『残された者の痛みに敵も味方もない』 (森重昭さん) アメリカのオバマ大統領は27日、現職大統領として初めて被爆地・広島を訪問し、スピーチを行った。歴史的なスピーチの一部始終を最も近くで目に焼き付けたのは被爆者だった。スピーチを終えたオバマ大統領は被爆者に歩み寄った。 森 重昭(もり しげあき、1937年 3月29日 - )は、日本の歴史家である。 広島県在住。 日本本土空襲で命を落とした連合国の捕虜に関する研究で知られている。 バラク・オバマの広島訪問においてバラク・オバマと抱擁したことは世界的な注目を集めた。. 広島市民の声をホワイトハウスに届けた「オバマへの手紙」をはじめ、日米両国でのロビー活動にいそしむなど、慎重に準備は進められた。そして――。 記憶に新しいオバマ訪問の舞台裏を、ダイナミックに描いたインサイドストーリー。 森 重昭(もり しげあき、1937年3月29日 - )は、日本の歴史家である。広島県在住。日本本土空襲で命を落とした連合国の捕虜に関する研究で知られている。バラク・オバマの広島訪問においてバラク・オバマと抱擁したことは世界的な注目を集めた。, 第二次世界大戦の頃、少年だった森は広島県広島市己斐で暮らしていた。1945年8月6日の広島市への原子爆弾投下の瞬間、爆心地から約2.5キロメートル地点の、自宅付近の旭山神社の前の橋の上を歩いていた彼の体は河川へと投げ出された。彼は重傷で倒れている人々の姿を数多く目にしたが、彼らを救う手だてはなかった[2][3]。, 中央大学を卒業後、山一證券や日本楽器(現ヤマハ)に勤務しながら[4]、被爆者である森は、30年以上にわたり、爆心地から約400メートル離れた中国憲兵隊司令部で死去したアメリカ合衆国のパイロットの捕虜に関する研究をおこなってきた。この研究をもとに、彼は『原爆で死んだ米兵秘史』を著した[5]。, 森は、2008年以来、呉軍港空襲の際に撃墜されたB-24タロア号の乗員の親類を捜し出そうとしてきた。航空機の残骸は地元の農民たちによって保管されていたが、乗員の家族に返すため、森に手渡された[6]。, 2016年5月、バラク・オバマの広島訪問においてバラク・オバマと面会した際には、オバマと抱擁を交わした[7]。, “『こち亀』原作者・秋本治氏に菊池寛賞 「上質な笑いに満ちた作品を堂々と完結させた」”, http://www.oricon.co.jp/news/2079894/full/, ‘I still hate the glow of the setting sun': Hiroshima survivors’ tales. 2016年、第64回菊池寛賞を受賞 「オバマへの手紙」とは、広島の被爆者や一般市民が、オバマの広島訪問を熱望する気持ちを「手紙」にして、ホワイトハウスに届けたものです。言わば「ヒロシマの心」を伝えたラブレターのようなもの … Hiroshima historian returns fragments of shot-down bomber to loved ones in U.S. Obama in Hiroshima calls for 'world without nuclear weapons', https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=森重昭&oldid=75744663.