シュシュトリアンがバルタン星人に追い詰められ、彼女達からの助けに応えてウルトラマンに変身。最後はシュシュトリアンとの連携でバルタン星人を倒し、着ぐるみだった怪獣達を連れて地球を去った。 本作の主人公であり、ウルトラマンであった早田進の息子。早田の体内に残っていたウルトラマン因子を受け継いだため超人的な力を持つ。父を助けるためにultraman suitを着て敵と戦い、その後も科特隊と … 『ウルトラセブン』以降のウルトラ世界とはパラレルワールドに当たる本作では、ハヤタは記憶を失ったまま科学特捜隊に在籍した後に日本人女性(フジ隊員ではない)と結婚、早田進次郎という息子を授かる。やがて現役を退き防衛大臣に就任する。 (※2)レナ役を演じる吉本多香美は黒部進の実娘であり、実の親子共演という事になる。また、『ウルトラマンティガ』ではヒロインのヤナセ・レナ隊員役を演じていた。, 声 - 田中秀幸(アニメ) / 菅生隆之(モーションコミック) 声は黒部進本人ではないが、外見については老年期の黒部をモデルにしている。, 意外に思われるかもしれないが、実は本編中でウルトラマンの正体だとバレていない。 しかしエイダシク星人の人間虐殺を目にして激怒するなど正義感は強い。   早田 進 Shin Hayata. 『ウルトラマン』の主人公。劇中では主に「ハヤタ隊員」と呼ばれており、フルネームで呼ばれることはなかった。漢字表記は早田進。 科学特捜隊のエースパイロットであり、実質的な副隊長。 後々の連中が密入国者やら自動車修理工やらパン屋やら無職やらだったことを考えれば生粋のエリートである。 アラシ隊員が一度落ちたとされる卒業試験を一位の成績で合格し、週刊少年マガジン掲載の裏設定によれば根性を鍛えるために昼夜ジェットコースターに乗り続けたり、暗所で1か月暮らしたりする試験 … イデ隊員が何度かハヤタがウルトラマンなのではと推測したことがあるが、確証までには至らなかった。一方、ULTRAMANではTV本編の最終回後なのか本編中の終盤近い時期なのか不明だが、ハヤタとウルトラマンの関係について知っていたことを、記憶を取り戻したハヤタに語っている。 ウルトラマンの存在は過去のモノとなり、科学特捜隊日本支部もその役割を終えて、光の巨人記念館へとその姿を変えていた。 早田進次郎は多感な思春期を過ごす高校生。 (※1)『ウルトラマンレオ』にて、黒部進が自転車屋の店長を演じていたことから。ちなみに同作ではフジ・アキコを演じていた桜井浩子が店長と恋仲になるローランの人間体を演じていた。 黒松教授 - 演者繋がり。通称「汚いハヤタ」 早田 進次郎 Shinjiro Hayata. 1話でベムラーにやられてしまった早田進。老いには勝てないと、息子進次郎にウルトラマンとしての役割を渡したかのように思えていたのですが、実はまだ引退していなかった様子。普段は活動はしていない様子なのですが、傭兵、エースキラーとの戦いで進次郎がやられそうになったときに援護に駆けつけます。そこで親子で共闘するのですが、見てて悲しかったのは、進次郎が最終的にリミッターを自分で解除し、敵をやっつけます。その時に行ったエドの新たなウルトラマンが誕生したという言葉。スーツを着て戦う早田進はまるでウルトラマンではなかったかのような言い方でした。, 出典: ULTRAMAN ©TSUBURAYA PRODUCTIONS ©Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi ©ULT しかしアニメでは復帰せず、指令室から進次郎たちの戦いを見守る側となっている。 !」 ULTRAMANは月間ヒーローズの創刊号より連載中の人気作品です。2019年4月からのアニメ化も決定しています。本作のULTRAMANは、私たちの知っている「ウルトラマン」の数十年後の世界を舞台となっていますが、今までのウルトラマンとは異なる作風と設定となっています。物語は、主人公である早田進次郎がウルトラマンとして、怪獣と戦うのですが、舞台設定も背景もかなり異なっています。そんな中で、今回は主人公の父であり、ウルトラマンでもあった早田進について紹介させていただきます。, 出典: ULTRAMAN ©TSUBURAYA PRODUCTIONS ©Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi ©ULT また、パラレルワールドを舞台にした『大決戦!超ウルトラ8兄弟』では、なんとフジ・アキコと結婚しており、自転車屋を経営する(※1)おじさんとして「ハヤタ・シン」が登場した。レナ(※2)という娘がおり、彼女は後にティガとして目覚める横浜市役所職員のマドカ・ダイゴと恋仲になっている。本作では他の登場人物と同様にただの民間人だったのだが、怪獣との戦いの中で並行世界の記憶を思い出していく。 その後はゼットン星人・エドからの依頼で地球側の抑止力として「ウルトラマン」となって戦う事を決意する。 東映作品『有言実行三姉妹シュシュトリアン』のクロスオーバー回では『怪獣おじさん』という明記で登場。 竜が森上空をビートルでパトロール中に、ベムラーを追っていた赤い玉と衝突。命を落とすも、ウルトラマンの好意によりベーターカプセルを授かって彼と一心同体となり、平和のために戦った。 フィギュアライズスタンダード ULTRAMAN(ウルトラマン) ULTRAMAN SUIT Ver7.5 1/12スケール 色分け済みプラモデル, 出典: ULTRAMAN ©TSUBURAYA PRODUCTIONS ©Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi ©ULT, 【dアニメストア】アニメ好きならdアニメがオススメ!メリットとデメリットをわかりやすく解説!, 【ULTRAMAN】敵なのか味方なのか!?星団評議会スクルーダ星人のアダドって一体何者?, 「初代ウルトラマン」から40年後の世界を描いたアニメ「ULTRAMAN」の魅力とは?, 【HUNTER×HUNTER】恐るべき構想力!!最大のエピソード「キメラアント編」を徹底考察, 【EX-ARM】体を失い脳だけの主人公、EX-ARM“No.00”夏目アキラはこんなキャラクター!, 【HUNTER×HUNTER】ネタバレ注意!!ゴンの父親ジン・フリークスについて解説!!, 【EX-ARM】続・EX-ARMネタバレあらすじ紹介後編!6巻~14巻の内容をまとめてみた!. CV:木村良平,吉岡茉祐(アニメ版幼少期),潘めぐみ(モーションコミック版幼少期) まだまだ物語も終わりが見えず、アニメ化も決まって、父親と子供が一緒に見たら楽しい作品になりそうですね!私も子供の時にはウルトラマンと仮面ライダーをよく見ており、父親に変身グッズを買ってもらったのも覚えております。世のお父さん方、息子さんと一緒に昔話でもしながら見てみてはいかがでしょうか!?, アニメ放送に伴い、改めて関連グッズが増えてきましたね!グッズは色々と発売されていますが、今回はアニメミル編集部が注目してるグッズを紹介します!気になる方はぜひご覧ください!, 昔のウルトラマンのようにタロウやセブンも登場!漫画はKindleでも購入可能です!. 「正直自分が何者かなんてそんなこと、俺にだってまだよくわからない。でも、とりあえず今だけは…」 早田 進次郎 Shinjiro Hayata. 朝倉リク - 父親からウルトラマンとしての力を受け継いだ主人公繋がり。ただし、彼の父親は悪の道に堕ちた存在である。 科学特捜隊のエースパイロットであり、実質的な副隊長。 ウルトラマンを殺したゼットン種族の生き残りであるエドが語ります。早田進がウルトラマンと同化して、最後の侵略者を倒したのは約40年前。それ以降文明を持つ種族の星々が同盟を結び、地球もそれに参加。そのために最近は平穏な世界だったのですが、ベムラーと名乗る人物の登場により、その平穏が崩れ去って行くのでした。そんな地球を脅かす外敵から守るために、早田進次郎はウルトラマンとして、戦っているのでした。, 出典: ULTRAMAN ©TSUBURAYA PRODUCTIONS ©Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi ©ULT モーションアクター:山崎勝之 モーションアクター:小川輝晃 『ウルトラマングラフィティ』ではウルトラマンを担当していたため、ついに変身者であるハヤタも(両者とも本編とは別人だが)担当することになった。ちなみに本作のハヤタは初代ウルトラマンとは別にゾフィーとあるもので間接的に関わるので、その繋がりともとれるかもしれない。, ウルトラ戦士 ウルトラ6兄弟 ベーターカプセル 平素から、このサイトを使用している皆さまには、大変にお世話になっております。普段よりも丁寧な書き出しですが、実はこの度!!新機能である掲示板を作成しました!(まだまだリリースしたてなので、至らない部分 ... アニメ好きの皆さん、アニメをいっぱい見たい!って考えた時に、様々な有料の動画配信サービスがありますよね。そんな中で、どのサービスを選ぶのが得なのかって比較したことありませんか?もし、あなたがアニメをメ ... ふとした時に、オタクな私はどうやったらモテるのだろうかと考え、男性のモテる趣味ランキングを紹介したサイトにたどりつき、愕然とした。男性のモテる趣味をTop15形式で、色々と紹介していたものだったのだが ... -ULTRAMAN 菅生隆之(ULTRAMANモーションコミック版) 厳密に言えばハヤタ・シンとしての登場ではないが、近年のマルチバース展開や光の国の存在を言及していたりする等から、ほぼ同一人物として見ても問題無さそうである。 ※CVはモーションコミック版準拠だが、アニメ版でも続投する。, 本編の主人公で、元科学特捜隊のハヤタ・シンの息子。ハヤタが高齢になってから生まれたため、可愛がられて育った。 黒部進 ちなみに、「ウルトラマンと同化している(いた)人間は身体能力が強化される」というのは『帰ってきたウルトラマン』の設定の流用もしくはオマージュと思われる。 後々の連中が密入国者やら自動車修理工やらパン屋やら無職やらだったことを考えれば生粋のエリートである。 その後は、基本的に進次郎たちの戦いを見守る立場にあるが、エースキラーの一件では、改良されたプロトスーツを身に纏い、息子とともに前線で侵略者たちと戦いを繰り広げた。 泉信吾、石動惣一…長い間人外に憑依され、その人外が『体から出て行っても憑依していた頃の自分の姿を愛用している』特撮キャラ。特に石動は「宿主側に、憑依されていた間の記憶がない」「とりついて来た人外が宇宙人である」という点でもハヤタと共通(宇宙ヒーローと凶悪宇宙人という違いはあるが)である。, ハヤタ・シンとは、特撮番組「ウルトラマン」の主人公であり、ウルトラマンと一心同体となって幾多の怪獣を倒してきた科学特捜隊のエースパイロットである。. 第33話では円盤内で対峙したメフィラス星人の目の前で変身しようとベーターカプセルを掲げた所をメフィラス星人によって動きを止められてしまい、あろう事かその状態のまま円盤に乗り込んできたムラマツキャップらに発見されてしまったが、すぐさま円盤内に捕らえられていたフジ隊員が助けを求めてきた事や、円盤が爆発寸前ですぐ脱出しなければいけなかった事もありじっくり状態を確認する余裕がなく正体に気付かれる事はなかった(ちなみに、この時ハヤタは助ける時間がないとして見捨てられたが、爆発の揺れで偶然倒れた衝撃でベーターカプセルが点火しウルトラマンに変身して脱出できている)。 ウルトラマンがゼットンとの戦いで戦死すると、彼自身の意思によりゾフィーから新しい命を貰い復活。しかし、ウルトラマンと同化していた頃の記憶を全て忘れ去っていた。 かつてウルトラマンと同化していたハヤタ・シンの息子。ウルトラマンの因子を受け継いだため、常人離れした力を持つ。ベムラーの襲撃をきっかけにウルトラマンスーツを纏い、その後も葛藤しながら敵に立ち向かう。 しかし、ウルトラマンと同化していた頃の名残(=「ウルトラマンの因子」)で強化された肉体は多少なりとも残っており、素手で鉄柱を曲げるほどの身体能力を持っていた。かつての同僚にして親友である井出光弘に見せられたある映像が原因で「自分がウルトラマンだった」事を思い出し、ウルトラマンスーツを着て悪の宇宙人と戦っていたが、肉体の衰えなどもあり、ベムラーとの闘いを契機に、成長した進次郎にその職を譲り渡すこととなる。 ヤナセ・レナ…『ウルトラマンティガ』のヒロイン。別次元の彼女もハヤタの娘として存在しており、進次郎のある種の姉に当たるかもしれない。. 『ウルトラ銀河伝説』などのように、メビウスと共に光の国に帰った後も、人間体としてハヤタの姿をとっていた。 早田に人体実験をして、彼に残っているウルトラマンの痕跡――ultramanでいうウルトラマン因子を探している。 富士明子 他のメンバーがこれからの戦いのため早田を研究する事を良しとする中、一人だけ人体実験だと反対していた。 そしてイデ隊員に「もし君にアイツ(ベムラー)に勝てる力があるとしたら」と聞かれた時は「あのウルトラマン擬きを叩き潰して父さんを助ける!」と即答するなど非常に親思いでもある。 佐山レナが進次郎の変身しているウルトラマンに恋する乙女のような興味を抱いていることを知ったときは「アイドルと付き合えるかも!?」と内心で舞い上がっていた。 本作主人公の早田進次郎の父である早田進。そんな彼、実は当時、科学特捜隊の一員でありながら、周りには隠してウルトラマンと同化して、異星人の侵略者たちと戦っていた人物でもあります。しかし、物語が始まった当時は、ウルトラマンが地球にやってきた時から地球を離れるまでの記憶をなくしており、自身がウルトラマンと同化して戦っていたことを覚えていません。記憶をなくして以降は、超人的な力があることを隠しながら、物語開始時は防衛大臣として仕事に明け暮れていました。そんな自分の過去に違和感を持っていた彼が、元科特隊の同僚、井出に相談を持ちかけたのは、そんなウルトラマンと同化して戦っていた、自分のウルトラマン遺伝子が、息子の進次郎に受け継がれていることで、息子も超人的な体の強さを持っていたことが原因なのでした。, 出典: ULTRAMAN ©TSUBURAYA PRODUCTIONS ©Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi ©ULT ULTRAMANはウルトラマンが去ってから40年後の世界という設定。ウルトラマンと同化して戦ったハヤタ隊員がすでに初老。そんな彼の息子、進次郎がウルトラマンとなって地球を異星人から守るというお話。しか ... ULTRAMANは月間ヒーローズの創刊号より連載中の人気作品です。2019年4月からのアニメ化も決定しています。本作のULTRAMANは、私たちの知っている「ウルトラマン」の数十年後の世界を舞台となっ ... ついに2019年4月からアニメが開始されるULTRAMAN。ハヤタ隊員がウルトラマンと同化して戦ってから、数十年が経過。そんな時に、再び訪れる地球の危機に、ウルトラマン遺伝子を受け継ぐ、早田隊員の息子 ... ULTRAMANが始まりましたね!私としては、今期の大注目作品。何がいいかって、昔懐かしのキャラたちが色々出てくるんです。この作品、すでにNetflixで全話配信中。舞台は、初代のウルトラマンが地球を ... ULTRAMANはウルトラマンにてハヤタ隊員がウルトラマンと同化して地球を救った後の世界が舞台となっています。主人公はハヤタ隊員の息子である早田進次郎。ウルトラマン因子を受け継ぐ彼は、ウルトラマン型ス ... ULTRAMANは、かつてウルトラマンと同化して怪獣たちと戦った早田進がゼットンに負けて、ゾフィにより再び分離された40年後の世界が舞台となっております。早田進の息子、進次郎がウルトラマンとなり、地球 ... 3DCGアニメ「ULTRAMAN」で登場するキャラクターの中でも紅一点の人物である佐山レナ(CV諸星 すみれ)。 人気アイドルの佐山レナは、ライブ中に怪獣との戦いに巻き込まれ、そこからストーリーに関わ ... ULTRAMANは、ウルトラマンが地球を去ってから40年後という舞台設定で、今までのウルトラマンとは一風変わった戦いが描かれています。そんな中で、地球を侵略者から守っていた組織、科学特捜隊も健在。実は ... 誰もが一度は見たことのある、巨大変身ヒーローが戦う特撮テレビ「ウルトラマン」。その迫力とかっこよさは、今も子どもたちや特撮ファンの憧れの的ですよね。今回は、シリーズの中でも等身大のヒーローが戦うことで ... 誰もが一度は見たことのある、巨大変身ヒーローが戦う特撮テレビ「ウルトラマン」シリーズ。 その迫力とかっこよさは、現代も子どもたちや特撮ファンの憧れの的ですよね。 今回は、2019年に公開された完全オリ ... ULTRAMANはウルトラマンが去った後の世界を舞台に、再び侵略を目論む異星人と、地球での戦いを描いた作品。舞台設定や戦闘方法は今までのウルトラマンとはかなり異なりますが、地球を救うヒーローという立ち ... ULTRAMANは、ウルトラマンとハヤタ隊員が同化して、怪獣たちと戦い、地球の平和を守った40年後の世界が舞台。戦い方も当時のウルトラマンとかなり違うのですが、実は昔懐かしい怪獣たちも異星人として多々 ... Copyright© アニメミル , 2020 All Rights Reserved. 早田進次郎がイラスト付きでわかる! 早田進次郎とは漫画『ultraman』の登場人物で、本作の主人公である。 「初めてなんだ…。手加減しないで、誰かをぶちのめしたいと思ったのは生まれて初めてなんだ。だから…覚悟しろ! 黒部 進(くろべ すすむ、1939年 10月22日 - )は、日本の俳優。 本名は、吉本 隆志(よしもと たかし) 。 富山県 黒部市出身 。 富山県立桜井高等学校 、中央大学 経済学部卒業 。 竹内事務所 、アクターズプロモーションを経て 、アートプロモーションに所属。. 田中秀幸(ULTRAMANアニメ版), 『ウルトラマン』の主人公。劇中では主に「ハヤタ隊員」と呼ばれており、フルネームで呼ばれることはなかった。漢字表記は早田進。 ある日ベムラーと名乗る謎の敵の襲撃を受け、早田と井手に助けられたことから自分の体の秘密を知り、井手から託されたウルトラマンスーツを装着して戦いに挑む。 シュシュトリアンの世界にある円谷プロダクションで働いていたが、着ぐるみだった怪獣が突然暴れ出し、事件解決の為に翻弄する。