2.20: 18: 1: 0: 1: 8: 4: 0: 0: 0.667: 126 2/3: 82: 6: 149: 37: 6: 1: 0: 34: 31: 29: 田嶋 大樹. プロ野球のオリックスは23日、2軍で調整している左沢優投手(25)が新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で陽性と判定された、と発表した。 同年10月15日にオリックスに復帰して一軍投手コーチを務めることが発表された 。2016年はチーム防御率リーグ最下位に終わり、2017年からは二軍投手コーチ、2019年は榊原翼、k-鈴木らを2軍監督の中嶋聡と共に1軍戦力に育てた 。 オリックスは24日、竹安大知投手(25)が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。22日に2軍首脳陣、選手、スタッフを対象にpcr検査を実施。 小林 宏(こばやし ひろし、1970年11月30日 - )は、広島県廿日市市出身の元プロ野球選手(投手)、プロ野球コーチ、野球解説者。2020年シーズン途中よりオリックス・バファローズ2軍監督代行。, 佐伯郡廿日市町(現:廿日市市)立宮内小学校4年のとき、少年野球「廿日市ジュニア」で野球を始めた。廿日市町立七尾中学校、崇徳高校、広島経済大学を経て、1992年のドラフト1位でオリックス・ブルーウェーブに入団。, 少年野球時代は捕手、高校時代は軟式野球部に所属し大学でも3年生までは遊撃手だった。4年生次、投手が次々と故障したことから緊急登板して好投し、そのまま大学選手権に進出する。当初は地元の広島東洋カープがドラフト2位という高評価で指名すると言われていたが、当日にオリックスがこれを上回るドラフト1位で指名して小林の交渉権を獲得した。会見では小林もあまりの評価の高さに驚きを隠せなかったという。, 1993年(1年目)は9試合に登板し初先発では初勝利も飾ったがこの年はその1勝で終わる。, 1994年は21試合に登板し6試合に先発した。3勝3敗、防御率3.69の成績を残した。, 1995年1月17日に阪神淡路大震災が発生し、オリックスの本拠地がある神戸市を含む阪神地域や淡路島など関西地方を中心に大きな被害を受けた。チームは神戸での開催が危ぶまれたが、開催が決定することになった。「がんばろうKOBE」をテーマに被災者のためにチーム一丸となって戦ったチームは前身の阪急時代の1984年以来11年ぶりにリーグ優勝を果たした。この年は15試合に登板し、8勝3敗、防御率2.68の好成績を挙げた。日本シリーズでオリックスは日本一こそは逃したものの、中でも第4戦でのヤクルト4番打者のトーマス・オマリーとの勝負(小林-オマリーの14球)は語り草となっている。小林はその試合で勝利投手となった。, 1996年も「がんばろうKOBE」をスローガンに掲げ、この年は先発に中継ぎにあらゆる場面で起用され37試合に登板し、前年より安定感を欠いたが2年続けて8勝をマークし、オリックスのリーグ連覇と日本一に貢献した。, 1997年にはWストッパーの鈴木平と野村貴仁が不調でシーズン途中に抑えになりオールスターゲームにも出場を果たした。同年は先発での登板はなく、全てリリーフの53試合に登板し7勝3敗15セーブ、防御率2.56と活躍した。, 1998年にはストッパーとして開幕を迎えたが抑えとして機能できずシーズン途中から先発に転向すると勝ち星にも恵まれそのまま閉幕までローテンションを守り規定投球回にはわずか2イニング届かなかったがチームトップの10勝を挙げ初の2桁勝利を達成。, 2000年も開幕投手を務め、2年連続で開幕試合の勝ち投手となったが、不振を脱却できず5勝9敗で防御率も6点台と不本意なシーズンとなった。, 2002年は中継ぎで15試合の登板にとどまった。またチームはオリックス譲渡後初の最下位でシーズンを終えた。, 2003年は3年ぶりに先発登板を果たすも往年の力を発揮できず4勝8敗、防御率5.54と結果を残せなかった。また、チームも前年は打撃陣の不振が重なり最下位で、この年は打撃陣は復活したものの投手陣が福岡ダイエーホークス戦で4試合の20失点以上を喫するなどチーム防御率も5.95と大きく崩壊し、この年も最下位でシーズンを終了した。, 2004年は中継ぎで17試合に登板するも、防御率11.25と極度の不振でこの年のチーム防御率も5.65と投手陣が崩壊した。またチームはオフに大阪近鉄バファローズと合併することが決まり、選手分配ドラフトを経て東北楽天ゴールデンイーグルスに入団することになった。, 引退後の翌2006年よりJ SPORTSで野球解説者を務め、神戸市の車いすバスケットボールチーム「清水 M・S・T」の監督も務め、関西の強豪としてチームを全国大会に導いた。, 2009年よりオリックス・バファローズの二軍投手コーチに就任し、2010年からは育成投手コーチに配置転換された。しかし、同年6月8日に一軍投手コーチ星野伸之の病気療養に伴い一軍投手コーチとなり、2011年からは一軍投手コーチ(ブルペン)を務めていたが8月3日付で一軍投手コーチ(ベンチ)に配置転換となり、2012年途中からチーム防御率の低迷のため一軍投手コーチ星野と入れ替わりで二軍投手コーチに降格となった。2014年10月1日に球団から退団が発表された[1]。, 2015年はシティライト岡山の選手兼任コーチに就任して投手陣の指導に当たり、第86回都市対抗野球大会予選・第41回社会人野球日本選手権大会予選両方の第2代表決定戦進出に貢献した(ただしどちらの試合も敗退。)。なお選手登録こそされていたものの、公式戦での試合登板はなかった。, 同年10月15日にオリックスに復帰して一軍投手コーチを務めることが発表された[2]。2016年はチーム防御率リーグ最下位に終わり、2017年からは二軍投手コーチ、2019年は榊原翼、K-鈴木らを2軍監督の中嶋聡と共に1軍戦力に育てた[3]。2020年シーズン途中より西村徳文の監督辞任に伴い中嶋が1軍監督代行に就任したため2軍監督代行となる。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=小林宏_(野球)&oldid=79271502. アンドリュー・ウィリアム・アルバース(Andrew William Albers, 1985年10月6日 - )は、NPBのオリックス・バファローズに所属するカナダ連邦サスカチュワン州ノースバトルフォード(英語版)出身のプロ野球選手(投手)。左投右打。, 2004年のMLBドラフト12巡目(全体346位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名されたが契約せず、ケンタッキー大学へ進学した。ケンタッキー大学では同じカナダ出身のジェームズ・パクストンとチームメイトだった[2]。, 2008年のMLBドラフト10巡目(全体315位)でサンディエゴ・パドレスから指名され、プロ入り。, 2011年にミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ。9月16日に第39回IBAFワールドカップとグアダラハラパンアメリカン競技大会の野球カナダ代表に選出された[3]。, 2012年9月11日に第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)予選のカナダ代表に選出された[4]。, シーズンでは8月3日にメジャー初昇格を果たす[6]。6日に先発投手としてカンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャーデビュー。8回1/3を被安打4、四球1、奪三振2で勝ち投手となった[7]。2試合目となる12日のクリーブランド・インディアンス戦では、被安打2、無四球、奪三振2の内容で自身初完投・初完封勝利を記録した[8]。, 2014年1月29日に、KBOのハンファ・イーグルスと契約を結んだ[10]。オフの11月25日にハンファを退団。, 2015年は開幕を傘下のAAA級バッファロー・バイソンズで迎えた。5月1日にメジャー昇格[12]。同日のインディアンス戦で2年ぶりにメジャーで登板した。6月10日に40人枠から外れバッファローに異動した[12]。6月17日にトロントパンアメリカン競技大会の男子野球カナダ代表に選出された[13]。チームは2大会連続2度目の優勝を果たし[14]、金メダルを獲得した。, オフの10月20日に第1回WBSCプレミア12のカナダ代表に選出された[15]。11月6日に自由契約となった[12]。オフはベネズエラのウィンターリーグでプレー。, 2016年3月3日に独立リーグ・アトランティックリーグのランカスター・バーンストーマーズと契約。, 2016年4月29日に古巣ツインズとマイナー契約を結び[12]、傘下のAAA級ロチェスター・レッドウイングスへ配属された[16]。8月11日にメジャー契約を結んで25人枠入りした[12]。ツインズではリリーフで4試合、先発で2試合に登板。防御率5.82・WHIP1.94という成績を記録した。マイナー(AAA級ロチェスター)では21試合に先発登板し、防御率3.69・10勝6敗と好投を見せた。10月17日に40人枠から外れ、翌18日にFAとなった[12]。, 2016年12月26日にアトランタ・ブレーブスとマイナー契約を結んだ[12]。2017年1月14日に傘下AAA級グウィネット・ブレーブスへ配属された[12]。開幕前の2月8日に第4回WBCのカナダ代表に選出された[17]。, 2017年8月12日にパクストンなどの左投げ先発投手が不足していたチーム事情からシアトル・マリナーズへ移籍し、傘下のAAA級タコマ・レイニアーズへ配属されたが、8月15日のボルチモア・オリオールズ戦で先発登板する予定のため登板はしなかった[2]。予定通り15日にメジャー契約を結び、アクティブ・ロースター入りし[18]、オリオールズ戦で先発登板し、5回1失点の内容で2013年以来4年ぶりの勝利投手となった[19]。9月25日のアスレチックス戦ではキャリア初セーブを記録した[20]。12月18日に自由契約となった[12]。, 2017年12月21日に、NPBのオリックス・バファローズがアルバースの獲得を発表した。獲得当初の契約期間は1年で、背番号は27[21]。, 2018年には、一軍公式戦の開幕から先発ローテーションに定着。初めて登板した4月4日の対千葉ロッテマリーンズ戦(京セラドーム大阪)で初勝利を記録してから、6月末までにチームトップの9勝を挙げた。さらに、オールスターゲームにも、パシフィック・リーグの監督推薦選手として出場[22]。7月14日にリブワーク藤崎台球場で催された第2戦に3回裏から2番手投手として初登板を果たすと、2イニングを無失点で凌いで白星を挙げるとともに、この試合の敢闘選手に選ばれた[23]。このように安定した成績を残していることから、レギュラーシーズン後半の8月10日には、翌2019年からの2年契約でチームに残留することが球団から発表された[24]。その直後に腰痛を発症したため、8月18日に出場選手登録を抹消されてからは、実戦への復帰を果たせないままシーズンを終了。来日1年目での一軍公式戦2桁勝利も逸したが、シーズン通算では、19試合の登板で9勝2敗、防御率3.08という好成績を残した[25]。, 2019年には、一軍公式戦の開幕から5月中旬まで先発ローテーションに入っていたが、1勝2敗と振るわず5月13日に出場選手登録を抹消。さらに、前年に発症した腰痛が抹消後に悪化した[26]ため、6月にはアメリカの病院で腰の検査を受けた。その結果、腰椎の椎間板ヘルニアと診断されたが、手術を回避したうえで患部のリハビリに専念[27]。8月16日の対千葉ロッテマリーンズ戦(京セラドーム)でおよそ3ヶ月振りに一軍へ復帰すると、7回無失点の好投でシーズン2勝目を挙げた[28]。結局、一軍公式戦13試合に登板しただけで、2年契約の1年目を終了。2勝6敗、防御率5.83と前年の成績を大きく下回った。, 投球フォームはオーバースローで、フォーシームの最高球速は2016年に計測された91.6mph (約147.3km/h)。チェンジアップとカーブのストライク率が約30%程度と低く、投球全体でも50%程度となっている。しかし、前出の変化球2種はボール球を振らせる傾向にあり、制球難というわけではない。現に、通算与四球率は1.86と非常に良い。2017年はそれまであまり投げていなかったフォーシームを多投する投球スタイルにシフトした[29]。, 投球データがサイトによって異なるため、以下に掲載。(数字は2017年シーズンのもの), プロ野球選手として生活できなくなる事態に備えて、ケンタッキー大学への在学中に教員免許を取得。ツインズに在籍していた2011年頃から、オリックスの春季キャンプへ参加する直前まで、プロ野球のオフシーズンには、自ら卒業した中学校の臨時教員としてフランス語と数学を指導していた。「生まれ育った故郷(サスカチュワン州)への恩返し」とのことで、教師を続けるうちに教師の仕事が好きになったため、プロ野球選手としての収入が安定してからも8年生(日本の中学2年生に該当)のクラスを受け持っていた[31][32][33]。こうした逸話が日本でも報じられたことに加えて、来日1年目の2018年前半戦にオリックスの先発陣を牽引する活躍を見せたため、ファンから「アルバース先生」の愛称で呼ばれるようになった[34]。もっとも、腰痛の発症によって後半戦を棒に振ったため、2018年度のオフシーズンには教壇へ立たず、腰のリハビリやトレーニングを優先した[35]。, Fellow Canadian Albers to fill in for Paxton, Baseball Canada Announces Team for Pan Am Games & World Cup, Baseball Canada announces World Baseball Classic Qualifier roster, Hardy, Richmond, Tosoni, Taillon added to WBC Provisional Roster, Albers rolls over Royals to win Major League debut, Albers tops stellar debut with two-hit shutout, “Twins unconditionally release Andrew Albers”, http://m.twins.mlb.com/news/article/67287630/twins-unconditionally-release-andrew-albers/, CANADIAN MEN'S BASEBALL TEAM NOMINATED FOR TORONTO 2015 PAN AM GAMES, Costly errors sink U.S., Canada wins Pan Am baseball gold in wild final, Baseball Canada announces roster for inaugural Premier12™, International League Transactions 2016 April, Canada roster announced for 2017 World Baseball Classic, Busy Mariners select Albers, recall Gaviglio, Mariners cool off Orioles, snap 5-game slide, オリックス・アルバースの前半戦一軍復帰絶望的…腰痛悪化でカナダへ一時帰国 近日検査, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アンドリュー・アルバース&oldid=80340306.