(大塚芳忠) gcse.src = 'https://cse.google.com/cse.js?cx=' + cx; / ・ 戦争, イラク戦争後、“有る”とされていた大量破壊兵器はなぜ見つからなかったのか?その真相に “ジェイソン・ボーン”シリーズの監督ポール・グリーングラスと主演マット・デイモンのコンビが切り込む軍事アクション。, 2003年、イラクで大量破壊兵器捜索の任務に就く米軍下級将校ミラーは、がせネタのあまりの多さを奇妙に思っていた。同じ疑問をCIAも抱く。ある日の捜索でイラク軍の大物幹部の隠れ家を発見するが、米国防総省の高官が操る謎の特殊部隊に容疑者を横取りされてしまう。このイラク軍大物幹部と大量破壊兵器の間には、実は意外な接点があった。ミラーはCIAにスカウトされ、国防総省の高官が隠している真実に迫っていく。, ※(声優)は吹き替え版作品が放送される場合の情報です。 gcse.async = true; / フランス var gcse = document.createElement('script'); イラク中心部のバグダードに大量の爆撃が始まります。アル・ラウィ将軍はここから避難をします。 ミラー上級准尉は大量破壊兵器を探すために、MET隊を率いてイラクで任務を行います。しかし、建物は便器工場で大量破壊兵器はどこにもありませんでした。 前回も同じ事があって、ミラーは偽の情報に疑問を抱きます。次の任務の会議で質問しますが、話しを聞き入れてもらえませんでした。 会議に出席していたCIAのマーテ… 映画 グリーンゾーン ネタバレなし感想 マッドデイモンの戦争サスペンス . マットデイモン主演のサスペンスアクション。序盤から中盤くらいまでは先の展開にワクワクしながら引き込まれていくが、終盤にかけて失速していく印象のもったいない作品。ネタバレあり。, 解説:「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」に続く、ポール・グリーングラス監督とマット・デイモン主演によるサスペンス・アクション。イラク中心部にある米軍駐留地域で巨大な陰謀に立ち向かう男の戦いを、臨場感溢れる手持ちカメラの映像で描く。共演は、「リトル・ミス・サンシャイン」のグレッグ・キニア。(KINENOTE), あらすじ:2003年、英米連合軍によって陥落したイラクの首都バグダードに、アメリカ軍駐留地域、通称“グリーン・ゾーン”があった。ロイ・ミラー上級准尉(マット・デイモン)は、イラク政府が隠した大量破壊兵器を発見するという任務に就いていた。ミラーはMET隊を率いて戦闘を繰り広げるが、大量破壊兵器は見つけられない。これが3度目の失敗となったミラーは情報の正確性に疑問を感じ、作戦会議の席で、情報源の説明を要求する。しかし上官は、情報は精査されていると一蹴する。ミラーは任務の遂行中、英語が堪能でフレディと名乗るイラク人男性と接触する。フレディは、政府の要人たちが近くの民家に集まっているのを見たとミラーに告げる。ミラーはその民家で激しい銃撃戦の末、フセイン政権の最高幹部アル・ラウィ将軍の側近であるサイードという男を拘束する。ミラーはサイードの尋問を行うが、特殊部隊の隊長ブリッグス少佐(ジェイソン・アイザックス)が力尽くでサイードを連れ去る。ミラーの元には、サイードから押収した1冊の手帳が残される。国防総省の動きに不信感を募らせるミラーは、CIAのエージェント、ブラウン(ブレンダン・グリーソン)と会う。国防総省のパウンドストーン(グレッグ・キニア)と敵対するブラウンは、ミラーと同様、大量破壊兵器の謎を探っていた。ミラーは、ウォールストリートジャーナル紙の女性記者デイン(エイミー・ライアン)が過去に書いた記事から、“マゼラン”と呼ばれるイラク政府高官が大量破壊兵器の情報源であると確信する。パウンドストーンは、サイードの手帳にアル・ラウィの隠れ家のリストが載っていることを知り、その機密を入手しようとする。ミラーは米軍基地に収容されたサイードに接触する。サイードは尋問のため瀕死の状態に陥っていたが、ヨルダンという言葉を呟く。パウンドストーンはブリッグスの部隊を操り、ミラーとブラウンの行動を妨害する。アル・ラウィとの接触の機会を得たミラーは、命懸けの行動に出る。(KINENOTE), ボーンシリーズの…なんて触れ込みだから、勝手にスパイアクションみたいな感じかと思っていたら、中盤くらいまでのマット・デイモン扮するミラーは隊を率いる軍人である。彼の部隊の任務はイラクのバグダットのどこかに隠されているという、大量破壊兵器を発見すること。, 部隊は軍からの指令で兵器が隠されているという場所に出向くのだが、3回続けて、その情報が正確でなかったことがわかる。つまり、3度とも情報どおりの場所に向かったのに、兵器がないのだ。, 不審に思うミラーだが、上官たちは彼の質問をはぐらかすだけ。だが、たまたま任務中に地元民と接触することになったミラーは、その地元民=フレディから、聞き捨てならない情報を得る。なんでも、イラクの軍を率いていた幹部連中が近くで会合をしているというのだ。彼の言に従ってその場所に向かってみると、情報は真実だった。, 会合の出席者の一人を拘束したミラーは彼が持つ手帳を手に入れる。そこには重要な情報が書かれているようだ。しかしそこへ、同じアメリカ軍の別部隊がやってきて、拘束したイラク人を連れ去ってしまう。何とか手帳だけは守ったミラーは、CIAのブラウンと接触。政府の動きに嘘のあることを感じたミラーは、その真意を知るために、CIA所属の兵士としてブラウンとともに大量破壊兵器の謎を探ることになるのだった――というのが適当なあらすじ。, ここまでは、スリリングでめちゃ面白い。先の展開にワクワクしていた。だが、ここから先、ミラーがジャーナリストから情報を得たり、国防総省のパウンドストーンと反目したり、アル・ラウィ将軍との接触を試みたりするにつれて、物語の面白みが薄くなってくる。, それまでは、まるでノンフィクションかのような内容だったのに、次第にその緊迫感が減退し、リアリティを感じなくなってくるのである。何でなのか。考えたがよくわからん。よくわからんが、実にもったいない作品だなぁと思った。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. イギリス. (平田広明) (石田太郎) 主人公ロイ・ミラー率いる部隊は、ある情報を元に動いていたのだがその情報による3度の作戦はすべて失敗。情報に不信感を抱いたミラーは仲間とともに隠された真実を追っていく。, 緊迫感のあるアクションシーンが多く、自分も映画の中に入っている感覚になるくらい引き込まれます。, 「奴を始末しろ」と狙われたミラーにこの後どんな展開が待ち受けているのか気になります。, 舞台は2003年イラク戦争。マット・デイモン演じる主人公ロイ・ミラー率いるMIT隊(移動捜索班)は軍情報部からの情報を手にする。それは、大量破壊兵器が隠されている倉庫があるということだった。, 早速倉庫に向けて出動したMIT隊だったが、着いてみるとそこにはただの廃工場があるだけで大量破壊兵器はどこにも無かった。このような作戦の失敗が何度もあり、次第にミラーは何かおかしいと不信感を抱き始める。, そんな上司に納得できないままでいたミラーだったが、次の作戦の途上、捜索のため道路を掘っていたミラーに声をかけてきたイラク人から、近所の屋敷で怪しい密会が行われているのを目撃したという情報提供を受ける。, それをきっかけに手がかりを発見し、断片的だった情報が次々と繋がっていくが、その重要な手がかりをアメリカ政府の高官パウダーストーンに取られてしまう。, そんな中、ミラーと同じく政府に不信感を抱いていた特派員のデインや以前からイラクを担当してきたCIAのブラウンを味方につけ、隠された真実、巨大な陰謀に立ち向かっていくストーリー。, たしかにアクションシーンは多く、非常にスピーディーでとても迫力があり緊迫感がありました。, しかし、イラク戦争の話と言っても、実際はアメリカとイラクの戦いを描いているというよりも政府vs現場の兵士という構図で描かれているもので、, ハンディカメラで映された映像は迫力満点で、まるで3Dかのようなリアルさがありとても臨場感があります。, またアメリカ政府の描写から反米であると、この映画を批判した方もいたそうですが、私はこのような映画が公開されたことが意味のあることだと思いました。, 実際に自分を犠牲にしてまでも国を救おうとする人がいたのならすごいことだと思います。, 『ボーン・スプレマシー』と『ボーン・アルティメイタム』でともに仕事をしたマット・デイモンに主演をこだわったという監督のポール・グリーングラス。, 映画『グリーン・ゾーン』は2006年に執筆されたジャーナリストであるラジャフ・チャンドラセカランの『インペリアル・ライフ・イン・ザ・エメラルド・シティ』が元になっています。, またモンティ・ゴンザレス(元アメリカ陸軍上級准尉)が主人公ロイ・ミラーのモデルになっていて、実際にイラク戦争でMIT隊に所属し任務に就いていた方が、アメリカ陸軍の兵士役として映画に出演しています。, グリーン・ゾーンはかつて連合国暫定局があったバグダード市内10㎢にわたる安全地帯のことです。, 「インターナショナルゾーン」が正式名称ですが、一般的には「グリーンゾーン」と呼ばれることが多いです。, 守られているグリーン・ゾーンとグリーン・ゾーンの外のイラクの現実の対比は残酷さもありました。, ノンフィクションをもとにしたという映画『グリーン・ゾーン』ですが、どこまでが真実なのかが気になります。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.