Copyright© 感動する絶景が見れる『世界の世界遺産』30ヶ所リスト , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4. ウィランドラ湖群地域; ウルル-カタ・ジュタ国立公園; オーストラリアのゴンドワナ多雨林群; オーストラリアの囚人遺跡群; 王立展示館とカールトン庭園; カカドゥ国立公園; クイーンズランドの湿潤熱帯地域; グレーター・ブルー・マウ� オーストラリアといえば、動物が多かったり、海が綺麗だったりと、自然豊かなイメージが有るのではないでしょうか。そんなオーストラリアには数多くの世界遺産が存在しております。そこで今回はオーストラリアの世界遺産についてランキング形式で紹介させていただきます。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 実は、オーストラリアには美しい自然のみでなく、美しい文化的な建造物も至る所にあるのです。, それらを知ることは必然的にオーストラリアの歴史を知ることにもつながりますから、ぜひ人生で一度は見ていただきたいものばかりです。, 王立展示館とカールトン庭園は、ビクトリア州の都市メルボルンにあるオーストラリアで最初の大陸ヨーロッパ風建築物です!, もともとは、1880年にメルボルン博覧会のために建築された建物で、ゴシック様式やロマネスク様式などのさまざまな様式が混ざり合った独特な構造をしています。, カールトン庭園は、美しく均等の取れたガーデンで、穏やかなメルボルンの自慢の庭園として人々から親しまれているのです。, 庭園といえど、約26ヘクタールもの広大な面積を有していて、美しい植物の他にさまざまな野生動物も庭園で生活しています!, シドニー・オペラハウスとは、オーストラリアのシドニーに、1959年から1973年ただの年月を費やされて建築された建築です!, オーストラリアを代表する近代的な建築物で、建築家ヨーン・ウツソンによって手がけられました。, 独特でモダンな形の外観はなんとも魅力的で、まるで海に浮かぶヨットのようにも感じられます。, シドニーオペラハウスは実際に演劇場やコンサートホールとして稼働していて、内部には世界最大級の機械式オルガンである「グランドオルガン」もあります。, そして、オペラハウス内には4つのレストランと6つのバーがあり、テラス席も充実していますから、シドニーの人々や観光客の憩いの場としても大活躍しているのです。, オーストラリアの囚人遺跡群は、かつて大英帝国がオーストリアの植民地を拡大するときに築いた歴史的な場所です。, 囚人とは言っても、現代の私たちが想像するような犯罪を犯したような人々ではありません。, この遺跡における囚人とは、オーストリアの先住民族であるアボリジニの方々が、大英帝国に強制的に収容されたことを言っています。, 植民地という概念があった時代と、そこにいた人々が強制的に収容された、という事実を現代へと語り続けている大変貴重な遺産です。, 18世紀ころからの、キングストンとアーサーズ・ヴェールの歴史地区、ブリッケンドンとウルマーズの不動産群、ソルトウォーター・リヴァーの炭鉱史跡などの構成資産から成っています。, オーストラリアといえば、他のどんな場所にも負けないくらい美しく力強い大自然!と、言う方も多いのではないでしょうか。, まさにその通りで、オーストラリアには感動をたっぷりと与えてくれる大自然が満ち溢れています!, グレート・バリア・リーフは、オーストラリアが誇る総面積は344,400km2以上にもなる美しすぎる珊瑚礁エリアです!, 透明度の高いブルーの海水に、温暖な気候、そして神秘的で美しい砂浜がこの世のものとは思えない、まさに楽園と言える絶景を生み出しています。, この広い世界に存在するすべての自然のなかでベストセブンに入るということですから、いかに素晴らしいことなのかお分かりいただけるでしょう♪, ロード・ハウ島群は、136,300haほどの面積を誇るロード・ハウ島とその周辺の島のことです。, ロード・ハウ島をはじめ、アドミラリティー諸島、マトン・バード諸島、ボールズ・ピラミッドなどの島が含まれています。, なんと、70種以上もの固有種を育んでいて、ただ美しいだけの島群ではなくて、自然としても大変貴重な場所となっています。, ロード・ハウ島群の観光客の入場数は制限されており、1日あたりおよそ400人程度の限定入島になっています。, オーストラリアのゴンドワナ多雨林群は、クイーンズランド州とニューサウスウェールズ州に広がる素晴らしい自然保護エリアです。, 370000haもの面積を誇る大迫力な観光スポットで、34の自然保護地域を有しています。, それぞれの保護地域ごとに、違った自然模様が見られることから、多くの観光客に人気の場所として知られています。, いまだかつて味わったことのないくらい、大自然を肌で感じられる地球の宝と言える場所ですよ。, クイーンズランドの湿潤熱帯地域は、894,420haの面積を誇る、クイーンズランド州にある湿潤熱帯自然地域です。, クイーンズランドの湿潤熱帯地域はオーストラリアの美しい珊瑚礁地帯のグレートバリアリーフに沿うように存在していて、熱帯雨林ならではの数多くの生命が生きています。, ウールーヌーラン国立公園、ディンツリー国立公園、ギリンガン国立公園などの大小含め700以上にも及ぶ公園やエリアが含まれています!, そして、これだけ偉大なのも納得で、このクイーンズランドの湿潤熱帯地域は1億3000年前の白亜紀に形成された世界最古の熱帯雨林なのです。, クイーンズランドの湿潤熱帯地域を歩けば、本当に恐竜が出てきてもおかしくないな、とさえ思えます。, 西オーストラリアのシャーク湾は、都市パースからおよそ860キロメートルほど離れた場所に存在している美しいビーチです。, ハメリン・プール海洋自然保護区、フライデー島、フランソワ・ペロー国立公園、コックス島、シェル・ビーチ保護公園などの構成地域から成っています。, 水深が浅く、穏やかで美しい海が特徴的で、年間を通して水温もあまり低くならないので、イルカやジュゴンやサメが豊かに育っています!, フレーザー島は、184,000haの面積を誇る砂島で、世界で最も大きな砂島として有名です!, クイーンズランド州に位置し、島のほぼ全域がグレート・サンディ国立公園として指定されています。, 現在はオーストラリア屈指の観光スポットとして人気で、およそ100人前後の観光業者が暮らしている他は、毎日世界中から多くの観光客が訪れます。, 元々は、オーストラリアの先住民であるアボリジニの人々が住んでいた島でもあり、彼らはこのフレーザー島をパラダイスとしていました。, 滑らかな砂、穏やかで温暖な気候、そして宝石のように美しい海水。確かにパラダイスですね!, オーストラリアの哺乳類化石地域は、クイーンズランド州にあるリヴァーズレーと南オーストラリア州のナラコーアテに位置する地区の事です。, リバーズレーのエリアはローン・ヒル国立公園として保護区に指定され、ナラコーアテの現場はナラコーアテ・ケーブ国立公園として指定されています。, 彼らのエリアからは、絶滅した動物も含めてかなり貴重な動物の化石が発見されていて、生命体の進化の過程などの研究に大いに役立っています。, 一部の場所は一般人に公開されているので、オーストラリアへ訪れる際は是非、行って見てはいかがでしょう。, ハード島とマクドナルド諸島は、インド洋に浮かぶ魅惑的な無人島のことです。1947年に、オーストラリアの領土となりました。, 氷河を被っている山肌がオーストラリア領土としては新鮮な光景で、アザラシやペンギンなど様々な生き物が力強く生きています!, この生命力溢れて美しい島は、厳正なる自然保護を施されていて、限られた研究者のみが立ち入りを許可されています。, マッコーリー島は、ニュージランド寄りのオーストラリア領土で、全長約34kmほどの無人島です。, 狂う50度と言われる、南緯50度から60度にかける海域の影響でものすごい強風に晒されるため木々は生えずに草原が広がっているのが特徴的です。, ロイヤルペンギンの繁殖地としても有名で、ペンギンたちの楽園となっています。が、しかし、人なら立っていられないほどの強風に晒されながら繁殖するペンギンたちのバイタリティには驚きですね!, グレーター・ブルー・マウンテンズ地域は、ブルー・マウンテンズ国立公園とその周辺の公園のことを指した世界遺産です。, グレーター・ブルー・マウンテンズ地域には、コアラが泣いて喜ぶであろう、ユーカリが100種近く生息しています。, ガーデンズ・オブ・ストーン国立公園、ブルー・マウンテンズ国立公園、ナッタイ国立公園などの素晴らしい構成地域から成っています。, 観光客向けのハイキングコースやトロッコやロープウェイも整備されているため、多くの観光客に人気です。, ドーム型に滑らかな見た目を有する奇岩が広がる絶景はとてもユニークで、ここでしか見られないでしょう。, さらに、ただ景色が美しいだけでなく、このエリアにはアボリジニの人々の残した壁画など、かなり貴重な遺跡も存在しています!, ニンガルー・コースト(もしくはニンガルー・リーフ)は、オーストラリアの最大規模の珊瑚礁です!, 3月から6月にかけて、ジンベイザメが多く生活を営む珊瑚礁としてとても有名で、2011年に世界遺産に登録されました。, なんとあの巨大なジンベイザメと一緒にダイビングできる場所としても知られているのです!, ジンベイザメといえば、水族館の大水槽で出会うことができるくらいだと思っていましたが、このニンガルー・コーストでは一緒に泳げてしまいますよ。, 美しくパワフルな自然と、価値ある文化が1つの国に共に存在していた時には、必然的に素晴らしい世界複合遺産が生まれると言うものです。, オーストラリアも、もちろん例外などではなく、とても素晴らしい世界複合遺産を有しています!, 現在オーストラリアにある世界複合遺産は4ヶ所あり、これからご紹介させていただきます。, では早速、オーストラリアにある素晴らしい世界複合遺産4ヶ所についてご紹介していきましょう。, カカドゥ国立公園は、40000年以上前から人の文化が築かれている歴史的な国立公園です。, また、大変希少な野鳥が見られる地域としても注目されている場所で、1981年に世界遺産に登録されました。, 公園内には、どう猛なワニが数多く生息するという川が流れているワイルドな面もあります。, およそ4万年前には湖だった場所が、15000年前に干上がってできた遺跡で、現在は砂漠地帯となっています。, オーストラリアの先住民であるアボリジニに関連する遺跡も多く残されているため、とても重要な遺跡として知られています。, タスマニア原生地域といえば、タスマニア州に生息するタスマニアデビルがあることで有名です。, ウォールズ・オブ・イェルサレム国立公園、リッフィー・フォールズ州立保護区、マックスウェル・リバー保護考古学遺跡、フランクリン=ゴードン・ワイルド・リバーズ国立公園などから構成されています。, 総面積は138万haを誇り、タスマニア原生地域は世界で最もピュアな自然地域とも言われるほど人気の観光スポットにもなっています。, ウルル=カタ・ジュタ国立公園は、オーストラリアのほぼ中心部にあるノーザンテリトリー地区に存在する、偉大で美しい国立公園です。, 特に、ウルル(エアーズロック)と、カタ・ジュタ(オルガ山)はとても有名なスポットです。, またウルルが夕日を浴びると、パワフルなレッドに輝く様は非常に神秘的で感動必至です。, 今回はオーストラリアにある素晴らしい世界遺産19ヶ所をご紹介させていただきました。, オーストラリアには、人々の期待を良い方向へ裏切ってくれるほどに偉大で素晴らしい世界遺産が存在していましたね♪, 特に、地球の自然の素晴らしさを改めて感じさせてくれるような遺産が多いように感じました。, これからもオーストラリアの美しい自然や文化は多くの人々に愛されていくことでしょう。. オーストラリアの北東部に広がるグレートバリアリーフは、世界最大級のサンゴ礁地帯として知られ、 900 を超える大小の島々が連なる規模は、全長が 2300km に及び、 1981 年にその美しさと規模の大きさから世界遺産に指定されました。. オーストラリアは、温暖な気候、親しみやすい人々、美しい大自然に満たされた世界中の人々の憧れのリゾート地です。 そんなオーストラリアに訪れたなら、ただ楽しくアクティビティをするだけでなく、ぜひ見ていただきたい価値ある世界遺産がたくさんあります! オーストラリアといえば、動物が多かったり、海が綺麗だったりと、自然豊かなイメージが有るのではないでしょうか。そんなオーストラリアには数多くの世界遺産が存在しております。そこで今回はオーストラリアの世界遺産についてランキング形式で紹介させていただきます。, オーストラリアと言えば、日本のちょうど南部に位置している人気の高い観光スポットとしても知られております。そんなオーストラリアですが、世界遺産が数多く存在していることはご存知でしょうか。海や森林、遺跡など数多くの場所が世界遺産に登録されております。そんな場所についてすべて紹介させていただきます。, オーストラリアの世界遺産ランキング19位は「グレート・バリア・リーフ」となっております。こちらのオーストラリアの世界遺産は、オーストラリアの北東部に広がっている世界最大級のサンゴ礁として知られております。, こちらのサンゴ礁の大きさというと、日本の本州よりも大きいというのですから驚きです。そんな広大な面積のサンゴ礁の中には、100種類をも超えるサンゴや、何千もの魚たちが生息しておりますので、生物の多様性が抜群です。, 世界的に見ても生き物たちの楽園とされており、環境問題の影響も依然として残ってはおりますが、それでもなお数多くの生き物が生き続けております。そのため、ダイビングなどのマリンアクティビティも体験できます。, 非常に透明度が高いので、水中に潜れば普段絶対に体験できないような幻想的な世界が広がっております。リゾート気分を堪能したいならおすすめの有名な海となっております。観光するなら一押しです。, オーストラリアの世界遺産ランキング18位は「フレーザー島」となっております。有名なおすすめ観光スポットとして知られているこちらの世界遺産は、18万ヘクタールを超える広大な砂島としても知られております。, こちらの砂島は、世界で最も大きな砂島としても有名になっております。オーストラリアの有名な観光地としても名高いクイーンズランド州に位置しており、島の全貌が国立公園として保護されております。, こちらにあるビーチは非常に美しく、オーストラリアの海に入るならおすすめの場所です。透き通る海に太陽の光が反射している様子は非常に美しいです。また暑すぎず温暖な気候ですので、1年中訪れやすいです。, オーストラリアの世界遺産ランキング17位は、「ウルルカタ・ジュタ国立公園」となっております。こちらのオーストラリアの世界遺産はエアーズロックという名前で世界的に知られている巨大な岩を眺めることが出来ます。, オーストラリアの中央部分に位置している、ウルルカタ・ジュタ国立公園は、先住民でも有るアボリジニの文化を伝えてくれる歴史的にも価値の高い人気の有名観光スポットとしても知られております。, その巨大さと言うと、周囲は9.4キロメートルにも及び、そして高さとなると340メートルを誇っております。パワースポットとしても知られておりまして、多くの観光客が訪れるおすすめの世界遺産となっております。, こちらのオーストラリアの世界遺産に訪れるのであれば、飛行機を利用してアクセスするか、ツアーに申し込んで参加するのがおすすめです。大迫力の自然を満喫しながら、自然の神秘を満喫するにはもってこいです。, オーストラリアの世界遺産ランキング16位は、「哺乳類化石地域」となっております。有名なおすすめ観光スポットとして知られているこちらの世界遺産は、クイーンズランド州と南オーストラリア州に位置している地区のことを指しております。, こちらからは絶滅した動物なども含めて、数多くの貴重な動物の化石が発見されておりますので、生命の歴史を知るにはもってこいのエリアとしても知られております。一部地域は、一般の観光客でも訪問することが出来ます。, また、発掘現場や、いくつもの地域は国立公園として、オーストラリア政府に保護されておりますので、その歴史的価値がわかるでしょう。オーストラリアに観光に行くならおすすめの世界遺産となっております。, オーストラリアの世界遺産ランキング15位は「オペラハウス」となっております。こちらのスポットは、オーストラリアの有名な年である「シドニー」に位置ししている人気の世界遺産としても知られております。, オーストラリアのシドニーといえば、オーストラリアを代表する観光地が数多く存在しており、国内外を問わず多くの観光客が訪れている人気の高いランドマークとなっておりますユニークな建築に心奪われます。, そんな美しい建物であるオペラハウスの歴史は1956年までさかのぼります。新しい劇場を建築するためにデザイン公募したものの中から選出された建築デザインとなっており、美しい流線型のデザインとなりました。, その後建設されてからは、コンサートやバレエ、オペラや演劇などと行った数多くの公演を行う世界を代表するホールとなりました。また大晦日などには、カウントダウンイベントも開催されるなど非常におすすめです。, オーストラリアの世界遺産ランキング14位は「ブルーマウンテンズ」となっております。こちらのオーストラリアの世界遺産は、シドニーから西に向かって50キロメートルほど進んだ場所に位置している巨大山脈となっております。, こちらの周辺は、ブルーマウンテンズ国立公園というふうに保護されております。またこちらのエリアの中には90種類をも超えるユーカリが自生しているということでも非常に貴重なエリアとしても知らえております。, ユーカリには油分が多く含まれているため、夏にもなると、ユーカリの油分が気化して、まるでブルーの霧に包まれたかのような風景を眺めることができるようになっております。そのため行くなら夏がおすすめです。, また、こちらのブルーマウンテンズには、「スリーシスターズ」といった、奇岩群などの特徴的な見どころから、しっかりと整備された歩道などがありますので、森林浴を楽しむならもってこいのエリアとなっております。, オーストラリアの世界遺産ランキング13位は、「ハード島・マクドナルド諸島」となっております。有名なおすすめ観光スポットとして知られているこちらの世界遺産は、インド洋に浮かんでいる無人島のことを指しております。, なぜ、無人島が世界遺産に登録されているのかといいますと、こちらの地域は、ほぼ通年を通して氷河で覆われております。そのためアザラシやペンギンなどが生息している姿を目撃することができるようになっております。, ここは、一般の観光客の立ち入りは厳しく禁じられております。非常に美しい島ですので生態系を壊さないように厳正に自然保護が行われており、現在立ち入ることができるのは限られた研究者のみとなっております。, オーストラリアの世界遺産ランキング12位は「スプリングブルック国立公園」となっております。こちらのスポットの中心である「ゴンドワナ多雨林群」は、総面積がなんと36万ヘクタール以上も有る非常に長い歴史を持つ森林となっております。, こちらの世界遺産は、恐竜が生息していた古代の時代からその姿を残している森林として歴史的価値の高い地域となっております。また数億年前の植物が、今も変わらず生態系を維持しているということも有るので驚きです。, こちらには、森林浴や研究をするならたまらないスポットとなっており、楽さが100メートルを超えるような巨大な滝や、樹齢が2000年を超えるようなブナの大木を眺めることができるようにもなっております。, また、ここで最も人気が高いのは、「土ボタル」となっております。これはおしりの先端が光り輝く洞窟に住んでいる生き物となっております。土ボタルが輝いている洞窟は非常に幻想的ですので、必見の価値アリです。, オーストラリアの世界遺産ランキング11位は「マッコーリー島」となっております。有名なおすすめ観光スポットとして知られているこちらの世界遺産は、ニュージーランドの方に近いオーストラリア領土となっております。, こちらの島は全長が34平方キロメートルほどの無人島となっておりまして、草原に覆われているのが特徴です。というのもこちらの海域は、非常に強い風が吹き荒れていますので、木々が育たないのです。, そんな世界遺産ですが、ロイヤルペンギンの繁殖地としても知られており、数多くのペンギンが生息している楽園としてもしられております。しかしながら観光目的の入場はできませんので注意しておきましょう。, オーストラリアの世界遺産ランキング10位は「王立展示館」となっております。こちらの世界遺産は、19世紀に開催された万博の展示館が、今もその姿を残しているということもあって、歴史的価値の高いオーストラリアの観光地となっております。, こちらの場所には、建築技術の変遷を知ることができるということもあって、建築家の方たちが頻繁に足を運んでいます。ビザンチン様式であったり、ロマネスク様式、ルネサンス様式などが、調和しており非常に美しい空間です。, また、そんな美しいヨーロッパ風の建物は、今でも使用されており、イベントであったり、展示会なども開催されております。また館内を巡る「ガイドツアー」なども実施されておりますので、おすすめとなっております。, また、こちらにあるカールトン庭園も世界遺産に指定されております。非常に広大な面積を誇っており、その中にはメルボルン博物館などもありますので、観光にうってつけです。また庭園では1年中花が咲いており美しいです。, オーストラリアの世界遺産ランキング9位は「パーヌルル国立公園」となっております。有名なおすすめ観光スポットとして知られているこちらの世界遺産は、キンバリー地区に位置しているユニークな奇岩を見ることができるスポットです。, ドーム型の構造をしている岩が点在している様子は、他の場所では見ることが出来ない貴重な空間となっております。自然と調和しており、非常に幻想的な空間に包まれております。, また、美しい絶景を堪能することができるだけでなく、それ以外にも歴史的価値の高いものも存在しております。アボリジニの人々が残した壁画や、当時の生活の様子がわかるものなど、貴重なものばかりでおすすめです。, オーストラリアの世界遺産ランキング8位は「オーストラリアの囚人遺跡群」となっております。こちらのオーストラリアの世界遺産は、かつて大英帝国がオーストラリアを植民地化するときに作られた歴史的な遺跡となっております。, 囚人という名前こそ付いておりますが、なにか罪を犯した人のことではなく、オーストラリアの先住民である「アボリジニ」のことを指しております。強制的に収容されたような先住民が働かされた場所となっております。, また、こちらは植民地化されていたという、歴史的事実を引き継ぎ、またまるで奴隷のように先住民を強制的に働かせたエリアとしても、非常に歴史的価値の高い世界遺産となっております。必見の価値アリのおすすめスポットです。, この世界遺産は、数多くの要素で構成されており、歴史地区であったり不動産群、そしてソルトウォーター・リバーの炭鉱史跡などが残されておりますので、のんびりと、自然にふれあいながら観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。, オーストラリアの世界遺産ランキング7位は「ニンガルー・コースト」となっております。有名なおすすめ観光スポットとして知られているこちらの世界遺産は、オーストラリでも最大規模のサンゴ礁のある海として知られております。, また最大級のサンゴ礁があるだけでなく、多くのジンベイザメが生息しているエリアとしても有名となっております。2011年という最近に世界遺産に登録されました。そんな場所ではダイビングを楽しむことが出来ます。, そのため大迫力のダイビングを楽しみたいなら、是非訪れてほしいスポットとなっております。またサンゴ礁ならではの美しい砂浜や海は非常に美しく、リゾート気分を満喫するならおすすめの海となっております。, オーストラリアの世界遺産ランキング6位は「ロード・ハウ島」となっております。こちらのオーストラリアの世界遺産は、13万ヘクタールを誇る巨大な島となっております。またその島の周辺も世界遺産に認定されております。, こちらの世界遺産は、ロード・ハウ島だけでなく、アドミラリティー諸島や、マトン・バード諸島、そしてボールズ・ピラミッドなどの島で交際されておりますので、美しい自然を堪能したいならおすすめの世界遺産です。, また、こちらの世界遺産には70種類をも超える固有種が生息しておりますので、美しい自然が残っているだけでもなく、数多くの生態系の宝庫としても歴史的価値の高い世界遺産としてもオーストラリアを代表しております。, また、こちらの世界遺産の代表格でも有る「ロード・ハウ島」へ観光するとなると、注意点が1つあります。というのもこちらは1日の観光客が制限されており、1日あたりおおよそ400人しか訪れることが出来ない貴重な島です。, オーストラリアの世界遺産ランキング5位は「カカドゥ国立公園」となっております。有名なおすすめ観光スポットとして知られているこちらの世界遺産は、4万年以上も前から文化を形成していた痕跡が残る歴史的国立公園です。, そのように歴史的価値の高いスポットでもありながら、自然豊かな地域としても知られており、大変貴重な野鳥が何種類も生息しているということもあって、今非常に注目を集めているスポットとなっております。, また、動物園やジャングルでしか見られないような、ワニが野生で生息しているというのも特徴となっております。オーストラリア観光で気軽に野生のワニを見ることができるスポットとして今人気を集めております。, オーストラリアの世界遺産ランキング4位は「クイーンズランドの湿潤熱帯地域」となっております。こちらのオーストラリアの世界遺産についてですが、おおよそ90万ヘクタールの面積の広大な自然地域となっております。, 非常に広大な面積の中に、同じく世界遺産である「グレートバリアリーフ」に装用に存在しております。そのため、非常に多様な生き物が生息しており、ここでしか見ることが出来ない生き物も数多く存在しております。, また、公園などの多さもオーストラリアで非常に多くなっており、「ウールーヌーラン国立公園」や「デインツリー国立公園」、そして「ギリンガン公園」などといった国立公園が、700箇所以上も存在しております。, こちらのエリアは、1億3000年以上も前である白亜紀に形成されたと言われております。そのため世界で最も古い熱帯雨林としても知られておりますので、歴史的価値も高いです。大自然のパワーを得るならもってこいです。, オーストラリアの世界遺産ランキング3位は「ウィランドラ湖群地域」となっております。有名なおすすめ観光スポットとして知られているこちらの世界遺産は、かつて湖だった場所が干上がって出来た遺跡となっております。, 現在は砂漠地帯となっておりますので、観光するには少しも隣りなく感じるかもしれません。しかしながら、オーストラリアの先住民であるアボリジニに関する遺跡も数多く残されておりますので、歴史的価値も高くなっております。, オーストラリアの世界遺産ランキング2位は「シャーク湾」となっております。こちらのオーストラリアでも有名な世界遺産は、オーストラリアの都市「パース」からおおよそ900キロメートル離れた場所にある海です。, ハメリン・プール海洋自然保護区や、フライデー島、シェル・ピーチ保護公園、フランソワ・ペロー国立公園、コックス島などから構成されております。海は水深が浅く、非常に穏やかでのんびりするにはおすすめの海です。, また、そんな海ですが、年間を通して比較的温暖な水温となっておりますのが特徴です。そのためイルカやジュゴンなど、野生ではなかなか見ることが出来ない生き物たちがたくさん生息している場所として知られております。, また、こちらではダイビングやホエールウォッチングなどのマリンアクティビティが盛んに行われておりますのもポイントです。オーストラリアの海を満喫したいのであれば、非常におすすめする有名な世界遺産です。, オーストラリアの世界遺産ランキング1位は「タスマニア原生地域」となっております。有名なおすすめ観光スポットとして知られているこちらの世界遺産は、その名前の通りタスマニア州に位置している地域となっております。, この原生地域は、日本でも有名な可愛らしい生き物である「タスマニアデビル」が生息している地域としても知られております。愛くるしい表情に心奪われること間違い無しの可愛さとなっております。こちらは世界で最もピュアな自然地域とも知られております。, そんなタスマニア原生地域は、ウォールズ・オブ・イェルサレム国立公園や、リッフィー・フォールズ州立保護区などを始めとして、数多くの保護考古学遺跡や国立公園から構成されております。また総面積は138万ヘクタールとされており、非常に広大です。また原生林ですが、オーストラリアでも人気の観光スポットです。, いかがでしたか。今回はオーストラリアで登録されている世界遺産についてランキング形式で紹介させていただきました。オーストラリアといえば、数多くの自然遺産があり、海や森林、遺跡など見どころたっぷりの場所が数多くあります。ぜひ海や自然にふれあいたいときにはオーストラリアの世界遺産をおすすめします。, オーストラリアの世界遺産ランキングTOP19!有名スポットや見どころ紹介!のページです。TRAVEL STAR[トラベルスター]は旅行・観光スポット・ホテル・グルメなどの情報サイトです。旅行や観光に役立つ情報を無料でご購読して頂けます。.