とくにリンク先も無く 体にいいチョコレートの中で、あなたのお好みに合わせておすすめのチョコレートをご紹介します。, 「難しいことはわからない。とにかく血糖値が上がらないチョコが欲しい!」 じつは、人間は砂糖以外にもいろいろなものを『甘い』と感じます。, ガムによく入っている『キシリトール』や、最近『希少糖』として有名な『エリスリトール』は、砂糖ではありませんが甘い味がします。 とにかくコスパよく、カロリーも抑えたい方はこちらをどうぞ。, 難しいことはわからない。 Firefoxでブログの編集をしていますが、Google Chromeで試してみても 糖質制限ダイエット中、甘いチョコレートがNGということは言うまでもありません。ただ、これまで毎日のようにチョコレートを食べていたという人は、我慢するのがしんどいと感じることもあるでしょう。疲れたときやちょっと一息入れたいときなどに、チョコレートに手を伸ばしたくなることもあるはずです。, 確かに甘いチョコレートを食べると、心も体も癒されたような気分になるものですよね。でも、やはり糖質制限ダイエットにおいて、チョコレートはタブーとされる食べ物ですから、もし食べるときも注意が必要になってきます。, そこで本ページではチョコレートの糖質量や、糖質制限中にチョコレートを食べるときの注意点などをご紹介したいと思います。これを知っているだけで、これからはチョコレートと上手にお付き合いできるようになるはず!チョコ好きの人必見の情報ばかりですから、ぜひ一度ご覧いただければと思います。, ※以下は糖質量やカロリーの目安として参考にしてください。実際の商品と数字が異なる場合もございます。ご了承ください。, 数えきれないほどのチョコレート商品が販売されていますが、どんな商品がどれくらの糖質量なのかをご紹介したいと思います。ほとんどの商品が炭水化物量のみの表示になっていますので、以下の炭水化物量を糖質の目安にしてみてください(一部糖質量で表示しています)。, 1箱単位で食べてしまうと、ほとんどの商品はかなりの糖質摂取量になってしまいます。例えばスタンダード糖質制限をしている人は、1食の糖質摂取量は40g以下に抑えることになりますが、上記商品の中にも炭水化物量が40g近い商品が多く、中には炭水化物40g超えの商品もありあますよね。, 基本的にチョコレートは食事としてではなく間食として食べるものですから、たくさん食べてしまうと1日の目標糖質摂取量を大幅に上回ってしまう可能性があるのです。, ▼ おすすめの関連記事 1日の糖質は20g以下に?それとも100g以下?糖質摂取量の目安, いろいろなチョコレートがありますが、それぞれの糖質量はどれくらい異なるか調べてみました。ちなみにチョコレートの原材料の“カカオマス”とは、カカオ豆に発酵・乾燥・焙煎などの加工を施し固化したものを言います。, 一般的なミルクチョコレートの糖質量は100gあたり51.9g程度。各社の板チョコ1枚はだいたい50gですから1枚あたりの糖質量は25.95gということになりますね。, ミルクチョコレートは、脱脂粉乳や全脂粉乳、クリーム粉乳などの乳製品を加えて作ったチョコレートのことで、クリーミーで濃厚な甘さのある代表的なチョコレートのことです。, 【ミルクチョコレートの原材料】 砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオマス、脱脂粉乳、生クリーム、ココアバター、植物油脂、乳化剤、香料など, 厳密には乳製品を配合していないカカオマスが40%以上のチョコレートをビターチョコレートと言いますが、市販されている商品の中には、ミルクが少量含まれたものもビターチョコレートとして扱っているものがあります。ダークチョコレートやブラックチョコレートといった名前を用いている場合もありますが、ミルクチョコレートより苦味があるので、苦手という人もいるかもしれませんね。, 何となくビターチョコレートの方がヘルシーなイメージを持たれがちですが、商品ごとに多少の違いはあれど、ミルクチョコレートと糖質もカロリーもほとんど違いがありません。むしろ、カカオの苦味を抑えるために砂糖を多めに使用している商品もあり、そういったものだと糖質量が多くなってしまうこともあるのです。, ただし、カカオ含有量が70%以上のハイカカオチョコレートの中でも、カカオ含有量が90%といった商品は、砂糖の使用量をかなり抑えたものが多いので、味が嫌いでなければそういった商品を選んでみてください。ただし、購入する際は栄養成分表示をしっかりとチェックするようにしてくださいね。, 【ビターチョコレートの原材料】 砂糖、カカオマス、植物油脂、ココアバター、バターオイル、乳化剤(大豆由来)、香料など, 真っ白でとてもまろやかな味わいのホワイトチョコレート。ホワイトチョコレートは砂糖、ココアバター、乳固形分を使って作られたお菓子で、カカオマスが使用されていません。カカオマスの苦み成分が含まれていないので、甘さが強く感じられるという特徴があります。, 商品によって糖質量は多少違ってきますが、いずれにしても糖質はミルクチョコレートやビターチョコレートとほとんど変わらない量になります。, 【ホワイトチョコレートの原材料】 砂糖、全粉乳、ココアバター、脱脂粉乳、植物油脂、乳化剤(大豆由来)、香料など, チョコレートの糖質が高い理由は砂糖の量です。市販されている板チョコを見てみると、原材料名の先頭に砂糖が記載されていることがほとんどなのです。原材料は多く使用している材料から記載するというルールがありますから、砂糖が先頭に記載されているということはそれだけ砂糖がたくさん使用されていると考えられます。, その証拠に、原材料名の先頭にカカオマスが記載されているハイカカオチョコレートの糖質量は、そこまで高くないことがわかります。ただしハイカカオチョコレートの全てが低糖質というわけでもありませんから、購入する際はしっかりと栄養成分表示を確認して、間違いの内容にしてくださいね。, チョコレート菓子としてだけでなく、さまざまな商品にチョコレートが使用されます。その中でもチョコレートがよく使われる食べ物の糖質量を見ていきたいと思います。, チョコレートを使ったパンはたくさんありますよね?中にチョコレートが入っているパンもあれば、練り込まれているパンもありますし、チョコレートがコーティングされているパンもあります。, チョコレートを使用したパンの糖質量は、例えばパンオショコラが1個あたり糖質11g、チョコレートが入っているチョコレートパンが1個あたり糖質32.2g、チョココロネが1個あたり糖質40gほどとなっています。一見パンオショコラは糖質が低いように感じますが、パンオショコラの小さいサイズのもので11gの糖質量なので、大きいものになると35g程度の糖質量になってきます。, 小麦粉が原料のパンはそれだけでも高糖質ですから、さらに糖質が高いチョコレートがセットになってしまうと、糖質量もかなり高くなってしまいます。ただ、ありがたいことにスーパーやコンビニで売られているパンには基本的に栄養成分表示がついているので、機会があれば糖質量や炭水化物量がどれくらいかチェックしてみることをおすすめします。, チョコレートを使用したケーキもたくさんありますよね。ケーキもパンと同じ原理でスポンジ生地は小麦粉ですから、高糖質食材+高糖質食材の組み合わせになってしまいます。さらにケーキの場合、スポンジ生地にも大量の砂糖やはちみつが使用されれているので、糖質量もかなり多くなってしまいます。, またケーキは食事としてではなく間食として食べるものなので、普段の食事+αの糖質摂取になってしまいます。チョコロールケーキ100gあたり糖質25.8g、ガトーショコラ1切あたり糖質28.4g、ザッハトルテ1切あたり糖質67.5gと、これだけみてもかなりの糖質量ですから、食べるときは前後の食事を調整するなどの対策が必要になってくるでしょう。, チョコレートを使用したドリンクと言えば、一番に思いつくのが牛乳にチョコレートを加えたチョコレートドリンクではないでしょうか?, 例えば、150mlの普通牛乳を温めたものに板チョコを1/2枚ほど溶かしたチョコレートドリンクを作るとします。, 〈牛乳150ml:糖質7.2g〉+〈ミルクチョコレート1/2枚:糖質13g〉=糖質20.2g, この分量で作ったチョコレートドリンクだと、1杯で糖質20.2gを摂取してしまうことになります。朝食にこのチョコレートドリンクを飲んでトースト1枚を食べてしまったら、あっという間に糖質の摂取量は50g近くなってしまいますから、糖質制限中にチョコレートドリンクを飲むのはなかなか難しいのではないでしょうか。, チョコレートドリンクに似たココアについても、商品にもよりますが1杯で糖質10gほどになるので、できれば避けておきましょう。, 熟練の糖質制限ダイエッターならもう知っていると思いますが、巷では低糖質なチョコレートが市販されています。低糖質チョコレートは甘味が少ないというわけではなく、砂糖の代わりに身体に吸収されにくい甘味料を使用することでしっかりと甘いのに低糖質に仕上がっているものがほとんどです。, さらにネット通販や専門店などでは、低糖質チョコレートだけでなく、低糖質なチョコレートパンやチョコレートケーキなども購入することができるので、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。, ▼ おすすめの関連記事 低糖質スイーツ!アイス!お菓子が大集合!コンビニ&スーパーに急げ, ▼ おすすめの関連記事 糖質制限食品の通販ショップ厳選36店!低糖質パン・ケーキなどが買える, 最近は、自分で低糖質チョコレートを作っている人もたくさんいるようです。チョコレートの原材料の中で糖質が高いのは砂糖ですから、砂糖をエリスリトール(ラカントSなど)といった吸収されにくい甘味料に替えるだけでOKです。カカオマスやカカオバターは専門店やネット通販で購入できますので、興味がある人はぜひ一度試してみてくださいね。, ①生クリーム(15ml)にエリスリトール(大さじ3~4※お好みで)を溶かす ②生クリームを湯煎にかけ、さらにカカオバター(50g)を加えて溶かす ③カカオバターがきれいに溶けたらカカオマス(50g)を加えて溶かす ④湯煎で40℃位をキープししっかり混ぜ合わせたら型に流し込んで冷やす, カカオマスが多くなればその分苦味が出てきますし、生クリームの量を多くすれば苦味もまろやかになります。エリスリトール(甘味料)の量などを調整しながら自分好みの味を目指してみてはいかがでしょうか?くるみやアーモンドなど低糖質な食材を入れたりしても良いですね。, 最近は男女ともに糖質制限ダイエットを行う人が増えてきているため、バレンタインデーの際も低糖質なチョコレートやチョコレート菓子、チョコレートケーキなどが大人気でした。確かに大好きな人やお世話になった人にプレゼントしたくても、相手が糖質制限をしているとわかって糖質の高いチョコレートを渡すというのも心苦しいことでしょう。とはいえ、やっぱりバレンタインデーといえばチョコレートですから、低糖質なチョコレートをチョイスするのは良いですね。相手からも、きっと喜ばれるのではないでしょうか。, ▼ おすすめの関連記事 低糖質バレンタインチョコが人気!糖質制限中の彼も喜ぶアイディア集, チョコレートはカロリーが高いことでも知られている食材ですよね。糖質制限ダイエットにおいてカロリーはあまり気にする必要はないという意見もありますが、ダイエッターならやっぱりカロリーも気になるはず。そこでチョコレートのカロリーがどれくらなのか調べてみたいと思います。, お菓子の中でチョコレートのカロリーは1番高いと言われています。また、全ての食品の中でもチョコレートのカロリーはかなり高い位置にあります。チョコレートよりカロリーが高いものは100%脂肪分といったものばかり、なんと脂肪が多い牛ばら肉よりもチョコレートのカロリーは高いのです。, 糖質も高くカロリーも高いチョコレートですが、糖質制限中に食べたくなったときは、ぜひ以下のポイントを守って賢く食べていただきたいと思います。, 糖質量をチェックするのは糖質制限ダイエッターにとって基本ルールのようなもの。卵や肉などであれば産地が違っても糖質の差はそれほどないと思います。しかし、チョコレートのようにメーカーによって原材料が異なる商品は、ものによって糖質量にかなりの違いが出ることも多いので、しっかりと栄養成分表示を確認するようにしてくださいね。糖質量の記載がなければ炭水化物量をチェックしましょう。, お菓子を袋から食べていて気づいたら1袋空っぽになっていた、といった経験をしたことがある人もいると思います。ついそこにお菓子があると手が伸びてしまいますよね?ですから、チョコレートを食べるときは個包になっているタイプの商品を選び、1個だけ食べようと思ったら1個だけを取り出して他はしっかり片づけてから食べるようにしてみてください。こうすれば2個、3個と食べ過ぎてしまうことも防げます。最初から小さめの食べきりサイズを選ぶというのも賢いと思いますよ。, 急いで食べると太るといった説もありますが、これは早食いだと満腹感が得られにくいからと言われていますよね?チョコレートもそれと似ていて、口に入れてすぐに噛んでしまうのはあまりおすすめできません。口に入れたらゆっくりと溶かして食べるようにすれば、長い時間チョコレートの味を堪能することができますし、満足感も得られやすいと思います。ぜひ噛まずにゆっくり…を心がけてみてくださいね。, チョコレートが大好きだという人も大勢いると思いますが、糖質制限ダイエットに向いている食べ物ではないことはおわかりだと思います。でも、低糖質なチョコレートを選んだり、食べ方を工夫するだけで糖質制限ダイエット中も我慢せずに済むのです。ぜひこちらのページを参考に、これからも楽しく糖質制限を続けてみてくださいね。. 他のお二方も、ありがとうございました☆☆, 馬鹿な質問させて頂きます。先程、FC2を見ようと思い「18歳以上ですか?」みたいな画面が出てきて誤って「はい」を押してしまいました。 スーパーのプライベートブランド含め、明治、ロッテ、ブルボンなど、市販の商品はほぼ100%網羅しています。, カカオ分95%で超ビターな分、他の板チョコに比べて糖質がダントツで低いです。原材料もシンプルだしスーパーやドラッグストアで買えるので便利です。, 「甘みのなさにビックリした」「糖質制限中だと慣れてくるとおいしい。食べれるチョコがあって助かる。」という口コミがあります。, こちらはカカオ分86%で、95%のものより食べやすいですが糖質はやや高くなります(86%は糖質2.0g、95%は糖質1.2g/10gあたり)。, 「普通の人は苦いと感じる」「糖質制限中だと甘くもなく苦くもない」「86%がちょうどいい」といった声が多いです。, カカオ分88%で、こちらもビターなハイカカオチョコレート。森永製菓の長年の研究によって88%でも苦みや渋みが少ない味を実現させているとのこと。, 糖質は「2位.チョコレート効果 カカオ86%」とほぼ同じです(10gあたり糖質0.1gの差)。, 「質が高いチョコレートという感じ」「見た目も味も高級感がある」「カカオ88%の割に食べやすい」といった声があります。高いだけあって、糖質と味のバランスがいいチョコですね。, カカオ70%のチョコの中にぎっしりと砕いたアーモンドが入っています。カカオ分が多い&アーモンドは低糖質なので、全体として低糖質になっています♪, スーパーであまり見かけないのが残念ですが、これ本当に美味しいです。そして満足度あります!隠れた名品。, ・ 原材料: アーモンド、カカオマス、砂糖、ココアバター、植物油脂、全粉乳 / 乳化剤(大豆由来)、香料, イオン系スーパーのプライベートブランド「トップバリュ」のチョコ。カカオ80%のダークチョコなので、比較的糖質が低いですね。, ・ 原材料: 有機カカオマス、有機砂糖、有機脱脂ココアパウダー、有機ココアバター、乳化剤, 産地ごとに4種類ありますが、どれもほぼ糖質は同じ。(ドミニカ産 3.2g、ペルー産 3.3g、インドネシア産 3.4g、エクアドル産 3.5g), ・ 原材料: カカオマス[カカオ豆(ドミニカ共和国)]、砂糖、植物油脂、デキストリン、全粉乳/乳化剤(大豆由来)、香料, ・ 原材料: カカオマス、砂糖、ココアバター、ココアパウダー、植物油脂、乳酸菌末/香料、乳化剤, 先ほど紹介した「カレドショコラカカオ88」の70%版。88%より食べやすいビターチョコレートです。, イオン系列のスーパーで買えるカカオ70%チョコレート。イオンで5枚くらいゴソっと買っていく人を良くみかけます!「上品な味がする~」とはなりませんが、普通に美味しくほのかな甘みも感じられます。ハイカカオにしては安いのでおすすめ。, ・ 原材料: カカオマス、砂糖、ココアバター、ココアパウダー、乳糖、乳化剤(大豆由来)、香料, 砂糖、乳糖などの糖類が含まれないシュガーフリーチョコレート。替わりに人工甘味料を使っています。, 「まろやかなコク」と「ビター」がありますが、糖質量は同じ。コンビニでも見かけますね♪低糖質チョコならこのあたりがギリギリ限界かと思います。, ・ 原材料: カカオマス、マルチトール、乳等を主要原料とする食品(食物繊維、バター、分離乳たんぱく)、植物油脂、ラクチトール、ココアバター、ミルクペースト、カカオエキス、甘味料(キシリトール、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、乳化剤(大豆由来)、香料、ビタミンP、卵殻Ca, スーパー・コンビニで買える低糖質チョコを紹介しましたが、ネット通販ではほぼ糖質ゼロの板チョコがいくつか売っています!, 糖質制限食の専門ショップ「糖質制限ドットコム」で売っている、スペイン産の糖質制限チョコ。店舗はなくネット販売のみです。, 砂糖の100倍ほどの甘さがある「ステビア」や、糖質として体に吸収されない「エリスリトール」を使っていて、驚異的な糖質量!, 先ほど1位で紹介した「チョコレート効果 カカオ95%(10gあたり糖質1.2g)」と比べてもダントツで糖質が低く、ほぼ糖質ゼロ!ちょっと値段が高いけどストイックに制限している人は試してみては?, ・ 原材料: ココアペースト、エリスリトール、ココアバター、イヌリン、脱脂ココア粉末、乳化剤(ひまわりレシチン)、天然香料(バニラ)、甘味料(ステビア), 低糖パンで有名な糖質制限専門店「低糖工房」から出ている糖質制限チョコ。カカオマスの自然の甘みと、糖質として吸収されない人工甘味料を使っています。, Amazonレビューでは「本当に糖質オフなのかってくらい甘くて濃厚」「言われなければ糖質オフと分からない」と好評!, ・ 原材料: 難消化性デキストリン、カカオマス、植物油脂、ココアバター、乳化剤、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース), そこで、「糖質4g以下じゃないけど、よく見かける定番板チョコ」を糖質が低い順にまとめておきます。, 「明治 ザ チョコレート可憐に香るブリリアントミルク」はギリギリOKかな、という糖質ですね!, 意外だったのは、同じシリーズでも「ブラックよりホワイトの方が糖質が低い」傾向があるということ!, 「カカオ分70%以上(できれば80%以上)のチョコは低糖質」と覚えておきましょう!!, また、「ミルクチョコよりブラック!ブラックよりホワイト!」が糖質が低い傾向があるのでこれも覚えておくと便利です。, アルフォートシリーズは10gあたり糖質5.5~6.1gと糖質高めなので要注意です!, スーパー・コンビニで買える身近なグミの糖質量をまとめました。果汁グミやハリボーなど!糖質が少ないグミもランキングで10商品紹介!!糖質制限の参考にしてくださいね。, 近所のスーパーで買える生クリームを糖質の少ない順にランキングで紹介!!20商品を調査し、もっとも糖質が低かった生クリーム全8商品を紹介します。生クリームは意外と低糖質なので糖質制限中におすすめの食材です。, スーパー、コンビニで買える「糖質オフ食パン」を糖質が少ない順にランキングで紹介します!!糖質制限中やダイエット中でも食べれる低糖質な食パンが10商品も!ぜひチェックしてください。.