ZATバズーカ ※当該項目を参照。 携帯手榴弾のZAT手榴弾や、ムルロアを撃破した「AZ1974」、地雷など多種多様な爆撃兵器を所持している。 高性能レーダーと偵察用カメラを装備している為、索敵力が高く偵察機としての運用も見られた。 全長:19m 全幅:17m 全高:8m 最高速度:マッハ9.1 乗員:1名 その後、ZATステーションNo.S1009へ異動。また、当初は第42話でも再登場する予定だった。 しかし、アリンドウ戦では溶かされるという憂き目に遭う。 消火用の装備だろうな…と思わせておいて、実際は王水を噴射する銃。これで溶けない銃本体も凄い…以前に環境に影響が無いか心配になる装備である。 OPのみの登場で本編には登場しない。 月軌道上に回るZATの宇宙ステーション。ZAT隊員達と親交のあった佐野隊長が勤務している。 全長:20m 全幅:23m 全高:9m 重量:22t 最高速度:マッハ8.8 乗員:2名 眼鏡をかけており、負けず嫌いな性格。荒垣とは正反対の部下に支えられて職を全うするタイプの指揮官。ピーキーな性能を持つスーパースワローを隊長機と称して搭乗している。 バギー 機関銃、殺虫剤、火炎放射器、熱湯などなんでも噴射できる設置型の万能銃。 この他、植物とも会話できるトランシーバーや防犯用のベルなど様々な道具を所持している…本当なんでも持ってるなこの組織。, ネーミングは基本的に宇宙に関連のある動物が由来のものが多い。 ZAT は「 ウルトラマンタロウ 」に登場するシリーズ恒例の特捜チームである。 一応「 Zariba of All Territory 」の略であるが本編中で呼ばれたことはない。 ※演者の東野孝彦は後に芸名を本名の「東野英心」に改名。『あばれはっちゃく』シリーズや『中学生日記』に出演。2000年11月13日の夜、都内のレストランでの会食中に突然倒れ搬送される。病院に搬送されたときは意識があったものの容態が悪化し、翌日に高血圧性脳出血が元で58歳の若さで亡くなった。 スーパーナパーム X線を放射して怪獣の内部構造を投資する「ZATX線レーダー」などの多数の探知機を所持している。 隊長、副隊長、隊員の中で眼鏡をかけているのは彼が初である。 ZATが誇る主力高速戦闘機で、スカイホエールと共に出撃することが多い。 実家に母親がいるが、ZATの作戦ミスで暴れだしたシェルターのトラブルに巻き込まれてしまう。第51話で結婚する。 入隊した光太郎の事を兄貴分と慕っていたらしい。 しかし、スカイホエール、スーパースワローと違って大気圏突破および宇宙での戦闘は出来ない。 西田同様、光太郎の事を兄貴分と慕っている。ムルロア戦では重傷を負ってなお闘志を失わず、決戦ではまだ未完成だった新兵器AZ-1974(まだ発射装置と起爆装置が完成してなかった)を直接ムルロアの背中に飛び乗って取り付けて爆破させ、見事ムルロアを倒すという大手柄を立てた(このときパラシュートが絡まり、あわや自分も爆死するところだった)。 ※二谷を演じた三谷は当時41歳で、歴代の防衛チームの副隊長を演じた俳優としては最年長であった。三谷は劇団文学座、劇団雲(解散)を経て演劇集団円の創立に参加、現在はフリーで活動している。 スペック(全長~乗員)はWikipediaからの引用です。ご了承ください。 またファンからはその外見から「霊柩車」と呼んでいるらしい。 その結果、海野少年が開いている寺子屋に通う佐野隊長の息子がZATに不信感を抱くようになってしまった。, ウルトラマンタロウ 防衛チーム 武器はミサイル、ビーム砲、機関砲。ラビットパンダと同様に放電機能を持っている。また高性能レーダーを搭載している為、偵察任務にも使われる。 武装はスーパープラズマミサイルと超高圧放電機構。, 極東支部基地の所在地はWikipediaからの引用です。ご了承ください。 この話しの最初の方に出てくる敵は、サメクジラです。 出典:goo.gl/2LTGyr このサメクジラ、海の中での活動が得意なのですが、 陸に出て攻撃を仕掛けてきます。 しかし、サメクジラ小さい。 むしろカワイイ。 地を這う様に歩き、 鼻先の角で攻撃をするという事しかできない怪獣で、 中盤に早くも、タロウに角をへし折られて光線で殺害される。 その戦いの最中姿を表すのが、こいつです。 バルキー星人 出典:goo.gl/Aa6L9b バルキー星人プロフィール 身長1,8〜49メートル、体重100キロ〜2万2千トン、 出身 … 特定の物質を溶解させる銃で、ムカデンダーの吐き出した糸を溶かした。 放水銃 その割に入隊資格や基準はあいまいである。 マゼラン また、大気圏離脱~宇宙航行も可能。内部に科学分析室があり、作戦に応じて様々な武器やアイテムを作り出す(作中ではジレンマの酸に対抗できるスーパーアルカリ液、ベロンを酔っぱらわせる白酒等を作った)。 OPにてよく出撃するシーンが見られるが、本編ではムルロアが起こした事件の捜索と、マンダリン草を探すために出撃したのみ。ミニチュアは次作『レオ』で全身真っ赤に塗り直され流用されている。 ニューヨークの国連本部内に本部を置く地球防衛組織。東京の極東支部基地の他に5ヶ所の支部が設置されている。 コンドル1号 TAC:前作の防衛組織。 ベルミダーⅡ世 *1 そもそもZATという名前自体、他の防衛チームに合わせて最初から表記ありきで考えられており、「Zariba of All Territory」というのはバクロニム(後付け)であるのでしょうがない面はあるが。, その為か第二期ウルトラシリーズを批判する際に「おふざけZAT」と呼ばれたりもしている。, 然し、シリアスな場面ではきちんと活躍しており、タロウとの連携もさることながら怪獣や宇宙人に対し止めを刺す場面も多く、, また次代のMACと異なり宇宙人との等身大戦がなかったためほとんど使用されなかったが、格闘技術も訓練されており、, 隊員の社会的地位は高く、一般隊員でも郷土の誇りと称えられ、新人の隊員と知己であるだけでもちょっとした自慢になるほどである。, 民間人に対しては立場が弱いのか、怪獣災害被害者の抗議の電話や不眠のための怒りに晒され憔悴したり、, 基地は街のド真ん中にあり、街を放置して逃げるのはどうなんだというツッコミはよくあるお約束。, 全体の方針としては「命を大事にする」という事が徹底されており、結果的に失敗したとはいえ、, 一見ふざけていたり、アットホームで明るく見えるのはそれだけきちんとした組織運営がされており、ピリピリする必要が無い極めて優秀なチームである事の証拠なのだ。, また本編では、ZATとは別に地球警備隊という組織も存在するが、出番は亀怪獣の処遇について対立した時のみであった。, 終盤に宇宙ステーションへ転勤したが、最終回クライマックスで光太郎が名前を出していたあたりからも慕われている事がよく分かる。, その他、準レギュラーである女性オペレーター3人組や、29話で登場した海外の隊員等もいる。, オカリヤン戦、ジレンマ戦、カタン星人戦、グロスト戦、サメクジラ&バルキー星人戦ではZATの援護によってタロウに勝利をもたらした。, デザインは円や球体を多く取り入れ、赤、青銀を基調とした派手なものである。制服も派手で、シリーズで初めて男女で明確に違う制服となった。, 日本にあるZATの基地。円盤状の基地本体と地下にあるZATメカの格納庫をつなぐタワーで構成されている(わかりやすく言えばキノコのような形)。, 一般市民による見学も可能だが、その分セキュリティも厳重で、歴代ウルトラシリーズでは数少ない、敵宇宙人の侵入を許さなかった基地でもある。, 以上は一例であるが、他の作品ではやらない様な作戦も多いものの、効果的な作戦も多かった。, しかしそのどんなアイデアでも即座に準備し、臨機応変な作戦で多種多様な怪獣に対応していく姿勢が成果をあげた事は間違いない。, なお、この前後編では前編で真っ二つ作戦、後編ではエネルギー爆弾を使った作戦を実行している。, エネルギー爆弾による作戦はベムスターの腹の口にエネルギーの塊のA爆弾を飲み込ませ、, コメント欄が長くなってきたのでリセットしました -- 名無しさん (2016-05-19 22:17:53), 高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に対応せよ -- 名無しさん (2016-07-29 11:05:24), トンデモ作戦を簡単に決行しちゃう所ばかり目がいきがちだけど、怪獣や宇宙人を分析して作戦を考えるって部分は実はちゃんとしている。穿った見方すると「空の贈り物」で描かれたものを発展させたのがZATなのかなと -- 名無しさん (2016-10-23 21:20:42), 各々の才能を十全に活かせるエリートや才能持ち揃いだからこそ、常に余裕を持って動けるんだと言うい意味で精鋭なんだろうな -- 名無しさん (2017-11-22 00:16:20), 正義を愛する心がイケメンすぎる人達の集い場ZAT 笑顔が絶えない職場です(事実) -- 名無しさん (2018-09-01 13:38:19), 派手な制服ではあるが、実は黒を基調とした礼服もあったりする(49話で荒垣副隊長が着ていた) -- 名無しさん (2018-09-11 23:10:07), のどかな作戦名だが実際は予想外の大活躍をしてた -- 名無しさん (2019-03-09 21:47:37), 27話の光太郎が通信で作戦を提案した時の「そりゃ無茶だ」「隊長どうします?」「うむ…無茶をする!」っていう荒垣副隊長と北島隊員のやり取り好き -- 名無しさん (2019-09-28 04:20:08), メンバー全体の仲が良いから観てて安心感があった -- 名無しさん (2019-10-05 01:55:34), 基本方針:いのちだいじに 作戦指針:いろいろやろうぜ -- 名無しさん (2019-11-03 22:41:15), 南原隊員が母親に結構ベッタリだったのをからかったりせず、微笑ましく見守ってるのが良かった -- 名無しさん (2019-12-31 00:34:43), 防衛隊は怪獣という突発事案が相手である以上、基本的に後手の対応を強いられる(敵の先制攻撃から始まる)ので対応の柔軟性一つ取ってもZATは強力な組織だと思う。 -- 名無しさん (2020-05-05 15:23:58).