編集. 1981年生まれ。服部栄養専門学校卒。料理人として活動する傍ら、2005年、『さよならアメリカ』で群像新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。ほかの作品に『月とアルマジロ』(講談社)、『大人ドロップ』(小学館)、『星空の下のひなた。』(光文社)、『ヒマワリのキス』(徳間書店)、『アクアノートとクラゲの涙』(メディアファクトリー)がある。, 1日でも長く生きたい――。きっと多くの人が望むことだろう。では、実際に長生きをした人たちは何を食べてきたのか。それを知ることは、私たちが長く健康に生きるためのヒントになるはずだ。この連載では、歴史に名を残す長寿の人々の食事を紹介。「長寿の食卓」から、長寿の秘訣を探る。, 菜食主義者には健康なイメージがある。ホントのところ、そうした主義の人のほうが長生きできるのだろうか。この疑問に答えるのはなかなかに難しい。, 一般的に先進国の菜食主義者は体形もすっきりして、心臓発作に見舞われる率も少ない、とされている。ところがそうした人たちは総じて健康的な生活を送る傾向にあり、普通以上に運動もするので、一概に食事による影響と言い切ることができないのである。, 菜食主義者として有名な人物に、マハトマ・ガンジーがいる。本名はモーハンダース・カラムチャンド・ガンジー。マハートマーとは「偉大なる魂」という意味で、ノーベル文学賞も受賞したインドの詩人タゴールから贈られた尊称である。, 非暴力を掲げインド独立の精神的な指導者となった彼は1948年、宗教的対立を収めようと断食により訴えっていたところを、ヒンズー教の原理主義者によって暗殺される。没年は78歳。天寿を全うしたとはいえないかもしれないが、濃密な人生を過ごした思想家としては長命といっていい。, ガンジーは「食事は必要最低限であるべき」と考え、簡素な生活を求めた。彼自身の筆による『ガンジー自伝』の前半は肉食をめぐる葛藤に多くのページが割かれている。若い頃、実験と称して肉を食べたが(その夜はお腹のなかで山羊がメェ~メェ~と鳴いたらしい)、結局母親に隠し事をしている罪悪感に耐え切れず、以後肉食をすることはなかったこと。また、英国に渡った彼の心配事が食事であり、また、かの地での料理が口に合わなかったことなどが綴られている。食は彼にとって人生の大問題だったのだ。, 発達障害の僕が発見した「全身ユニクロでも感じがいい人」と「服で損している人」の決定的な差, ヤマト運輸が圧勝!佐川は堅調、日本通運とサカイ引越しセンターは微減/陸運・物流4社【9月度・業界天気図】. ハンガー・ストライキ(英語: Hunger strike )とは、マハトマ・ガンディーにより始められた非暴力 抵抗運動の方法の一つである。 何らかの主張を世間に広く訴えるために、断食を行うストライキの一種。 「飢餓(ハンガー)によるストライキ」という意味である。 Author:たがしゅう ‚éB, ƒAƒƒŠƒJ‚ŁA’†‘lˆÚ–¯‹ÖŽ~–@‚ª”pŽ~‚³‚ê‚éB, ƒAƒCƒ[ƒ“ƒnƒ[‚ªA˜A‡ŒRÅ‚Ži—ߊ¯‚É”C–½‚³‚ê‚éB, ’¥•º“K—î—ÕŽž“Á—ႪŒö•zŽ{s‚³‚êA’¥•º‚Ì“K— 1947年8月にパキスタンが分離独立した頃のインドは、ヒンズー教とイスラム教の対立をめぐる宗教的な暴動の嵐が全土に吹き荒れていた。, ガンジーは断食を繰り返すなどして、身を挺して非暴力を訴えていったが、ヒンズー教原理主義者からは、イスラム教徒(ムスリム)に対して甘すぎる姿勢が非難され、ついには敵対視されるまでになっていた。, 1947年10月21日、カシミール地方の帰属をめぐってパキスタン(イスラム教徒)が軍事侵攻を開始。いわゆる「第一次印パ戦争」が勃発した。, だがガンジーはそれでもなお、パキスタンに対して譲歩する姿勢を続けたことから、ついにヒンズー教原理主義者らの怒りは最悪の形で爆発してしまった。, 印パ戦争中の1948年1月30日、ニューデリーのビルラー邸で開かれた集会で、演台に向かっていたガンジーは、狂信的なヒンズー原理主義者によって3発の銃弾を撃ち込まれた。, 銃弾を受け、薄れゆく意識の中で、ガンジーは自らの額に手を当てた。これはイスラム教で「あなたを許す」を意味するジェスチャーである。そしてガンジーは「おお、神よ」とつぶやくと、78年の人生の幕を閉じた。, ガンジーの死を弔う国葬が行われ、200万人以上の人々が8キロにも及ぶ葬儀の列を作った。遺灰はヤムナー川とガンジス川、そして南アフリカの海に撒かれたという。, 「私の信念によると、もし、臆病と暴力のうちどちらかを選ばなければならないとすれば、私はむしろ暴力をすすめるだろう。, インドが意気地なしで、辱めに甘んじて、その名誉ある伝統を捨てるよりも、私はインドが武器をとってでも自分の名誉を守ることを望んでいる。, しかし、私は非暴力は暴力よりもすぐれており、許しは罰よりも、さらに雄々しい勇気と力がいることを知っている。しかし、許しは全てに勝るとはいえ、罰を差し控え、許しを与えることは、罰する力がある人だけに許されたことではないだろうか。」. URL  ガンジー自身の断食行動; が抵抗やアピール手段として使われていました。 武器を持たない状態でも、軍隊などの権力は抵抗者に暴力や銃剣で襲いかかるのです。 簡単に「不服従」といっても、この恐怖に耐えられる人は稀なはずです。 ガンジーの暗殺とインド独立. Copyright © たがしゅうブログ All Rights Reserved. ガンジーは断食を繰り返すなどして、身を挺して非暴力を訴えていったが、ヒンズー教原理主義者からは、イスラム教徒(ムスリム)に対して甘すぎる姿勢が非難され、ついには敵対視されるまでになって … URL  ハンガー・ストライキ(英語: Hunger strike)とは、マハトマ・ガンディーにより始められた非暴力抵抗運動の方法の一つである。何らかの主張を世間に広く訴えるために、断食を行うストライキの一種。「飢餓(ハンガー)によるストライキ」という意味である。略して「ハンスト」ともいう。, 公共の場(受刑者の場合は刑務所内)に座り込み、断食することで、相手が要求を受け入れなければ餓死に至るという状況に追い込むことで注目を集め、自分の主義・主張を通そうとしたり、それを世に広めたりするのが目的である。完全に飲食を絶つのではなく水だけ、あるいは塩と水だけを摂ったりする場合もある。また流動食だけという限定的な断食(減食)もある。, ハンガー・ストライキは、命を賭けた抗議の示威行為である。投獄された同胞の待遇改善を求め、ハンガー・ストライキを始め、マスメディアに時々刻々と様態を報道された北アイルランド独立運動の闘士は、死に至るまでストライキを止めなかった[1]。その後、同国では各地で暴動が起こった。このように死を賭したハンガー・ストライキは強い社会的影響力を及ぼすことがある。, 日本でも、入国管理センターの入国者収容所で、収容の長期化や虐待への抗議のため、被収容者たちによるハンガー・ストライキが繰り返し行われている[2][3][4][5]。, また日本人も、各種の団体や個人が行っている。特に世間の注目を集めた例としては、1992年9月、検察庁が金丸信と東京佐川急便との癒着疑惑(東京佐川急便事件)を政治資金規正法違反のみの略式起訴による罰金で幕引きを図ったことに、青島幸男が抗議して実施したものが挙げられる。青島のハンガー・ストライキは、30時間以上が経過したところで脱水症状に陥ったために緊急入院せざるを得なくなり、中断を余儀なくされた。しかし、青島が呼びかけた「検察庁に抗議のハガキを送ろう」という運動には、多くの賛同者が現れた。後に検察庁は金丸に対して強制捜査に踏み切り、金丸は脱税で逮捕・起訴された。, 「晋書」には、司馬懿の妻、張春華が病に倒れた夫を見舞いに来るも門前払いされた事に怒って息子の司馬師や司馬昭と共に断食を行って抗議したと記されており、おそらく記録に残る世界最古のハンガーストライキと思われる[誰によって? やはり断食と言うと ガンジーなどが何十日も水も何も飲まず、何も食べずに 断食をし、ヨレヨレになりながら断食期間を過ごした というような話は有名ですもんね。 他にもお寺のお坊さんが 滝に打たれながら断食をしているイメージもありますからね。 マハトマ・ガンジーはインド独立運動の父として知られる人物です。非暴力・不服従の思想を基にした運動を展開してインドを独立へと導きました。インドが植民地としてイギリス帝国の支配下にあった時、一人の男性が独立のための運動を起こしました。 菜食主義者として有名な人物に、マハトマ・ガンジーがいる。本名はモーハンダース・カラムチャンド・ガンジー。マハートマーとは「偉大なる� ガンジー『ガンジー自伝』関忠志訳、松村三冬絵、実業之日本社〈少年少女世界の本 27〉、1959年。 ガンジー『ガンジー』上笙一郎訳編、松井行正絵、小峰書店〈世界偉人自伝全集 5〉、1966年。 マハトマ・ガンジーはインド独立運動の父として知られる人物です。非暴力・不服従の思想を基にした運動を展開してインドを独立へと導きました。インドが植民地としてイギリス帝国の支配下にあった時、一人の男性が独立のための運動を起こしました。 ]。なお、この事態に驚いた司馬懿は、妻に平謝りしたとも記されている。, ロシア帝国の刑務所では、ゴロドーフカ(Голодовка)というハンガーストライキがよく行われており、それはソ連時代も続いていた[7]。, http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201804/CK2018041702000255.html, https://www.asahi.com/articles/ASLCV4GNNLCVUQIP02H.html, https://jp.reuters.com/article/ushiku-omura-idJPKCN1TR0YR, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52398770Q9A121C1FF1000/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ハンガー・ストライキ&oldid=80115014. 1”N‰º‚°‚ç‚ê‚Ä19 Î‚Æ‚È‚éB. イギリス当局に投獄されたインドのガンジーが無条件釈放を要求して 3週間の断食を始める。 1943/02/18. 本名:田頭秀悟(たがしら しゅうご)オンライン診療医です。漢方好きでもともとは脳神経内科が専門です。今は何でも診る医者として活動しています。糖質制限で10か月で30㎏の減量に成功しました。糖質制限を通じて世界の見え方が変わりました。今「自分で考える力」が強く求められています。私にできることを少しずつでも進めていきたいと思います。※当ブログ内で紹介する症例は事実を元にしたフィクションです。, ガンディーからの“問い”―君は「欲望」を捨てられるか 単行本 – 2009/11 中島 岳志 (著) この本によれば、ガンディーが政治的行動として行なった事として、まず「塩の行進」と呼ばれる活動があります。これは当時イギリス植民地政府が行っていた塩の専売に対し、「海に行って自分たちで塩を作ろう」と呼びかけるガンディーとその支持者達がグジャラート州アフマダーバードから同州南部ダーンディー海岸までの約380kmを行進した抗議行動のことです。最初は少なかった参加人数もひたむきにただ歩き続けるガンディーの姿に人々は心を打たれ、最終的には数十万人の人々が参加した一大ムーブメントとなり、インド独立への大きな突破口となったのです。そしてもう一つ、ガンディーが行った政治的行動として、彼が断食を繰り返していたという事が書かれていました。, (以下、p30-31より引用)「塩の行進」と並ぶ、ガンディーの政治行動は、「断食」です。ガンディーは独立までの過程で何度も断食しました。不当な法令が出されると、撤回されるまで食を断ち、民衆が自分の諌めを聞かずに争いを起こすと、食を断ちました。生涯にいったい何度も断食をしたのかというほどです。最初の政治的な断食は1918年で、アーメダバードの工場労働者が過酷な状況に対してストライキを起こした際に行われました。彼はストを断行する労働者に断食を呼びかけ、静かに祈り続けました。断食は労使間の交渉に大きな力を発揮し、以降、ガンディー独特の政治手法として定着していきます。ガンディーの断食は、とくに1930年代に「アウトカースト(不可触民)」の問題が起こったとき、また、1947年の独立前後にヒンドゥーとムスリムの紛争が激化したときのものなどが有名です。ガンディーは「人々が戦いをやめるまで断食する。死んでも構わない」などと言って、一切の食べ物を口にするのをやめました。断食の期間は10日以上に及び、かなり危険な試みとなりましたが、たいへんな威力を発揮して、紛争をやめさせることに成功しました。断食という方法がなぜ人々の心に届くかと言えば、やはり、「どんどん痩せ細っていくガンディー」という、リアルに目に見える姿にあります。民衆の多くは貧しくて飢えています。「自分たちは不当な目にあっている、ひどい目にあっている」と思うから争うのです。そのときに、でっぷりと肥った金満的な指導者や、いい身なりをしたエリート政治家が、「やめなさい」とか、「条件をよくしてあげる」とかいった調子のいいことを言っても効きません。これに対して、「自分も飢餓に耐えながら祈っている行者」の姿には説得力があります。「死んでも構わない」と決死の覚悟で願っていることがありありと感じられるから、民衆を動かすのです。(引用、ここまで), 2017-02-28 14:52  たがしゅう:「本当によい治療なら保険医療で認められているはず」の誤解 (10/20), axby:「本当によい治療なら保険医療で認められているはず」の誤解 (10/20), たがしゅう:「本当によい治療なら保険医療で認められているはず」の誤解 (10/17), たがしゅう:「認識」:小川仁志先生のオンライン哲学カフェ参加の御報告 (10/16). たがしゅう  ガンジーと協働者、労働者は第一日目いっしょに断食しようとしたが、ガンジーは彼らに断食を続けるのを思いとどまらせた。 ついに工場主たちは解決方法を探し出し、断食3日目に仲裁を受け入れ、友好的な雰囲気のなかで21日間のストライキののちに解決されたのであった。 ガンジーの名言には「弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ」、「満足は努力の中にあって、結果にあるものではない」などがあります。 「インド独立の父」と称されるマハトマ・ガンジー(1869~1948)の名言をご紹介します。 おそらく「ガンジー」といった方が通りがいいこの偉人の名は、 正式な発音からすれば「ガンディー」の方が近いのだそうです。 二十世紀前半、非暴力・不服従の精神でイギリスの支配制度からインドを独立へと導いた事で知られていますが、 番組から学ぶ所によれば、ガンディーは優れた宗 インド独立運動の中でガンジーは、このようなデモ行進の他、命がけの断食を何度も挙行しています。 遂にイギリスから独立を勝ち取ったのは、1947年の第二次大戦後のことで … 編集, 2017-02-28 18:16  mmm  やはり断食と言うと ガンジーなどが何十日も水も何も飲まず、何も食べずに 断食をし、ヨレヨレになりながら断食期間を過ごした というような話は有名ですもんね。 他にもお寺のお坊さんが 滝に打たれながら断食をしているイメージもありますからね。 ガンディーは独立を果たすには手段は選ばず、多少血が流れてもしょうがないといった考えには与せず、一貫して平和的な独立を目指しました。ガンディーが非暴力での独立運動の純粋性を守ろうとした理由は、「独立後も非暴力で平和的な国家を築いていくため」です。 “ 祈りだけではこの紛争を止めることができない。何かをしなければ “と感じたガンジーは、イスラム教とヒンズー教の融和のために18回目の断食を決行。 「 全ての人々の気持ちが繋がり、私が満足するまで断食は続くだろう 」と、ガンジーは語っています。 この断食は、暗殺される前日まで行われまし … ヒトラー批判運動の中心だったショル兄弟がミュンヘン大学本館の吹き抜けホールで通信をまいたところを見つかり逮捕される。