チョコレートの原材料や製造過程、今までのパッケージの歴史などカイエについて様々なことを学ぶことができます。ツアーでしか見学できない工場で、見学ツアーの最後にはカイエのチョコレートが試食し放題の時間が設けられます。 Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website. ヨーロッパ > カイエ - Callier. カイエ Cailler レマン湖地方ヴヴェイの町に生まれたカイエは、スイスで最初のチョコレート工場を建てました。その後、大手食品会社ネスレと合併。スイスを代表するチョコレートメーカーに成長しました。 スシャール Suchard Copyright © 2000-2020 エアロプレイン編集部/中山記男@合同会社オラニエ All Rights Reserved. スイスはチョコレート大国!ひとりあたりの消費量が多く、人気のチョコレートブランドもたくさんあるんです。今回は、おすすめのチョコレート店や人気の商品、また日本での購入方法などを紹介します。魅惑のチョコレートの世界に浸ってみてください♪ ・スイス政府観光局、モントルー・ヴヴェイ観光局 スイス政府観光局公式ホームページ | スイス政府観光局 ・ベルギーフランダース政府観光局、オランダ政府観光局 ようこそオランダとベルギー(フランダース・ブリュッセル)へ!. トップ > 生活の質を ネスレの企業情報ページです。CEOメッセージや、会社概要、ネスレの進化したCSR、共通価値の創造(CSV)などについての情報をご覧いただけます。, 共通価値の創造や、社会的責任についてご案内しています。社会とネスレ、その双方にとっての価値をつくり出すこと、これがネスレの進化したCSR、「共通価値の創造」(Creating Shared Value = CSV)という考え方です。, 1825年は、歴史の流れを変えたと論じられる多くの出来事があった年でした - 現在のようなシャツの襟の誕生から、食品を保存するブリキ缶の特許まで、ありとあらゆることです。, スイスで最古の、そして最も愛されているチョコレートブランドの1つが生まれた年でもあります。, スイス、ヴェヴェーの食品販売業のオーナー、フランソワ=ルイ・カイエが、イタリアでの休暇から帰国しました。彼は、イタリアで、これまでになじみのない、挽いたカカオ豆と砂糖を調合した食品を発見しました。, フランソワ=ルイ・カイエは、チョコレートに精通していました。彼の食品店で1819年からチョコレートを「カイエ」の名で販売していました。しかし、彼が販売していたチョコレートは、粉砕されたカカオ豆から作られた苦みのあるペーストで、主に強壮剤や飲み物に追加するために使われていました。, 彼がイタリアで出会ったチョコレート – 挽いたカカオ豆と砂糖を調合したもの – は新しくエキゾチックでした。最高級の食料品店で販売され、富裕層しか入手できない価格で販売されていました。, フランソワ=ルイ・カイエは、高品質なチョコレートを製造するため、スイスにあったチョコレート工場を買収しました。カカオ本来の苦味を洗練したいと考え、挽いたカカオ豆のペーストに砂糖、シナモンとバニラを加えました。, カイエと彼のライバルの働きによって、この時にチョコレートはよりおいしくなり、より手頃になりましたが、今日私たちがおいしく食べているものとはまだ別物でした。, これを変えたのは、カイエの義理の息子であるダニエル・ペーターと、その隣人でネスレを創業し、乳児用シリアルを開発したアンリ・ネスレの間に生まれた友情でした。, 何年も実験したものの、ダニエルはミルクとチョコレートをうまく混ぜることができませんでした。彼は、水分含有量が多いミルクと、脂肪を含有するチョコレートマスを混合するのは不可能だと気付きました。, 思いがけず、ペーターはアンリ・ネスレがつくった煉乳に解決策を見出しました。液体であっても一部の水分を抽出すれば、カカオと混合できるのです。, ペーターは、世界初のミルクチョコレートバーと初の粉末ミルクチョコレート(水と混ぜる - 飲用)の開発に成功しました。どちらの製品も「ペーター=カイエ」の名で販売しました。, イノベーティブな気質と、共通するチョコレートへの興味によって引き合わされた、カイエの孫であるアレクサンダー=ルイ・カイエと、ダニエル・ペーター、そしてアメデ・コーラーとアンリ・ネスレの会社の後継者たちは、異なる生産技術と流通網を1つの会社に統合するために協力しました。, アレクサンダー=ルイ・カイエは、現在「メゾンカイエ」として知られている工場をスイスのブロに建設しました。ブロには、牛が数多く放牧されており、工場の操業に必要な水も十分ありました。彼は、工場とミルク供給が近接していることを利用して、煉乳だけをミルクチョコレートに使用しました。こうすることで、粉末ミルクを使用する競合製品に比べて、よりクリーミーでなめらかになります。, 「カイエ」は、スイス最古のチョコレートブランドの1つであるにもかかわらず、200年近くもの間スイスの秘蔵の逸品とされ、事実上スイス国外では知られていませんでした。, 「昔から『カイエ』はとてもスイスらしい」と、ネスレのコンフェクショナリー事業部長、サンドラ・マルティネスは説明します。, 「『カイエ』は、今なお歴史ある『メゾンカイエ』工場で製造されています。年月を重ねるにつれて機械は変わりましたが、特殊な製造技術とチョコレートのレシピはほぼ同じままです。」, 工場では、今も工場から30キロ以内にある牧草地の牛のミルクだけを使用しています。「工場の社員は、『カイエ』の原料になるミルクを出す牛の名前まで知っている、とよく言います。」とサンドラは笑います。, スイスで「カイエ」はよく知られていましたが、ネスレが国際的なスーパープレミアムチョコレートに参入するためのブランドを決定する際、サンドラとそのチームにとって当然の選択ではありませんでした。, 「ネスレはこのカテゴリーに参入すべき時期にありました。しかし当初は『カイエ』がそのためのブランドなのか確信を持てませんでした。」とサンドラは語りました。, 「カイエ」はチョコレートの4人の先駆者が融合したため、調和のとれたアイデンティティーを持っていなかったのです。それぞれのチョコレート製品が大きく異なっていたので、チームは昼夜を問わず、ネスレの歴史資料の部署で「カイエ」の理解に努めました。, 彼らは、古いパッケージデザインが時代を大きく先取りしていたことを発見しました。現代では複製が難しいディテールと品質レベルを持つ、スイス固有のモチーフです。「カイエ」ブランドとその強烈なスイスらしさの背後にあるイノベーションと美を強く感じさせます。, 「『カイエ』の品質は卓越していましたが、豊かなデザインの歴史に思わず息を呑みました。」とサンドラは語ります。「それを知った時にこれだとわかりました。これがネスレ初のスーパープレミアムチョコレートになるのだと。」, 「カイエ」の唯一無二なブランドイメージは、直近のチョコレートの箱のパッケージでよみがえりました。これはスイスの工匠マリアン・デュブイが手仕事でデザインしています。デュブイはスイスのデクパージュ技術(紙の切り抜きを使う工芸)をシルエットをベースにしたデザインに取り込んでいます。, 「カイエ」は、今もチョコレートに煉乳を使用するスイスでたった1つの大手メーカーであり、独特のクリーミーな味を愛するスイス人に非常に人気です。, 「スイスを歩くと『カイエ』を至るところで目にされるでしょう。」とサンドラは話します。, 「スイス人は、何世代にもわたって『カイエ』に親しんでいます。『カイエ』のチョコレート箱は、誕生日、記念日、クリスマスといった大きなイベントには欠かせません。」, 食の持つ力で、 その後、約100年後、1905年にスイスの大企業ネスレと合併し、カイエはネスレのチョコレートブランドとして、世界へと販路を伸ばすことになります。 スイスでも、最大のチョコレートブランドの一つでもあります。 スイスには、チョコレートの名前を付けた列車も走っています。その名も「チョコレートトレイン」。チョコレート工場の見学と試食が組み込まれた、現地発着の一日ツアーです。 カイエは、ミルクチョコレートを作るための工場だったわけですねえ。 さて、アトラクションのほうは一気に本格化。ホーンテッドマンションを彷彿とさせるエレベーターを降り地下の世界へ。 こちらはチョコレートの歴史コーナー。 #ユーレイル のツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? 弊社サイトの現バージョンは、日本の日本語の利用者を対象としています。 別の国や地域にお住まいの場合は、ドロップダウンメニューから、国または地域別のサイトを選択してください。 詳細, ジュネーブ発のバスと列車による終日旅行に出発して、スイスの風景を見物しながら、伝統的な製品を発見しましょう。グリュイエールの魅力的な雰囲気を堪能して、なだらかな丘陵地帯や草原に心酔しながらモントルーへと丘を下り、ジュネーブ湖やそびえ立つアルプスの山々を見渡しましょう。合間にはチョコレートやチーズの試食を楽しんで、この日帰り旅行を一層満喫しましょう。, ジュネーブ発グリュイエールの日帰り旅行で、チョコレートへの愛と田園地帯への情熱を組み合わせてみませんか。快適なバスで絵のように美しいグリュイエールの田園地帯に向かい、チョコレート工場を訪れましょう。メゾン・カイエは驚きに満ちており、このスイスの自慢品の生産工程について学ぶことができます。スイス料理の伝統を学び、チョコレートの試食をお楽しみください。, モントルーからのチーズやチョコレートの工場見学を含む、この5時間のグリュイエールプライベートツアーで、スイスが有名なフレーバーのいくつかを試してみてください。中世の町グリュイエールと彼の城を訪れ、グリュイエールチーズを試飲します。これはスイスで最もおいしいチーズと広く見なされています。 13世紀にグリュイエール城を訪れ、グリュイエールの中世の歴史を学び、ブロクのカイエチョコレート工場を訪れて2回目の試飲を行います。このツアーには、モントルーのホテルからの往復旅行が含まれます。, ジュネーブからグリュイエールまでのこの1日ツアーでは、スイスの最も素晴らしい宝物を掘り下げ、世界最高のチョコレートとチーズをお楽しみいただけます。, 行く電車の本数が少なく、乗り換えも多いが、行く価値が大。入場券はカードも使えます。現金の場合ユーロも使えますが、お釣りはスイスフランで返ってきました。チョコレートが甘いため、水を持参すればいいでしょう。, 家族4人で訪ねました。家族で行くと16歳までは無料、大人2人の料金24CHFです。冬休み、午前11時ぐらいで40分待ちくらい(ショップやミニシネマで時間を過ごせます)でした。それぞれが選んだ言語(日本語あります)のオーディオガイドを持ちながら回ります。チョコレートの歴史を学べる仕掛けがたくさんある部屋を回り、カカオ豆やナッツの試食、チョコレートのテイスティングの仕方などとてもわかりやすく楽しめます。, スイスで最も歴史のあるチョコレートメーカー”カイエ”の博物館。様々な部屋をまわってチョコレートの歴史等について学んでいくのですが、仕掛けたっぷりでとても楽しむことができました。日本語の音声ガイドもあるので安心して回ることができます。チョコレートの試食コーナーや、予約をすればチョコレートを作ったりすることもできるそうです。, 小さい町にあり、電車を利用して行く必要があります(しかも本数は少ない)。チョコレートの博物館ですが、内容は大変充実しています。私が行った時は、日本語対応はなく英語の音声ガイドを利用しましたが、概ね理解できました。チョコレートの歴史や製造過程を見た後に、試食ができるのですが、かなり豊富な試食ができて楽しかったです。グリュイエールに行かれる方は立ち寄ることをお勧めします!, 口コミ通り最後の試食がとても良い評価だが、それに至るまでもそこそこ面白いチョコの歴史が学べます。日本語にオーディオがあるので言葉の問題もなし。10月以降のオフシーズンのためか並ばずすぐ入れました。ショップは物凄く安いわけではないが、3個で2個の値段などプロモーションもあり。ただ、私は同じものがコープの安売りのほうではるかに安く買えました。スーパーと値段は比較したほうがいいかも。.