きゃりーぱみゅぱみゅの本名と長い芸歴前半が黒過ぎ!整形遍歴やきゃりーのサイコ母親についてまとめてみた. tbsドラマ「カルテット」の第9話のネタバレです。あらすじ・ストーリーを先取りでご紹介しています。結末ラストの予想や誰と誰が恋愛する?実は家森が好きなのは・・?など、気になることをまとめま … © 2020 人生波待ち日記 All rights reserved. 別府(松田龍平)へ想いを寄せるすずめ(満島ひかり)ですが、別府が好きなのは真紀(松たか子)。すずめは別府と真紀の恋がうまくいくよう試行錯誤。そこには、自分の想いが届かなくても好きな人の幸せを願うという、すずめの別府への究極の愛がありました。, そして、真紀の元姑である鏡子(もたいまさこ)のもとに富山県警の大菅(大倉孝二)が訪れ、鏡子が知っている『早乙女真紀』が全くの別人で、早乙女真紀の名前を騙っていただけであるという衝撃の真実が発覚。, 果たして自称早乙女真紀は何者なのか?そして、そうしなければならなかった理由とは・・・?, 以下ネタバレしますのでドラマ『カルテット』第9話がまだ・・・という方はご注意ください!, 想いを寄せる別府と真紀をくっつけようと試行錯誤するすずめの努力もむなしく、別府の真紀への告白は『ありがとう』となかったことにされてしまいました。そこにはカルテットの4人で過ごす何気ない日常に『死ぬなら今』と感じるほどの幸せを感じている真紀の、今の生活を壊したくないという切実な想いがありました。, 家森(高橋一生)は別府への片思いを自分なりに整理しようとしているすずめに恋をしています。しかし、家森もまた、すずめが別府のことが好きであることを知っているため、切ない想いを隠しています。, そして4人が暮らす別荘の売却の話は、別府以外のメンバーが知らないところでどんどん進んでしまっている模様。そんな一件が4人のつつましくも幸せな暮らしが長くは続かないことを暗示させるなか、新たなる衝撃の展開が・・・, 真紀が早乙女真紀ではないという事実を持って、鏡子の前に現れたのは富山県警捜査一課の大菅。捜査一課といえば、殺人などの凶悪犯罪を扱う課です。真紀が重大な犯罪に関わっている可能性が示唆されました。なぜ真紀は別人の名を騙る必要があったのか?そして真紀は何者なのか?真紀の過去が第9話にて明らかになりそうです。, ドラマ『カルテット』第1話〜第8話のさらに詳しいネタバレあらすじが知りたい方はこちら, 富山にて自転車どろうぼうで捕まったある女性。その女性は頑なに名前を明かそうとしない。警官が戸籍を売っても罪にならないことを教えると、その女性は戸籍を売ったことを明かしたと大菅(大倉孝二)は鏡子(もたいまさこ)に語る。, 『山本あきこ、富山県出身。10歳の時に母親を亡くし、義理の父親に育てられた』真紀の本名は山本あきこという名で、300万円で巻真紀の戸籍を購入。その後、真紀として生活しているなかで幹生(宮本勘九郎)と出会い、結婚したのだという。鏡子が真紀は義理の父親の暴力から逃げるために戸籍を買っただけなら、被害者ではないかと言うと、大菅はそれだけではないという表情を浮かべる。, 相変わらず、別荘にてささやかながらも楽しい生活を続ける4人。家森論高(高橋一生)がいつもの持論を展開していると、不動産鑑定士が別荘の査定見積書を持って現れ、別荘が売却に向けて動いているという事実を別府司(松田龍平)以外の3人は知った。, 別荘がなくなっても就職し安いアパートを借りてカルテットは続けられるという3人。仕事を始めたせいで、本当にやりたかったことが続けられなくなった人をたくさん知っていると別府は反対した。『穴がなかったらドーナツじゃありません。僕は皆さんのちゃんとしてないとこが好きなんです。少し時間ください。この別荘は僕が守ります』, 警察署の面会室。山本あきこの母親は事故であきこが10歳の時に亡くなったと真相を幹生に語る鏡子。『顔にアザ作ってたって・・・でもその人、お父さんとしてちゃんと育ててはいたみたいで』幹生は母親の事故死で手に入る2億円の賠償金目当てだと声を荒げる。『暴力受けて、戸籍買っちゃダメなの?!』鏡子は真紀が失踪したのと同時期に、義理の父親が心不全で亡くなったことを明かし、警察が真紀のことを疑っていると明かした。, ライブレストラン・ノクターン。谷村多可美(八木亜希子)とカルテットメンバーがサプライズでバースデーケーキを用意し、谷村大二郎(宮澤たけし)を驚かそうと部屋の外から伺っていると、有朱(吉岡里帆)が大二郎を誘惑しだした。大二郎の膝に乗る有朱。『君、何してるの?そういうのやめてくれる?僕、ママのこと愛してるんで』『そうですか?!は〜〜い』, 有朱は辞表を出した。カルテットメンバー1人1人に別れの挨拶をする有朱。『真紀さん、忘れないでくださいね』『・・・たぶん忘れられないと思う・・・』有朱は別府に『大好き〜〜』と抱きつく。『家森さん、いつスキー連れてってくれるんですか?』そして、有朱はすずめに抱きつきながら『すずめさん、私と組んで何か大きいこと・・・』と小声で言い、すずめは首を大きく横に振った。『不思議な国に連れてっちゃうぞ〜〜有朱でした!じゃあね、バイバイ!!』一同があっけにとられるなか、有朱は出て行った。, 朝。帰りに実家に寄ってくるため遅くなるという別府。真紀が1人別荘で仕事をしていると、内見で近くに来たというすずめがお昼を食べに帰ってきた。かつてOL時代に東京の地下鉄ですれ違っていたかもと楽しそうに話すすずめ。『そのとき会ってたら何か違ってたかな?』子供時代、周りも自分も嘘ばかりでいつも遠くに行きたいと思っていたというすずめ。『真紀さんみたいに嘘がない人と出会ってたら子供の頃も楽しかったのかな?』小さい頃はどこに遊びに行っていたのかとすずめが真紀に尋ね、真紀は家の近くの空き地で星をよく眺め、遠くに行きたいと願っていたと語る。, 大菅に呼び出された幹生。真紀の母を自転車事故で死なせてしまった少年は当時12歳だった。この事故によって少年の一家は離散。しかし真紀の家族は12年間にわたって賠償金の支払いを要求し続けたと大菅は淡々と語る。『やっぱりそれじゃないですか!?義理のお父さんの請求止めようとして・・・』だから真紀は戸籍を買い、失踪したのだという幹生。『でもあなたも騙されたんですよ?』幹生は真紀が自分との結婚生活に何を求めていたのか、やっと腑に落ち、両手で頭を抱える。『ずっとビクビクして生きてきたけど・・・普通の人に戻って生活したいって思ってて・・・』『そしたら夫が失踪したと。離婚して振り出しに戻っちゃったと』大菅は容赦なく幹生にとどめを刺した。, 『どっちだろうな?』廊下に出た大菅は、真紀が失踪した理由は賠償金の請求を父親にやめさせたかったのか、それとも父親を殺したせいかと部下に向かってつぶやく。. マスカレードホテルのネタバレ犯人役は松たか子!10分で完全理解,トリックや動機,結末まで, MOZU映画ネタバレあらすじキャスト完全版 ダルマと娘の死の関係が明らかに!MOZUついに完結. カルテット あらすじ 9話 松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平が共演。 火曜ドラマ「カルテット」いよいよ、最終章、開幕!! 奪い愛、冬 最終回ネタバレあらすじ&感想 光と蘭W妊娠で光の蘭凌ぐ狂女の笑みに鳥肌! カルテットの9話のあらすじネタバレまとめいかがだったでしょうか。真紀の正体、真実が明らかになり、警察に連れて行かれてしまったカルテット9話。別荘もなくなりバラバラになってしまった四人は、今後どうなってしまうのでしょうか? 吉岡里帆がクビになるTBSの弦楽四重奏ドラマ「カルテット」の第9話のあらすじとネタバレです。, 第8話のあらすじとネタバレは「カルテット-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。, 富山県警から来た刑事は、巻鏡子(もたいまさこ)に早乙女真紀(松たか子)の正体について話した。, 逮捕した自動車泥棒が名前を名乗らず、調書が取れないため、1週間ほど自転車泥棒を拘留していたとき、ポイントカードの話しから住民票の話になった。, 戸籍は売っても罪にならず、それを知った自転車泥棒は「じゃー、私、逮捕されないの?」と驚いて、「早乙女真紀」だと名乗り、14年前にヤミ金がらみの業者に戸籍を売った事を明かした。, それが切っ掛けで、業者に操作のメスが入り、早乙女真紀の戸籍を購入した者も明らかとなった。それが、山本彰子(松たか子)だった。, 山本彰子(松たか子)は富山県の出身で、10歳の時に母親を事故で失い、母親の再婚相手である義理の父親に預けられた。, 山本彰子(松たか子)は義理の父親から日常的な暴力を受け、家出を繰り返すものの、連れ戻されていた。そして、平成15年(2003年)12月19日に現金300万円で早乙女真紀の戸籍を購入し、姿を消した。, 山本彰子(松たか子)の母親は演歌歌手で、山本彰子(松たか子)が口ずさんでいた「上り坂、下り坂、ま坂」というのは、母親が出した歌だったのである。, 富山県警の刑事から全てを聞いた巻鏡子(もたいまさこ)は、「父親の暴力から逃げるために戸籍を買ったんですよね?被害者ですよね?」と尋ねると、刑事は「大概の犯罪者は自分を被害者と思うことから始まりますけどね」と答えた。, 一方、別荘では、別府司(松田龍平)がカルテットのメンバーに、実家で別荘を売る話しが出ていることを打ち明けていた。, 早乙女真紀(松たか子)・世吹すずめ(満島ひかり)・家森諭高(高橋一生)は「いいんじゃないですか?別荘を出て安い部屋を借りれば」「僕たちも社会人としてちゃんとしないとね」と言い、別荘売却を受け入れた。, しかし、別府司(松田龍平)は「ちゃんとした結果が僕です」と言い、昔からちゃんと練習してきたが、ちゃんと練習してこなかった仲間が世界中で活躍しているのだと話した。, そして、別府司(松田龍平)は「少し時間をください。別荘は僕が守りますから」と宣言した。, さて、巻鏡子(もたいまさこ)は、拘留中の息子・巻幹生(宮藤官九郎)に接見に行き、刑事から聞いた山本彰子(松たか子)の事を話した。, 息子・巻幹生(宮藤官九郎)は「親の賠償金でバイオリンを習っちゃダメなの?暴力から逃げるために戸籍を買っただけでしょ」と反論すると、巻鏡子(もたいまさこ)は「その義理のお父さんが亡くなられてるの。真紀さん(松たか子)が居なくなったときに心不全で」と教えた。, 一方、レストラン「ノクターン」のアルバイト店員・来杉有朱(吉岡里帆)は、スマホで株価をチェックすると、株価が急落していたので動揺してしまう。, そこで、来杉有朱(吉岡里帆)はハイヒールを折ると、レストラン「ノクターン」のオーナー谷村大二郎(富澤たけし)にハイヒールを治してもらい、色仕掛けで迫った。, しかし、オーナー谷村大二郎(富澤たけし)は「そういうの止めてくれる?僕はママのことを愛してるので」と拒否すると、来杉有朱(吉岡里帆)は「そうですか」と手のひらを返した。, それを見ていた谷村多可美(八木亜希子)は、大喜びして谷村大二郎(富澤たけし)に抱きつくとともに、来杉有朱(吉岡里帆)をクビにした。, さて、富山県警の刑事は、拘留中の巻幹生(宮藤官九郎)に会い、山本彰子(松たか子)の事について話した。, 山本彰子(松たか子)の母親と事故を起こした加害者は12歳の少年で、少年は弟が生まれてくるため、自転車で急いで病院へ向かっている途中に事故を起こしてしまった。, 事故を起こした少年の家族はバラバラになった。山本彰子(松たか子)の家族は、賠償金を請求し続け、12年間で2億円を得た。それでも、加害者と被害者に分ければ、山本彰子(松たか子)は被害者になる。, ただ、山本彰子(松たか子)が受取人になっており、山本彰子(松たか子)が失踪したため、賠償金の支払いは停まったのだという。, それを聞いた巻幹生(宮藤官九郎)は「理由ってそれじゃないですか?被害者なのに加害者のような気持ちになって、義理のお父さんの請求を止めようとして」と指摘した。, そして、巻幹生(宮藤官九郎)が「巻真紀(松たか子)という名前を手に入れ、普通の人になりたかったんだ」と気付くと、刑事は「そしたら、今度は夫が失踪しちゃったと。離婚して振り出しに戻っちゃったと」と告げた。, 山本彰子(松たか子)は義理の父を殺害して失踪したのか、被害者家族への請求を止めるために失踪したのか、警察も真相は掴んでいなかった。, その日の夜、富山県警の刑事は別荘を訪れ、早乙女真紀(松たか子)に任意同行を求め、「明日、迎えに来ます」と告げて帰って行った。, 全てを悟った早乙女真紀(松たか子)は、カルテットのメンバーに「ごめんなさい。私、早乙女真紀じゃないです。嘘を付いてたんです。私、嘘だったんです。本名は別にあります。14年前、戸籍を買いました。戸籍を買って逃げて東京へ行きました。それからずっと早乙女です。偽・早乙女真紀です。さいわい、ばれなくて調子に乗って結婚しました。それからずっと騙してました。皆さんの事も騙しました。見つかったので、明日の演奏が終わったら、警察に行ってきます。本当の私は…私は…私は…」と打ち明けて嗚咽を漏らした。, 世吹すずめ(満島ひかり)は「もう良いよ。私たちの知っている真紀さんは、この真紀さんだから。私は真紀さん(松たか子)が好き。今、信じて欲しいか、信じて欲しくないか、それだけ言って」と告げた。, 早乙女真紀(松たか子)は泣きながら「信じて欲しい」と告げると、世吹すずめ(満島ひかり)は早乙女真紀(松たか子)を抱きしめた。, その日の夜、カルテットのメンバーは、別府司(松田龍平)が借りてきた「スターシップ対ゴースト」という宇宙も幽霊も出てこない謎の映画を観たあと、色々と遊び、何時ものように団欒を楽しんだ。, 翌日、四重奏「カルテット・トーナッツ・ホール」がレストラン「ノクターン」の演奏を終えると、早乙女真紀(松たか子)は「あの日、カラオケボックスであったのは運命だと思う」と言った。, そして、早乙女真紀(松たか子)は楽器を世吹すずめ(満島ひかり)に託すと、世吹すずめ(満島ひかり)は「誕生日いつ?」と尋ねた。, 早乙女真紀(松たか子)が「6月1日」と答えると、世吹すずめ(満島ひかり)は「一緒に待ってるね」と言い、楽器を受け取った。, すると、早乙女真紀(松たか子)は「ちょっとお手洗いに行ってきますね」と言い、1人で楽屋から出て行った。, レストラン「ノクターン」を出た早乙女真紀(松たか子)は、待っていた刑事の車に乗り込むと、「思い出したい歌が沢山あるので」と言い、ラジオを切ってもらった。, こうして、カルテット・ドーナッツ・ホールはバラバラになった。それから1年後に最終回を迎えるのであった。. SPEC結ネタバレあらすじ後編を徹底考察!制作側の意図とエンドロール結末の意味とは? 注目のドラマ『カルテット』9話のあらすじと感想 2017年冬ドラマ『カルテット』の8話が終了しました。 カルテット内の淡い四角関係が垣間見た会でしたね。そして、8話の最後にまさかの展開になり、早乙女まきは本物ではないということはどういうことなのでしょうか。 ドラマカルテットの本記事ではドラマカルテットの真紀(彰子)の秘密がわかる9話のあらすじネタバレ、真紀(彰子)に関する感想を紹介!カルテットは、先の読めないあらすじと真紀の正体の彰子が気になるという感想で人気なドラマです。穏やかでやさしいという感想の多い真紀(彰子)ですが、彰子が真紀になった理由とは?真紀(彰子)の過酷な過去とは?真紀(彰子)の夫が失踪した理由は?真紀(彰子)の真実を知ったすずめの心は?全てが明らかになるという感想と驚きの展開という感想の多い9話のあらすじネタバレ感想を紹介します。, 2017年1月17日からTBS系「火曜ドラマ」枠でスタートしたドラマ「カルテット」は、松たか子をはじめ、満島ひかり、高橋一生、松田龍平など豪華なキャスト陣を迎えたことで話題になった作品です。軽井沢の別荘で共同生活を始める四人。, 30代のリアルを描いたラブストーリーあり、コメディありの「ほろ苦くて甘い、ビターチョコレートのような大人のラブサスペンス」です。優秀なテレビドラマに送られるコンフィデンスアワード・ドラマ賞を受賞した作品です。, 幹夫の母親のところにいきなり刑事がやって、真紀の正体を暴きます。以前、自転車泥棒の女が捕まった時に、「14年前に自分の戸籍を売ってしまった」と告白しました。その戸籍を買ったのが早乙女真紀でした。本当の真紀の正体は山本明子でした。10歳の頃に母親を事故で亡くした不幸な少女でした。母親の再婚相手の男性に育てられましたが毎日DVを受けていました。, そして、事故の加害者から多額の賠償金を請求していたのです。過酷な中で生きてきた真紀。大人になった彼女は父親と縁を切り、新しい人生を歩むために戸籍を買ったのでした。同じ話を刑事が拘置所の幹夫に話します。「戸籍を買って、父と縁を切ることができれば加害者から多額の賠償金を請求せずにすむ。そのために、戸籍を買い、平凡な人生を送るために結婚したのだ」とやっと幹夫は真紀の本当の気持ちがわかったのでした。, 一方、軽井沢の別荘に住むカルテットの四人組は何も知らずに生活を送っていました。別荘の売却問題は別府の力ではどうにもすることができず、カルテットの四人組はバラバラになってしまうことになりました。「それぞれアパートで暮らしながら、カルテットを継続していけばいい」と別府以外の3人は言いますが、別府は納得のいっていない様子。, 家森も腹黒い一面が明らかになってしまった有朱の代わりに、ウェイトレスの仕事を手に入れ、生活が安定しそうです。しかし、別府は「3人を出来るだけ自分の力で甘やかしたい」と言って聞きません。そこに、刑事がやってきました。「山本明子さんですよね。任意同行のお願いに参りました」と言います。すずめは何かの間違いではないかと思わず固まってしまいます。, すずめは以前、「子供の頃、いつもどこかに行ってしまいたいと思っていたすずめは、ウソがない真紀とその頃に出会っていたら、変わっていたかもしれない」と真紀に話していました。超能力少女として育てられたすずめ。, 超能力のトリックがバレてしまってから、周りの大人を信じられなくなってしまいましたが、子供の頃に真紀のような嘘のない人がいれば自分は安心できる場所を見つけることができたのだと話しました。しかし、実際真紀の戸籍や経歴は全て嘘でした。すずめたちを騙していました。真紀はカルテットのメンバーに自分の思いを伝えます。, 「わたし、昔、悪いことしたから、それが今日返ってきたんです。ごめんなさい。わたし、早乙女真紀じゃないんです。ウソをついていたんです。本名は別です。14年前、戸籍買って東京に逃げてきました。さいわい、ずっとばれなくて、調子のって結婚しました。ずーっとだましていました。わたし、ウソだったんですよ。明日演奏終わったら警察行ってきます。もうおしまいです。お世話になりましたね。本当の私は、私は・・・」, それに対して、すずめは「真紀さんが昔何者だったとかどうでもいい」と泣きながら真紀に伝えます。そして、真紀さんのことを真実が知っても好きであること、それを信じてほしいということも話しました。, 警察に捕まるまでまだ猶予があります。その晩はカルテットの四人で映画を見ました。明日の演奏会が終わった後、真紀のところに警察がやってきて連れて行かれます。それでもカルテットのメンバーは真紀を待っていると約束しました。別府は好きだった真紀に、春になると別荘にリスがやってくることを教えます。「一緒に見ましょうね」と約束しました。演奏会が終わって、真紀が警察に連れて行かれます。, 真紀はパトカーに乗ると「ラジオ、切ってもらっていいですか。頭の中に思い出したい音楽がたくさんあるんです」と警察に伝えます。真紀の頭の中にはカルテットで演奏した曲とたくさんの思い出がありました。残った3人は別荘で、黙ったまま夜ご飯を食べます。, カルテットドーナツホールのメンバー。ヴァイオリン奏者。三年前に幹夫と結婚しますが、幹夫は一年前に失踪したため、プロのヴァイオリン奏者として活躍していました。巻 真紀こと 早乙女 真紀を演じるのは、松たか子さん。5年ぶりのドラマ主演となります。, ヴィオラ奏者。別れた妻と子供がいます。軽井沢の別荘で過ごしている期間は無職でしたが、美容院に勤めていた経験やVシネ男優として働いていたこともあります。家森 諭高を演じるのは高橋一生さん。主な出演作は『空飛ぶタイヤ』『嘘を愛する女』です。, ヴァイオリン奏者。音楽家として世界的に有名な別府ファミリーに生まれるが、本人はプロの音楽家にならず会社で働いています。真紀に一目惚れして、その後ストーカーになります。別府司を演じるのは松田龍平さん。主な代表作は、『まほろ駅前多田便利軒』『散歩する侵略者』などです。, チェロ奏者。密かに幹夫の母のスパイとして、真紀のことを探っています。超能力少女として、小さな頃有名になりましたが、超能力のトリックがバレてしまいます。大人になっても、元超能力少女であることがバレ、いじめられてしまいます。演じた役者さんは満島ひかりさん。出演作品には『愛のむきだし』『Woman』などがあります。, 本当の恋人が欲しいと思い、真紀と結婚する会社員の男性。映画や音楽などのカルチャーが好きで、平凡な暮らしを求める真紀と価値観のギャップを感じます。幹生を演じるのは宮藤官九郎。劇作家としても有名です。, ラテン語直訳すると「こんにち、マリア」「おめでとう、マリア」を意味するタイトルです。歌詞は聖母マリアへの祈祷をするというものです。教会音楽というよりは、私的な信心業のために使われている音楽です。幹夫の母親からスパイを頼まれているすずめ。密通している二人が会うのはいつも教会でした。, 一方で、罪を告白した真紀に対してすずめは「私が真紀のことを好きだということを信じてほしい」と言います。「アヴェ・マリア」は「仲間同士の私的な信心をあらわしているのではないかという感想もありました。, 真紀の母親は真紀が小さい頃に、事故で亡くなってしまいます。その母親は実は演歌歌手でした。「上り坂 下り坂 ま坂」は演歌歌手の母親が歌った曲です。上り坂 下り坂 ま坂」は脚本を担当した坂元裕二が作詞しています。真紀の母親がこの歌を歌うシーンがあるので、9話は要チェックです。, カルテット一話は、カルテットの四人が出合うところから始まります。ヴァイオリニストの巻真紀はカラオケボックスで、練習している弦楽奏者の三人に出会います。カルテットは四重奏でなければ演奏ができません。カラオケボックスで練習していた三人(チェリストの世吹すずめ、ヴィオリストの家森諭高、ヴァイオリニストの別府司)は巻のことを知っていました。, 巻真紀の夫は一年前に失踪していました。夫の母親である巻鏡子は、巻真紀が夫を殺害したのではないか?と疑っています。巻鏡子から「真紀が夫に何かしたという証拠を見つけるために、真紀と友達になってくれ」とすずめは頼まれます。そして、事情を知らない男二人と一緒に、偶然を装って真紀と接触したのでした。こうして結成されたカルテットは軽井沢のレストランで演奏をして生計を立てながら、共同生活を始めます。, 四人が生活を始めたのは、おなじ軽井沢にある別荘。実家が金持ちの別府司の祖父が所有する別荘でした。共同生活を始める四人。真紀はだんだん、偶然カラオケで出会い結成されたカルテットではないことに気が付いていました。真紀に一目ぼれしていた別府は、真紀がカラオケ店で演奏の練習をしていることを知っていました。ストーカーのようにカラオケボックスで待ち、真紀と接触するチャンスをうかがっていたのです。, また家森、すずめの秘密もわかってきました。家森には離婚した妻とその子供がいることがわかってきます。元のさやにおさまり暮らすことも家森は考えましたが、カルテットのメンバーと共同生活を続けることに決めました。また、すずめは小さいころ、「超能力少女」として有名な少女でした。, 超能力が使えるわけではなく、スプーン一つ曲げるのにもトリックがありました。そのトリックがばれてしまったすずめ。日本中からバッシングを浴び、人を信じられなくなった過去があるのでした。三人の人生がドラマの中で明らかになっていく中、平凡な人生を送っていると思われた真紀。しかし、真紀にも人には言えない秘密がありました。, 真紀には失踪した夫がいました。夫の名前は幹夫。幹夫の行方は分かっておらず、共同生活を始めたカルテットのメンバーでしたが、真紀は夫のことを一言もメンバーに話していません。真紀の何事もなかったように過ごす姿を不審に思った幹夫の母親(巻鏡子)。すずめを使って真紀と幹夫の間で起こった本当のことをさぐります。, カルテット5話のラストでは、すずめと幹夫が偶然町でぶつかります。ぼろぼろの身なりの男性がカルテットのチラシを持っていたこと、苗字が真紀と同じ「巻」であったことから、この男性は真紀の夫であることを確信します。幹夫の身なりは、汚いだけではなく、不審な点がいくつかありました。, 左手に血がにじんだ包帯を巻いていること、足元にカラーボールの蛍光塗料が付いていること。すずめは幹夫が犯罪に巻き込まれたのではないかと疑います。警察を呼ぼうとするすずめを、強引に引き留めた幹夫。幹夫はどうして家を出て行ったのか話し始めます。, 幹夫は本当の恋人が欲しいと思って真紀と結婚しました。しかし、結婚生活をはじめると音楽や映画、カルチャーにとても詳しい幹夫は、真紀と全く趣味の合わないことに気がつきました。ヴァイオリン奏者の真紀は美意識も高く芸術のことをよく知っているだろうと思っていた幹夫。真紀は家庭に落ち着くと、ヴァイオリン奏者をやめてしまい、幹夫の趣味にも無関心です。, 幹夫は結婚で本当に心が通じ合える恋人が欲しいと思っていましたが、真紀は結婚で家族が欲しかったのです。真紀は幹夫に受けてもらえなかったために、片思いの恋人になってしまいました。真紀に悲しい思いをさせたくない幹夫は、一人で家を出て行ってしまったのでした。幹夫はその後、真紀と再会し一緒に離婚届提出します。そして幹夫は警察に出頭し、自首します。真紀と幹夫の関係が解消された後、再び四人の共同生活は続きます。, すずめは別府のことが好きでした。すずめは別府に人目を盗んでキスをしましたが、その後の進展はありません。別府は真紀に一目惚れをしています。そのため、すずめのキスに返事ができなかったのです。別府のことが好きなすずめ。, しかし、親友の真紀のことも大切に思っています。これまでの関係を壊したくない、ならば別府と真紀が一緒になればみんな幸せなのではないかとすずめは思います。試行錯誤して別府と真紀をくっつけようとするすずめ。しかし、なかなかうまくいきません。それぞれが片思いのまま、物語は最終章に向かっていきます。, 軽井沢にある別府の祖父が持っている別荘で静かに共同生活をしている四人。しかし、別府の弟によって別荘の売却の話が進んでいきます。別府は他の3人に別荘売却の話をせずに、別荘を守ろうとします。しかし、別荘は別府が所有しているわけではないので不動産によって別荘売却の話は進んでいきます。そのことが他の3人にはバレてしまいました。カルテットの四人は別々になってしまうのでしょうか?, 幹夫の母親である鏡子のところに、或る日突然刑事がやってきました。そして、真紀の身の上を調査していると言った後に、「真紀は早乙女真紀ではない」というのです。幹夫と結婚する前の真紀の苗字は早乙女。平凡な人生を送ってきたかのように見えたという感想もある真紀。その正体は一体何なのでしょうか?, 笑顔の女性陣と真顔の男性陣カルテットの9話で、まきさんが警察行く前の「ちょっとお手洗い行ってきますね」の時も、頑張って笑顔でいたすずめちゃんと、ど真顔な家森さん&別府さんがなんかツボなんだよね。・#松たか子#満島ひかり#高橋一生#松田龍平 pic.twitter.com/mYYlGrH3y9, 真紀は他のカルテットが、真紀が戻ってくるまで待ってるという言葉に呼応するように、「ちょっとお手洗い行ってきますね」(少し待ったら戻ってきますね)というように言ってから、警察に連れていかれました。真紀の告白の時、悲しんでなくすずめに対して、彼女たちを見守る男二人はじっと黙っているだけでした。カルテットのメンバーはいい意味で居心地の良い温度差のある、という意見もありました。, 最終回も松たか子の演技が凄かった。山本彰子でもなく、今までの巻真紀でも早乙女真紀でもないけどまぎれもなくマキさんだった。でも「秘密ね」と言った時の顔は知らない顔だった。これは坂元さんや演出の指示があったのだろうか?指示があってもここまで演じられる女優は他にいない。 #カルテット, やさしく、穏やかな真紀。しかし、過酷で苦労の多い人生を送る真紀を演じたのは松たか子さんです。普段は穏やかですが、戸籍を買うという罪を犯してしまい、警察に連れて行かれる重要な役を演じた松たか子さんの演技力を評価する感想もありました。, カルテットの9話のあらすじネタバレまとめいかがだったでしょうか。真紀の正体、真実が明らかになり、警察に連れて行かれてしまったカルテット9話。別荘もなくなりバラバラになってしまった四人は、今後どうなってしまうのでしょうか?他の記事も合わせてご覧ください。, カルテット9話のあらすじと感想ネタバレ!悲惨な真紀の少女時代とは?のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, https://40exchange.com/quartet9-12782#i-2.