過去10年の前走での単勝御人気別成績を調べると、1番人気だった馬が連対率25.9%、3着内率40.7%と高い数字を残していました。 父:パイロ 父:クロフネ 今回は、2020年オークスの特別登録馬や過去10年のデータを基にしたレース傾向と穴馬予想を紹介します。 主な勝鞍:2019年・もちの木賞 © Copyright 2020 ウマダネ. ウマダネ独自の穴馬である「ホウオウピースフル」を馬券に組み込んで、万馬券的中を狙ってみてください。, 2020年オークスの特別登録馬や過去10年のデータを基にしたレース傾向と狙い目を紹介しました。 馬名の由来:天泣(気象用語), 今年の呉竹賞で2勝目を挙げ、前走はドバイのUAEオークスで3着に入るなど国内外で活躍。 そのため、騎手の乗り替わりは割り引きが必要です。 馬名の由来:冠名+女王の地位, クリスティ・3歳牝馬 主な勝鞍:2020年・菜の花賞 父:カジノドライヴ ぜひ予想の参考にしてください。, オークスは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(G1)です。 主な勝鞍:2020年・浦和桜花賞 上位4頭あたりまでが一桁オッズの人気でしょうか。, 2020年6月10日(水)川崎競馬場 ドバイで行われたUAEオークスで3着に入った実績があり、今回も武豊騎手とのコンビで挑むセランが1番人気に支持されると予想します。 さらに、オークスでは騎手の乗り替わりがマイナスポイントとなります。 母:アスカリーブル 出走馬の通算出走数も確認して、オークスの予想をするようにしましょう。, オークスは3歳牝馬にとって過酷なレースとなり穴馬の活躍も珍しくないので、上位に来そうな穴馬を予想することも大切です。 All rights reserved. 父:Uncle Mo 騎手の乗り替わりが発生した場合には注意が必要で、前走と騎手が異なる馬は過去10年で連対率4.6%、3着内率6.2%と苦戦しています。 2020年オークスの特別登録馬と5月19日現在の予想オッズを … 主な勝鞍:2020年・のじぎく賞 前走で6番人気以下だった馬については、連対率1.4%、3着内率4.1%とあまり馬券に絡めていません。 5着:アークヴィグラス(8馬身), 競馬情報サイト「競馬の魅力」です。動画・結果はもちろん、登録馬・出走予定馬から予想オッズ、追い切りなど幅広く情報を提供してます。, ジャパンダートダービーは2020年7月8日に大井競馬場で行われる三歳ダート王を決める一戦。ジャパンダートダービーは2020年で第22回を迎え、昨年はクリソベリルが制した。出走予定馬・予想オッズ・日程・過去の結果などをチェックしてみよう。, 関東オークス2019の結果・動画をまとめた記事です。2019年の関東オークスの着順は1着:ラインカリーナ、2着:マドラスチェック、3着:トーセンガーネットとなりました。レースの詳しい結果、動画などをご覧ください。, 菊花賞は2020年10月25日に京都競馬場で行われるクラシック三冠・最終戦。菊花賞は2020年で第81回を迎え、昨年はワールドプレミアが優勝した。菊花賞の出走予定馬・予想オッズ・日程・賞金・過去の結果などをチェックしてみよう。, 武豊騎手の想定・騎乗予定をまとめた記事です。武豊騎手は今日までに様々な記録を打ち立て、まだまだ第一線で活躍し続けている日本競馬界のレジェンド。そんな名手の先週の結果・成績や今週(11/14・11/15)の想定・騎乗予定など、ファン必見のすべてのスケジュールをチェックしよう。, ルメール騎手の2020年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。C.ルメール騎手は3年連続で全国リーディングを獲得するなど大活躍中。先週の成績・結果や今週の想定・騎乗予定などすべてをチェックしよう。, 有馬記念は2020年12月27日に中山競馬場で行われる一年の締め括りの大一番。有馬記念は2020年で第65回を迎え、昨年はリスグラシューが制した。有馬記念の出走予定馬・日程・賞金などをチェックしてみよう。, 競馬ファンの心をつかんだCM『夢の第11レース』には続きがあった!CMでは直線の途中までの映像だが実は全18頭のレースの続きの動画が存在する。それは『夢のラスト1ハロン』。各馬が勝つ設定で感動の実況が収録されています。ファン必見です!, 川田将雅騎手の2020年の騎乗予定・成績をまとめた記事です。川田将雅騎手は日本人ジョッキートップの成績を残す次世代のエース。先週の成績・結果や、今週や今後の想定・騎乗予定などすべてをチェックしよう。, 2020年に産駒がデビューする新種牡馬を紹介するページです。新種牡馬にはドゥラメンテやモーリスなどG1で活躍した馬がズラリと並ぶ。種付け料や注目産駒などいろいろチェックしてください!, 2020年の騎乗停止に関する記事です。騎乗停止(きじょうていし)とは競馬において反則を犯した騎手に対して与えられる制裁で、行為の内容によっては長期間の騎乗停止処分が下される。どの騎手にどのような内容の処分が下されたかチェックしておこう!, 【ジャパンダートダービー2020】出走予定馬・予想オッズ・結果/三歳ダート王が決まる. ・騎手の乗り替わりは割り引き 母父:ヴァーミリアン 2000mで好走している実績から考えると、距離が長くなればなるほど無視できない存在です。 予想オッズの3番人気は、「クラヴァシュドール」でオッズは6.7倍です。 母父:キャプテンスティーヴ 今年のオークスで穴馬として注目なのが、「ホウオウピースフル」です。 2着には2馬身半差でマドラスチェック、さらに大差の3着にはトーセンガーネットが入った。, 1着:ラインカリーナ 主な勝鞍:2019年・2歳1勝クラス 3連単なら「デアリングタクト →デゼル→ホウオウピースフル」。 3歳牝馬の頂上決戦と言えるレースで、ハイレベルな牝馬同士の戦いから目が離せません。 逆に、キャリア6戦以上の馬については、3着内率7.2%と良い成績を残せていません。 東京競馬場の長い直線でこそ力を発揮できるので、オークスでも期待したい存在です。 馬名の由来:白い王妃(仏), 過去の2勝は1800mで挙げており、距離には少し自信あり。 「クラヴァシュドール」は勝利こそ初戦の新馬戦のみとなっていますが、重賞レースで安定した成績を残しています。 そこで、ウマダネ独自の穴馬について紹介します。 キャリアは4戦と経験は少ないですが、前哨戦のフローラSでは2着に好走しました。 父:キズナ 2着:マドラスチェック(2馬身) 桜花賞では重馬場を全く苦にせずに、後方から凄まじい追い込みを見せました。 スイートピーSでは、上がり3ハロン32秒5という圧巻の瞬発力を披露しています。 予想オッズの1番人気は、「デアリングタクト 」でオッズは1.7倍です。 優駿牝馬(ゆうしゅんひんば)は、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。1965年から(オークス)の副称が付けられており、競馬番組表での名称は「優駿牝馬(オークス)」[4]、回次を含める表記では「優駿牝馬(第○回オークス)」[3]と表記している。, 「オーク(Oak)」は、樫を意味する英語[5]。「イギリスダービー」創設者の第12代ダービー卿エドワード・スミス・スタンレーは樫の森が茂る「オークス」と呼ばれる土地を所有しており、1779年にエリザベス・ハミルトンと結婚した際、記念に競馬を開催することを発案[5]。その中に夫人の希望を入れて3歳牝馬のレースを行い、これが「オークス」と名づけられたのが由来とされている[5]。日本では本競走の優勝馬を「樫の女王」という通称で呼ぶこともある[6]。, 1938年にイギリスのオークスを範として、4歳(現3歳)牝馬限定の「阪神優駿牝馬(はんしんゆうしゅんひんば)」を阪神競馬場(旧鳴尾競馬場)に創設[7]。横浜農林省賞典四歳呼馬(現: 皐月賞)・東京優駿(日本ダービー)・京都農林省賞典四歳呼馬(現: 菊花賞)・中山四歳牝馬特別(現: 桜花賞)とともに日本のクラシック競走のひとつとされる。桜花賞は最もスピードのある繁殖牝馬の検定競走とされたのに対し、本競走はスピードとスタミナを兼ね備えた繁殖牝馬を選定するためのレースとされている[7]。, 距離は創設当初芝2700mだったが、1940年から1942年まで芝2450mで施行した後、1943年から芝2400mに変更[7]。施行場も1946年から東京競馬場に変更され、この際に名称を「優駿牝馬」に改称。1965年から(オークス)の副称が付けられ、現在に至る[7]。施行時期は1952年まで秋季だったが、1953年から春季に変更された[7]。, 1984年よりグレード制が施行され、GI[注 1]に格付け。1995年から地方競馬所属馬が、2003年からは外国産馬がそれぞれ出走可能になり[8]、2010年からは外国馬も出走可能な国際競走となった[9]。, 2018年より当競走の1~3着馬には当該年のヴェルメイユ賞への優先出走権が与えられる。また同年よりヴィクトリアマイル・安田記念とともにデスティナシオンフランスという名称でフランスのジャックルマロワ賞・ヴェルメイユ賞と提携することになった[10]。, 未勝利馬・未出走馬(収得賞金が0の馬)には出走権がないものの、フローラステークス・スイートピーステークスで収得賞金を加算し、優先出走権を得れば出走できる[11]。このため、フローラステークスは2着以内、スイートピーステークスは1着となった場合のみ出走可能となる。, 出馬投票を行った馬のうち優先出走権を持つ馬から優先して割り当て、その他の馬は通算収得賞金の総計が多い順に出走できる。なお、出馬投票の結果同順位の馬が多数おり出走可能頭数を超過した場合は、抽選で出走馬を決める[11]。, JRA所属馬・地方競馬所属馬は以下のトライアル競走で所定の成績を収めた馬に、優先出走権が付与される[11][13]。, 地方競馬所属馬は上記のほか、NHKマイルカップの2着以内馬、およびJRAで施行する芝の3歳重賞競走優勝馬にも出走資格が与えられる[11][13][7]。, 2018年の1着賞金は1億1000万円で、以下2着4400万円、3着2800万円、4着1700万円、5着1100万円[3][4][14]。, コース種別について、「今週の注目レース(日本中央競馬会)」では「芝」と明記しているが、過去の記録をまとめた「サラブレッド血統大系(サラブレッド血統センター、2005年刊)」や「中央競馬レコードブック'94(中央競馬ピー・アールセンター、1994年刊)」ではコース種別を明記していない。, Racing - Race Detail Yushun Himba - Japanese Oaks, http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2014/05/26/kiji/K20140526008234230.html, 優駿牝馬(GⅠ)優勝馬等の仏・ヴェルメイユ賞(G1)への優先出走権付与および「デスティナシオンフランス」について, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=優駿牝馬&oldid=80206624, この項目では、中央競馬のGI競走について説明しています。地方競馬で「オークス」を名乗る競走については「, 1939年 - 距離を2450メートルに短縮。1位入線のヒサヨシが競走後、薬物使用が判明し失格となり、2位入線のホシホマレが繰り上がりで優勝(.