オバマ大統領の広島訪問と演説。  だ。大統領のレガシー(遺産)作りや中国を意識した日米同盟強化を誇  バマ大統領・・・。 ★ だからこそ、今朝の毎日新聞で、平岡敬・元広島市長(88歳)の   威力誇示する オバマのおごり  り中身のない、広島を訪れた自らの感想が語られました。  覆すようなことはしてはいけない。  を引き連れて、大統領専用ヘリに乗って、広島ヘリポートに降り立ち、  オバマ大統領は再び「核兵器のない世界」に言及したが、手放しで喜ん  めないといけない。 オバマ大統領が唱える 核なき世界 への想いは強く、それは就任直後の プラハ演説 でも明らかでしょう。 取り分け、被爆地広島を訪れることは核廃絶へのメッセージを発信するうえでこれ以上ない施策と考えられていました。  は来たほうが良いでしょう。これが私の生中継を見た感想でした。, ★ もちろん、この訪問を歴史的意義あるものとして受け止める方々が  せぬ」と誓ってきた。原爆を使った過ちを認めないのなら、何をしに広  広島は大統領の花道を飾る「貸座敷」ではない。核兵器廃絶を誓う場所 オスプレイを引き連れての傲慢。, 広島に 降り立つ際も 米軍の ★ そして、だらだらと、ひたすら受けを狙っただけの「歴史的演説」 オバマ大統領の広島訪問と演説。 本当に、評価に値するだろうか。 オスプレイを引き連れての傲慢。 広島に 降り立つ際も 米軍の 威力誇示する オバマのおごり ★ オバマ大統領の広島訪問。来ないよりは来たほうが良いでしょう。 その後,大統領は,多少の助けを借りながらも自らで折ったという折り鶴を地元広島の2人の子供たちにそれぞれ手渡した。安倍総理とオバマ大統領は,それぞれ芳名録に記帳し,オバマ大統領は,更に2羽の折り鶴を添えた。  島に来たのかと言いたい。  切らないアメリカの責任が今後問われるのだとも思います。 にほんブログ村.  CTBT(核実験全面禁止条約)の批准もせず、言葉だけに終わった印  「投下許したわけではない」という談話を見て、この方の言う通りだ  別な扱いを要求して、日米同盟の盟主という立場を誇示する傲慢な国  示するパフォーマンスの場に利用されたらかなわない。  米国に「二度と使わない」と誓わせ、核兵器廃絶が実現して初めて、死 ★ エアフォースワン判の声が渦巻いている中で、そのオスプレイ4機  た。核兵器の近代化、つまり新しい兵器の開発に予算をつぎ込んでいる。  の傲慢な大統領がいるだけでした。  ないからだ。原爆投下を正当化する限り、「核兵器をまた使ってもいい」  「謝罪を求めない」というのも、無残に殺された死者に失礼だ。本当に                         【聞き手・寺岡俊】, ★いつも、ご訪問いただきありがとうございます★  広島は日本政府の方針とは違い、「原爆投下の責任を問う」という立場 ★ オバマ大統領の広島訪問。来ないよりは来たほうが良いでしょう。  ではいけない。米国が「原爆投下は正しかった」という姿勢を崩してい 「オバマ大統領の広島演説」 Remarks by President Obama at Hiroshima Peace Memorial Seventy-one years ago, on a bright, cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed.  私には、そんな程度の感想しか浮かびません。    壊兵器」という認識だ。それはヒロシマ・ナガサキの経験から来ている。 ー戦争法の発動を許さず、必ず廃止にー  オバマ大統領は2009年にプラハで演説した後、核関連予算を増額し Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved. ★ ここには、他国を訪問してなお、アメリカ国内と何ら変わらない特  がおこなわれましたが、謝罪も、核兵器を廃絶する決意もない、つま  同じくビーストと呼ばれる大統領専用車で、原爆資料館に到着したオ  い。広島市長と広島県知事も謝罪不要と表明したのは、残念でならない。  者は安らかに眠れる。  おられることもうなずけますし、だからこそ、そうした受け止めを裏 ★ それ故に冒頭に戻りますが、オバマ大統領の広島訪問。来ないより  る。これを認めてしまうと、広島が米国を許したことになってしまう。 本当に、評価に値するだろうか。  と思いました。その全文はつぎのとおりです。  象がある。だからこそ、今回の発言の後、どのような行動をするか見極  となりかねない。私たちは広島の原爆慰霊碑の前で「過ちは繰り返しま  悔しくつらい思いで死んでいった者を冒とくする言葉を使うべきではな  日米両政府が言う「未来志向」は、過去に目をつぶるという意味に感じ  を堅持してきた。今、世界の潮流は「核兵器は非人道的で残虐な大量破