そして、吾郎(宮沢氷技魚)の心の変化がありましたよ。, もし、「コウノドリ2017」の4話を見逃したあなたへ動画を見る方法をお伝えします。 11月3日放送の第4話は「自然分娩ー"良い母親"になるためのリスク」と題して、第1子を帝王切開で産んだ女性が第2子を自然分娩で産もうとするエピソードが描かれました。, これは「Trial of labor after cesarean section」の頭文字「TOLAC」です。, 第1子で帝王切開をした妊婦が、第2子の出産で自然分娩(経膣分娩)に挑戦することを指します。, これは「Vaginal birth after cesarean delivery」の頭文字「VBAC」です。, 今回のドラマでは、安めぐみさんが演じる秋野蓮(あきの・れん)を通じて、トーラックを希望する女性の心理が描かれます。, 「おなかを痛めずに産んだ」「楽をして産んだ」という罪悪感から、長女をきつい言葉で怒ってしまうのは、自分に母親としての愛情が足りないからだと思い込んでいるのです。, 同じ理由でトーラックを希望する妊婦さんは多くいるようで、ドラマに対する反響にもそういった声が寄せられました。, 遅ればせながらのコウノドリ 帝王切開からの二人目以降の帝王切開 今 トーラックっていうの? ブイバックじゃなくて?, 私も希望したんだ 二人目は自然分娩がいいって、でも医者が嫌がって、母子ともに死んでもいいなら挑戦すれば?と言われた 挑戦する気になれなかった#コウノドリ pic.twitter.com/XLRL8kU5VY, — みみ ♡しのりん大好き (@gengengenmimi) 2017年11月5日, トーラックかああ 確かに下から産みたかったなって思ったし、2人目は自然分娩がいいなって思いよったけどこんなリスクがあるなんて。。。 茶実にはもう無理なことやけど, トーラック。私のママ友も経験者。一人目が帝王切開で、2、3人目が自然分娩。でもこんなにリスクを伴うものとは知らなかったな。自然でも帝王切開でもお腹を痛めて産んだことには変わりない。#コウノドリ, 仲の良いママ友がトーラックで二人目産んだんだけど、そんなに大変って知らなかった… でも、帝王切開は命がけの大手術だし、産後の回復を考えても経腟分娩以上に大変だって、両方経験したその人が言ってたよ。 コウノドリはキツいテーマを正面から扱うからすごいし、見ててもキツいよね。, — 20170128(nodoka) (@RjMfKFwDVVV5tSS) 2017年11月5日, 胎児の頭の大きさ、母体の骨盤の大きさ、1回目の帝王切開後の経過など、いくつかの条件をクリアする必要があります。, 鴻鳥「トーラックの成功率は、だいたい7割くらいだと思ってください。分娩が進まなかったり、赤ちゃんが苦しそうなサインを出したら、緊急帝王切開に切り替えます。それとトーラックは、まれに子宮破裂を起こすことがあります。もし子宮破裂が起きてしまったら、お母さんはもちろん、おなかの中の赤ちゃんも危険です」, 蓮「それでも、私やりたいです。痛みから逃げた。楽して産んだ。だから上の子の子育てもうまくいってないんじゃないかって、私そう思ってるんで」, 帝王切開を経験したことのない女性の経腟分娩の場合は、子宮破裂のリスクが0.01%なのに対し、帝王切開を経験している人のリスクは10倍から100倍になるといわれています。, さらに、帝王切開をしている妊婦が2人目も帝王切開をした場合の子宮破裂の確率が0.16%なのに対して、トーラック出産の場合は0.52%と5倍近くリスクが高まります。, これだけリスクが高まることが分かっていながら、経膣分娩にこだわる妊婦さんはいるのです。それはなぜなのでしょうか?, 秋野蓮のように第1子の帝王切開によって罪悪感を抱いてしまうのは、周囲の人間の心無い言葉がきっかけになることが多いと言います。, などという迷信を吹き込む人は今も多いと言います。そういう言葉は自然分娩できなかった女性を深く傷つけます。, 帝王切開も立派なお産ということを、最も理解のある専門家として、妊婦にきちんと伝えてあげてほしいです。, 今回のドラマでは、蓮の陣痛が思うように進まず、高まるリスクを回避するために、最終的に帝王切開に切り替えることになります。, でも、鴻鳥をはじめとする医師のチームが、ギリギリまで妊婦の希望をかなえようと必死に経過を見守ったことで、蓮は納得してそれを受け入れることができたのだと思います。, もし、医者の都合を押し付けるような形で、妊婦の気持ちがないがしろにされたまま帝王切開が実施されていたら、蓮の心の傷はさらに深くなってしまったことでしょう。, どう産んだかよりも、どう思って産もうとしたか。その思いはきっと赤ちゃんに伝わっています。, みなちゃん(長女)にとっても、そして赤ちゃんにとっても、秋野さんは世界一のお母さんなんです。, 絵に書いたようなダメ夫。出産についてまったく当事者意識がなく、妻が陣痛で入院しても、同僚との飲み会に行こうとして(しかも屋形船…)ひんしゅくを買うような男。, そして、妻のトーラックの希望をかなえようと徹夜で寄り添ってくれた医師に対して、彼はこう言って頭を下げます。, 意識が低ければ「妻のわがままを」と言ってしまいそうなところです。僕だったら、そうい言ってしまったかもしれません。, 僕はもう2人の子供が生まれてからずいぶん時間が経ってしまって今さら手遅れかもしれませんが、『コウノドリ』はこんな僕にもたくさんの気付きを与えてくれます。, 【関連記事】 妊娠・出産を描いたドラマには名作が多いように思います。NHK『透明なゆりかご』も涙なしには見られない傑作ですよ。, 「コウノドリ」の原作漫画はこちら ↓ から。2018年8月現在、21巻まで出版されています。, また、Amazonプライムに加入すると、2015年に放送された「コウノドリ」の第1シリーズ全話を無料で見ることができます。, 帝王切開で出産した女性が罪悪感を抱いてしまうというのは、男性にはちょっと理解が難しい感覚かもしれません。, きっと命をかけて生んでいるからこそ、子供に対する責任感が男性とは別次元なのでしょうね。, 男性は薄っぺらい理屈だけで、女性の思いを分かった気になってはいけないと肝に銘じたいと思います。, 今回の『コウノドリ』では、ダメダメだった夫が出産を通じて成長していく姿が、僕の心に響きました。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, 家庭内別居ブロガー「えいぷりお」です。中年のサラリーマンで、娘がふたり。関係の冷え切った妻から日々ディスられながらも悲哀たっぷりに生きる様をつづっていきます。. 経験したことによって 夜が明けても赤ちゃんは産まれず、サクラは帝王切開を提案します。それでも蓮はまだ我慢できる、頑張れると主張しますが、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても良くないとサクラは言います。, 蓮の娘はもう頑張ってると泣き出し、旦那ももう帝王切開にしようと促し、帝王切開で取り出しました。, サクラは吾郎に前立ちしてみる?と勧めます。下屋(松岡茉優)に本気でやれと喝を入れられます。 サクラにアドバイスされながら吾郎はお腹を切り、赤ちゃんを取り出しました。, 吾郎は赤ちゃんを初めて見たときの家族の顔は幸せそうで疲れが吹っ飛んだと笑顔で言います。 こちらで無料配信中 ↓ コウノドリドラマ動画を無料視聴。 『コウノドリ2』の見逃し配信もチェックしつつ、『コウノドリ1』を見たいという場合はU-NEXT一択!, 4話目は以前四宮先生がカフェで密会していた、赤ちゃんとお母さんが車椅子に乗って緊急搬送されてきます。, 彩加が、これからどうやって仕事と子どもとに折り合いをつけてやっていくのかが楽しみ。, 二話で白川先生が四ノ宮先生といるところを見かけた女性が緊急搬送の赤ちゃんと共にペルソナにやってきました。, 第4話では一人一人のお産に向き合うという理想と産科の人員不足の中で危険性の高い方法はとれないという現実のジレンマの中の話になりそうです。, 2017年秋ドラマ『コウノドリ2』第4話のあらすじ・感想・無料視聴方法をご紹介しました。, 1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスは. 家でも子供に強く当たり、自分で自分が嫌になります。自分は子供のことが愛せていないのではないのかと悩みます。 綾野剛主演のドラマ 「コウノドリ」 の1話〜最終話までの動画無料視聴方法をまとめていきます! 「コウノドリ」第1話 ↓↓タップで1話を再生. そういうことも出来るんだって 毎回、命についてや、母親としての弱さ、強さ。父親も自分の子供だから一緒に育てて行くという気持ちがどれだけ大事か、などいろんなことを考えさせられるドラマ「コウノドリ2」。, サクラ(綾野剛)や四宮(星野源)、新生児科部長の今橋(大森南朋)など、みんな本当に演技派で、言葉の重みがすごい!!, 三連休いかがお過ごしですか?チームコウノドリは絶賛撮影中❗️そして、コウノドリ第4話は今夜10時放送です❗️皆さんぜひご家族そろってお楽しみ下さい❗️ #tbs #コウノドリ #安めぐみ #前野朋哉 #トーラック pic.twitter.com/SNa11iA6vW, — 『コウノドリ』最終回12月22日 (@kounodori_tbs) 2017年11月3日, ある日トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望する妊婦の蓮(安めぐみ)がサクラ(綾野剛)の元へ訪れる。, 我が子を愛せていないのではないか不安になる蓮は、その理由の一つが帝王切開で生んだことにあると考え、次の出産はどうしても産道を通して産みたい気持ちを高めていく。, 蓮の希望を優先してあげたいサクラと、ただでさえ人員不足なのに子宮破裂の危険があり、緊急事態を巻き起こしかねないトーラックはリスクが高すぎると考える四宮(星野源)は激しく意見が対立する。, 一方、産科医にはなりたくないと言っていた研修医の吾郎(宮沢氷魚)はそんな蓮の出産に向き合うことにより、自分の中で何かが変わるのを感じていく。, 蓮ほどの強いこだわりはなかったけど、当時は自然分娩で産むものって思っていたし、自然分娩で産みたいと思っていたから、少しは気持ちが分かります。, となりましたが、蓮は、リスクを説明されても自然分娩にこだわっているのは、❝いい母親になる❞っていう気持ちからなんですね><, 7/3(月)20:00~テレビ東京「#主治医が見つかる診療所 SP」に出演いたします!テーマは「見た目スッキリプロジェクト」夏に向けて気になるテーマ…これは要チェックですね!皆さんで夏に向けてスッキリしちゃいましょう♪https://t.co/5DCwzJK8BM pic.twitter.com/q7u6SgeKNb, Uru待望の1stアルバム発表、初回盤にはライブ映像やカバー音源 https://t.co/pMEUgLwAsc; pic.twitter.com/fch3zAb1LC, そして、1stアルバム『モノクローム』が12月20日(水)に発売されるそうです!!, その都度、「何であんな言い方をしてしまったんだろう」とか、「またやっちゃったなぁー・・・。」って落ち込むこともホントに度々。, 蓮の子供が「ママ、ニコニコしてる」って。子供にとって、お母さんがニコニコ笑顔でいることは安心するようですね。, そう考えると、まだ小さいのに、お母さんの心をうかがってるんだと思うと、本当に申し訳なく思ってきます(._. 〜ご苦楽レストラン〜|最終回ネタバレと感想。ロワン・ディシー解散?. そこで旦那に相談し、できれば自然分娩で産みたいと言うが、何でもいいと軽く流されてしまいます。, その頃、吾郎(宮沢氷技魚)は病院で失敗を繰り返し、四宮(星野源)に産科の息子だからなどと愚痴を言われ、落ち込んでいました。, 後日、蓮はペルソナを訪れ診察をします。トーラックを希望し、帝王切開の後の自然分娩で産みたいと、陣痛を味わわないと子供を愛せないと主張します。 2017年11月3日(金)22時00分より放送のドラマ『コウノドリ2』第4話の感想やあらすじをご紹介していきます。, 放送前は第4話の期待度や気になる見どころ、放送後は感想や評価を順次アップしていきます。, リアルタイムでの放送を見逃してしまった…という方のために、見逃し動画を無料で見る方法もお届けしますので、ドラマ『コウノドリ2』視聴にお役立てください!, 1週間以上経過した回を安全かつお得に見るおすすめのVOD(ビデオオンデマンド)サービスはU-NEXTです!, U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。, 登録時にもらえる600ポイントを使えば『コウノドリ2』の見逃した回を見ることが出来ます!, 31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね!, 無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?, ちなみに2015年放送の『コウノドリ1』は上記でご紹介したU-NEXTに加えて、Huluでも見放題配信されています。, ポイントレンタルなどの複雑な仕組みではなく、見放題扱いの作品というところがうれしいですね!, どちらのサービスも無料視聴期間が設定されており(Huluは2週間、U-NEXTは31日間)、期間内に解約をすれば料金は一切発生しません。, 『コウノドリ』第1シーズンの内容を把握しつつ、第2シーズンも見るとより楽しめるのではないでしょうか?, ただ、Huluは日本テレビ系列のドラマや海外ドラマが充実というメリットがあったり、画面の使いやすさは人によって違うので、とりあえず2つの無料視聴を試してみて、使いやすい方を継続するという形もありかも。, ※紹介している情報は2017年10月時点のものです。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。, ※『コウノドリ2』最新話の見逃し動画は放送終了直後は配信がスタートしていない可能性がありますので、ご了承ください。, 2017年11月3日(金)22時00分より放送のドラマ『コウノドリ2』第4話のあらすじをご紹介します。, ある日トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望する妊婦の蓮(安めぐみ)がサクラ(綾野剛)の元へ訪れる。, 我が子を愛せていないのではないか不安になる蓮は、その理由の一つが帝王切開で生んだことにあると考え、次の出産はどうしても産道を通して産みたい気持ちを高めていく。, 蓮の希望を優先してあげたいサクラと、ただでさえ人員不足なのに子宮破裂の危険があり、緊急事態を巻き起こしかねないトーラックはリスクが高すぎると考える四宮(星野源)は激しく意見が対立する。, 一方、産科医にはなりたくないと言っていた研修医の吾郎(宮沢氷魚)はそんな蓮の出産に向き合うことにより、自分の中で何かが変わるのを感じていく。, DRAMAP読者さんからいただいた、ドラマ『コウノドリ2』第4話の見どころや期待度をご紹介いたします。, その密会理由が明らかになると思いますが、先生の親族や元交際相手なのではないかと思っています。, 最近は高齢出産や女性特有の疾患が発症してる妊婦さんもいるので、そぉいう理由で自然分娩できないのでは?と思っています。, 毎回色んな症例が出てきて、勉強になるのでしっかり観て少しでも知識を得て役立てたいと思っています。, たぶん、協力するよと言いながら、結局育児休暇を取れなかった旦那さんに対して、父親としてもっと自覚を持ってやっていかなくてはならないということを、周りのスタッフたちが伝え、旦那さんと一緒に子どもを育てていくのだということが理解できて、仕事のことはとりあえず置いておいて、子どもと向き合っていくのだと思う。, また、前作でもあったが、決して少なくない人が経験する切迫流産、切迫早産などがテーマとなった話が出てくるのではないかと思う。, ジュニアくん、こと赤西先生のミスで報告されていなかった妊婦さんの容態が急変したようです。, 無事に出産できそうな感じではありますが、悪びれていない様子で開き直り言い訳をする赤西先生。, 周りが 命と向き合う中で産科にはなりたくないとゆー研修医の先生の心の変化や、最終的に産科の先生になりたいと そう思えるようなストーリーになるんじゃないかな?とわたしは思います。, しっかり、生まれてくる命と向き合うことができるように成長していく、研修医の先生の話にこれから、なっていくのだと、わたしは予想してます。, 赤西は産科医になるつもりはないと断言していまいした。しかし、すでに第3話まででたくさんの奇跡をみてきたと思います。, 確かにお産は赤ちゃんにとって一生に一度のことで、それに対して母親は一生懸命に向き合い思い入れをし熱心な母親であればある程に我が子に最善と思われる案を考えます。, ただ母親にとって赤ちゃんは一人なのですが産科にとっては生まれてくる赤ちゃんは一人だけでないという現実もあります。, そんなどうしようもない問題に対し第四話では一番の解決策である産婦人科医の増加への希望に繋がるような研修医の心境の変化もみられそうです。, それは、前回帝王切開をしたけれど今回は自然分娩をしたいという所謂トーラックを希望している妊婦の蓮でした。, 蓮の旦那は、トーラックに対していまひとつ理解をしていない感じでしたが、蓮本人の強い希望もあり、サクラは蓮の意思を尊重することにしました。, ところが、ただでさえ人手不足なペルソナは、リスクが高いトーラックをすることに他の医者たちはなかなか乗り気になれませんでした。, 今回の第4話は、いつもより更に男性にはなかなか理解できない話だったような気がします。, 蓮は結局、自然分娩をすることは出来ませんでしたが、自然分娩をしようと思ったことは決して無駄ではなかったと思いますし、自然分娩をしようとしたことに深い意味があるのだと強く感じました。, 蓮の旦那さんは、蓮が自然分娩をしようと頑張っている姿を間近で見たことにより蓮の苦悩や思いを知ることが出来たと思います。, それは、サクラの台詞にあった「どう生んだかより、どう思って生んだか」に集約されていると思います。, NICUに赤ちゃんが入っているのにも関わらず、病院だから安心だ!と旅行に出かけていた夫婦(木下優樹菜)と、前回は帝王切開だったから今回は普通に産みたい。, その方が完璧なちゃんとしたママになれるんだ!と信じている母親(安めぐみ)の回でした。, 安めぐみ夫婦は、どうしても下から産みたいとこだわって居ましたが、長女に「ママは頑張ってるよ」と言われその言葉で帝王切開を決意。, 泣くためのドラマではないのは分かるのですが、脚本とキャストは失敗かな?と思うほどです。, 本当にこう言った考えの人が居るのかもしれないけど、帝王切開をバカにしてる感じがして あまりいい気はしなかったです。, 1人目を帝王切開で産み、陣痛を味合わないと子供に愛情が伝わらないのではないかと考える妊婦が来ました。, しかし、トーラックで産もうとすると子宮破裂などのリスクを伴うということもサクラから告げられました。, そして出産本番、陣痛がきていくら待っても子宮が開かず、最終的に自然分娩はあきらめ帝王切開をすることになりました。, トーラックをするにせよ、この不測の事態にリスクを見越して、いろんなスタッフを待機させておくことも大変なことでした。, 新生児科部長がいろんな病院からスタッフを連れてこようとしますが、なかなか人が集まりません。, きっと現実にもそういう人がいるのだと思いますが、根拠のないうわさを信じることも、そういうことを広めるのも妊婦のためにならないのでやめた方がよいと思いました。, また、トーラックをすることによりリスクを伴い、人手不足から周りからの反対が多数であったのに妊婦の意思を尊重したサクラは本当にやさしくて患者ファーストだと思いました。, トーラックについて最も反対をした四宮先生も結局は患者思いと小松先生がドラマの中で述べていました。, サクラと四宮先生の目的は一致しているのに、考え方が一致しないことに面白さを感じました。, 今回の妊婦さんは、一度帝王切開を経験していて子育てに自信をなくしている女性・蓮です。, しかし、蓮は1人目の子供の子育てに自信が持てず、帝王切開で産んだせいだと強く思ってきたため自然分娩を強く願うのでした。, 人手不足が深刻な病院は、リスクがあることも含め自然分娩にするか帝王切開にするかサクラと四宮で意見が割れてしまいます。, 今回の主人公である妊婦さんは、自然分娩がしたいと願う女性でしたが、実際に自然分娩をする方が当然多いとは思います。, また毎回、出産に対しての深刻な問題や家族の問題などを問いかけてくれるドラマですが、今回は出産に対しての考え方や医療現場の深刻な人手不足が問題でした。, 人手不足や時間が労働に関しては、医療の現場以外もとても問題になっているかとは思いますが、医療現場では、さらに産婦人科では深刻でした。, 出産は時間が見えない、人材を育てるにも時間がかかる、迷惑な患者が増えるなど、様々な問題が浮き彫りとなっていました。改めて考えさせられるドラマです。, 一人目を帝王切開で産んだお母さんが、二人目は自然分娩で赤ちゃんを産むと希望していました。, 別の病院から紹介され、コウノトリ先生に会い、トーラックを希望していると伝えました。, 病院の人手不足の中、成功率の低いトーラックはしない方がいいと四宮先生は言いますが、お母さんの意見を尊重するとコウノトリ先生。, 子宮口の開きが悪く、なかなか進みませんが、お母さんは「下から産みたい」と譲りません。, 「どう産んだかよりも、どういう風に思って産んだかが大事ですよ。世界一のお母さんですよ」と。, 一人目にきつく当たったりして、自然分娩じゃなかったから愛情が注げないのかもしれないとお母さんは思っていました。, 自然分娩で産めると分かり、お母さんは余裕の気持ちを持てるようになり、一人目の子供にきつく当たらなくなります。, ですが、結局母子と共に危ない状況になり、帝王切開になりましたが、凄く喜んでました。, ただ、気持ちに余裕がなかったから、お母さんは子供にきつく当たってたんだと思います。, 今までの産科ジュニアは、産婦人科の医師になる予定もなかったので、いくら忙しくても定時ぴったりに帰ったりしていたのですが、手伝うことになって赤ちゃんが産まれた瞬間「本当におめでとうございます!」と、心からおめでとうございますと言っていたので、安心しました。, 現在、長女の子育てにイライラしてしまう日々に対して自然分娩で陣痛を経験していない、帝王切開で痛みを知らず産んでしまったせいだと自分自身を責めており、次女を自然分娩にて出産したいとペルソナ病院へ紹介状を書いてもらう。, 自分は娘への愛情がないのではないか、ダメな母親なんじゃないか、自然分娩なら良い母親になれるという思い込み、理解や協力のない旦那との間で葛藤しながら出産へ望む。, だが帝王切開からの自然分娩はハイリスクでありコウノドリ先生達はどう向き合っていくのか。, なのに周りの心無い言葉やネットワーク社会に影響され、子育てに理解のない旦那、イヤイヤ期の子供に対して自分を責めてしまう。, どう産んだかではなく、どう思って産んだのか、赤ちゃんにとってお母さんは最高のお母さん、というコウノドリ先生の言葉が世の中にもっと広まってほしいと思いました。