林奎介#炎の体育会TV, オリンピックで奪三振王で、芸能人野球銀団と勝負する現役投手マスクマン成瀬善久の名前、年齢、経歴、現在 いいね2分前 対決が楽しみ✨ #横浜高校, 炎の体育会TVを見ているけど、成瀬善久さんにとっては上地雄輔さんは先輩になるんじゃないかな。横浜高校で。, 五輪の奪三振王といい、あのフォームといい、16勝1敗といい、横浜高校ってもう成瀬やん #炎の体育会TV #東村芽依 #加藤史帆 プロ12球団から注目集める静岡県の注目の左腕の高田投手を今回はピックアップしていきたいと思います。急速のあるストレートと多彩な変化球を武器に三振を多く奪うことができる高田投手ですが、どんな投手なのか?、ドラフト・スカウトの評価など... 川瀬堅斗投手(大分商)のプロフィールドラフト候補の川瀬投手のプロフィールを見てみましょう。川瀬 堅斗(カワセ ケント )生年月日:2002年6月18日身長:182cm体重:78kg出身地:... 今回は、埼玉県の強豪高校である浦和学園の美又王寿投手についてチェックしていきたいと思います。2020年秋のドラフト候補として名前も挙がっている美又投手ですが、いったいどんな投手なのでしょうか?プロ球団のスカウトの評価も合わ... 今回は、2020年ドラフト注目の高校生NO,1投手である中京大中京高校の高橋宏斗投手についてチェックしていきます。コロナウィル感染拡大に付き、無くなった春と夏の甲子園。その代替えとして県独自の大会や、センバツ出場校対象の甲... 高校1年生の春からベンチ入りし、夏の甲子園では1年生ながら登板し経験を積み成長し続ける兵庫県明石商業の中森俊介投手。そんな、中森俊介投手ですが2020年のドラフトの目玉選手になることは間違いないでしょう。今回はそんな明石商... 今回は、大学生のドラフト注目の投手である苫小牧駒大の伊藤大海投手について調べてみてみましょう。 大学生右腕ではトップクラスの実力を要しています伊藤投手、すでに完成している投手、完成度が高い投手としての評価がある伊藤投手ですが、特徴や... 今回は、FA制度の人的保証にて楽天イーグルスに移籍した酒居投手。 中継ぎ投手として楽天の投手陣を支えている酒井投手、 ロッテ時代からの経歴や、プレースタイル、今シーズンの酒居投手の活躍などをチェックしていきます。 酒居知... 今回は、2020年のドラフト指名が予想される松本竜也投手について掘り下げていきたいと思います。 高校を卒業後に社会人のHonda鈴鹿入社3年目の右腕です。 では、そんな松本竜也投手についてチェックしていきましょう。 松本... プロ野球2020年シーズンも終盤に差し掛かってきました、今回はパリーグの新人王争うについて見ていきたいと思います。 ここまでの成績から行きますの、この3人が最有力候補でしょうか。 小深田大翔(楽天)、平良海馬(西武)、安田尚憲... 今回は上智大学の古川祐大選手についての見ていきましょう。 毎年、大学から捕手が数人ドラフトで指名されプロの世界に入っていきます、今回の古川選手は、強肩強打の大学ナンバーワン捕手との呼び声が高い選手です。 また、大学日本代表でも... 今回は、2020年のドラフト会議で注目の高校生投手篠木健太郎投手についてチェックしていきたいと思います。 関東NO.1投手との呼ばれることが多い篠木投手ですが、ではどんな投手なのでしょうか?特徴やドラフトでのスカウトの評価についても... 村上頌樹(東洋大)どんな選手?甲子園の活躍は、経歴やドラフト・スカウトの評価をまとめてみた。, こんにちわ 私はただただ平凡なサラリーマンです。ブログにて私の感じたことを中心に発信をしていきたいです、大したことは書けませんが日々日常でも話題はいっぱいありますのでなんでも記事にしていきます。宜しくお願いします。. 24時間テレビ|櫻井と11年前に出会い上原浩治と約束した難病の少年「斉木翔太」て誰?経歴、現在、皆の反応を紹介|8/25, 悪魔だった君たちへ 1巻話を完全無料で読める?漫画村・zip・rar・星のロミの代役発見!?, 1日外出録ハンチョウ7巻を完全無料で読める?星のロミ・zip・rar・漫画村の代役発見!?発売日はいつ?. 今回はドラフト候補の横浜高校の松本隆之介投手についてです。プロへ毎年逸材を輩出している横浜高校野球部、今年もドラフト候補が存在します。そんな注目の松本隆之介投手は、どんな選手か?特徴や?経歴などをチェックしていきたいと思います。 横浜高校の後輩 上地雄輔 と一緒に楽しく出演。 ピッチャーは横浜高校の先輩後輩対決!でも棚橋弘至さんもバットに当ててファール位は出来るかも?と入力中に本当にファール! #体育会TV, 成瀬善久投手兼任コーチも横浜高校だから成瀬善久投手兼任コーチなのかなぁ。。 #tbs #炎の体育会TV #体育会TV #栃木ゴールデンブレーブス, マスクドピッチャーは成瀬かな? ELLYが打席の時は、 所属チーム: オリックス・バファローズ (#46 / 投手) #体育会TV, 原監督がポロッとマスクマンの名前を言ったのを聞こえなかった事にして盛り上げるタレントさん達。#体育会TV, 体育会TVつけたけどエリーやばすぎん?wwwwwwwwwwwwww 横浜高校対決!! #名門校出身アスリートスペシャル という事で、現役だけでなくOBがいかにスゴいか❗️ 全力ダッシュしか見たことないから、中距離も猛ダッシュするんじゃないかと思いだしてきた #炎の体育会, オリンピックで奪三振王で、芸能人野球銀団と勝負する現役投手マスクマン成瀬善久の名前、年齢、経歴、現在 いいね1分前 出るよー! 炎の体育会TVには日向坂出るから、そっちも見なきゃだから大変!, オリンピックで奪三振王で、芸能人野球銀団と勝負する現役投手マスクマン成瀬善久の名前、年齢、経歴、現在 いいね2分前 やんちゃる目当てで炎の体育会TV観てるけどおのののかにしか目が行かない, オリンピックで奪三振王で、芸能人野球銀団と勝負する現役投手マスクマン成瀬善久の名前、年齢、経歴、現在 いいね2分前 *) Snow Manの向井康二とクリエC(仮)椿泰我による仲良し師弟対決なのね!!! どっちも気になるけど体育会TVは生放送らしいしなぁ今日はばきばき応援しようかな!!!, オリンピックで奪三振王で、芸能人野球銀団と勝負する現役投手マスクマン成瀬善久の名前、年齢、経歴、現在2 いいね5分前 「琳寧は7 MEN 侍メンバー1すごい負けず嫌いでそして努力家です」 #炎の体育会TV #体育会TV #TBS, #ジャンクSPORTS 横浜高校出身 北京オリンピック出場 ... 16勝1敗の左腕なんて成瀬しかいない。北京五輪で最多奪三振だし、横浜高校出身。 #炎の体育会tv. #炎の体育会TV #上地雄輔 マスクマン(成瀬善久)vs上地雄輔 代表チーム: 日本, プロ入り前 炎の体育会TVを私がご覧になる, オリンピックで奪三振王で、芸能人野球銀団と勝負する現役投手マスクマン成瀬善久の名前、年齢、経歴、現在 いいね3分前 東京オリンピックが開催された1964年に生まれたことから、聖子と名付けられました。, 夏のオリンピックも自転車選手として出場し、夏と冬で計7大会出場は日本人女子の最多記録となっています。, スピードスケートの1500mの世界記録と、1000mと3000mの日本記録を塗り替えたのは、幕別町出身の高木美帆さんです。, 北海道のほとんどの子供達と同じように、幼い頃から夏はサッカーで冬はスケートをしていました。, 2018年の平昌オリンピックでは、1500mで女子個人として初めての銀メダル、1000mで銅メダル、団体パシュートで金メダルを獲得。, 日本人女子選手で、夏と冬を合わせて初めて1大会で金・銀・銅のメダリストになりました。, 2018年のスピードスケート最古の世界大会である世界オールラウンドスピードスケート選手権大会でも、男女通じて初の総合優勝を飾ります。, プロ野球で5,000打席以上の生涯最高打率を記録しているのが、留萌市出身の元ヤクルトスワローズの若松勉さんです。, シーズン21勝での最多勝と最優秀防御率、奪三振王、新人王など数々のタイトルを獲得し、44歳まで現役を続けたピッチャーの佐藤義則さんは、奥尻町出身です。, 現役引退後は投手コーチになり、メジャーリーガーのダルビッシュ有さん、田中将大さんを育てた名コーチとしても知られています。, 世界スーパーウェルター級のチャンピオンを3度獲得し、炎の男と称されていたのが、樺太出身の輪島功一さんです。, 「カエル飛びパンチ」「よそ見パンチ」など、プロボクシングではありえない変則的なパンチが得意技です。, 雄大で厳しい自然の北海道出身のスポーツ選手の強さの理由は、自然に負けないメンタルとハングリー精神かもしれませんね。, 【ラグビー日本代表】リーチマイケルのプロフィール、経歴、魅力、経営するカフェまで徹底解説, テクノや、ダンス寄りかパンク系ロック、スティーヴ・ライヒなどの現代音楽が好きなライターです。常にYouTubeか、Spotify、Soundcloudが流れています。Supercarは「スリーアウトチェンジ」から聴いていて、最初のツアー以降「Futurama」の前までほぼ全てに参加。「HIGHVISION」と「ANSWER」もアリ派です。トライバルなBoredomsやノイズっぽいLightning boltとかもたまりません。あとは、サカナクション、スピッツ、BUMP OF CHICKEN、ビジュアルも含めプロデューサー的立ち位置としてのFKJやJazztronikなど。パンクな頃のダウンタウンにもはまり、「ごっつえぇ感じ」のキャリー東野の番組収録に行ってました。たまにPhotoshopで絵も描いてます。. 上田千曲高校で1番短距離早くて #炎の体育会TV, 99%どころか、100%成瀬。16勝1敗の左腕なんて成瀬しかいない。北京五輪で最多奪三振だし、横浜高校出身。 #炎の体育会TV, えりたん楽しみ!頑張れ!! それによるメリット⁉️について他ゲスト達とトークを展開。, 昨日の少クラで嶺亜くんが琳寧のこと紹介した時の言葉を思い出して泣いた 炎の体育会TV予約したが見たくなったのでテレビつけたら東村おった 例の動画あげときます pic.twitter.com/FLZvHEcjC4, オリンピックで奪三振王で、芸能人野球銀団と勝負する現役投手マスクマン成瀬善久の名前、年齢、経歴、現在 いいね3分前 [5]の下で、1年生の秋から対外試合に登板した。在学中は春夏ともに甲子園球場での全国大会出場は果たせなかったが、3年時の春季福岡県大会1回戦で折尾愛真高校打線から14三振を奪い、NPB球団のスカウトからの注目を集めた[6]。同年の夏の甲子園福岡県予選では、4回戦に進出、小倉高校相手に最速144km/hのストレートを武器に好投したものの1-2で惜敗し甲子園出場は叶わず[7]、卒業後は駒澤大学へ進学した。, 駒澤大学では、1年生の春から東都大学リーグの公式戦に登板[8]。1年時のリーグ戦では、当時4年生だった戸柱恭孝とバッテリーを組むこともあった。2年生の春季リーグ戦からエースの座に就く[8]。3年生の春季リーグ戦で3試合連続完封勝利を記録する[9]と、秋季リーグ戦では、MVP、最優秀投手、ベストナインの3冠を獲得するとともにチーム26季振りの優勝に貢献[8]。在学中はリーグ戦通算46試合に登板。18勝16敗、防御率2.03、281奪三振という成績を残した。, 大学4年生時には、「大学ナンバーワンの左腕投手」と評価される一方で、左肩を痛めて春季リーグ戦の登板を回避した[10]。秋季リーグ戦で復帰したが調子が上がらず、チームも2部に降格[9]。その影響でNPB入りを真剣に悩んだことから、プロ志望届を提出したのは、締切の2日前だった[11][12]。結局、この年のNPBドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから1巡目で単独指名。契約金1億円、年俸1,500万円(金額は推定)という条件で入団した[13]。背番号は21。この会議では、大学卒業後もNTT西日本でプレーを続けた戸柱も、DeNAから4巡目指名を受けている。, 2016年3月29日の対読売ジャイアンツ戦(横浜スタジアム)で、先発投手として公式戦にデビュー。この試合から5試合の先発登板のうち、4試合でクオリティー・スタート(QS)を達成しながら開幕4連敗を喫した[14]。ただし、4敗目を喫した4月29日の対阪神タイガース戦(甲子園)では、前身球団を含めたDeNAの新人投手としては公式戦最多タイ記録の14奪三振を達成した。NPBの新人投手が公式戦で14個以上の三振を奪いながら敗戦投手になった事例は、史上4例目だった[15]。また、この試合までの通算防御率が2.45(セントラル・リーグ5位)だったのに対して、登板1試合当たりの得点援護率(RS)は同リーグ規定投球回到達投手で最低の数値(0.50)にとどまっていた[14]。5月6日の対広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)でプロ初勝利を挙げてからは、6月12日の対オリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)まで、6試合の先発登板で5連勝を記録した。前身球団を含めたDeNAの新人投手による5連勝では、横浜大洋ホエールズ時代の1982年に右腕の金沢次男が全て救援で達成して以来2人目の快挙。左腕の新人投手および、全て先発による達成は、球団史上初めてだった[16]。「時間を取ってコンディションを整えることが最優先」という首脳陣の方針で、6月中旬から一時二軍での調整に専念していた[17]が、7月に一軍へ復帰。8月以降の先発登板では、7試合続けてQSを達成した。レギュラーシーズンの公式戦全体では、22試合の登板で8勝9敗と負け越したものの、防御率2.93という成績をマーク。8勝目を挙げた9月19日の対広島戦(横浜)で、チームを史上初の2016年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ進出に導いた[18]。ポストシーズンでは、巨人とのCSファーストステージ第2戦(10月9日・東京ドーム)に先発すると、7回を2被安打1失点という内容で好投[19]。ファーストステージを突破して臨んだ広島とのファイナルステージでは、1勝3敗(アドバンテージを含む)で迎えた第4戦(10月15日・マツダスタジアム)に先発。しかし、1回裏に打者11人から6安打で6失点を喫し、この回の終了後に交代した[20]。結局、チームはこの試合に敗れたため、日本シリーズへの進出に至らなかった。, 2017年は本拠地開幕戦となった4月4日の対巨人戦に、先発投手としてシーズン初登板。同点で迎えた7回表に左脚を痛めたため、緊急降板した[21]。翌日には練習へ復帰した[22]が、続く4月12日の対阪神戦(横浜)では、プロ入り後自己ワーストの8失点でシーズン初黒星を喫した[23]。次に先発した4月19日の対広島戦(マツダ)では、1被安打・4与四球という内容でシーズン初勝利をプロ初完投・初完封で記録。NPBの一軍公式戦に先発した投手が、初回無死に1安打を許しただけで9回完封勝利を収めた事例は、DeNAのOBである川村丈夫が横浜時代の1998年4月3日に対阪神戦(横浜)で記録して以来19年振りだった[24]。8月10日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)で前年を上回る9勝目を挙げる[25]と、次に登板した8月17日の対中日ドラゴンズ戦(横浜)で10勝目に到達した。球団の左投手による一軍公式戦でのシーズン2桁勝利は、土肥義弘が横浜時代の2005年に達成して以来13年振り。生え抜きの左投手に限れば、吉見祐治が横浜時代の2002年に達成して以来15年振りだった[26]。レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦でチームトップの11勝をマーク。セ・リーグの最終規定投球回に到達した左投手ではトップ(右投手を含めればリーグ5位)の防御率2.98を記録するなど、先発陣の一角で安定した投球を続けると共に、チームの2年連続CS進出に貢献した。, ポストシーズンでは、阪神とのCSファーストステージ第2戦(10月15日・甲子園)に先発登板。試合前から雨が降り続いた影響で、グラウンドコンディションが悪い状況での登板を強いられた影響で、3回を投げ3失点という結果に終わった(勝ち負けは付かず)。後にチームがファーストステージを突破したため、広島とのファイナルステージ(マツダ)で先発登板を予定していた[27]。しかし、登板を予定していた第4戦が平成29年台風第21号接近の影響で2日順延したことから、監督のアレックス・ラミレスは登板間隔の空いた今永を中継ぎで起用することを決断。10月23日の第4戦で、1点リードの7回裏から登板。救援登板はレギュラーシーズンを含めてもプロ入り後初めてだったが、2回を無失点で凌いだ[28]。チームのファイナルステージ突破を経て臨んだ福岡ソフトバンクホークスとの日本シリーズでは、地元の福岡ヤフオク!ドームで催された第2戦(10月29日)と第6戦(11月4日)に先発で登板。いずれの試合でも勝敗が付かなかったものの、第2戦では合計10個、第6戦ではスタメン全員から合計11個の三振を奪った。日本シリーズ史上、1つのシリーズで2桁奪三振を2回、および2試合連続で記録した投手は2007年のダルビッシュ有以来2人目だった[29]。チームは日本シリーズ制覇を逃した。, 日本シリーズ終了後に開催された第1回アジア プロ野球チャンピオンシップの日本代表に選出された[30]。同大会ではチャイニーズタイペイとの予選リーグ最終戦(11月16日)に先発すると、6回を無失点に抑えた。18アウト中12アウトを奪三振で記録する好投でチームの決勝進出、および優勝に貢献した[31]。, 2018年シーズン開幕前の3月にナゴヤドームで開催されたオーストラリア代表との強化試合の日本代表に選出された。3月3日の試合に3回表からの救援登板で、2イニングを無失点に抑えた[32]。, シーズンでは日本代表からベイスターズに復帰後から左肩に違和感を覚え、一軍公式戦へのシーズン初登板は4月24日の対広島戦(横浜)まで持ち越された[33]。その後の先発登板試合でも本調子には程遠く、一軍と二軍を往復[34]。一軍公式戦の先発登板16試合で3勝10敗、防御率7.10と不振を極めたため、9月中旬からは、レギュラーシーズンで初めて中継ぎ要員へ転向した。転向後の一軍公式戦では7試合の登板で1勝1敗4ホールド、防御率3.68を記録するなど若干持ち直したものの、シーズン全体ではセ・リーグ最多の11敗を喫した。シーズン終了後の11月18日に臨んだ契約交渉では、プロ入り後初めて球団から減俸を提示され、推定年俸6,700万円(前年から1,700万円減)という条件で契約を更改[35]。更改後の11月中旬から12月末までは、自身の希望に沿って、オーストラリアン・ベースボールリーグのキャンベラ・キャバルリーに派遣された[36]。オーストラリア滞在中、6試合に先発し、4勝0敗、防御率0.51で57奪三振をマークしながら、1与四球という圧倒的な成績を残した[37]。, 2019年はシーズン開幕前の3月に開催されたメキシコとの強化試合に日本代表に選出された。3月9日の試合で2回を無失点に抑えている[38]。, シーズンでは入団後初めてのレギュラーシーズン開幕投手として、3月30日の対中日戦(横浜)に先発。8回無失点の好投でシーズン初勝利を挙げるとともに、チームに8年振りの本拠地開幕戦勝利をもたらした[39]。5試合に先発した5月は、リーグトップタイの4勝(1敗)、リーグ2位の月間防御率1.78を記録するなど好調で、セ・リーグ投手部門の月間MVPを初めて受賞した[40]。さらに、セ・リーグの監督推薦選手としてオールスターゲームに初出場[41]。リーグ戦の再開後は、山口俊などとの間で、最多勝利・最優秀防御率・最多奪三振のタイトルを争った[42]。結局はタイトルと無縁であったが、チームトップ(リーグ2位)の13勝、リーグトップの3完封勝利を記録するなど、チームの2年振りCS進出に貢献。本拠地・横浜スタジアムで初めて開催されたCSでは、阪神とのファーストステージ3試合中2試合に救援で登板したが、ステージの突破までには至らなかった[43]。, オフの11月に開催された第2回WBSCプレミア12の日本代表に選出された。同大会では11月14日のメキシコ戦で6回を1失点に抑えた[44]。大会終了後の12月5日に前年から6,900万円の昇給を条件に契約を更改。更改後の年俸は推定1億3,600万円で、前身球団を含むDeNAの左腕投手では史上最高額とされる[45]。, 2020年は、前年に続いて開幕投手に選ばれたが、6月19日の対広島戦(横浜)では5回2失点で敗戦投手になり、球団として遠藤一彦以来の開幕戦連勝とはならなかった。, スリークォーター[48]から伸びのあるストレート[49]、スライダー、チェンジアップ、カーブを投げ分ける[50]。リリーフ時には自己最速152km/hを記録した[51]。2019年からは、後輩の東克樹から伝授された130km/h台前半で変化するチェンジアップ(自称チェンジフォーク)[52]や、140km/h前後で変化する高速スライダーを軸にした投球スタイルにしている[53]。DeNAに1位指名された際には投球スタイルが杉内俊哉に似ていると紹介された[50][54]。ストレートは高校2年生の秋から肩甲骨の柔軟な動きを意識したトレーニングの成果によって球速が短期間で大きく向上し、3年生の時には常時140km/h台を計測するようになった[9][6]。, 連投が相次いだ大学時代には、体調が万全な時に奪三振の山を築く一方で、スタミナが切れた時に集中打を浴びるという傾向が頻繁に見られた[11]。DeNAへの入団1年目(2016年)に監督へ就任したラミレスは、今永を先発に立てた同年の公式戦で投球数が85 - 100球前後へ達するまでに今永を交代させる方針を取った。「若い投手は(1試合あたりの投球数を)ある程度制限することが将来につながる」との持論によるもので、6月上旬から今永が不調に転じると、休養やコンディション調整を目的に二軍への降格を即断。今永も1か月余りに渡っての二軍調整を経て一軍へ復帰すると、レギュラーシーズンの終盤まで先発で好投を続けた。以上の方針について、チームのクライマックスシリーズ進出決定後には「二軍で過ごした経験がなければ、今、元気に一軍で投げられているとは到底思えない。『ラミレス監督には本当に大事に起用していただいたな』と思っています」との言葉でラミレスに感謝の意を示している[18]。, https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/394309/, http://www.sanspo.com/baseball/news/20180219/den18021914280004-n1.html, http://www.hb-nippon.com/interview/1173-intvw2014/6660-20140505no188, http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=085-20160127-01, http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/169382/5, http://www.47news.jp/topics/entertainment/2016/05/post_8661.php, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/11/18/kiji/K20151118011528130.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/1639594.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/1661900.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/1665693.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/1722205.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/1724676.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/1802611.html, http://www.nikkansports.com/baseball/news/1802997.html, https://www.daily.co.jp/baseball/2017/04/12/0010090252.shtml, http://www.nikkansports.com/baseball/news/1810414.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/1869934.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/1873742.html, http://www.sanspo.com/baseball/news/20171022/den17102205040003-n1.html, https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102301527&g=bsb, https://www.daily.co.jp/baseball/2017/11/04/0010705362.shtml, http://www.sanspo.com/baseball/news/20171119/npb17111905030002-n1.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201803030000818.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201804240000789.html, https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/201809070000866.html, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/19/kiji/20181118s00001173488000c.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811190000090.html, “DeNA今永、豪州最終登板で6回1H13K無失点の快投 16打者連続凡退の圧巻劇”, https://full-count.jp/2018/12/30/post273858/, “侍J、強化試合初戦はメキシコに逆転負け 吉田正先制打、先発今永快投も救援陣崩れる”, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/03/09/kiji/20190309s00001004306000c.html, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/03/30/kiji/20190329s00001173537000c.html, “DeNA今永、巨人山口との決戦制し3冠 球団初快挙へ盤石6回零封12勝「もう一波乱を」”, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/08/26/kiji/20190826s00001173029000c.html, “DeNA、2位の意地見せた!勝利まであと1人で山崎同点弾被弾もその裏、乙坂が代打サヨナラ2ラン”, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/06/kiji/20191006s00001173391000c.html, “侍J・今永 ソロ被弾だけ毎回8Kでメキシコ封じ!6回1安打1失点「気合入れて投げました」”, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/14/kiji/20191114s00001004064000c.html, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/12/06/kiji/20191205s00001173552000c.html, https://www.nhk.or.jp/kitakyushu-blog/100/288713.html, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO13705230W7A300C1911E00/, https://www.sanspo.com/baseball/news/20190713/den19071305020002-n1.html, “【DeNA】今永、単独トップ13勝目 三冠で沢村賞見えた ラミレス監督「No.1投手と証明した試合」”, https://hochi.news/articles/20190902-OHT1T50005.html, https://spaia.jp/column/baseball/mlb/7970?page=2, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=今永昇太&oldid=80124821, 初完投勝利・初完封勝利:2017年4月19日、対広島東洋カープ2回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、9回1安打無失点7奪三振, 初打席・初安打:2016年3月29日、対読売ジャイアンツ1回戦(横浜スタジアム)、3回裏に, 初打点:2016年5月6日、対広島東洋カープ6回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、2回表に, 「HandClap」 Fitz and the Tantrums (2017年後半).