アメリカの前大統領であるバラク・オバマ氏が今から10年以上前の2008年11月4日、大統領選挙の結果が判明した直後にシカゴ・グラント公園で行われた勝利演説の全文とその和訳をご紹介します。また、文章や語彙の解説もしておきます。この演説は歴史に バラク・オバマ大統領勝利演説全文 歴史上まれに見る接戦を征したオバマ民主党議員が2009年11月4日にシカゴGrant Parkで行った大統領選挙勝利演説の全文を掲載します。� 米民主党のバラク・オバマ候補が4日夜(日本時間5日午後)、米国初の黒人大統領になることが決まった。. 「Hello, Chicago!」. マイ・ドリーム―バラク・オバマ自伝. 地元イリノイ州シカゴの公園で約20万人を前に行われた、オバマ次期大統領の勝利演説全文を、複数メディアの生中継をもとに翻訳します。. オバマ大統領は、1月10日火曜日に大統領として最後の公式演説に臨み、政権当初からのテーマを成し遂げたことを感動的な言葉で訴えた。シカゴの聴衆を前に「あなたたちが change そのものだった。あなたたちが国民の希望に応えたのだ。そして、あ オバマ氏の演説、題名からして、批判記事かと思ってスルーしようとしたが、実はそうではない。かなり、興味深い毎日新聞の特集記事になっているので、今回、そのまま紹介してみたいと思います。 なぜ、アメリカ大統領候補の当初は無名のオバマ氏が、ここま オバマ次期大統領の勝利演説 英語全文 <特集・米大統領選>. 姉妹プロジェクト:Commonsギャラリ, データ項目; 以下は、2008年11月4日にシカゴのグラント・パークにて行った、バラク・オバマの勝利演説である。 なお、本項において、文中の括弧内は訳者による補足部分である。 2009年バラク・オバマ大統領就任式(にせんくねんバラク・オバマだいとうりょうしゅうにんしき)は、2009年 1月20日に行われた、当時初当選のバラク・オバマの第44代アメリカ合衆国大統領就任、およびジョー・バイデンの第47代副大統領就任に際して、それぞれ就任宣誓を披露した式典である。 歴史的な次期米大統領となった民主党のバラク・オバマ氏は11月4日夜、約20万人の支援者を前にこう切り出しました。当代随一の演説の名手と呼ばれるその人の、一世一代の演説です。「Yes, we can」と繰り返すその巧みな雄弁術を、英語でお届けします。. 黒人指導者マーティン・ルーサー・キング牧師が「私には夢がある」と演説してから45年。. 【2008年】オバマ大統領の勝利演説 <英文+全文翻訳> ビジネス英語 2015.08.28 2018.02.20 EIGOHERO 【2008年】オバマ大統領の勝利演説 <英文+全文翻訳> ツイート; シェア; はてブ; LINE; Pocket . オバマとは一言で言えば、「最高で最低な大統領」だったのではないだろうか。それぐらいドラマテックな「オバマの時代」だった。 あまりにも期待が高かったために、その分、失望感も大きかった。 オバマ支持が一種の社会運動に昇華した2008年の大統領選挙を経て、さっそうと現れた初めてのアフリカ系大統領は、リーマンショックによる不景気や、「テロとの戦争」も一気に解決してくれそうなスーパーマンのようだった。 … 新品価格 ¥2,592 から (2016/10/28 17:08