Thank you, Dick Durbin. 米国のバラク・オバマ前大統領が、2020年10月21日、ペンシルベニア州フィラデルフィアで、民主党の大統領候補ジョー・バイデンと副大統領候補カマラ・ハリスの応援演説をした。トランプ大統領への痛烈な批判からアメリカの理想についてまで、35分におよぶスピーチを全訳でお届けする。 Thank you so much. Thank you so much. 資料548 オバマ大統領の就任演説(原文) 2009年(平成21年)1月20日(日本時間21日)、バラク・オバマ氏が、第44代 アメリカ大統領に就任しました。連邦議会議事堂前で行われた就任演説を、ホワ オバマは民主党党大会最終日の8月28日にコロラド州デンバーのアメリカンフットボール競技場「インベスコ・フィールド」において、8万4000人を前に指名受諾演説を行った。オバマは「次の4年を(ジョージ・w・ブッシュ政権下の)過去8年と同じにしてはならない」、「未来に向けて行進しよう」と民主党内の結束を呼びかけた。 You make us all proud. オバマとは一言で言えば、「最高で最低な大統領」だったのではないだろうか。それぐらいドラマテックな「オバマの時代」だった。 あまりにも期待が高かったために、その分、失望感も大きかった。 オバマ支持が一種の社会運動に昇華した2008年の大統領選挙を経て、さっそうと現れた初めてのアフリカ系大統領は、リーマンショックによる不景気や、「テロとの戦争」も一気に解決してくれそうなスーパーマンのようだった。 … Thank you. 「オバマ氏の演説の特徴はとにかく平易な英語で、 繰り返しが多く、分かりやすいんです。 クリントン氏の演説も明快で知的で、 とても上手ですが、 より簡単でリズミカル なのはオバマ氏 。 逆なのが共和党の有力候補、 マケイン上院議員(71)です。 オバマ氏2004年民主党大会基調演説(全文+英訳)① . Thank you. プラハ演説(プラハえんぜつ)とは、2009年 4月5日、チェコの首都プラハの フラチャニ広場 (チェコ語版) にてアメリカ合衆国大統領 バラク・オバマが核廃絶へ具体的な目標を示した演説である。 オバマ大統領は、1月10日火曜日に大統領として最後の公式演説に臨み、政権当初からのテーマを成し遂げたことを感動的な言葉で訴えた。シカゴの聴衆を前に「あなたたちが change そのものだった。あなたたちが国民の希望に応えたのだ。そして、あ そしてこの国の次のファーストレディ、ミシェル・オバマ。彼女が絶え間なく私を支えてくれなければ、16年前からずっと最高の親友でいてくれた彼女が、礎となって家族を支えてくれた彼女が、私にとって最愛の彼女がいなければ、私は今夜ここに立っていません。 オバマ氏2004年民主党大会基調演説(全文+英訳)① Keynote Address by Barack H. Obama at the 2004 Democratic National Convention in Boston on July 27, in 2004 Part 1 Thank you so much. 2009年1月20日にワシントンで行われたオバマ大統領の就任演説(Inaugural Speech)のスピーチ全文、日本語訳、解説を紹介します。 大統領選の頃から “Yes, We Can” の合言葉を使い、素晴らしいスピーチで人々の心をつかんでいたいたオバマ氏の就任演説は、アメリカのみならず日本でも注目されました。 歴史的名演説との呼び声が高いオバマ大統領の「第1期就任演説」を完全収録したラダーシリーズ『バラク・オバマ・ストーリー』。その完全訳と音声ダウンロード。さらに第2期の就任演説の全文と日本語訳・音声も含まれています Thank you. Keynote Address by Barack H. Obama at the 2004 Democratic National Convention in Boston on July 27, in 2004 Part 1 . Thank you. 2016年5月27日にオバマ大統領が広島を訪問して演説したスピーチの英語全文、和訳(日本語訳)、解説です。訪問前から注目されたアメリカから日本への「謝罪」めいた表現はなく、人類太古からの戦争の歴史を振り返り、今後の「核兵器廃絶」を目指そうという全世界に向けてのメッセージとなっていま … Thank you so much. オバマは先住民に対する政策に熱心であり、先住民の生活改善に30億ドルの財政支援を行う方針をした。大統領候補時代にクロウ族の居住地に訪問し、オバマの演説は先住民をもひきつけ、大統領就任式では先住民もパレードに参加した。 オバマ氏の演説、題名からして、批判記事かと思ってスルーしようとしたが、実はそうではない。かなり、興味深い毎日新聞の特集記事になっているので、今回、そのまま紹介してみたいと思います。 なぜ、アメリカ大統領候補の当初は無名のオバマ氏が、ここま