orangeの最終巻(第5巻)の裏に描かれた絵です。, 上のカラフルなものがカバーに描かれている絵。 LD・VHS・Beta化された作品。この作品でしか聞けない、恭介とまどかの独白の声も挿入されている。2007年のDVD-BOX『きまぐれオレンジ☆ロード The O.V.A』において、この作品はDVD化された。, 1985年、「ジャンプ・スペシャルアニメ・大行進イベント」用として製作された、『きまぐれオレンジ・ロード』の初のアニメーション。その後のテレビ版、OVA版、劇場版とはキャストと一部スタッフが異なっているが、キャラクターデザインは後のシリーズも担当した高田明美が行っているため、両者間のキャラクターの絵柄の差異はほとんどない(明確な違いとして、メインキャラクターの瞳の色がテレビ・OVA等では青系の色であるのに対して、こちらのアニメでは茶系の色になっている。また、ひかるの前髪がTV等では縦線でぼやかしているのに対して、こちらのアニメでは明確に描かれている。髪の毛の色は一弥以外のキャラクターはその後のテレビ作品とあまり変わらない)。, イベントは全国を行脚する形で行われ、イベント後には各地の放送局で放送され、後にレーザーディスクやビデオの発売も行われた。同時上映は『こちら葛飾区亀有公園前派出所』。また、このアニメのサントラ盤で原作者のまつもと泉がドラムを実際に演奏している曲がある。, 1989年8月16日にVHSがビクター音楽産業より、LDはパイオニアLDCより発売された。 『orange』(オレンジ)は、高野苺による日本の漫画。『別冊マーガレット』(集英社)2012年4月号 から12月号まで連載された後に休載、その後『月刊アクション』(双葉社)に移籍し2014年2月号から 2015年10月号まで 本編が不定期連載され、番外編が2016年4月号 から不定期掲載が開始された。単行本は集英社から全2巻、双葉社から既刊6巻が刊行されている。世界9か国で翻訳出版もされている 。 オレンジで制作しているタイトルは時にアニメ史に名が残るビッグタイトルが多々あります。今、まさにそういったタイトルを一緒にやれるスタッフを大規模募集中です! また、この作品中には回顧シーンを含めて超能力を使ったり話題になる描写が全く無い。, 原作者のまつもと泉は本作を酷評しており[注 4]、自らのウェブサイトでも「原作から離れたパラレルワールドと考えてほしい」と記述している[注 5]。一方、恭介役の古谷徹にとっては一番好きなエピソードで、恭介の行動にも共感したと述べている[4]。, ビデオ、LDは発売されたが、DVD化は原作者の意向によりなされていない。ただし、日本国外では既にDVD化済みであり、英語版やフランス版などが発売されている。, 作中、恭介とまどかが映画館で鑑賞する映画として『タッチ 背番号のないエース』(1986年公開)の一部の映像が二次使用されている。, 高校の卒業も迫り、恭介、まどかは受験勉強に、ひかるは、卒業イベントのための稽古に明け暮れていた頃、ふとしたきっかけで、恭介とひかるは、初めての事故ではないキスを交わす。そのときから、三人でいることが当たり前だった恭介、まどか、ひかるの間に変化が訪れていく。, OVA第2期の「吾輩は猫であったりおサカナであったり」「ハリケーン!変身少女あかね」「恋のステージHEART ON FIRE!春はアイドル」「恋のステージHEART ON FIRE!スター誕生」の短編4作品を劇場公開したもの。ビデオリリースに先駆けて、1989年12月16日より、東京のテアトル池袋、大阪の玉造東宝の2館で興行が行われた。, 小説『新きまぐれオレンジ☆ロード』を映画化した作品。鮎川まどかは、春日恭介が超能力者である事を知っており、既に恋人関係にある。前作『あの日にかえりたい』の続編とも言える時間経緯が作品の冒頭にあり、ひかるは北海道へ引越しし更に舞台勉強の為、渡米している。まどかは恭介と同じ大学へ進学している。, キャラクターデザインは後藤隆幸が担当。テレビシリーズ、OVAシリーズ、劇場版を担当してきた高田明美のデザインではない為、キャラクターデザインが大幅に異なる。, この作品のひかるはこれまでのショートヘアから髪型が大きく変わっており、前髪のないワンレングスのロングヘアになっている。, 1994年22歳になった恭介は学生カメラマンとしてボスニア内戦の現場に行っていた。そこで事故に遭ってしまう。同じ時、3年前の19歳の恭介が交通事故に遭ってしまいその衝撃で19歳の恭介の魂が22歳の恭介を時の無い空間へと飛ばしてしまい、19歳の恭介も3年後の世界へタイムワープしてしまう。その3年後の世界で20歳になったひかると再会。まどか、恭介、ひかるの三角関係が再び…。, テレビシリーズから人気の高かった3作品をセレクトしたVHS・Beta化された作品。 TV版が原作の1話完結型の作品が多めだったのに対し、OVA版は原作の長編(原作で1話で完結しないエピソード)を映像化している。また、二つの原作の長編エピソードをOVA版では一つにした作品もある。, なお、第2期の4本の作品は、『きまぐれオレンジ☆ロード もぎたてスペシャル』としてビデオリリース前の1989年12月16日より劇場で先行公開されており、『アニメージュ』誌のパーフェクトデータでは第2期がOVAではなく劇場公開のアニメ映画として扱っている[12]。, 1989年まではベータマックス方式でも発売されていたが、1990年からはベータマックスでの発売はなくなり、VHS方式とレーザーディスクだけの発売となった[13]。, 2007年3月27日に第1期〜第3期OVA版をニュープリント・ニューマスターしたDVD-BOX『きまぐれオレンジ☆ロード The O.V.A』が発売された。, 1988年10月1日に東宝系で公開。 カバーを外した時に描かれているのが白黒の絵です。, よく見てもらえればわかると思いますが、カラフルなほうには菜穂と須和の間に誰もいません。 未来の涙が、私を変えてくれた。 シリーズ累計発行部数470万部突破の青春SFコミック『orange』TVアニメ好評放送中。 自宅で母親が使っていたケータイを見つけた翔は、翔が送ったメールが既読になっているかを確認しようとします。 年のノウハウと実績があり、クオリティの高い映像で各社からご好評いただいております。. Copyright (C) 2020 orangeアニメ映画マンガ All Rights Reserved. 〈春はアイドル!〉(1990年5月1日), 恋のステージ=HEART ON FIRE! が書かれていて、「勝手なことばかりして、ごめんね」と書かれていました。, 母親が自殺をしたのは、自分のせいだと深い罪の意識にとらわれ、翔はトラックに引かれて死のうとします。 『きまぐれオレンジ☆ロード』は、まつもと泉による漫画また、それを原作としたアニメ作品。 『 週刊少年ジャンプ 』で 1984年 15号から 1987年 42号まで全156話が連載された(ただし、 1986年 42号から1987年11号まで休載)。 活発的で元気いっぱいなイメージを抱きやすいオレンジ髪キャラ。鮮やかでフレッシュな色合いは、その場にいるだけで華やかな雰囲気を作り出すことも。その一方で赤髪や茶髪と同一化されることもあり、境界線は曖昧なことが多い。今回はそんなオレンジ髪キャラ(女の子)24人をまとめて紹介。 オレンジ(生の全実用品種) 100 gあたりの栄養価; エネルギー: 197 kJ (47 kcal) 炭水化物. オレンジ。内部の様子がよくわかる。 ブラッドオレンジ. オレンジでは現在制作中のtvアニメ『beastars』の他、 さまざまな企画を進行中です! オレンジに興味を持たれた方は、ぜひご応募くださいませ。 詳細につきましては上記の職種からお願いいたします。 ※必着後に随時選考いたします 1つは翔が死んでしまう世界。 収録話, 1987年7月6日に放送された特番(これまでの総集編)をVHS・Beta化した作品。, きまぐれオレンジ☆ロードのミュージッククリップ集。それぞれの曲のイメージに近いアニメの名場面に、複数のボーカル入りの曲のせたミュージッククリップが12曲が入った作品。 完全新作テレビアニメ『ゴジラ s.p<シンギュラポイント>』2021年4月放送。制作はボンズ×オレンジ、手描きアニメとcgのハイブリッド作品に 〈スタア誕生!〉(1990年7月1日), 作詞 - 工藤亜紀 / 作曲 - 梶浦由記 / 編曲 - 木村賢一・工藤亜紀 / 歌 - 工藤亜紀, 作詞 - 松井五郎 / 作曲 - IKUKO / 編曲 - 前島康明 / 歌 - Agua, 主役はあくまで恭介で話も彼中心に動くが、まどかはこの作品での顔と言ってもいい役割をしており、漫画では殆どの表紙を、アニメではオープニング、エンディング、売られる殆どの商品のビジュアルを飾った。, まつもと泉がCOMIC ON vol.1で、ジャンプ連載前の初期設定でひかるの兄がいたという事を発表していた。名前は「檜山研二」。恭介より一つ年上で、恭介が転校してきたとき(中3)高陵学園高等部1年で、暴走族のリーダーであったとのこと。しかもまどかの恋人という設定であった。, アニメの第3期エンディングテーマである「Dance in the memories」が、, ジャンプ創刊40周年記念となった2008年 No.43号に付録の大判ポスターには歴代ジャンプの主役キャラが描かれているが、本作からは、春日恭介ではなく、鮎川まどかが描かれている。. ケータイのメールボックスを確認すると、母親が翔に送ろうとしていたメールが見つかります。 では、その手紙を受け取った菜穂たちの世界(受け取り側)では翔はどうなるのでしょうか?, この翔が助かった世界でも、翔は自殺をしようとしました。 それが高野先生の願いです。. orange(オレンジ)翔の母親との約束!メールの内容について 17,043ビュー; orange(オレンジ)アニメの放送局・放送日はいつから? 16,319ビュー; orange未来から手紙が届く方法を解説!意外と現実的!? 15,323ビュー; orangeメガネの人萩田君のおもしろシーン 14,750ビュー まだ原作を呼んでいない方はくれぐれもご注意ください。, では本題に入っていきますね。まずはこの2つの写真を見てください。 手紙に書かれていたことを実行したのは無駄ではありませんでした。, 翔のような人があなたの周りにいたら、救ってあげて下さい。 白黒のほうには菜穂と須和の間に翔がいます。, これはパラレルワールドで2つの世界があることを意味していると思います。 ・父親と離婚したのは、翔を守るためであったこと 『orange』(オレンジ)は、高野苺による日本の漫画。『別冊マーガレット』(集英社)2012年4月号[1]から12月号まで連載された後に休載、その後『月刊アクション』(双葉社)に移籍し2014年2月号から[2]2015年10月号まで[3]本編が不定期連載され、番外編が2016年4月号[4]から不定期掲載が開始された。単行本は集英社から全2巻、双葉社から既刊6巻が刊行されている。世界9か国で翻訳出版もされている[5]。, 同級生の自殺という「後悔」に苛まれている10年後の自分から届いた手紙をもとに、主人公の高校生たちが自分や未来を変えるために行動していく様を描いたSF青春ラブストーリー[6]。長野県松本市を舞台にしている。話数のカウント単位は「LETTER ○」。, 当初は『別冊マーガレット』2012年4月号から連載を開始し[1]、高い評判を得ていたが[2]、高野の体調不良により2012年11月より長期休載に入る[2][7]。その後双葉社に移籍し『月刊アクション』2014年2月号から連載が再開された[2]。『orange』連載再開に先駆けて、2013年10月25日発売の『月刊アクション』12月号より新連載『Re Collection』の連載がスタート[2]、同年12月25日発売の『月刊アクション』2014年2月号に『別冊マーガレット』にて以前掲載されたが当時は単行本未収録であった第9話を掲載し[2]、2014年2月25日発売の4月号にて新作である第10話を掲載する[2][8]。以後、不定期連載され[7]、『月刊アクション』2015年10月号にて本編は完結した[3][9]。単行本は2015年11月12日発売の5巻をもって完結した[10]。, 双葉社へ移籍した理由は「前々から双葉社での連載の打診を受けており、一度それを断ってしまうが、それでも『待ちます』と言ってくれた現在の担当編集者に恩返しがしたいと思ったから」である[7]。また、休載したことにより『別冊マーガレット』では連載再開が出来なくなってしまったため、当初は自身の公式ホームページでの連載再開を予定していたが[7]、『月刊アクション』の編集部から声が掛かったため『月刊アクション』にて連載を再開することになったが[7]、連載再開後も高野の体調が万全でないことから不定期連載となった[7]。, 連載再開後、2013年12月25日に新たに双葉社から単行本1巻と2巻が同時刊行され、『別冊マーガレット』にて掲載されていた読切作品「春色アストロノート」も収録されている[2]。, 2015年4月時点で単行本の累計部数は150万部を突破し[11]、全5巻での発行部数は2016年9月時点で470万部を突破している[12]。「このマンガがすごい!」オトコ編ベスト20にて第15位に[13][14]、「全国書店員が選んだおすすめコミック2015」にて第5位に[15][16]、「次にくるマンガ大賞 2015年『これから売れて欲しいマンガ部門』」では第12位に[17]、「全国書店員が選んだおすすめコミック2016」では第6位に[18]それぞれランクインしている。, 2015年4月25日発売の『月刊アクション』6月号にて実写映画化が発表された[11][19]。, 2015年7月18日、小学校高学年から中学生をターゲットにした双葉社の新レーベル・双葉社ジュニア文庫から時海結以によるノベライズが開始され[20]、2016年3月18日までに全3巻が刊行された[21]。, 2016年2月にはテレビアニメ化が発表された[22]。アニメ化に際し『月刊アクション』2016年4月号[4]には特別編が掲載され、同年5月号よりスピンオフ『ソリゲリス』の連載が開始された[23]。同年9月にアニメ映画化が発表された[12]。『月刊アクション』2016年12月号[24]から2017年2月号[25]に『Orange -須和弘人-』が、2017年3月号[26]に『Orange -未来-』が掲載され、これらを収録した単行本第6巻が2017年5月31日に発売された[27]。, 長野県松本市に住む女子高校生・高宮菜穂は2年生になった4月の始業式の日、差出人が自分の名前になっている手紙を受け取る。その手紙には、26歳になった10年後の自分が後悔をしていて、その後悔を16歳の自分には味わってほしくないこと、菜穂に今後起きること、それに対して菜穂にしてほしい行動が書かれていた。菜穂は、初めは誰かのいたずらと思っていたが、手紙に書かれていた通り、成瀬翔が東京から転校してくる。手紙には、5月に成瀬翔を好きになること、翔が17歳の冬に事故で亡くなること、その事故は防ぐことが出来たと書かれていた。10年後の菜穂が手紙を書いた目的が翔を事故から救うことと分かり、16歳の菜穂は「翔がいない未来」を変えるため手紙に書かれているように行動しようと努力する。手紙に書かれていた通り菜穂は翔を好きになるが、手紙を詳細に読むと、翔は事故死ではなく自殺の可能性があることを示唆していた。, そんなある日、菜穂は須和弘人から「手紙、届いた?」と質問をされ、弘人に届いた10年後の26歳の弘人が書いた手紙を見せられる。さらに、村坂あずさ・ 茅野貴子・ 萩田朔にも未来の自分自身から翔を救うための手紙が届いていることを知り、5人は協力して「翔がいない未来」を変えていく。そして手紙に書かれていた翔の自殺の遠因になったと思われる体育祭のリレーが、翔にとっても楽しい思い出に変わり、未来は翔が死なないほうに変わっていくと思われた。大晦日、初詣のため6人は深志神社に集まるが、そこで菜穂は翔の祖母のことで翔と喧嘩をしてしまう。冬休みが明けた1月7日、菜穂は翔と再会するが以前のように接せられず、気まずい関係になる。一方、母親との約束を断ったことが母親の自殺の原因だと思い続け、自身を責め苛んでいた翔は自殺を考えるようになる。2月14日のバレンタインデー、菜穂は翔にチョコを渡し告白し、付き合うことになる。そして、翔の事故が起きた2月15日、事故が起きた場所に5人は集まり事故を防ごうとするが翔は現れない。過去を改変したことで自殺しようとする場所が変わってしまい、5人は翔を探す。翔はトラックに飛び込もうとするが思いとどまった。5人と翔は10年後の自分たちに向けてタイムカプセルを埋め、物語は幕を閉じる。, 集英社版と本編の内容は同じだが『春色アストロノート』が各巻に1話ずつ収録されている。また、カバー、おまけページ、カバー下は描き下ろしで、単行本のサイズもB6判へと拡大されている。, 2015年12月12日に東宝系にて公開[19]。主演は、NHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインを演じた土屋太鳳。同ドラマでヒロインの夫役だった山﨑賢人とは再共演となった[33][34]。監督は長編映画初監督作品となる橋本光二郎[34]。キャストは7月20日に発表され、クランクインから3か月半で公開にこぎつけた[33]。撮影は全編、作品の舞台である長野県松本市[注 1]で行われ、クランクインは「まれ」撮影終了後の2015年9月1日、クランクアップは同年10月11日、撮影日数は41日間であった。, 原作とは、手紙が届いたのが菜穂と須和の二人だけになっているなどいくつか変更点がある。, 公開2週間前となる2015年11月30日に開催された試写イベントでは、土屋と山崎も参加しての「こたつに入って見る試写」が行われ、会場は54卓のオレンジ色のこたつでいっぱいになった[35]。, 松本市(城山公園、松本城、あがたの森公園、縄手通り商店街、須々岐水神社、弘法山古墳など市内各地)、飯田工業高校(飯田市)、田川高校(塩尻市)、明科高校(安曇野市)、御射鹿池(茅野市)、入笠牧場(伊那市高遠町), 2016年7月より9月までAT-X、TOKYO MX、BS11、朝日放送他にて放送された[38][39]。全13話[39]。最終回は『TVアニメ「orange」最終回 〜未来へ繋ぐ〜 1時間スペシャル』のタイトルで1時間に拡大されて放送された[39]。, 2016年11月18日には、TVアニメを須和の視点から再構成し、高野描き下ろしの後日談を加えた『orange -未来-』(オレンジ みらい)が2週間限定で劇場公開された[12]。, 『山下誠一郎・古川慎のorangeなふたり』は、2016年7月3日から12月25日まで毎週日曜(土曜深夜)にラジオ大阪で放送、およびインターネットラジオ「Radital」で配信されたラジオ番組[44]。全26回。パーソナリティは山下誠一郎(成瀬翔 役)と古川慎(須和弘人 役)。, 製作クレジットにAT-Xはクレジットされていないが、同社のプロデューサーである山田昇が製作、清水美佳が製作委員会にそれぞれクレジットされている。, 製作クレジットにテレビ愛知はクレジットされていないが、同社の執行役員である村川淳が製作に、同社のプロデューサーである伊藤淳と清水香名が製作委員会にそれぞれクレジットされている。, 「未来からの手紙」が運命を決める? 青春SFラブストーリー『orange』人気の理由, TVアニメ『orange』映画化決定!