No reproduction or republication without written permission.     主旋律に対しての副旋律の事です。 ポルトガル語(?)で「ありがとう」の意味です。 かつてサッカー日本代表監督をしていたジーコさんが インタビューの最後に必ず「オブリガード」と言っていましたね。 日本語の「ありがとう」の響きにそっくりです。 「美しいメロディーをありがとう」という意味で演奏される副旋律といったところでしょうか・・・。 Copyright(C) 2000-2020 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. 株式会社ゆうちょ銀行および日本郵便株式会社が発行するプリペイドカード・デビットカード。国際的なクレジット決済ブランドであるVisaの加盟店で利用できる。年会費は無料で、満12歳以上(小学生を除く)のゆ... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 あいさつの意味を持つポルトガル語の「オブリガード」とよく似ていますが、使う目的やシーンが違うので、見間違わないように気をつけてくださいね。. var wpcf7 = {"apiSettings":{"root":"https:\/\/ut-9.net\/wp-json\/contact-form-7\/v1","namespace":"contact-form-7\/v1"},"recaptcha":{"messages":{"empty":"\u3042\u306a\u305f\u304c\u30ed\u30dc\u30c3\u30c8\u3067\u306f\u306a\u3044\u3053\u3068\u3092\u8a3c\u660e\u3057\u3066\u304f\u3060\u3055\u3044\u3002"}},"cached":"1"}; しばらくポルトガル語を勉強していると、あるときふとひとつの疑問が浮かびました。ポルトガル語の「ありがとう」を意味する、「obrigado」にはなぜ男性と女性があるのだろうか、ということです。スペイン語もイタリア語もフランス語も「ありがとう」 最後のほうに書いたように絶対に知っとかなければならないというような言語ではありませんが、知っていると便利なので、ノート等にメモをして覚えておくとよいでしょう。. 主旋律(メロディーやボーカル)とは別のメロディーで動き、主旋律を効果的に聴かせるものです。. ちゃんみおです。 先日、ブラジル人と話をしていたのですが、 「日本語でオブリガードは、アリガートでしょ?」 って言われました。 どうやらポルトガル語の「オブリガード」は、日本語の「ありがとう」が伝わったという事らしいです。 ちゃんみおです。 All text is available under the terms of the. 1、Obrigado.(オブリガード)ありがとう。 「obrigado」の意味は「意外と知らないポルトガル語の「obrigado」の本当の意味」を参照。 2、Valeu. これ... 和音の説明で必ず登場するトライトーン。ただ用語だけを聞いてもピンとこないですが、曲の盛り上がりには必ずこのトライトーンが関... 楽譜の頭に「♯」や「♭」がついていることがあります。これを調号といいます。調号はその曲の調性、いわゆるキー(KEY)を表し... 音楽用語のブレス(breath)とは?英語で「呼吸」を意味しますが、音楽用語としては何を表しているのでしょう。ここでは、音... グラーヴェ(grave)とは?メトロノームにも載っていますが、どのような意味かご存知ですか?同様の意味の音楽用語に「ペサン... ad libitum(アド リビトゥム)、あまり馴染みのない音楽用語だと思われるかもしれませんが、アドリブと聞けばいかがで... con fuoco(コンフォーコ)とは?fuoco(フォーコ)は、「火」「情熱」を意味する音楽用語で、con(コン)は「~... attacca(アタッカ)とは、どのような意味の音楽用語なのでしょう。取りつける、くっつけるという意味のイタリア語「att... tutti(トゥッティ)とは?テレビアニメ「響け!ユーフォニアム」のエンディングにもなりましたね。オーケストラや吹奏楽をや... クラシック音楽は聴きますか?クラシック音楽には標題音楽と絶対音楽があります。この2つはどう違うのでしょうか?標題音楽や絶対... 「移動ド」と「固定ド」についてご存知ですか?音楽の基礎能力をつけるためのソルフェージュにも「移動ド」や「固定ド」、それぞれ... そもそも音感とは何か?耳コピとは何か?をはじめ、相対音感についてわかりやすく解説しました。 皆さんこんにちは! 主旋律(メロディーやボーカル)とは別のメロディーで動き、主旋律を効果的に聴かせるもの. ドビュッシーの名曲「アラベスク第1番」やチャ... アラルガンド(allargando)とはどういう意味でしょうか?リタルダンド(ritardando)とも似ていますが、実は... 名曲にカノンコードありと言われる王道のコード進行についてまとめてご紹介します。その音の「仕組み」と実際の「カノンコードの曲... 「楽譜を書く」を英語で何と言うのでしょうか。今回は「楽譜」「音符」「五線譜」など楽譜に関連する言葉の英語表現や例文について... 作曲の勉強をしているときによく出てくるのがVSTという言葉。知っている人もVSTとは何か?と詳しく聞かれると困ってしまうこ... 「アッチェレランド(accelerando)」、譜面上では省略形の「accel.」を目にすることが多いかと思いますが、どの... トレブル(treble)とは、ベースの音作りの際には必須の音楽用語ですがいったいどういう意味なのでしょうか。今回は、ベース... あらためて言われると説明が難しいジャズです。それでも、こんな風に理解すると、それがジャズなんだという事をまとめていこうと思... 「R&B」とはどういうジャンルなのか? 昔からあるようにも思うが、今一度歴史を振り返って見ます。そこから「R&B」とはどう... 近年、フリースタイルダンジョンなどのラップバトルの流行から注目を浴びているHIP HOP。 セッションをやるときにオブリガード(カウンターメロディ)という言葉が出てきて戸惑った方が多いのではないでしょうか。オブリガードは、簡単にいうと、「対旋律」「カウンターメロディ―」ですが、時代によっては意味が違います。なので今回はオブリガードの意味や作り方を説明していきます。, オブリガード(オブリカート)とは、音楽用語の1つです。 GarageBan... 皆さんこんにちは! ちゃんみおです。 しかしHIP HOPとはよく... 音楽のジャンルにはいろいろありますが、ここでは「レゲエ」とはどんな音楽なのか? そのルーツは一体どこが起源なのか? を掘り... 「オルタナティブロック」とはどういう音楽を指すのでしょうか?こちらではオルタナティブロックとはどんな背景から生まれて、どん... 音楽用語の「rit.」とは?「rit.」は聞いたことがなくても、正式名称なら、ご存知の方も多いかもしれません。クラシック音... ブルース、とは音楽好きであればご存知のジャンルかと思います。それではブルースとはいったいどんな音楽なのか、どんなジャンルに... 2016年頃から世界から注目を浴びる日本の「シティポップ」とは一体なんなのか? 「シティポップ」とはいつ生まれた音楽なのか... CDとレコードを聴き比べしてみたとき、レコードの方が音質が良い、というのはよく言われていることですが果たして本当にそうなの... 『テクノ』と『テクノポップ』、この2つの違いを皆さんはご存知ですか?実はこの2つは別物なのですが、同じものとして認識されて... 音楽やっていると、必ず出会うことになる「休符」という音楽記号。存在はしっているけれど、実際に休符記号がどういう意味なのか分... 音楽を演奏する際、テンポはとても重要です。特にクラシック音楽の場合、楽譜に指示されたテンポと大きくかけ離れた演奏をしてしま... cresc.(クレッシェンド)、重要な音楽記号のひとつですね。これがあることで、音楽に流れが出てきます。ここでは、音楽記号... ト音記号やヘ音記号とは、一体何の記号なのでしょう? 自由を象徴する「ad libitum」と対になる言葉で、楽譜に書かれていることを独自にアレンジせず、指示通りに演奏しなければなりません。 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - オブリガートの用語解説 - 音楽用語。本来は不可欠の楽器あるいは声部を意味する。アド・リビトゥムに対する語。今日では一般に助奏 accompagnamento obbligatoの意で,独奏あるいは独唱声部に対して協奏的に扱われる旋律的伴奏声部をさす。 一方、「オブリガード」はポルトガル語で、日本語の意味は「ありがとう」です。実例で示した曲名と一致するという…何とも面白い偶然でした!あ、ちなみに狙ってなかったです(笑) ギターやベースなど... https://chanmio-music.com/wp-content/uploads/2018/11/a5c475e65fb050d97cfd8933cc0c02b1.m4a, https://chanmio-music.com/wp-content/uploads/2018/11/1e0a5107848ad5fdffcc8da80bfcda13.m4a, https://chanmio-music.com/wp-content/uploads/2018/11/854d36eb5af5a56198d7ea85eb250ee2.m4a, https://chanmio-music.com/wp-content/uploads/2018/11/15714ae317ace3dc1379d745fd861231.m4a, https://chanmio-music.com/wp-content/uploads/2018/11/6684e4b028d8bd1d3d7f6363b252a10c.m4a, https://chanmio-music.com/wp-content/uploads/2018/11/ae7e6e8726d6379be874a13907cd2453.m4a. セッション的に「オブリガード」と呼びます。 「オブリ入れて!」みたいに省略して使われることもあります。 別にこれを知らなくてもセッションはできますが、 咄嗟に言われてテンパらないためにも、 〘名〙 (obbligato) 音楽用語。元来はアド‐リビトゥム(ラテン語で「自由に」の意)に対する語で、必要不可欠な声部または楽器のこと。転じて、独唱や独奏の音楽的効果を高めるため、主旋律の伴奏以外に、ある旋律を協奏すること。〔アルス新語辞典(1930)〕. (ポルトガル)obrigado(オブリガード)とは。意味や解説、類語。[感]ありがとう。[補説]女性語では「オブリガーダ(obrigada)」。 - goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。 ソロの隙間を狙ってバックのメンバーの誰かが裏メロを補足してあげることがセッション的にオブリカートを作るということになるので、「オブリ入れて!」などと略されて呼ばれることもあり、「オブリガード」と言葉全てで呼ばれることはあまりありません。 オブリガート(obbligato)は、イタリア語が由来の音楽用語です。曲中の規則を示すためにも大切な意味を持った言葉なので、ぜひ覚えておきたいですね。この記事では、オブリガート(obbligato)の意味や役割を紹介します。, オブリガート(obbligato)とは、おもにクラシックの世界において使われる音楽用語で、「義務づけられている」「強制的」といった意味を持つイタリア語が由来です。 言ってしまえば、この用語を知らなくてもセッションはできますが、咄嗟に言われてテンパらないためにもセッション初心者の皆さんは頭の隅に置いておくといいですよ!, 今回はクラシック音楽用語「オブリガート」について解説していきました。 ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. 作曲において、「裏メロ」というものを聞くことがあると思います。「裏メロ」とは、「裏メロディ」の略で、文字通りメインメロディの裏で鳴っているメロディのことです。バックメロディと言ってもいいですね。, ただ、作曲に慣れない内は、裏メロをどうやって作っていけばいいかわからないと思います。僕も、以前はうまく作れませんでした。しかし、現在では数多く作曲をする中で裏メロの作り方が分かってきました。, そこで今回は、オブリガートなどの裏メロを作る2つのポイントと、メロディ作りのテクニックを実例と共に解説します。, 裏メロは、メインメロディを引き立てて曲を一層盛り上げるために入れます。このとき、以下の2つのポイントを意識しておくと、良い感じの裏メロが作れます。, 裏メロは、メインメロディのイメージにマッチしたものになっていないと、調和が乱れてしまいます。調和が乱れると、一言で言えば聴いていてダサい感じになってしまいます。, そのため、メインメロディの雰囲気にマッチしたメロディを入れていく必要があります。例えるなら、水戸黄門に対する助さん、角さんって感じです。, どんなメロディが合うのかは、すぐにはピンと来ないと思います。そこで、自分が好きでよく聴く曲の、裏メロがどうなっているか注意深く聴いてみるのが効果的です。, メジャーアーティストの曲は、きちんと調和のとれたアレンジになっているので、聴いていて不自然な裏メロはまず鳴っていません。そのため、裏メロ作りをするために極めて参考になります。なのでまずは、自分の好きなアーティストの裏メロを真似するように、自分の曲に裏メロを入れていくといいです。, もう1つ、裏メロ作りで大切なポイントは、メインメロディよりも目立たないようにすることです。, 文字通り、メインメロディは「メイン」なので一番目立つメロディです。裏メロは、メインメロディを引き立たせるために入れるので、メインメロディより目立たないようにします。, どのようにして裏メロより目立たないようにするかというと、1つはメロディの変化を少なくすることです。変化が激しいメロディほど、目立つからです。このため、メインメロディのメロディ変化が激しい時は、ゆったり変化する裏メロにするといいです。, 逆に、メインメロディのメロディ変化がゆったりの時は、裏メロのメロディ変化はある程度もたせた方がいいです。なぜなら、メインメロディと同じ様なメロディ変化だと、違いがバラエティに乏しくなるし、メインとの違いが分かりにくくなるからです。しかし、あまりメロディ変化を多くすると、メインメロディより目立っってしまいます。そこで有効なのが、繰り返しのメロディにすることです。, イメージとしては、インテリアのじゅうたんとか壁紙の模様を考えると分かりやすいです。じゅうたんや壁紙の模様って、模様が繰り返されているため、複雑なものになっていてもそこまで目立たないんですよね。, 裏メロも同じように、繰り返しのメロディにすれば、メロディの変化が多くてもメインメロディよりも目立たなくさせることができます。, →無料:パソコン1台で作曲するためのすべてを解説した全15回・合計6時間21分のDTM講座を受け取る, まず紹介するのは、メインメロディよりもメロディ変化が少ないパターンの裏メロです。以下の槇原敬之さんの「もう恋なんてしない」の中に、裏メロがベルの音で入っています。, 具体的には、0分23秒、0分36秒、0分44秒~0分51秒あたりで鳴っている音です。, メインメロディに対して、基本的に緩やかな変化のメロディになっていて、全体の調和を乱さず、かつ曲を盛り上げていることが分かります。, 以下のサカナクションさんの「新宝島」の、イントロから曲が一番盛り上がるサビ直前までで、繰り返しの裏メロが使用されています。, 0分28秒あたりから始まるギターの繰り返しのフレーズが、サビが始まる1分0秒あたりまで、少しずつ変化していますが繰り返されています。, 歌のメロディのバックで鳴っていますが、自然に曲全体に調和し、印象的な曲にしています。, 前奏の0分21秒あたりから、右側で鳴っているギターの繰り返しのメロディがあるのですが、これが裏メロとして歌が始まってからずっと鳴っています。, 一番盛り上がるサビの直前まで、ひたすら繰り返しなっています。メロディの変化は多めですが、ずっと同じ調子で繰り返されているため、歌の後ろで流れていてもそこまで気になりません。先ほどの「新宝島」同様、こういった繰り返しのメロディは、「リフレイン」、略して「リフ」と呼ばれます。ギターで演奏するリフは「ギターリフ」と呼ばれます。シンセサイザーの音だったら、「シンセリフ」と呼ばれます。, 僕はこんな感じで、前奏で思いついたギターリフをそのまま歌の裏メロに使うということをよくしています。けっこうマッチしやすいので、オススメです。, 最後に紹介するのは、「オブリガート」と呼ばれる作曲法です。オブリガート(Obbligato)は、裏メロの一種で、メインメロディと掛け合いをするように演奏されるのが特徴です。あまり言わないですが、日本語では「助奏(じょそう)」と呼ばれます。, オブリガートは、メインメロディの裏で常に演奏されています。上記のように、メインメロディが落ち着くと、前に出てくるイメージです。, 逆にメインメロディが前に出てくると、オブリガートは目立たないように引っ込みます。メインメロディをボーカルが担当していたら、丁度歌詞が無いところを埋めるような感じです。, 楽器としては、バイオリンなどの弦楽器系の音がよく使われます。あとは、バンドならギターがオブリガートを担当することがあります。, オブリガートは、メロディを演奏する「リードギター」と呼ばれるギタリストが演奏することが多いですね。リードギターに関しては、下記の記事でも解説しています。ご興味がありましたら、こちらも是非読んでみてください。, オブリガートによる裏メロの実例としては、いきものがかりさんの「ありがとう」という曲が分かりやすいです。, 上記の曲は、いきものがかりというアーティストの「ありがとう」という曲です。(動画は、別の人がカバーして歌っているものです。), 曲のはじまりで、曲中一番盛り上がるサビのメロディが流れます。このときの、「“ありがとう”って伝えたくて」の後に続く、裏で鳴っているメロディがオブリガートです。また、その後の「あなたを見つめるけど」の後にも、掛け合いをするようなメロディが演奏されています。メインメロディにマッチしつつ、メインメロディよりも目立たないようになっており、絶妙に曲を盛り上げている裏メロになっています。, このように、オブリガートがあると、メインメロディが一層引き立ちます。自分が好きで普段聴いているアーティストの曲で、このような感じでメロディが鳴っているのを見つけてみるといいです。意識して聴くと、多くのオブリガートを見つけることができます。そして、それを真似して自分の作品に取り入れれば、より良い曲に仕上げていくことができます。, 余談ですが、オブリガートにとてもよく似た言葉で、「オブリガード(Obrigado)」という言葉があります。音楽のオブリガートはイタリア語が語源です。, 一方、「オブリガード」はポルトガル語で、日本語の意味は「ありがとう」です。実例で示した曲名と一致するという…何とも面白い偶然でした!あ、ちなみに狙ってなかったです(笑), ここまで説明してきたように、オブリガートを使うと歌やメインメロディを効果的に盛り上げることができます。これによって、自分の作品のクオリティが高まっていきます。, 僕のサイトではこの記事以外にも、パソコン1台で自由に音楽を作る方法を数多く紹介しています。, DTM作曲に役立つ合計15本・6時間21分を超える動画レッスンを無料でプレゼントしています。, 5年以上の時間をかけて僕が培った、DTMの作曲ノウハウをすべて説明した、他にはない大ボリュームの動画レッスンとなっています。, 僕自身、専門的な音楽の勉強や楽器演奏の経験の無いところから、社会人になって作曲ができるようになりました。, Copyright © 2020 ユータのDTM教室 All rights Reserved.