップには上記の後に「35大怪獣宇宙人」が表示される。「35大怪獣宇宙人」は総称であり、放映リストの枠の字数の関係でこのような略称になっている[144]。, 大熊座M81星雲からやって来た不定形の青い宇宙生命体が、病気の母親のために正博少年が描いた落書きに取り付き、太陽エネルギーを受けて怪獣化した。通常攻撃がまったく通用しない。口から火炎[24][2]を吐き、尻から爆発性のガス[1][3](悪臭ガス[24][2]、Gガス[7])を放射する。身軽で、強い跳躍力を持っている。正博少年の助言を受けたタロウに本体である核を発見され、絵の部分はウルトラシャワーで濡らされた後、落書きを消すように拭き取られる。その後、本体の核もストリウム光線で破壊された。, 元は光太郎の後輩である島田タツオの母・聖子が生前飼っていた「エレジア」と名付けられたオウム。聖子が交通事故で死亡した後、餌を食べなくなって、後を追うように死に、聖子の墓に一緒に入っていたが、アンドロイド聖子の怨念と、稲妻のエネルギーを受けて怪獣として蘇る。車を憎み、国際モーターショーを襲撃する。口から火炎[1][49][2][5][6]を吐いて暴れるが、アンドロイド聖子が破壊されたことで動揺、ストリウム光線で倒された。その後、羽が辺りに降り注いだ。, 妻の聖子を交通事故で失った島田信吾が独自にロボット工学を勉強し、10年の歳月をかけて作り上げたアンドロイド。結婚当時をイメージして、純白のウェディングドレスにバラの花を持った姿をしている。島田の涙が結婚指輪に流れ落ちたことで起動し、死んだ聖子と、車を憎む島田の怨念を受け継いで残忍な性格となる。エレジアを操って車を次々と破壊するが、島田の息子のタツオに撃たれ、活動を停止した。その残骸と魂はタロウのリライブ光線で昇天し星となり、宇宙を航行する宇宙船の道標となった。, 地球のビタミンCを狙いZATに撃退された宇宙人の置き土産。サッカーボールほどの大きさの卵から孵る。野菜が好物で野菜を食べるごとに大きくなり、大きくなればさらに大量の野菜を欲しがる。八百屋の息子、武志の手によって育てられた。どれほど野菜を食べても「モット、モット」とねだるので、武志によって「モットクレロン」と名付けられる。口から緑色で悪臭を放つ粘液[161][2][注釈 55]を吐いて暴れるが、タロウによって巨大な樽で塩漬けにされて野菜エネルギーを抜き取られ、元の大きさに戻る。その後、武志からの土産の野菜と共に宇宙へ送り返された。, 老婆の姿をした宇宙人。節分の日だけとは言え、仲間である鬼が人間に虐められるのが不愉快で、同じ宇宙人でありながら人間に味方して鬼をいじめるタロウを裏切り者と憎む。武器は口から吐く炎。, きさらぎ星人が変身・巨大化した姿。鬼のような姿をしており、やはり豆が苦手。口から人間縮小液[1]を含んだ糸[3][19][2][注釈 56]を吐き出して、こねることで人間を小さくして豆状の玉の中に閉じ込める。光太郎を豆の中に閉じ込めて人間に食べさせようとするが失敗した。武器は前述の口から出す糸と火炎[1][6]、そして手持ちの棍棒[19][2][注釈 57]。タロウとの戦闘ではタロウが投げつけた豆を金棒で打ち返そうとするが、すべては打ち返せず、来年また来ると捨てゼリフを吐いて退散した。, M88星雲のドルズ星からの侵略者。怪獣メモールを使って地球上にドルズ帝国を築き上げようと暗躍する。頭脳が特に発達しており、その高度な科学力で過去に地球人の少女を誘拐し、怪獣メモールに改造していた。「赤い靴履いてた女の子を連れ去った異人さんの正体である」とされている。非常に好戦的な性格をしているが、侵略や破壊の役目は部下にすべて押し付け、自分は安全な場所を確保するという、非常に卑怯で残忍な性格を持つ。メモールが地球を去った後の動向は不明。, ドルズ星人が操るサイボーグ怪獣。その正体はZATの北島隊員の幼馴染にして初恋の相手・山川真理で、彼女は少女時代にドルズ星人によって捕らえられ、侵略兵器として改造されていた。普段は真理の姿だが、ドルズ星人の指令が下されると、50時間[93][6][注釈 58]後には真理の自我とは無関係に怪獣の姿に変わる。怪獣の姿の時も真理の姿の時と同じく、赤い靴を履いている。口から火炎[1][93][2][6]を吐き、右手から赤い霧[93][2]を出すほか、長く強靭な尻尾も強力な武器である。, 真理が北島隊員に自分を撃つように懇願するも、彼の目の前で怪獣の姿へ変身させられてZATを襲撃するという悲劇に際し、光太郎もやむなくタロウに変身して応戦する。最後は、攻撃を止めたメモールの様子にストリウム光線を思い止まったタロウによって、宇宙へ放り投げられる。その後の動向は不明。, ピッコラ星の王子。旅好きで、知り合いの意志を持った彗星ハーシー大彗星に乗って、かねてから興味があった地球に遊びに来るが、誤って地球に落下してそのまま忍び歩きで銭湯の煙突から地球の様子を観察する。手に持った望遠鏡で、光太郎の正体がタロウであることを見抜き、北島や一般人の前で光太郎をタロウと呼んでいる。基本的にはおおらかな性格だが、やや自分勝手でわがまま。アパートに住んでいる少年が飼っているウサギに興味を示すが、動物嫌いのアパートの大家が餌に毒を混ぜてウサギを毒殺したことに憤慨し、巨大化して街を破壊する。巨大化すると体格は太くなり体表に木目が出る。物質を瞬間移動させる能力を持つ。戦闘時は空を飛び、手にしたピッコラハンマー[175]や鋭い刃を持つ回転ハット[3](ノコギリハット[1]」を武器として、鼻から強力なミサイル[174][2](ロケット弾[1])を撃つ。タロウに地球人は心が汚いと詰め寄るが、タロウの説得を受け、さらに慣れない地球の重力に疲れたことで地球人への攻撃を止める。疲れて動けなくなり、タロウの手によって再びハーシー大彗星に戻された。, その後、ウサギを毒殺したアパートの大家はその事件を契機に改心し、動物嫌いを克服してマンションの屋上を解放して動物を遊ばせ、自身も動物にふれ合う動物好きとなる。毒殺された少年のウサギは生き返っていた。, データカードダス『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』に登場。本作ではピッコラ星雲人という種族名が設定されている。公式サイトキャンペーン投票で登場が決定した。, 地底1万メートルで冬眠していた地底竜[176]。卵から孵った幼体を殺されたことに怒り、暴れる。全長120メートルの巨体を持ち、小学校のグラウンドに頭部と尻尾を出して学校の先生と生徒を校舎内に閉じ込めた。武器は口から吐く火炎[1][52][2][6]、背中の棘から無数の光の矢を放つ怪光線[1][52][2][6]ほか、長い尻尾も強力な武器で、ウルトラマンタロウを軽々と持ち上げられる強大の力を持つ。また、背中のエリ巻を動かしてミサイルを叩き落とす。竜一の攻撃で地中から全身を現した後、タロウとの戦いでは、火炎放射と噛みつきや尻尾の攻撃を駆使して善戦するものの、タロウによって卵ごと凍結され、宇宙で永遠の冬眠を与えられた。, 『ミラーマン』に登場した怪獣ゴルゴザウルスと同種族の怪獣[178][注釈 60][注釈 61]。テレポーテーション能力を持ち、どこへでも自由に移動して敵の目を惑わす。地球侵略の機会をうかがっていたが、先手を打って迎撃したタロウと小惑星の上で戦いテレポーテーション能力で翻弄するも、ビーム手裏剣で倒される。この戦いでタロウは左腕を負傷した。, 白鳥座にあるファイル星からやって来た5人の少年。楽器の演奏が得意で、歌や踊りが大好きな宇宙人。笛や太鼓、アコーディオンなどの楽器を持っている。酔っ払って暴れるベロンを連れて帰ろうとするがうまく行かず、ZATの協力で白酒を飲ませて酔い潰そうとするが失敗し、逆に泥酔して大暴れさせる。タロウの手によって適度に酔いを覚まされ、眠り込んだベロンを引き取り、一緒にファイル星に帰っていく。, ファイル星人のペット。鳴き声ではなく人語でしゃべる。腰に下げたひょうたんから酒を飲み、いつも酔っている。何よりも酒が好きで、大酒を飲んで酔った挙句、地球に迷い込む。ZATのレーダーにもキャッチされない。口から火炎[1][126][2][6]を吐き、「ドロンパー」の掛け声による忍術で瞬間移動できる。ファイル星人は太郎少年に協力を依頼し、白酒を飲ませて眠らせようと試みるが量が足りず失敗。歌と踊りも好きで、太郎少年やファイル星人たちと共に愉快に踊った。酒を飲んだ後は眠ってしまうことを知らされたZATは、スカイホエール内で白酒を合成して飲ませる作戦に出たが、アルコールの分量を誤ったせいで酷い泥酔状態となり暴れ出す。タロウとの戦いでは泥酔していたため勝負にならず、一方的に叩きのめされる。最終的にはタロウと踊りで勝負するが、途中で火を吹き始めたのでキングブレスレットが変形したポリバケツの水を浴びせられて適度に酔いを覚まされ、ファイル星人たちに連れて帰られた。, 秩父にあるボッチ村の伝説怪獣で、年に1、2度だけ姿を現す。へそから楽譜を出して音楽を奏で、外見からは想像も出来ないほどの美声で歌うことから、村のアイドル的存在にもなっており、その歌声の状態で地元民はその年の豊作を占う。得意の土掘りで素早く土中に潜る。怪力の持ち主だが争いを嫌う優しい心の持ち主。引き抜いた木を削ぎ取って作った指揮棒で指揮をするなど、手先は器用。カーン星人に麻酔弾(実は強力な興奮剤)を打たれそうになるが、光太郎と北島隊員の作戦で弾を全て盗み出されて事無きを得た。だが、音楽のテンポがずれると苛立つため、そこを衝かれてカーン星人にへその中に入られて操られるが、村を襲わないよう必死に正気を保ち、カーン星人がタロウに倒されると谷へ帰っていった。, 温厚な性格の怪獣オルフィを暴れさせてZATを全滅させようと企む狡猾な宇宙人。地球上では「オルフィを捕らえる探検隊」の坂本団長に変身して活動しており、その際、財界や政治家の支援を受けていたため、それを盾にZATのオルフィ保護要請をも退ける。真の目的はオルフィの体内に侵入し、破壊活動させることである。手からリングビーム[1][注釈 64]を放つ。最後は、キングブレスレットを変化させたマジックハンドで、ウルトラマンタロウによってオルフィのへその中から取り出され、そのまま地上へと叩き落され爆発絶命した。, メビウスを誘い出して罠に架けようとするヒッポリト星人の作戦に協力。アトランタ星人と共にレオと80に化け、メビウスが偽者と気付かずに助けようとしてエネルギーを消耗したところで正体を現し倒そうとする。カーンビームでメビウスを攻撃するが、メビュームブレードで切り倒された。, ジェット音を苦手としており、飛行機を次々と襲う宇宙怪獣。丸まって転がり、そのまま空も飛べる。口や背中から火花[34][2][5]を発したり、瞬間移動能力を持ち、ストリウム光線にも耐える。丸いもの、球遊びが好きで、ガスタンクやバレーボールで毬遊びをする。服部ユキ(演:坂口良子)と壮絶なバレー対決を繰り広げた後、タロウとも戦うがスタミナ切れを起こす。ユキの「殺さないで」という言葉を聞いたタロウによって、空の彼方にアタックサーブされた。, 背中のこぶに詰まった再生細胞と強靭な心臓を持ち、「不死身」の肩書にふさわしい生命力をもつ。口からの火炎[1][181][2][5][6]や怪力[1]が武器。一度はタロウによって首を切断されるが一晩で蘇生し、再び街で暴れるが、最後はウルトラの父のウルトラフェザーによって倒された。, ドロボン星の宇宙戦闘員。持っている棍棒[1](宇宙棍棒[37][2][6])は打撃武器になるだけでなく、ビームを放つことも可能。また、口からは火炎を吐く。ZATは「エネルギー量はこれまでの怪獣の中で一番」と分析している。左手には赤外線カンテラをぶら下げている[182][37][2][6]。, 母星で行われている星間戦争を有利に進めるためにタロウの力を手に入れようと地球に飛来し、その途中に立ちふさがったウルトラマンジャックを宇宙で返り討ちにする。地球での戦闘では、カンテラに二谷副隊長のスーパースワローが衝突したことで彼を人質に取り、タロウを危機に陥れる。立て続けにジャックがタロウの身代わりとして現れ、二谷の解放と引き換えにカラータイマーを奪って仮死状態にした後、それを装着したことでパワーアップしてタロウを圧倒する。だが、これらはタロウとジャックの作戦であり[注釈 65]、3分後にはジャックのカラータイマーが点滅して不利になったことで、それまでエネルギー消費を抑えていたタロウに反撃されてカラータイマーを取り戻され、ジャックも蘇生する。最後は名誉挽回に燃える二谷によるスカイホエールの猛攻撃を受けて倒される。, ゴモラ率いる怪獣軍団の1匹。口から破壊ガスを吐いて戦闘機を破壊する。その最中に登場したハヌマーンと戦闘になり、最初は物陰に隠れて攻撃の機会をうかがいながら、隙を突いてハヌマーンの足をすくい形勢逆転の起点を作る。ハヌマーンの救出に駆けつけたウルトラ6兄弟との戦闘ではウルトラマンジャックを投げ飛ばし、破壊ガスで攻撃したところを回避される。ウルトラマンとの戦闘では優位に立つが、助けにきたハヌマーンと2対1の戦闘になって以降は歯が立たず、ハヌマーンに三叉槍を胸に突き刺されたうえ頭部と両腕の皮を引き剥がされる。最後はハヌマーンのハリケーンガンを受けて全身の肉を吹き飛ばされ、骸骨と化して絶命する。, アルファケンタウリ第9番惑星に複数で出現し、ウルトラマンとウルトラマンジャックを苦戦させる。, バルキー星人に操られる怪獣。白鳥健一少年の父親の乗る船や、複数のタンカーを沈没させる。頭の小さい角はカッターのようになっており、船底を切り裂く。バルキー星人とともに日本に上陸してタロウと戦うが、鼻先の大きい角を折られた後、ストリウム光線で倒された。, 飼い主のバルキー星人ハルキを慕い、地球を訪れたサメクジラの幼獣。成長すると強大な怪獣兵器になりうる価値があるため、犯罪ネットワークの暗黒星団に狙われている。ハルキはジョリーを守るべく、Xioのワタル隊員の弟・イサムも加えてシェアハウス「星雲荘」に住む仲間であるナックル星人ナクリやイカルス星人イカリらと4人で「チーム星雲」を結成し、暗黒星団にラグビーで勝負を挑むこととなり、ジョリーはアスナ隊員に預けられる。暗黒星団がウルトラマンエックスによって撃退された後には、ラグビーに復帰するイサムを見届け、ハルキらとともに去っていった。, かつてはあちこちの惑星でペットとして持て囃されていたが、怪獣兵器であることが判明すると宇宙に遺棄されるケースが相次いだ。地球に流れ着いた末にそこでも再度捨てられた幼獣のサメクジラがAIBに保護されている。, サメクジラを操り、地球の海を支配しようと目論む。額のタイマーランプから発射する光線[116][43][191]と、手に持つ宇宙槍[43][191]が最大の武器。前述の理由からウルトラ戦士に似た赤い双眼を持つうえ、胸の中央にはやはりカラータイマーに似た青いランプを持つが、口元には歯のような意匠も覗いている。また、宇宙金属が埋め込まれた頭部による頭突きも強力で、ウルトラマンタロウの背後を取るほど動きも素早い。, タロウがサメクジラと戦っている最中に現れ、背後からタロウを羽交い絞めにしてサメクジラに倒させようとするが、ZATの攻撃に阻まれて失敗したうえにタロウにサメクジラを倒されたため、一度は逃亡する。しかし、白鳥健一少年に真の勇気を示そうとする東光太郎がウルトラバッジをウルトラの母に返した瞬間、等身大で再び出現する。光太郎に襲いかかろうとして彼のZATガンで額を撃たれ、巨大化して光太郎を執拗に追い回した末、バルキービームによる爆発で火傷を負わせるが、コンビナートにおびき出される。最後は、自らが蹴飛ばしたタンクから噴出した石油を全身に浴びたところをZATガンで点火され、瞬く間に燃え上がって爆死する。, 『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!』に登場するミラクル星人(SDI), 『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!』に登場するモチロン(SDI), 書籍『ウルトラ怪獣大全集』では「身長:58メートル、体重:4万トン」と記述している, 書籍『円谷プロ全怪獣図鑑』では「身長:不明-42メートル、体重:不明-2万トン」と記述している, これ以外は1つが興行師が掘り出す際に誤って割れていたためスープとして食べられ、残りは艦砲射撃で破壊されている。, 書籍『円谷プロ全怪獣図鑑』では「身長:不明-73メートル、体重:不明-4万3千トン」, 書籍『円谷プロ全怪獣図鑑』では「身長:不明-62メートル、体重:不明-3万9千トン」と記述している, 『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』や、『ウルトラマンゼロ&ウルトラヒーロー 超決戦DVD』などで, 『新ウルトラマン列伝』第12話では、ハンザギランの強い生命力を受け継いだためかもしれないと推測されている。, ビデオ・DVDで発売された『新ウルトラ怪獣大百科 ウルトラマンタロウ編 Vol.2』では「かつてのゴルゴザウルスは地球侵略を企てるインベーダーに操られてた」との解説がある。, ジャック=郷秀樹はこのことを見越して事前にタロウ=光太郎と打ち合わせたうえでカラータイマーをドロボンに奪わせた。, 柳田理科雄「第12章 弱点は誰にでもある! 怪獣や怪人には必ず弱点がある。それらを科学的に考えてみると……。」『空想科学読本 4』, Blu-ray『ウルトラマンタイガ Blu-ray BOX II』(バンダイビジュアル BCXS-1490)封入 SPECIAL NOTE(構成・執筆:トヨタトモヒサ), 週刊 ウルトラマン オフィシャル・データファイル 全国版 No.9 p.12(デアゴスティーニ・ジャパン), CD-ROMソフト『ウルトラマン図鑑2』(講談社・1997年)『ウルトラマンタロウ』の登場怪獣「宇宙怪獣 ゴルゴザウルス二世」中の解説画像「宇宙怪獣 ゴルゴザウルス(初代)」の解説文p.1。, 【ウルトラ怪獣擬人化計画】キャラクター紹介 連載第2回~ベムスター&改造ベムスター, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ウルトラマンタロウの登場怪獣&oldid=80348664, 『ウルトラマンフェスティバル2013』ライブステージ第2部では、エネルギーが残り少ない, 漫画『ウルトラジャーニー』では、アストロモンスを擬人化したデザインのグリシーヌという少女が登場する。また、愛を糧に成長する薔薇が茨でアストロモンスの姿を形成している。, ビデオおよびDVDで発売された『ウルトラ怪獣大百科 ウルトラマンタロウ編』のナレーションでは、, 『ウルトラマン OFFICAL DATA FILE No.26』では、多摩川で生き長らえている可能性が示唆されている, 『ウルトラ怪獣擬人化計画 ギャラクシー☆デイズ』に登場。ゴモラ・ベムスター・ゼットンの友人。目を回しているような特徴的な目つきをしており、常に笑い声を上げながら笑みを浮かべている(ただし本人は笑っているという自覚はない)。ゼットンのバリヤーを「おいしそうだから」という理由でゴモラと一緒に見せるようにせがんだりと、天然というより、どこかネジが外れたような壊れた性格。また、バードン並みに食い意地が張っている。, スーツはキングトータスよりも首が短く、ミニトータスよりも尾が長くなっており、区別化されている, 造形物はスーツのほか、岩礁として出現した際のミニチュアと実物大の目と腕が用意された, 造形物はスーツのほか、爆発用カポック・実物大の触角・羽アリ状態のミニチュアなどが用意された, 『ウルトラゾーン』第4話でのミニコーナー「怪獣ことわざ」に、「壁に耳あり、障子にデッパラスあり」という絵が登場する, 造形物はスーツのほか、宇宙に追放されたシーンでのミニチュアと実物大の角が用意された, DVD『ウルトラマンゼロ&ウルトラヒーロー 超決戦DVD』ではイエローガスの名称を, ボルケラー同様、これ以降本作では「悪さをしない怪獣は殺さない」というスタンスが強化され、劇中でも繰り返し言及されるようになった。, 造形物はスーツのほか、無可動のものと羽ばたくギミックがあるものの2種類の飛び人形と実物大のくちばしが用意された, 本放送当時に『小学二年生』で内山まもるが執筆していた漫画版『ウルトラマンタロウ』の「涙のストリウム光線」(, 『ウルトラゾーン』第22話のアイキャッチでは、パンドラと共に子供たちに混ざってバスに乗っている姿が描かれている, この時のウルトラの父とエンペラ星人の対決の模様は、後述の『メビウス』で新たに撮影された実写映像で描かれている。, 大戦争で引き連れていた怪獣軍団はそれまでのウルトラシリーズに登場した怪獣で構成されており、この画は2007年以降の児童誌の特写による合成, 怪獣図鑑に記載された設定では、ムカデンダーが吐く火の射程距離は最長で300メートルであることが「弱点」となっているが, シナリオ準備稿ではストーリーはドラマ本編とほぼ同じであるが、制作当時(1973年10月)は過去のウルトラシリーズに登場した怪獣・宇宙人の再登場企画があったため、, 『ウルトラマン』に登場したメフィラス星人の弟という設定が、当時の児童雑誌に掲載された, 児童雑誌ではこの時期の再生(改造)怪獣は「怪獣軍団」という組織に所属しているとされ、このエレキングは軍団が建造期間の長さから投入を断念した, 『ウルトラマンメビウス』第9話ではGUYSの保管する「ドキュメントZAT」に記録されており、「ドキュメントUG」のエレキングとは別個体であることをクゼ・テッペイが語る。, 着ぐるみは『A』に使用されたものと同一だが、アトラクションに使用されていたため、材質の劣化により形状が著しく崩れている, 肩書きが「宇宙大怪獣」から「宇宙怪獣」になっているが、資料によっては「宇宙大怪獣」と記載されている, 本放送当時の児童雑誌に掲載された設定によれば怪獣軍団に所属しており、「頭が悪かったので、ヤプールにあやつってもらい、タロウとたたかうようにかい造した。」「かたちは、まえより少しかっこ悪い。」と紹介されている。頭部の角はヤプールの命令を受けるために変更され、視界は狭くなった。弱点は腹部, ZATの作戦会議の場面では『帰マン』第18話の映像が流用されており、地球上の場面だけでなく、セブンがジャックにブレスレットを渡す場面も登場する。また、出身地が「かに座」と説明されている。, 劇中ではタロウと交戦していないが、書籍ではベムスターやサボテンダーとともにタロウと対峙しているスチール写真が用いられている, 劇中では武器を使用しなかったが、書籍ではベロクロン二世より強化された火炎、ミサイル、ベロクロ液、鼻の角からの光線発射能力と設定されている, 造形物はスーツのほか、干からびるシーンのミニチュア・小型時のミニチュアなどが用意された, 造形物はスーツの他、大小2種類の飛び人形、腕を切り落とされた状態のミニチュア、爆発用カポックなどが用意された, 放送当時の裏設定では、タロウと戦う怪獣や宇宙人たちの背後に暗躍する「怪獣軍団」を陰で操る黒幕だったともされている。『, スーツの出自は明らかになっていないが、書籍『オール・ザットウルトラマンタロウ』ではボルケラーとの類似性を指摘している, 着ぐるみは後に『ウルトラマンレオ』第9話にて、怪獣ショーの着ぐるみとして登場している, 貴重な着ぐるみであることから、『ギンガ』のアクションコーディネーターの岡野弘之がスーツアクターに選ばれた, テロリスト・ソードは『ウルトラ怪獣攻げき技大図鑑』では「ソードワイルダー」と呼称され、書籍「ウルトラマン超ひみつ100」(小学館・コロタン文庫 監修/円谷プロ p157)では「テロリストソードワイルダー」とされた。, スーツの出自は明らかになっていないが、書籍『オール・ザットウルトラマンタロウ』ではムカデンダーとの類似性を指摘している, タロウに敗北した原因については、タロウが成長して強くなっていた、またはウルトラ兄弟との連戦で体力を消耗していたとの説があり, 着ぐるみは後に、『ウルトラマンレオ』第9話で怪獣ショーの「着ぐるみ」として登場している。, 造形物は成獣・幼獣のスーツ2種類のほか、飛び人形・誕生時のギニョールなどが用意された, ライブイベント『ウルトラマン THE LIVEウルトラマンと科学のふしぎ サイエンスバトルステージ』では, 『ウルトラゾーン』第11話のアイキャッチでは、寺で和尚と一緒にピッコラハンマーで除夜の鐘をついている様子が描かれている, 着ぐるみは『ミラーマン』の撮影で使われた物ではなく、複数作られていたアトラクション用着ぐるみの一つ, 『新ウルトラ怪獣大百科 ウルトラマンタロウ編 Vol.2』ではゴルゴザウルス二世が現われた理由について「インベーダーの再来も否定できない」としている。, 書籍『大人のウルトラマン大図鑑 第二期ウルトラマンシリーズ編』では、デザインは島崎堯司によるものと推測している, 体を球体にして転がって体当たりは『ウルトラ怪獣攻げき技大図鑑』で「ロードボーラー」と命名された。, 書籍『大人のウルトラマン大図鑑 第二期ウルトラマンシリーズ編』ではデザインは島崎堯司によるものと推測しているが, 金棒を持っておらず、カラータイマーを装着するための胸の窪みが存在しないなどの違いがある。.