それに伴い、世界中の企業がアジアなどの新興マーケットの開拓を重要な経営戦略のひとつと位置付け、一層注力の度合いを高めています。 海外ビジネスに関する情報につきましては、当サイトに掲載の海外進出支援の専門家の方々に直接お問い合わせ頂ければ幸いです。, あなたの海外進出・海外ビジネスの課題を解決に導く、日本最大級の海外ビジネス支援プラットフォームです。どうぞお気軽にお問い合わせください!, ハードを一切持たない独立系フォワーダーの新しい在り方とは? | 独立系NVOCC「ジャパントラスト」インタビュー, アメリカ貿易の基礎知識 | 貿易相手国ランキング / 米大統領選・米中貿易摩擦・新型コロナが与える影響…ほか, 「FDA」「CEマーク」を徹底比較 | 中国マスクバブル崩壊から見る「FDA・CEマーク認証」のメリット, 自社事業の海外展開実績を活かしてアジア圏への海外展開を完全代行、調査やM&Aもサポート, マッキンゼー/ボストンコンサルティンググループ/ゴールドマンサックス/P&G出身者を中心とする250人規模の多機能チームが、世界20拠点に構えるグループ現地法人にて事業展開する中で蓄積した成功&失敗体験に基づく「ビジネス結果に直結する」実践的かつ包括的な海外展開サポートを提供します。 海外ECモール出品代行 現地アポイント取得代行 委託先、アウトソース サイエストは、創業メンバーが様々な海外展開事業に携わる中で、特に日本企業の製品、サービス、コンテンツには非常に多くの可能性を秘めていると、確信するに至りました。 現地での視察工程の作成、訪問先アポの取り付けや通訳といったスタートアップ支援から、海外事業戦略の作成、現地パートナー候補機関の選定、販路開拓のための調査やテスト販売、人材育成や組織づくりなど、お客様のニーズに合わせたサービスをご提供いたします。 このページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。掲載している情報は、記事執筆時点のものです。.  労務管理 「Makes America great again」としきりに謳っていたトランプ氏の経済政策。本テキストでは、そのコアにあった「トランプ減税」を改めて振り返ります。このテキストを、あなたのアメリカ進出を検討する判断材料としていただければ幸いです。, [相談無料] アメリカ進出コンサルティングに必要なサポート企業が見つかる【無料相談】はこちら ▶, 振り返ってみれば、トランプ氏は大統領選挙の頃から「多くの企業がアメリカから出て行った」「中国は、アメリカを彼らの国を立て直すための豚の貯金箱のように使っている」「多くの人々が仕事を失った」と主張していました。, 当時から他国を攻撃する姿勢にばかり注目が集まっていましたが、あながち彼の主張は間違っているとも言いきれませんでした(だからといって絶対的に正しいとも言えませんが…)。, 事実、当時の大統領選の対抗馬だったヒラリー・クリントンの夫であるビル・クリントン元大統領は、在期満了間際の2000年、アメリカ経済界の強い後押しを受け、「中国の民主化を推進するため」という名目で中国との経済的な関わりを深めていました。, さらに、高騰する人件費の観点から、アメリカにあった企業の多くは工場をアメリカから中国に移転させます。その結果、アメリカ国内の7万もの工場は閉鎖に追い込まれ、失業者、非正規雇用者の数は2,500万人にも膨れ上がったのでした。, その結果、多くの大企業が中国の市場と人材を手にすることで豊かになり、自ずとアメリカ国内での経済格差が拡大してしまったのです。, そんなアメリカ国内の格差が拡大した最悪の状況の中で、颯爽と(?)現れたのが、連邦法人税を大幅に引き下げることで企業をアメリカに招致し、貧しい人々へ雇用を増やし、アメリカ経済を活性化させる! …と主張するドナルド・トランプその人だったのです。, 当時、トランプ氏は法人税を35%から15%まで引き下げる公約を掲げていました。これは、1986年のレーガン政権下で46%から34%に引き下げた以来となる、過去最大の減税案でした。, ちなみに先進国クラブとされる経済協力開発機構(OECD)の法人税の平均は20%です。しかしアメリカ連邦法人税のほかに、州地方税を5%納めなければなりません。そのような背景もあって、トランプ氏は連邦法人税を15%することで、大統領選挙に勝とうとしていたのです。, そもそも日本や欧州の税制では、海外子会社からの配当には課税しない仕組みになっています。一方でアメリカは「全世界課税方式」を採用しています。つまり、米企業が海外子会社の資産を米国に戻せば35%の連邦法人税が課されてしまうのです。, そのため、アメリカの大手企業は資金を法人税の低い国にため込むようになりました。当然その資金は投資などに使われないので、設備拡充や雇用に回されることもありません。この資金が米企業全体で2兆ドル近くあると言われていました。, そのためトランプ氏は全世界課税方式を撤廃し、その代わりこの莫大な埋蔵金に一度だけ課税する考えを法案に盛り込んだのでした。ため込まれた資金がアメリカ国内に還流すれば、設備投資などが促進される可能性が大いにあると見込んでの公約でした。, もちろん、この減税策もよい側面ばかりではありません。当然、減税すれば税収は減ります。アメリカは法人税を1%さげれば、10年間で1,000億ドルの税収が減ると言われています。単純計算で、20%の減税は10年間で2兆ドルの税収減。財源の確保のためにも「法人税の国境調整の見直し」と「オバマケアの見直し」は重要課題だったのです。, そして、2017年12月22日、1986年のレーガン政権以来となる、未曾有の税制改革がトランプ大統領の署名をもって成立しました。, 結果として、トランプ大統領が掲げた、この法人税率引き下げについては、最終的に一律21%に落ち着きましたが、経済協力開発機構(OECD)の法人税平均値(22.34%)よりも低く、法人実効税率においても、G7やG20などを下回るものとなったのです。, 後半のセクションでは、「トランプ減税」と並ぶトピックであった「法人税の国境調整」と「オバマケア見直し」についても振り返ってみましょう。, 結論から言えば、「法人税の国境調整」「オバマケア見直し」は、うまくいったとは言えない結果でした。, 法人税の国境調整とは、法人税の課税にあたり米国からの輸出を免税扱いにし、反対に輸入は課税強化する仕組みです。 財源の確保のためにも「法人税の国境調整の見直し」と「オバマケアの見直し」は重要課題だったのです。 2017年12月22日トランプの署名をもって米法人税が一律21%に . 海外広告・プロモーション 新興国への進出に関してのご相談、不明なことやお困りのことなどがあれば、お気軽にご相談ください。. (英語、中国語) オバマケア(Obamacare)の撤廃と置換は、トランプ大統領の公約の一つであり、自身の最 優先課題としている。オバマケアは、2010年3月に制定された米国の医療保険制度改革法であ る、「患者保護及び医療費負担適正化法(Patient Protection and Affordable Care Act of 新型コロナ疑いでの相談・受診の目安から「37.5度以上の発熱が4日以上」を削除―厚労省, 新型コロナの「慰労金」、医療従事者だけでなく、受付・会計スタッフ等にも極めて幅広く支給―厚労省, 新型コロナ患者の退院基準を再度見直し、「発症から10日経過かつ症状軽快から72時間経過」に短縮―厚労省, 新型コロナのPCR検査新手法を保険適用、ただし10月以降は取り扱いを見直し―厚労省, インフルエンザ予防接種、高齢者は10月1日から、基礎疾患保有者や乳幼児、妊婦は10月26日から実施を—厚労省, 電子カルテの標準化、全国の医療機関で患者情報を確認可能とする仕組みの議論続く―健康・医療・介護情報利活用検討会, 状態・栄養のCHASEデータベースを活用した取り組み、介護データ提出加算等として評価へ―社保審・介護給付費分科会(2), 2020年7月、病院の患者数は前月に比べて入院では回復、外来ではやや悪化―病院報告、2020年7月分, 【ADL維持等加算】を他サービスにも拡大し、重度者への効果的な取り組みをより手厚く評価してはどうか―社保審・介護給付費分科会(1), 感染症はいずれ収束し、ピーク時は臨時増床可能なこと踏まえ、地域医療構想の「必要病床数」を検討―地域医療構想ワーキング. 我々はその課題を マクロデータに表れない市場特性を探るための徹底的なフィールド調査を踏まえたビジネスに直結するインサイトを提供  輸入許可申請手続き 「社会保障・税の一体改革」の深層②, 日本総研・西沢和彦氏が語る 「今、海外進出を考えている方」も「いつか海外進出をしたい方」もまずは、Digima~出島~無料メルマガに登録しましょう! (1)海外事業の担当人材の不足 海外進出コンサルティング 「社会保障・税の一体改革」の深層①. 「Digima〜出島〜」には、厳正な審査を通過した優良な海外進出サポート企業が多数登録しています。当然、複数の企業の比較検討も可能です。 しかし、先述のとおり、大統領として打ち出す減税案はあくまで土台に過ぎず、成立に向けて議会から多くの修正が入ることは一期目の結果が証明しています。いずれにせよ、トランプ氏が当選しても、バイデン氏が当選しても、大統領して政策を実施するには、議会との連携が重要となることは言うまでもありません。 ご提案いたします しかしながら、ここに来ての改革で、ペナルティ廃止と非オバマケア保険の登場となりますので、それがどう影響するかは将来(2020年分以降)の課題となります。 で、どうすればいい? 中華圏進出サポート歴11年、大企業・中小企業・地方自治体のご支援250社以上 企業調査・与信調査  日本からの輸入が必要な商品・機材の確認 運営支援 中国ニュースサイトプレスリリース配信 YCPでは各拠点にてコンサルティングサービスだけでなく自社事業を展開しています。市場調査フェーズからスキーム構築/定常的なビジネスマネジメントまで、事業主として一人称で取り組んできたからこそ得られた現地市場ノウハウや専門知識を活用し、教科書的な「べき論」に終始せず、ヒト/モノ/カネの観点から海外展開リスクを最小化するためのサービス開発を行っています。 海外販路開拓・マーケティング 海外進出総合支援 オバマケアが米国の医療を変えている。医療提供の形が変わり、医療の質の問題も動きそうだ。米国メイヨークリニックの元経営統括責任者スモルト氏と厚生労働省技術総括審議官の鈴木氏が、コスト、アウトカム、安全性、満足度をどう改善させるかを語り合った。司会はGHCのアキよしかわ、渡辺幸子が務めた。, 司会 医療のこれからについて、「オバマケア」「IDS=Integrated Delivery System」「医療の質の向上」のそれぞれの視点からお話しいただきたいと思います。まずオバマケアについてお聞きします。米国ではオバマケアが開始されて医療を取り巻く状況は変わっています。スモルトさん、メイヨークリニックに在籍されていた当時と比べてどう変化しましたか。, メイヨークリニック元経営統括責任者のロバート・K・スモルト氏。現在は同病院の名誉最高経営管理責任者で、アリゾナ州立大学の医療政策研究プログラムで副所長も務める。, スモルト わたしは経営総括責任者を長く務めてきたメイヨークリニックを退職し、アリゾナ州立大学に移りました。これからも医療のアウトカムをいかに高めるかを検討していこうと考えています。 オバマケアについては、医療を大きく変える可能性を秘めていると考えています。米国ではこれまで5000万人を超える人々が無保険のままでした。これは、日本の人口の3割程度に当たる規模ですが、今後、こうした人たちの保険加入が進むと考えています。, まだまだ課題はあります。「インディビジュアル・マンデート」と呼ばれる仕組みがあって、保険に加入しないのなら税金を支払わなければなりません。ただ、この負担は小さいですから、保険に入らない人も出てくるとみられています。とはいえ、保険加入は着実に進む方向と言っていいでしょう。今後、われわれ米国人が医療費をどう支払うか、逆に医療提供者はそれをどう受け取るかという点で変化が起こってくるでしょう。オバマケアについては、医療提供の質と効率を高めるきっかけになるとわたしは考えています。, いろいろな「もし」が考えられます。例えば、患者側からの支払いの仕組みが変わるだけで、医療提供者にとっては強いプレッシャーになり、医療をいかに効率的に提供するか、見直しを迫られます。この過程で医療の質を高めることにもつながると思います。, スモルト はい。質の向上はもちろんですが、オバマケアの課題は医療費の財源をどう賄うか、です。米国政府が抱える負債は、国民総生産(GDP)の130%ほどになるでしょうか。低所得者を想定して、オバマケアでは医療費の半分を補助金で賄うようにします。それだけに、財源をどう工面するかは政府にとって重要な課題なのです。一つには、高齢者向けの公的医療保険制度「メディケア」への拠出を減らす方向性があります。今後20年間で拠出を半減させると見られていて、結果的に、医療をどのように提供していくかという問題につながっていくのです。こうした懸念もありますが、わたしは基本的にオバマケアを前向きにとらえています。, 厚生労働省技術総括審議官の鈴木康裕氏。保険局医療課長として2012年度診療報酬改定を指揮し、その後、防衛省出向を経て2014年8月より現職。, 鈴木 あらためて自己紹介します。わたしは厚生労働省で技術総括審議官を務めています。主立った仕事は2つです。一つは危機管理。2014年には、国際的にはエボラ出血熱の流行が、日本国内ではデング熱の発生が問題になりました。火山の噴火や異常気象も起きています。こうしたリスクに対処する仕事です。もう一つは、保健領域の研究です。具体的には日本医療研究開発機構という省庁横断の研究機関を15年4月に立ち上げる予定です。, オバマケアについては、2つの要素に注目しています。一つは国民全員の保険加入を進める「ユニバーサル・カバレッジ」への一里塚になるという点。もう一つは、医療の質向上につながるという点です。米国では、質のより高い医療を提供する施設に報酬を多く支払い、質の高くはない所へはそれなりの報酬にする方法を採っています。, 日本では診療報酬に差を付けるのは現実的ではなく、情報を見えるようにして医療機関ごとに質の改善に取り組んでもらうべきだと考えています。, スモルト 確かに情報開示は病院の質改善を促すと思います。わたしたりは、「アウトカム+安全+満足度」を「患者一人当たりのコスト」で割った「医療の価値」を重要視しています。この分子をいかに高めて、分母をいかに抑制するかが重要です(詳細はこちら)。, 特定の診断名に施された一連の医療行為に報酬を支払う「EDRG」(Extended Diagnosis Related Group:拡大版DRG)に、日本が向かうのならば分かりやすい。アウトカム、安全性、満足度を維持しながらコストを下げていく。そうして質を高められなければ、収益を失う方向にいくわけです。米国では質を高めた施設が基本的に優位に立つようになってきました。, 鈴木 オバマケアが民主党政権の中で継続されるかに関心があります。どうご覧になりますか。, スモルト うまくいくと思います。もちろんいろいろな課題はあります。米国では今、州からの補助金をどの所得水準にまで出すべきかといった論議が起きています。オバマケアでは、低所得層の人には保険の購入に補助金が出て、この対象を広げようとする動きがあります。誰にでも、という考えもありますが、わたしはとても難しいと思っています。やはり所得の制限は必要です。そうした問題はありながらも、制度は整っていくと考えていいます。, 鈴木 保険に入らない場合に税金を払わなければならない「罰金システム」は受け入れられていますか。, スモルト 確かに「罰金」のようなものですが、これの負担は小さいですね。だから保険加入が進まないわけです。「罰金」の額は、最も低所得の人の保険料と同じ水準であるべきでしょう。税金を支払うのと保険に入るのとどちらが有利か、経済的な動機付けがないとね。, スモルト 膠着状態は続くでしょうね。自分たちが協力すべきだと共和党に気付いてもらいたいとは思います。, スモルト 民主党はやはり、“はりつけ状態”になりそうです。エコノミスト誌に興味深い記事がありました。共和党は民主党をはりつけ状態にし続けるか、民主党と協力を模索するかというものです。でもどうやら、対決姿勢を示していくのではないかと考えています。, 司会 次は「IDS」(Integrated Delivery System:統合型医療提供システム)を話題にしましょう。(つづく), 【連載ラインナップ】 (3)海外企業とのネットワーク不足 販路拡大 海外会社設立・登記代行 <主要サービスメニュー> 海外市場調査・マーケティング 海外市場調査・マーケティング、海外WEBプロモーション 海外WEBプロモーション (KOL、動画、ブログ投稿、百度SEO) また、組織を構成する個人のグローバル化も支援し、より優れた人材、企業、そしてサービスや文化を世界中に発信してまいります。 「アメリカへ進出したいが何から始めていいのかわからない」「自社商品・サービスが現地でニーズがあるかどうか調査したい」「アメリカ進出の戦略立案から拠点設立、販路開拓までサポートしてほしい」「海外ビジネスの事業計画を一緒に立てて欲しい」 訪日外国人向けマーケティング 中国法人登記代行 輸出入・貿易・通関 翻訳 またSDGsという観点から御社の海外ビジネスをサポート致します。 販路拡大(営業代行・販売代理店探し) 海外進出戦略 事業戦略~実行までの各フェーズにて、全ての業務を完全に代行  オペレーション管理 ・海外M&A: 日本進出・日本法人設立, Be the world bridge(世界の架け橋)というVisonで2018年から事業を開始しました。 海外商標・特許申請 買収後の統合実務や定常経営実務までを包括的にサポート, 【中国台湾進出ワンストップ支援】法人設立や市場調査からWeb制作、販路開拓、物流まで一気通貫, 中国、台湾、香港向けプロモーション・コンサルティング会社 (下)「IDS」と「包括払い」は医療の質を高めるか, 医療経済ジャーナリスト。東京大学卒業。「週刊ポスト」(小学館/5月2日号)の特集『「血圧147は健康値」の怪奇』が大ヒット企画となり、競合誌やテレビ、新聞を巻き込む論争を巻き起こした。医療専門メディア、経営メディアで、病院、診療所、公的機関、営利機関などを取材して記事を執筆している。6月に『絶対に受けたくない無駄な医療』(日経BP社)を上梓。. 現地日本人向けプロモーション 2020年11月3日にアメリカ大統領選挙が行われます。本テキストでは、大統領選に先駆けて、第一期トランプ政権が掲げた「トランプ減税」について振り返ります。併せて「法人税の国境調整」「オバマケア見直し」の結果についても簡潔に解説します。 Copyright © 2014 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.  コンセプト修正  インフォグラフィック制作 海外M&A 当コンテンツを掲載するにあたって、その情報および内容には細心の注意を払っておりますが、掲載情報の安全性、合法性、正確性、最新性などについて保証するものではないことをご了承ください。本コンテンツの御利用により、万一ご利用者様および第三者にトラブルや損失・損害が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとさせていただきます。 海外向けEC決済(Alipay, WechatPay, 台湾・香港後払い、コンビニ決済) 足をけがして手術代700万円? 日本では考えられないが、アメリカで実際に起きている問題だ。 日本と異なり、国民皆保険制度が導入されていないためだ。 背景には「国に依存しない」という根強い考え方がある。 国民は基本的に、民間の保険に加入している。 ただ、保険料を払えないことなどを理由に、一時最大でおよそ5000万人、国民の実に6人に1人が無保険の状態にあったと言われている。 こうした医療保険の在り方は … 当社はグローバルインターネット広告事業と輸出事業を営んでおります。親会社のゲシェルは世界のハイテク情報インフラを構築し、弊社は世界の販売チャネル構築を行っております。インターネット広告を通じて海外で売上をあげたいお客様がいらっしゃればお気軽にご連絡ください。, 海外ビジネスプロシェッショナルが長年培った人脈・ノウハウをフル活用し、貴社のもう一人の海外事業部長として海外事業を推進します。 , 全ての企業と個人のグローバル化を支援するのが、サイエストの使命です。 振り返ってみれば、トランプ氏はラストベルト(錆びた工業地帯)と呼ばれる米中西部の労働者や貧困層の熱烈な支持を受けて先の大統領選挙を勝ち抜きました。 オバマケアがあっても医療費が高すぎて受診できない 何より問題なのは、医療費そのものが高いままだということです。 例えば、ネットワーク内の医師なら自己負担が2割になる保険に入ったとしましょう。 「社会保障・税の一体改革」の深層③, 日本総研・西沢和彦氏が語る 中国人スタッフの教育研修 海外送金 め効率的で質の高い医療提供体制の整備が喫緊の課題となっているが、実はこれは米国 にも共通する課題である。通称「オバマケア」と呼ばれる、2010年にオバマ大統領が 署名して発効した医療保険制度改革法(Patient Protection and Affordable Care